1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 13:28:59.57 ID:XO6FsK+P0

真美「兄ちゃん……キス、して?」

P「ああ、わかってる」

チュー

真美「……ぷはっ…えへへ」

P「俺たち愛し合ってるんだな」

真美「うん!」

ずっといちゃいちゃEND



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 13:32:28.50 ID:XO6FsK+P0

真美「兄ちゃん大好き!」ギュッ

P「おいおい、人前だぞ」

小鳥「………」

真美「いいじゃん!大好きなんだから!」ギュー

小鳥「……外ではしないでくださいね」

P「わかってますって」

ラブラブな日常END



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 13:35:36.51 ID:XO6FsK+P0

真美「兄ちゃん、これ」

P「ん?弁当か?」

真美「真美、一生懸命頑張ったから、全部食べてね!」

P「ありがとう、真美」ナデナデ

真美「えへへ」



亜美「………」ギリッ

平和な日常、しかし新たに運命は動き出すEND



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 13:39:29.28 ID:XO6FsK+P0

真美「だーれだ?」

P「えー、誰だろうな」

真美「えー!わかんないの兄ちゃん!?」

P「真美だろ?」

真美「わかってんじゃん!」ギュー

P「当たり前だろ、俺は真美の夫なんだから」

真美「籍はいれてないけどね!」ギュー

P「そのうちいれるさ」



亜美「……真美ばっかり……真美がいなければ……」

明るげな日常にひそむ陰END



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 13:43:13.89 ID:XO6FsK+P0

亜美「だーれだ?」

P「亜美だろ」

亜美「やっぱりわかる?」

P「当たり前だろ」

亜美「やっぱり亜美のことを考えてるんじゃないの~?」

P「そんなわけあるか」

亜美「……真美なんか捨ててさ、亜美のところに来なよ、ダメ?」

P「ダメだな、お前は真美とは違う」

亜美「………」ギリッ

P「……仕事の時間だぞ」

亜美「わかってるよ……」

亜美の闇END



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 13:47:47.21 ID:XO6FsK+P0

真美「おはよう、亜美」

亜美「………」

真美「亜美、おはよう」

亜美「………ふん」

真美「兄ちゃんから告白してきたんだよ?真美が抜け駆けした訳じゃないよ」

亜美「………」

真美「亜美………」

仲違いEND



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 13:52:01.93 ID:VnRS2gxW0

亜美「兄ちゃん、好き」

P「ごめん、俺は真美が好きなんだ」

亜美「なんで!亜美と真美は顔だって同じだしそんなに違いは……」

P「いくら言っても真美が好きなんだ」

亜美「うう……」

P「亜美のおかげで覚悟が出来たよ
今から真美に告白してくる」

亜美「待って!待ってよお…!」

亜美の過去END



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 13:56:06.60 ID:VnRS2gxW0

真美「兄ちゃん!」ギュー

P「おいおい」

亜美「おはよう」

真美「あ、亜美……」パッ

P「おはよう、亜美」

亜美「ふん……」

真美「亜美、お菓子食べる?」

亜美「要らない」

真美「亜美……」

壊れ始める日常END



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 13:56:55.95 ID:VnRS2gxW0

律子「最近は仕事にも影響が出ています」

P「そうか……」

律子「原因はわかってるんですけどね……これ以上どうしようも…」

P「俺がなんとかします」

律子「お願いします……」

P「俺が……どうにかしないと」

話し合いEND



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 13:59:46.74 ID:VnRS2gxW0

亜美「おはよう」

P「おはよう亜美、ちょっといいか?」

亜美「何?兄ちゃん」

P「最近仕事うまくいってないそうだな
まあ理由はわかってるが、そろそろ立ち直って……」

亜美「だったら兄ちゃんが手伝って」

P「何を……んむ!」

チュル……レロ……チャプ……

悪意のキスEND



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 14:02:41.12 ID:VnRS2gxW0

真美「兄ちゃん、おは」

亜美「………ぷはっ…えへへ」

真美「どうして……」

P「……真美!これは違うんだ!」

亜美「残念だね、兄ちゃんはもう亜美のものだよ」

真美「あはは……」フラフラ

P「真美待ってくれ!」

勘違いEND



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 14:05:51.87 ID:VnRS2gxW0

ガシッ

亜美「待ってよ兄ちゃん」

P「おい、離せよ亜美!」

亜美「いいじゃん真美なんか放っといて、亜美といいことしよ?」

P「ふざけるな!」

バシッ

亜美「痛い……痛いよ……ううううううう」

P「おい、亜美…」

亜美「兄ちゃんが殴った……うううううううううううううううううううううううううう」

P「勘弁してくれ……」

亜美の時間稼ぎEND



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 14:08:23.33 ID:VnRS2gxW0

真美「兄ちゃんを亜美にとられた……」

ザザーン

真美「兄ちゃんと二人で来た海……
また一緒にくる約束だったのに……」

真美「兄ちゃんを取られたなら、真美はどうしたらいいんだろう……」

真美「意味ないか、こんなこと言っても」

真美「……じゃあね」

真美の行方不明END



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 14:14:08.42 ID:VnRS2gxW0

P「真美がいなくなってから3日……」

亜美「兄ちゃん♪」

P「亜美、やめてくれ」

亜美「真美どこいっちゃったんだろうね?多分自殺したんじゃないかな?」

P「やめろ!」バシッ

亜美「……っ!亜美はいくらでも代わりになるよ?」

P「お前は真美の代わりになんかなれない、いつだってそうだろ」

亜美「いいよ、いつでも待ってるから」

壊れた亜美と壊れ始めたPEND



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 14:17:31.33 ID:VnRS2gxW0

チュル……レロ……チュパ…

亜美「ぷはっ!んっふっふ~♪結局来たんだね」

P「はあ、はあ……真美……」

亜美「そうだよ…真美だよ…」

P「真美!」

亜美「あはははははははは!」

嘘の愛END



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 14:28:52.31 ID:2aRIV9VX0

真美「おはようございます」

医者「おや、起きたのかね?」

真美「はいすいません、私が誰なのか思い出せなくて……」

医者「ふむ……今日警察がくるからそうしたら君の身元がわかるだろう」

真美「ありがとうございます、迷惑をかけました」

医者「いや、いいのだよ、君が海で倒れているところを偶然見つけただけなのだから」

真美「本当にありがとうございました」

すべてを忘れた真美END



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 14:31:47.74 ID:2aRIV9VX0

P「本当ですか!?真美が見つかったって!」

社長「ああ、海辺で倒れているところを発見されたそうだ」

P「海……それで真美は!?」

社長「実は……」


亜美「おはよう真美」

真美「あなたが私の双子の妹?」

亜美「そうだよ」

ふたたび会う二人END



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 14:34:23.92 ID:2aRIV9VX0

真美「記憶があった時の私ってどんな感じだったの?」

亜美「どんな感じか……亜美と一緒にイタズラしてまわって……
でも真美は優しさもあって……
亜美のことをいつも気遣ってくれて……」

真美「……どうしたの?」

亜美「うう……亜美は…何てことを……」ポロポロ

真美「ごめんね……思い出せなくてごめんね……」

思い直した亜美END



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 14:39:14.51 ID:2aRIV9VX0

真美「こんにちは」

P「こんにちは、真美……本当に覚えてないのか?」

真美「……ごめんなさい」

P「真美、俺はお前の……」

真美「?お前の?」

P「いやなんでもない、俺はそんな資格ない」

真美「?」

P「またくるよ、真美」

真美「はい、お願いします」

罪の意識END



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 14:43:38.38 ID:2aRIV9VX0

真美「こんにちは、兄ちゃん」

P「!!思い出したのか!?」

真美「いえ、亜美がこう呼んでいたので」

P「……そうか」

真美「……また来てくれますか?」

P「当たり前だろ」

真美「よかった…」

P「また、どこかにいこうな」

真美「はい!」

なくした思いでEND



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 14:49:21.11 ID:2aRIV9VX0

P「真美、こんにちは」

真美「こんにちは、兄ちゃん」

P「……何やってるんだ?」

真美「料理というやつです
あんまり上手くいかないですけど」

P「俺が出来ることなら手伝うが?」

真美「いえ、これは自分で作りたいので」

P「そうか…頑張れよ」


真美「出来た!兄ちゃんに渡す料理!」

P「俺に作ってくれたのか?」

真美「はい!いつも来てくれるお礼です!」

P「……美味しいな……」

真美「やったー!」

料理END



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 14:56:44.28 ID:2aRIV9VX0

真美「またきてね!」

P「わかってる、……段々喋り方が昔に戻ってきたな」

真美「そうですか?」

P「ああ、でも記憶は戻ってないんだろ?」

真美「はい……ごめんなさい」

P「謝ることじゃないさ」

真美「………はい」

P「もういくよ、じゃあな」

真美「はい!

……また……会いたい」

二度目の恋END



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 15:04:08.80 ID:2aRIV9VX0

真美「こんにちは」

P「こんにちは、真美」

真美「今日も来てくれたんですね」

P「ああ」

真美「ちょっと出かけません?暇でしょうがないんです」

P「そうだな」

真美(今日、決める)

覚悟END



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 15:07:41.18 ID:2aRIV9VX0

真美「ここ、私が見つかった海辺だそうです」

P「………そういえばここは……」

真美「兄ちゃん、話があります」

P「……なんだ?」

真美「好きです、付き合ってください」

P「な……!」

真美「記憶を無くした私だけど、この気持ちは本当です
付き合ってください」

P「俺は……そんな資格ない……」

真美「資格とか関係ないです
気持ちを教えてください」

P「………」

告白END



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 15:13:39.67 ID:2aRIV9VX0

P「俺は、最低だ」

真美「………」

P「お前という彼女がいたのに、亜美の方へいってしまった」

真美「………記憶をなくす前は付き合ってたのですか?」

P「そうだ」

真美「……」

P「だから、俺は……」

真美「言ったはずです、あなたの気持ちを教えてくださいと
あなたがやったことなんて関係ないです
今は反省してるのでしょう?だったらそれでいいじゃないですか」

P「俺は……」

気持ちEND



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 15:17:53.07 ID:2aRIV9VX0

P「好きだ」

真美「………」ニコ

P「だから真美、いいか?」

真美「はい」

チュー

真美「ぷはっ!兄ちゃん!」ギュー

P「真美……?」

真美「全部思い出した!思い出したよ兄ちゃん!」

真実のキスはすべてを救うEND

終わり


元スレ
P「真美、結婚しよう」真美「うん!」