1: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 02:22:30.74 ID:bnq7kPpi.net

千歌「はーい……じゃあ曜ちゃんは今から千歌の声以外聞こえなくなりまー……す♡」

曜「は、はいぃ♡」

千歌「千歌の声以外聞こえますかぁ……?」

曜「き、聞こえません♡聞こえません♡」

千歌「うそつきー♡」

曜「えぇっ?」

千歌「ホントはまだ聞こえてるでしょお?そんなこと言ってえ……♡悪い子なんだからぁ……♡」

曜「ご、ごめんなさいごめんなさい!」

千歌「いいよー……許したげるっ……♡その代わり……これからは千歌の声にずぅ~……っと集中してないと、ダメだよ……?」

曜「……っ♡♡」



2: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 02:26:16.24 ID:bnq7kPpi.net

千歌「じゃあまずは……何をしてあげよっかなあ~……?」

曜「……っ♡フーッ♡♡フーッ♡♡」

千歌「あはは……♡どうしてそんなに息荒くしてるのぉ……?まだ千歌、曜ちゃんの耳元でボソボソ♡って喋ってるだけなのに」

曜「……ち、千歌ちゃんの囁き声っ♡……ヤバくてっ♡♡」

千歌「ささやき声?♡」(更に耳元に近付きながら)

曜「あぁっ……!!」ビクビク

千歌「わー♡おもしろーい♡♡」



3: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 02:28:29.65 ID:bnq7kPpi.net

曜「千歌ちゃん……♡ごめっ……♡許してっ……♡♡」

千歌「えー?♡へんなの♡許してって……気持ちいいことしかしてないよ?♡」

曜「おかしくなりそうっ……♡やばいよぉ♡」

千歌「……なろうよ♡」

曜「えぇっ!?♡」

千歌「おかしくしてあげるから、おかしくなろ?♡♡ね?♡♡」

曜「……は」

曜「はいぃ……♡♡」

千歌「はい、指切り♡♡」



4: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 02:31:49.32 ID:bnq7kPpi.net

千歌「ねえねえ、ところで……どうしてさっきから、そんなに腰ピクピク♡ってさせてるの?」

曜「それは……」

曜「……き、気持ちいいと、そうなっちゃうであります……♡」

千歌「ふーん……♡」

曜「……っ///♡」

千歌「…………」

千歌「……ふー♡」

曜「うぁあっ!?」ピクンピクン

千歌「あ、ホントだ♡」

千歌「腰すっごいピクピクなった♡」

千歌「ふー♡ふー♡……ほら、ふー♡」

曜「や、やあぁ……っ♡耳に息っ……♡ダメだよぉ……♡♡」



5: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 02:35:23.69 ID:bnq7kPpi.net

曜「んっ……!♡んんぅ……♡♡」ビクビク

千歌「ふー♡……ふぅ」

千歌「えへへ、どうだった?♡」

曜「はっ……♡はぁっ……♡♡」

千歌「良すぎてポーってしてる♡かわいい♡」

曜「千歌ちゃあ……♡はぇ……♡」

千歌「軽くイッちゃった?♡」

曜「ん……」コクリ

千歌「そっかそっかあ♡」

千歌「でもね曜ちゃん」

千歌「こんなのでイッちゃってたらぁ……ふふっ♡」

千歌「今晩で、死んじゃうかもね……♡」ニヤア

曜「……っ!♡♡」ゾクゾクゾク



7: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 02:39:38.20 ID:bnq7kPpi.net

千歌「じゃあこれからは……本当の本当に、気持ちいいことしよっか♡」

曜「え……?」

千歌「これから曜ちゃんは、ふかぁ~い……ふかぁ~……っい♡快楽の海に飛び込んでいくんだよ♡」

曜「快楽の……」

曜「海っ……♡」

千歌「飛び込み得意でしょ?♡」

曜「う、うん!得意!」

千歌「千歌は気持ちよくするのが得意なの♡」

千歌「だから千歌と曜ちゃん二人ならきっとすっ……ごく気持ちよくなれるよ♡ね?」

曜「すっごく……♡」

千歌「そのためには……これから千歌の言うことに従ってもらうからね……♡」



8: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 02:43:34.61 ID:bnq7kPpi.net

千歌「じゃあまず仰向けになって……?♡」

曜「う、うん!こう?」ゴロン

千歌「そ♡えらいね♡」ナデナデ

曜(あっ……♡)

曜(撫でられるの、やばいぃっ♡♡)

千歌「身体の力は抜いてね♡」

千歌「それで~……♡目を閉じるの」

曜「ん……」

千歌「今はどんな気持ち……?」

曜「え?えっと……」

曜「ド、ドキドキしてる……かな。えへへ……///」

千歌「じゃあそんなドキドキしてる自分の姿を想像してみて……?」

曜「う、うん……」

千歌「した?」

曜「はい……♡」



9: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 02:47:27.69 ID:bnq7kPpi.net

千歌「いま千歌の声が聞こえてるね?」

曜「聞こえてるであります……♡」

千歌「その想像した自分が……耳から流れ込んでくる千歌の声に包まれていくイメージ……」

千歌「千歌の声に包まれて……そこに身を委ねていくの ……♡」

曜「ん……」

千歌「ゆっく~り……息を……吸って~……?」

曜「すー……」

千歌「はいてー……♡」

曜「はー……」

曜(……あ)

曜(あ、あ……♡)

曜(なんか……どうしよお……♡)

千歌「……♡」

曜(身体がっ……♡千歌ちゃんの声に……♡支配されてる感じがっ……♡♡)



10: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 02:50:05.68 ID:bnq7kPpi.net

千歌「もっかい吸って~……♡」

曜「すー……♡」

千歌「……全部、はいてー……♡」

曜「……はー♡♡」

千歌「……もう、曜ちゃんの中には」

千歌「千歌しか、残ってません」

千歌「ね♡」

曜「は……」

曜「はい……♡」ポー



11: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 02:53:44.84 ID:bnq7kPpi.net

千歌「曜ちゃんの身体の中に流れているのは……」

千歌「血液じゃなくて……」

千歌「千歌の声だけ……♡」

千歌「曜ちゃんの身体は……」

千歌「千歌の声が絶対になっちゃった……♡」

曜「んっ……♡♡」ピクン

千歌「だから……♡」

千歌「いま、下半身から気持ちよくなーれ♡……って、千歌が言ったら」

曜「あ」

千歌「曜ちゃんは、ゾワゾワゾワっ!♡って、下半身が気持ちよくなっちゃうの♡♡」

曜「……あ」

曜「あ、あ!あ!」ゾワゾワゾワ

曜「~っ……!!♡♡!!~~っっ!!♡♡♡♡」ビクンビクン



13: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 02:59:11.47 ID:bnq7kPpi.net

曜「~~~~っ……!!!!!♡♡♡♡」ビクン

千歌「あーあ……♡」

千歌「いけないんだあ……♡♡誰も触ってないのに……♡そんなに気持ちよくなっちゃって……♡♡」

千歌「やらしいんだあ……♡いけないんだあ……♡♡」

曜「ふっ♡♡ふぐぅっ♡♡」

千歌「とまんない?♡」

曜「ち、千歌ちゃん!♡♡こりぇっ♡♡だっ……ダメだからぁ!♡♡だめっ……んっ!♡♡」ビクンビクン

曜「と、とめてっ!♡気持ちいいのとまんないからっ!♡♡やっ……♡おねがっ……♡♡」

千歌「しょうがないなぁ……♡分かったよ♡とめてあげる♡」

曜「んっ……♡♡」ビクビク

千歌「……もっと気持ちよくなれ♡♡もっともお~っとゾワゾワしちゃえ!♡♡」

曜「!?……~ッ!!♡♡♡ちょっ……♡♡や゛♡ひゃめ゛っ……♡♡んお゛お゛っ!?♡♡♡♡」ビクビクビクン!!!



15: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:04:48.17 ID:bnq7kPpi.net

曜「千゛歌ぢゃんっ……!♡♡こりぇっ……!!やばいっでぇ……!♡♡ぢんじゃうっ!♡♡死んじゃうからぁっ……!♡♡♡」ビクビクビクン!!!

千歌「ん~……れろっ……ちゅー……♡」ペロペロ(耳舐め)

曜「ひゃ゛っ!?♡♡ぢ、千歌ちゃっ……♡だっ……♡♡ふぐぅうう……っ!?♡♡♡」ゾクゾクゾクゾクゾクゾクゾク

千歌「ん~……?えへへ♡なんか下半身がいーっぱい、気持ちよくなってるみたいだから」

千歌「上の方も気持ちよくしないとな~♡って思って♡」

千歌「……んっ」チュッ♡チュルッ♡

曜「~~~~~~っっ…………!♡♡♡♡♡」ビクビクビクビク!!!!!!

千歌(あ、イッた♡)



16: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:08:10.61 ID:bnq7kPpi.net

曜「は゛ぁーっ……♡♡はあ゛ーっ……♡」ゼエゼエ

千歌「えへへ、気持ちいいの収まった?♡」

曜「う……♡うん……♡」ゼエゼエ

曜「でも……腰、抜けちゃった……♡」

千歌「よだれダラーってなってるよ♡」

曜「……!///」ゴシゴシ

千歌「そんな恥ずかしがらなくてもいいのに♡もうとっくに……いっぱい恥ずかしいところ見せたんだから♡」

曜「う……」

曜「ち、千歌ちゃんのいじわる……///」

千歌「えへへ♡」

千歌「……ところでさあ、曜ちゃん」

曜「ん?」

千歌「これでもう終わったって、思ってない?♡」

曜「……え!?」



17: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:12:04.20 ID:bnq7kPpi.net

千歌「ダメだよー、勝手に終わったら」

曜「で、でも……」

曜「私もう、これ以上イったら……♡」

千歌「まだ曜ちゃんの身体は、千歌の声の言う通りになるようになってるんだから」

曜「……」

曜「うそ……♡」ゾクゾク

千歌「ほんと♡」

千歌「……ほら」

千歌「曜ちゃんの身体……」

千歌「……段々、重くな~る」

曜「……」

曜「あ」

曜「あ、あ!?」ズシン

曜「ど、どうしよう……」

曜「動かなく……なっちゃった?」

千歌「これでもう逃げられな~い……♡」

曜「……~ッ♡♡」



18: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:17:25.14 ID:bnq7kPpi.net

千歌「曜ちゃんの身体はね……?これからもっともお~っ……と、気持ちよくなるの」

千歌「さっきの何倍も、何じゅう倍も……♡」

曜「何十倍……♡」ゴクリ

千歌「だって、千歌が今から」

千歌「曜ちゃんの身体にそう命令するんだもん」

曜「……」

曜「え」

千歌「さっきの快楽、まだ身体が覚えてるでしょ?」

千歌「どうしよっかな~……それじゃあ」

千歌「その50倍、気持ちよくなれ♡……って」

千歌「曜ちゃんの身体に命令してあげる♡」

曜「え、え?」

曜「ちょ、ちょっと待って千歌ちゃん♡」

曜「そんなのされたら……私……」

曜「死んじゃう……♡♡」

千歌「頑張って生きようね♡」



19: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:19:49.31 ID:bnq7kPpi.net

千歌「じゃあ今から10数えるから……」

曜「ち、千歌ちゃん!♡♡」

千歌「その間に覚悟、決めようね♡」

曜「まっ……♡やあっ……!♡♡」

曜(ど、どうしよう♡ホントに身体、動かない♡)

千歌「いくよー……?……じゅーう♡」

曜「フーッ♡フーッ♡♡」

千歌「きゅー…………」

曜「……ッ♡♡」

千歌「う♡」



20: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:22:40.52 ID:bnq7kPpi.net

曜「お、お願いぃ♡お願いだから♡そんなに気持ちよくなったら私っ……私♡♡」

千歌「んー……?♡でも曜ちゃん」

千歌「いますっごく、ニヤけてるよお?♡」

曜「うっ……♡」

千歌「ホントは」

千歌「楽しみで楽しみで……しょうがないんじゃないの?♡」

曜「そ、そんな……♡♡」

千歌「……はち、なな、ろく、ご♡♡」

曜「っ!♡♡ま、まって!♡♡やっぱ、やばいよ!♡やばいってぇ!♡♡」

千歌「よん……♡」



21: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:25:05.54 ID:bnq7kPpi.net

曜「……ッ♡…………ッッッ♡♡」ビクビク

千歌「…………」

曜「……ッ……♡」

千歌「…………」

曜「……ち、千歌ちゃん……♡」

千歌「…………」

曜「なんか言ってよお……♡こわいよお……♡」

千歌「…………」

曜「千歌ちゃあん……♡」

千歌「…………」

千歌「さあ~…………ん♡」

曜「…………っ!♡♡」



22: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:27:37.92 ID:bnq7kPpi.net

曜「あっ……♡ああ……♡♡」

千歌「に♡」

曜「う゛ぅっ……♡う゛♡」

千歌「いち……♡」

曜「あ……♡あっ、あっ……♡♡」

千歌「…………」

曜「ひっ……♡」

千歌「……曜ちゃん」

曜「……えっ?」ビクビク

千歌「やっぱり千歌……曜ちゃんが嫌がってるからやめよっかなあ……?最後までカウントするの」

曜「えっ!?……えっ、えっ?」

千歌「どうしよっかなあ……♡」



23: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:30:53.64 ID:bnq7kPpi.net

曜「そ、そんな……」

千歌「これから千歌が最後のカウントしたら……曜ちゃんの身体はすっっごく気持ちよくなっちゃうけど」

千歌「曜ちゃん、怖いよね?」

曜「う……」

千歌「嫌だ?」

曜「そ、それは……」

千歌「嫌がることは、したくないなあ」

曜「……」

千歌「やっぱり……うん。やめるよ」

千歌「いつもみたいにさ……曜ちゃん、聞いてきてほしいな」

千歌「千歌に。『じゃあ、やめる?』って」

千歌「……ね?♡」

曜「……」

曜「千歌ちゃん」

千歌「ん?♡」

曜「シてください……お願いします……♡」

千歌「……」

千歌「いいよ♡」



24: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:35:15.71 ID:bnq7kPpi.net

千歌「じゃあ曜ちゃん……これから、さっきの50倍の快楽にしてあげようと思ってたけど」

千歌「曜ちゃんがせっかくおねだりしてきてくれたんだし……」

千歌「やっぱり、大サービスで……500倍の快楽にしてあげるね♡」

曜「えっ!?え!?♡♡うそ!!ちょっ……まっ!♡♡」

千歌「覚悟はいい?♡」

曜「まっ……!♡♡」

千歌「ゼロッ!ゼロッ!ゼロッ!!!だってゼロなんだよ!?」

曜「……」

曜「……あ」

曜「あっ、あっ、あっ!!!?♡♡♡♡う゛っ……う゛ぅう゛あ゛あっ!?♡♡♡♡」

曜「お゛っ……♡おお゛おお゛おおお゛!!!!!!?♡♡♡♡ぐっ……♡イ゛っ……♡♡
ああああああ゛ああああああああ!!!!!!!!!!!!!お゛っ!!!!!!♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡」ビクビクビクビクビクビクビクビクビクビクビクン!!!!!!!!!!!!!!

千歌「気持ちいいじゃん!!」



25: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:37:52.17 ID:bnq7kPpi.net

~数十分後~

曜「ヒュー……♡♡カヒュッ……♡♡」ビクンッ……!ビクビクッ……!!

千歌「気持ちよかったね♡」

曜「ひゃい…………♡♡」

千歌「またしようね♡」

曜「も、もう催眠オナニーはこりごりだぁ~……♡♡」



26: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:38:05.99 ID:bnq7kPpi.net

おしまい



28: 名無しで叶える物語 2019/04/02(火) 03:39:16.68 ID:bnq7kPpi.net

なぜこんなものを書いたのか
こんなものを書いて俺は何がしたかったのか
果たしてこれは平日の深夜に寝る間を押して書かなければならないものだったのか

分からない
俺には何も分からないが

いきり立つ俺の愚息を見ているとそんな疑問もどこかへ飛び立っていくようだ

俺はただ女の子同士が催眠オナニーをしている姿を見たいだけなんだ


元スレ
千歌「だってゼロなんだよ!……ゼロッ!ゼロッ!ゼロッ!」曜「うぅっ!!」ビクンビクン