1: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 21:52:13.44 ID:FhrMUvt20

撫子「うっ…うっ…」グスッ

櫻子「………」

花子「………」

櫻子(どーすんだよこれ……)

花子(八時から泣き始めてもう二時間以上経ってるし……)



3: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 21:55:54.35 ID:FhrMUvt20

撫子「聞いてよ…さっき彼女から電話があって…」ヒック

撫子「『私とあなた、やっぱり不釣合いじゃない?』って…」グスッ

撫子「そりゃ最近仲はギクシャクしてたと思うけど…でも急すぎない!?」ダンッ

櫻子「……あー…うん」

花子「……うん……はい」

((いつまで付き合えばいいんだろう))



4: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:00:06.30 ID:FhrMUvt20

櫻子「お、落ち着きなよ……まだよりは戻せるって」

花子「よりを戻すなんて言葉知ってたんだ」

櫻子「知ってるよ!バカにすんな!」ムカッ

撫子「そ、そうだよね……まだ終わったわけじゃないもんね……」ヒック

撫子「ありがとう、お姉ちゃん元気出た……明日学校で話しかけてみる」グスッ

櫻子(ふぅ…何とか終わりそう)



5: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:03:36.04 ID:FhrMUvt20

撫子「大丈夫…大丈夫だよ私…」

撫子「二人ともお姉ちゃんの話に付き合ってくれてありがとうね、今日は解散でいいよ」

花子(終わった…)

櫻子(やっと寝れそうだよ…)

撫子「明日、結果を二人に報告するから、またよろしくね」

櫻子「」

花子「」



8: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:07:22.43 ID:FhrMUvt20

~翌日~

撫子「うわああああああん」

櫻子「………」

花子「………」

((ダメだったんだ……))



9: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:11:15.26 ID:FhrMUvt20

撫子「ちょっと聞いてよ!あいつに『私とあなた、どこが不釣合いなの?』って聞いたら、なんて言ったと思う?」

撫子「『何ていうかその…冷めちゃったのよね、私が』って……」グスン

撫子「そんな理由でフラれるなんておかしいと思わない!?ひどい話じゃん!!」ウワアアア

櫻子(……今夜はいつまで泣き続けるんだろ)

花子(長い夜になりそうな予感……)



11: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:15:53.98 ID:FhrMUvt20

櫻子「まあまあ、今回はもう諦めた方がいいよ」

撫子「よくもまあそんな酷いことをさらっと……」エグッ

花子「花子もそう思う、姉ちゃんその子にこだわりすぎだし」

撫子「そ、そうなのかな…」

櫻子「一晩寝れば忘れるって、今日はもう寝よう、ね?」

撫子「そうだなあ…明日は図書館で一日勉強でもするか…」

櫻子「うん、寝れば忘れるよ」

花子「櫻子にとって勉強とは寝ることなの?」

櫻子「えっ?」

花子「えっ?」



12: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:19:26.22 ID:FhrMUvt20

撫子「まっ、とにかくこのことは忘れることにするよ……」

櫻子(やっと眠れそうだ……)

花子(眠たいし……)

撫子「二人ともありがとう、もう寝ていいよ、おやすみ」

櫻子「うん、お休み」

花子「お休み姉ちゃん」



14: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:23:28.76 ID:FhrMUvt20

~翌日~

撫子「………」ハァ

櫻子「……なぁ、花子」コソッ

花子「何?」コソッ

櫻子「姉ちゃん様子おかしくない?」コソッ

花子「確かに……何があったのか聞いてみる?」コソッ

櫻子「そうだね……聞いてみるか」



15: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:27:24.58 ID:FhrMUvt20

櫻子「……姉ちゃん?」

撫子「んー?何ー?」ボー

櫻子「姉ちゃん様子おかしいよ?」

撫子「いやー、そんなこと無いよー?」ボー

花子「絶対おかしいし、何かあったの?」

撫子「……聞いてくれる?」

櫻子「手短にお願いします」



16: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:31:19.71 ID:FhrMUvt20

撫子「図書館に、魅力的な人がいたのよ……」

撫子「自主学習室にその人はいたの、ピンクの髪をした優しそうな人だった……とにかくそこだけ一段と輝いて見えた」

撫子「その人と目が合った瞬間思ったの、これが本当の恋なんだって」

撫子「どう思う、櫻子、花子」

櫻子「そうですか」

花子「乗換えが早くて助かるし」

撫子「冷めた反応ね……」



18: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:35:40.09 ID:FhrMUvt20

櫻子「でも一度会ったっきりなんでしょ?」

花子「もう一度会えるとは限らないし、それに連絡先の交換もしてないんでしょ?」

撫子「うっ……確かに」グサッ

櫻子「まぁ、運が良ければまた会えるかもね」

撫子「そうね…それに賭ける」

花子「どうせ無理だと思うけど……」



19: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:39:18.74 ID:FhrMUvt20

~翌日~

向日葵「……それで、何で私達も大室家に集まっているんですの?」

楓「わー、櫻子お姉ちゃんのお家久しぶりなのー」

櫻子「楓ちゃんいらっしゃい、あとおっぱいも」

向日葵「その呼び方止めなさい!!」ガアッ

撫子「本日大室家の二人にも集まってもらったのは他でもありません、私の恋愛相談に乗ってもらうためです」

向日葵「じゃあ何で楓まで呼んだんですの……?」

撫子「楓ちゃんぼっちじゃ可哀相じゃん?」

向日葵「……そうですか」



22: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:43:28.30 ID:FhrMUvt20

撫子「単刀直入に言います、図書館のあの人のメアドゲットに成功しました」

櫻子「えええええええっ!?」

花子「嘘ぉ!?」

向日葵「櫻子から話は聞いてましたが……一日会っただけでメアド交換って凄くないですか?」

楓「撫子お姉ちゃんすごいの」

撫子「そ、そうかな…?」

櫻子「……んで、どんな魔法を使ったの?」



24: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:47:27.21 ID:FhrMUvt20

撫子「いや、普通に『少しお話いいですか』って話しかけたら応対してくれたよ」

櫻子「そっか…んで、その後の会話はどんな感じだったの?」

撫子「うん、『好きな本は何ですか』とか、『よくここには来るんですか』とか、まあ普通の会話?」

花子「まあ妥当な会話だと思う」

向日葵「でも出会って二日目ですわよね?なのにそこまで出来るなんて尊敬しますわ」

撫子「ひま子ちゃん出会って何年も経つのに距離縮まらないもんね」

向日葵「なっ……!」ポッ

櫻子「えっ、向日葵好きな人いんの?誰?」

向日葵「い、いるわけないでしょう!!」カアァ



26: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:51:33.89 ID:FhrMUvt20

撫子「多分話からして向こうは一つ年上の大学生、でも年の差なんて気にしない!」

櫻子「姉ちゃん強気だなー」

撫子「もちろん!今回は押して押して押しまくって、絶対にものにしてみせるんだから!!」グッ

向日葵「応援してますわ」

花子「花子たちには迷惑かけないでね……」

撫子「うん、相談には乗ってもらうよ」

花子「話聞いてた?」



27: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:55:28.57 ID:FhrMUvt20

撫子「さて、これからどのようにしてあの人を攻略していくべきか……」

向日葵「まずは一緒にお出かけなんかが無難なんじゃないですか?」

撫子「なるほど、デートか……」

楓「年上なら押しすぎには注意した方がいいと思うの」

撫子「ありがとう、呼んで正解だった」

向日葵(時々思うけど、この子難しいこと結構知ってますわよね……)

向日葵(もしや櫻子より頭が良いんじゃ?)

櫻子「向日葵、今かなり失礼なこと考えてなかった?」

向日葵「いいえ、そんなことありませんわ」

撫子「それじゃあこの場は解散で…皆、本当ありがとう」



28: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 22:59:39.42 ID:FhrMUvt20

~翌日~

撫子「いやっふおおおおおおおおおおおおう!!」

向日葵「テンション高いですわね」

花子「何かいいことあったの?」

撫子「ピンク髪の人をデートに誘うことに成功しました!」

櫻子「展開早いな……」

楓「どんな経緯だったの?」



30: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 23:04:04.43 ID:FhrMUvt20

撫子「まあ普通に、『今度の日曜日、一緒にどこか遊びに行きませんか』って誘ってみた」

櫻子「で、相手は一発でOK出したと」

撫子「そういうこと、いやー今回私いける気がするよ!」

向日葵(この二人、もしかしたら両思い……?)

楓「頑張ってね、撫子お姉ちゃん」

撫子「もちろん!明日は楽しんでくるよ!」

向日葵「……自然体で、あんまり肩の力入れすぎないほうがいいと思いますわ」

撫子「分かった、それじゃ今夜は解散で」



33: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 23:07:29.77 ID:FhrMUvt20

~日曜日、夕方~

撫子「ふぅ…良い一日だったよ」

楓「じゃあ報告会を始めるの」

撫子「えっ?」

櫻子「当然でしょ、私達相談に乗ってあげてるんだから」

撫子「うーん…それじゃ話すか、今日の概要」

花子「わくわく」

撫子「まああんまり期待しないで聞いて」



34: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 23:11:19.90 ID:FhrMUvt20

撫子「朝に駅前で待ち合わせして、それから水族館に行った」

向日葵「水族館でデートですか…良いですわね」

撫子「それからそこのレストランで昼食とって……午後は雑貨屋でショッピング」

花子「結構無難だし」

撫子「そこでティーカップ買ったんだ…お揃いの」

櫻子「ほほう…良いんじゃないの」

撫子「大分上から目線だな……」

向日葵「でも、確かに良いカップルですわね、話を聞く限りは」

撫子「そ、そうかな……」



36: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 23:15:28.97 ID:FhrMUvt20

櫻子「明日は姉ちゃんどうすんの?」

撫子「普通に学校、でもあの人が大学を出るところを待ち伏せてみようかなー、なんて」

楓「撫子お姉ちゃん積極的なの」

撫子「当たり前だって、会える機会なんてあんまり無いんだから」

向日葵「上手くいくといいですわね、その人と」

撫子「うん、絶対彼女になってみせる」



37: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 23:19:19.16 ID:FhrMUvt20

~翌日~

撫子「重要なお知らせです」

櫻子「重要、とな?」

向日葵「何かあったんですの?」

撫子「はい、例の女性と正式にお付き合いすることが決定しました!」

「「「「おおっ!!」」」」

花子「おめでとうお姉ちゃん」

楓「楓もおめでとうなの」

撫子「二人ともありがとう……じゃあ今日あったことを報告します」



38: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 23:23:25.20 ID:FhrMUvt20

撫子「放課後すぐに大学に向かい、彼女が出てくるのを待つこと数十分」

撫子「現れたあの人と一緒に近くの公園に向かいました」

櫻子「うん、いいシチュエーションだと思う」

撫子「それから少しおしゃべりして、気づいたのよ……これ、チャンスなんじゃないかって」

撫子「そこでタイミングを見計らって、付き合って下さいって告白したの」

向日葵「そしたらOKを貰ったんですのね」

撫子「そういうこと…いや、本当頑張ってよかったよ」

花子「お姉ちゃんも花子達も大変だったし……」



39: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 23:27:23.50 ID:FhrMUvt20

櫻子「そうだ、その人の名前って何ていうの?」

楓「そういえば聞いてないの」

撫子「そうだったね…」

向日葵「何ていう名前なんですか?」

撫子「分かった、教えてあげる」


撫子「吉川ともこさんっていうんだ、いい名前でしょ」


「「「「……ええええええっ!!?」」」」


おわり



42: 原料 ◆qAlTaD5xJk 2011/11/21(月) 23:31:55.16 ID:FhrMUvt20

ともあか書いてたはずがこんなことになってました
またどこかで見かけたらよろしくどうぞ


元スレ
櫻子「姉ちゃんが彼女にフラれたらしい」