SS速報R:【アズレン】出雲とひたすらイチャつく
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1555163260/



1: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/13(土) 22:47:41.35 ID:Qk1i0Kd+0

指揮官×出雲の小ネタ集
面倒なのは嫌なのでケッコン済且つ好感度200、互いに初めてを捧げてる設定
引き出しが尽きたら安価募集する予定です



2: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/13(土) 22:49:23.94 ID:Qk1i0Kd+0

◇気になる所

指揮官「出雲、ちょっと触ってみたい所があるんだけどいいか?」

出雲「構わんが…胸や太腿を触ったりしたら斬るぞ?」

指揮官「…やましい事は考えてない」

出雲「どうだか…ほら、触りたいんだろう?早くしろ」ズイ

指揮官「じゃあ遠慮なく…」

ナデナデ

出雲「っ!?」

指揮官「この角みたいなの、本当に不思議だ…感覚とかあるのか?」ナデナデ

出雲「あ、当たり前だ…先端部をそんな風に撫でるなっ!」ビクッ

(……)

出雲「満足したか?」ハァ…ハァ…

指揮官「あぁ。十分に堪能した」

出雲「…じゃあ次は私の番だな」

指揮官「え?」

ズルッ サスサス…

(この後、限界にまで硬くなるぐらい股間を撫でられた)



3: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/13(土) 22:51:31.04 ID:Qk1i0Kd+0

◇目のやり場

指揮官「出雲、新しい服の着心地はどうだ?」

出雲「ほう…悪くないな(出雲千本桜)」クルッ

出雲「どうだ指揮官、普段より華やかに見えてるか?」バッ

指揮官「どれどれ…」

出雲「……」ボイン

指揮官「……」

出雲「……」チラッ

指揮官「……」ムラッ

指揮官(まずい、何処を見ても股間が…)

チャキッ! ブンッ

出雲「指揮官…さっきから私の胸や脚ばかり見てないか?」

指揮官「そんな事はないぞ、うん!」

出雲「…まあいい。特別に指揮官に一番乗りで私のカブキ踊りを披露してやろう」

出雲「但し、また妙な目つきで見てきたら…斬るからな?」

指揮官「分かってるって」



4: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/13(土) 22:52:29.29 ID:Qk1i0Kd+0

◇起き攻め

チュン チュン…

指揮官「ん…朝、か…」

パンッ パンッ パンッ

指揮官「ーなんだ、これ?下半身が重い……てか、気持ちいい…」

出雲「起きたか、指揮官」ズチュッ

指揮官「いず、も…!?何をして…っ」ビクッ

出雲「ふふ……昨晩は一方的にお前にやられたからな……仕返しと言った所、だっ♥」ズチュッ グチュッ

出雲「男性器は朝勃ちすると聞いていたがここまで硬くなるとは、んっ♥」パンパンッ

指揮官「出雲、止めっ…朝からいきなり出すのは…」ビクッ

出雲「断る…私が散々無理だと言ったのに続けたのは、指揮官だろうっ」パンパンパン

出雲「同じ気持ちをお前にも味わさせてやるっ!」パンパンッ

指揮官「ぐっ……ダメ、だ…出る…!」ビクッ

ビュッ ビュルルッ

出雲「っ♥ 指揮官の熱い精液が…私の子宮の中、に入って…」ビクッビクッ

ドサッ

出雲「はぁ……はぁっ……どうだ、私の実力は?」ズッズッ

指揮官「ぐっ…参ったから腰を動かすのやめてくれ…」

出雲「分かればいい…私を甘く見ない事だ」ギュッ

ムニュンッ

指揮官「出雲…胸が顔に…苦しい…」

出雲「…もう少しこのままでいさせろ…今はこうしていたい気分だ」ギュッ

指揮官「んぐっ…本当に少しだけだぞ」

出雲「分かっている…ふふ…指揮官を負かすのがこうも気分が良いとは」



5: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/13(土) 22:53:26.42 ID:Qk1i0Kd+0

◇足コキ

出雲「指揮官、何を我慢している?遠慮しないで出せ」グニッグニッ

指揮官「うぐっ…あっ…」ビクッ

出雲「布団に横になりながら着物姿の私を見るだけで勃たせるとは…本当に助平な奴だ」フニフニ

出雲「ほら、これも見たいんだろう?我慢せずに言えばいいものを」ピラッ

指揮官「……っ(生地が少ないっ)」ドクンッ

出雲「普段、前線で指揮を取ってる指揮官を一方的に責めるのはいいものだ…ふふ…これでどうだ?」コスコスッ

指揮官「っ……くっ…」ビクッ

ビュッ ビュッ ビュルルッ

出雲「やっと出したか…どうだ?ニーソックス越しに擦られるのは?」

指揮官「あぁ…凄く気持ちよかった」

出雲「それは良かった……さて、これで終わりと思ってはあるまいな?」スルッ

ツー…

出雲「指揮官、次はお前が私を満足させろ」パサッ

指揮官「言われなくても…そうしてやるさ」ガバッ



(この後互いに動けなくなるまでヤった 後に精液塗れの脚を出雲が舐めました)



9: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/14(日) 22:34:07.98 ID:QrPBDntY0

◇癒し

指揮官「やっと委託の書類の後始末が終わった…」クター

出雲「ご苦労だったな指揮官。褒美に私の胸に埋もれるがいい」

指揮官「…今回はやけに優しいな。何を考えてるんだ?」

出雲「別に何も考えてなどいない。いいからとっとと来い」

指揮官「それじゃあ…お言葉に甘えて」

モニュン

指揮官(柔らかい…それに疲弊した精神が安らぐ匂いがする)ムニョモニョ

出雲「遠慮せず今は私に甘えて英気を養え。お前が不調だと艦隊にも影響が出るからな」ナデナデ

出雲(こうして見ると弟みたいだ…ふふ…)



10: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/14(日) 22:35:23.27 ID:QrPBDntY0

◇ πタッチ

(事後)

指揮官「っ、はぁ…はぁ…」ビクッビクッ

出雲「どうだ、私の強さは?指揮官…お前がいくら強くても私には敵わないという事だ」プルン

指揮官「それは…どうかなっ!」バッ

モニュンッ

出雲「んんっ!?」ビクビクッ

指揮官「出雲が強くても…此処を責められればひとたまりもないだろ?」モニュモニュ

出雲「んっ、あっ、くうぅっ」ビクビク

指揮官(出雲の胸、大きいな…もしかして大鳳や伊吹より大きいんじゃないk)

出雲「このっ…調子に乗るなあっ!」

ズププッ

指揮官「っぁ…!?」バッ

出雲「はぁ、はぁっ…私の胸を揉んだだけでここまで硬くするとは……指揮官、覚悟は出来てるだろうな?」タユン

指揮官「その台詞、まんま返すぜっ」グッグッ

出雲「っ♥」ビクッ

指揮官「じゃあ2回戦、いくか」

出雲「望む所…私の方が強い事を証明してやる」


(この後引き分けになるまでヤった)



11: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/14(日) 22:36:31.97 ID:QrPBDntY0

◇拘束

指揮官「ぐっ……あ、ぁっ…」
ビク

ビュッ ビュッ

出雲「あっ…また指揮官の暖かい精液が私の中に…♥」ビクッビクッ

指揮官「出雲…この拘束いつになったら解放してくれ……うっ」ビクッ

出雲「まだだ…昨日、私を散々イカせて屈辱を味わさせた罰だ、んっ♥」ズッズッ

出雲「こうして腰を動かしながら胸を揺らすだけで硬さを取り戻すとは…このムッツリ助平が!」プルンッ

指揮官「仕方ないだろ…出雲がエロすぎ、ぐっ…」ビクッ

出雲「どうやらまだ仕置きが必要のようだな…今晩は限界までやる。覚悟を決めておけ」



この後互いに腰が抜けるまでセックスした



13: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/15(月) 22:37:50.37 ID:Bgf/tLzg0

◇抱き枕

出雲「すー…かー…」ムギュッ

ムニュッ

指揮官「出雲、起きろ…って胸が当たって…足を絡めるなっ」ドキドキ

出雲「指揮官…この程度で根を上げるなど男して…くー…」ギュッ

指揮官「っ(股間を掴まれて…)」ビク

出雲「ふ…指揮官、お前の射精管理は私が……すー…」コスコス

指揮官「寝ぼけながら股間を弄るのやめてくれないか……くっ…」ビクッ

出雲「んふ……お前の抱き心地も悪くない…」


この後射精するまで擦られた



14: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/15(月) 22:38:53.10 ID:Bgf/tLzg0

◇欲しいもの

出雲「今一番、欲しいもの?」

出雲「消化器と…指揮官との子供、と応えておく」

出雲「その気になれば指揮官との子供も宿せるが…今身篭らせてしまうと戦う事すらままならなくなるからな」

出雲「もういいだろ?私も秘書艦で忙しいんだ、あっちに行け」

出雲(本当に欲しいのは指揮官そのものとは…言えないな流石に)



15: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/15(月) 22:39:31.40 ID:Bgf/tLzg0

◇夜這い

指揮官「くー…すー…」

出雲「…指揮官は眠りについたな?…」コソコソ

スッ… パサッ

スルッ… ビンッ

出雲「寝る前にあれ程搾ったというのにまだこんなに勃ってるとは…絶倫な奴だ」

ズプッ…

出雲「く…さっきより大き、い…動かすのも、辛い…っ♥」ビクビクッ

出雲「負ける、か…っ」パンパンッ

ムク…

出雲「っ!? また、大きくっ…」ビクッ

出雲「ダメ、だ…腰を動かすだけでイっ…」

ドクンッ…

ビュッ ビュルルッ…

出雲「ーーーっ♥」ガクガクッ

出雲(見誤っ、た…)フラ…

ドサッ

出雲「覚えておけ指揮官…いつか夜這いでも勝ってみせる…」ビクビクッ



18: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/16(火) 22:51:02.91 ID:xQcxFCNA0

◇ギュッと

ムギュッ

出雲「…指揮官、暖かいな」

指揮官「お前も…まるで人間みたいだ」

出雲「私は作られた存在だ…決して人間ではない」

指揮官「確かに…でも、俺にとってはかけがえの無い大切な存在だ」ギュッ

出雲「ふふ…上手いこと言ってくれるな…暫くこのままでいていいか?」ギュッ

指揮官「無論、お前が飽きるまで抱きしめていいぞ」

指揮官(む、胸が当たる…)ムラムラ

出雲(硬くなった股間が私の脚に…この変態め…!)プルプル



19: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/16(火) 22:52:09.31 ID:xQcxFCNA0

◇既成事実

指揮官「出雲、お腹は大丈夫か?」

出雲「あぁ、特に問題は無い」ボッテリ

指揮官「しかし、まさか身籠もるとはな…」

出雲「以前の性交で受精したらしい。嬉しいには嬉しいが出撃出来ないのが心残りだ」

指揮官「戦闘は他のKAN-SENに任せてお前は安静にしてろ。ヴェスタルもそう言ってただろ?」

出雲「分かってる。無茶をして身籠ってる子に何かあったらいけないからな。…ところで指揮官、股間が膨れ上がってないか?」

指揮官「…すまん…今のお前を見てるとどうも…」ムラ…

出雲「…全く仕方のない奴だ。ほら、下を脱げ」

指揮官「?」



20: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/16(火) 22:53:14.81 ID:xQcxFCNA0

…………

指揮官「くっ…ダメだ、腰がっ…」ヌチュヌチュッ

出雲「んっ♥ あっ♥ やめ、そんな擦られたら、くっ♥」ビクビクッ

指揮官「中に出すのはマズいから擦り合わせてるけど、ここまで気持ちいい、とはっ…」ヌチュヌチュ

出雲「ダメ、だ指揮官っ♥ 挿れてないとはいえここまで擦られてはっ…♥」ビクッ

指揮官「だ、ダメだ…イクっ…」グッ

出雲「わた、し…も…♥」ビクッ

ビュッ ビュルッ

プシャッ…


出雲「はぁ、はぁ…指揮官、お前には遠慮という言葉を知らんのか…っ」

指揮官「悪い…久々だったから我慢出来なかった」

出雲「本当なら斬ってやりたい所だが‥身籠ってる身だ、見逃してやる」

出雲「その代わり…出産するまで私の面倒を見る事を約束しろ」

指揮官「ああ。時間がある時はずっとお前に付き添う」

出雲「では早速…私にかかった精液を拭いてくれ」

指揮官「…はい」

(その後、出産するまで出雲は色々と恥ずかしい目に会いました)



21: ◆SKSkiNDop40/ 2019/04/16(火) 22:59:07.66 ID:xQcxFCNA0

ここまでお読み頂きありがとうございます。
最後なのに短いけどこれにて終了です

後日談的な話で出雲と指揮官が産まれた子供と遊んでる話も考えましたが自分にそこまでの技量は無いのでやめておきました
そこの指揮官も出雲を育てよう!SHSで火力特化した特殊弾幕は強いぞ!しかも発動率が高い!(スキルマ時)

もし次書くとしたらヤンデレーンか短編集になると思いますけど予定は未定です
当分、会う事は無いでしょう


元スレ
SS速報R:【アズレン】出雲とひたすらイチャつく