1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 21:31:07.297 ID:0sAnAvQt0.net

サターニャ「今日はそれを解き明かすわよ!ガヴリール、ヴィネット、協力しなさい!」

ヴィーネ「たしかにちょっと気になるわね、いいわよ」

ガヴリール「めんどくさ、私まで巻き込むなよ」

サターニャ「目には目を、歯には歯を、天使には天使を!って言うじゃない?」

ガヴリール「お前そんな難しい言葉知ってんのな」

サターニャ「えっへん」

ヴィーネ「お前……」

サターニャ「とにかく手伝いなさいよ、もし解明できたら学食のメニューなんでも好きなのひとつ奢ってあげるわ」

ガヴリール「乗った!」



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 21:34:57.415 ID:0sAnAvQt0.net

サターニャ『1時ぴったりになったら私が向こうの階段でラフィエルを呼ぶわ、あんた達はラフィエルがどんな風に私の所に来るか見てて!』


ラフィエル「ふんふんふーん♪」

ガヴリール「1時まであと……2分?長っ」

ヴィーネ「もうすぐよ、余所見しちゃダメよ?」⚫REC

ガヴリール「……3、2、1……時間だ」

ラフィエル「!!」ビュバッ!!

ヴィーネ「消えた!?」

ガヴリール「あー、やっぱりな」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 21:37:48.328 ID:0sAnAvQt0.net

ラフィエル「サターニャさん、呼びました?」

サターニャ「うぎゃあああ!やっぱり来た!!」

ラフィエル「サターニャさんが私を呼ぶ声が聞こえましたので♪」

サターニャ「よ、呼んでないわよ!」

ラフィエル「あれ?おかしいですね、たしかに聞こえたはずなんですが……」

サターニャ「だから呼んでないってば!あっち行きなさいよ!」

ラフィエル「まあまあ、いいじゃないですか♥」

サターニャ「よくないわよー!!」



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 21:42:45.568 ID:0sAnAvQt0.net

ガヴリール「つまり、天使には神足通という能力があってだな、まあ要は瞬間移動みたいなもんだ」

サターニャ「それで私のところまで来てるってこと?」

ヴィーネ「なんか怖いわね……」

ガヴリール「チャンスを逃さないプロ根性みたいなもんだろ」

サターニャ「そんなプロいらないわよ!」

ヴィーネ「それにしても、なんでサターニャがラフィを呼んだのが聞こえたのかしら」

ガヴリール「いくら天使でも意識しなきゃあの距離の声は聞こえないけど……」

サターニャ「じゃあずっと私の声を聞き逃さないように意識してるわけ?怖っ!!」

ガヴリール「いや、それは疲れるからないだろ」

ヴィーネ「ガヴが体力なさすぎるだけじゃないの?」

ガヴリール「失礼だな……私じゃなくたって四六時中個人に意識向けてたら疲れるっての」

サターニャ「じゃあなんなのかしら……」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 21:44:51.448 ID:0sAnAvQt0.net

ヴィーネ「ラフィが瞬間移動するところを撮影したの、これも見てみましょう」

サターニャ「どれどれ……うわっ、ほんとに消えた」

ガヴリール「こんな所で神足通使ったら怪しまれるだろ……」

ヴィーネ「うーん、でも特に何かってことは……」

サターニャ「ないわね……」

ガヴリール「……あ」

サターニャ「なに?」

ガヴリール「ちょっとここ、見てみろ」

サターニャ「ここってどこよ?」

ヴィーネ「アホ毛?」



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 21:46:55.398 ID:0sAnAvQt0.net

ガヴリール「ほら、瞬間移動する直前……」

サターニャ「あ!!アホ毛がピクピク動いてるわ!!」

ヴィーネ「風で揺れたとかじゃなくて?」

ガヴリール「教室で風なんか吹くか?扇風機でも回ってるならまだしも」

サターニャ「つまり……これはアンテナってことね!」

ガヴリール「恐らくな……」

ヴィーネ「アンテナ?」

ガヴリール「サターニャがバカなことやったり、自分の名前を呼んだりした時に反応するようになってるんだろう」

サターニャ「バカなことってなによ!」



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 21:50:46.416 ID:0sAnAvQt0.net

ヴィーネ「じゃあラフィのアホ毛はサターニャ専用ってわけ?」

ガヴリール「そうだな」

サターニャ「いよいよもって怖いんだけどあいつ……」

ガヴリール「まあ謎は解明できたし、約束の奢りは……」

サターニャ「待ちなさい!まだそうと決まった訳じゃないわよ!」

ガヴリール「はぁ?」

サターニャ「実験して対策するのよ!」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 21:52:45.222 ID:0sAnAvQt0.net

ラフィエル「な、なんの真似ですかこれは……」

ガヴリール「悪いな、大盛りカツカレーの為だ」ギチギチ

ヴィーネ「ごめんね、すぐ終わるから」

ラフィエル「私何か、縄で縛られるようなことしましたっけ?」

ガヴリール「……もうすぐ時間だな」

ラフィエル「あの、聞いてます?」

ヴィーネ「3、2、1……」

ラフィエル「!!」ビュバッ!!

ヴィーネ「……消えた」

ガヴリール「縄だけ残して……」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 21:54:07.236 ID:0sAnAvQt0.net

サターニャ「いやあああ!!!」

ラフィエル「サターニャさーん♥」


サターニャ「なんで当たり前のように縄抜け出してんのよ!!」

ガヴリール「だって天使ですもの」

ヴィーネ「物理的に拘束するのは意味なさそうね……」

サターニャ「かくなる上は……」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 21:55:22.676 ID:0sAnAvQt0.net

ガヴリール「ラフィエル、ちょっとこっち向け」

ラフィエル「はい?」

ガヴリール「えい」チョキー

ラフィエル「!?!?!?」

ガヴリール「もういいぞ」

ラフィエル「ななななんの真似ですか!?」

ガヴリール「3、2、1……」

ラフィエル「……!!」ピコーン!!

ラフィエル「!!」ビュバッ!!

ガヴリール「……消えた」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 21:58:06.256 ID:0sAnAvQt0.net

サターニャ「はぁ……」

ヴィーネ「ダメだったわね」

サターニャ「絶対成功すると思ったのにー!」

ガヴリール「もう諦めろよ」

サターニャ「嫌よ!なんでいつまでもあいつに追いかけ回されなきゃいけないの!?」

ヴィーネ「仕方ないじゃない」

サターニャ「仕方なくなーい!!」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 22:01:53.436 ID:0sAnAvQt0.net

サターニャ「」ドゲザー

ガヴリール「なんの真似だよ」

サターニャ「お願いします!!私に神足通を教えてください!!」

ガヴリール「はぁ?」

サターニャ「もう私悟ったわ!瞬間移動には瞬間移動で対抗するしかないって!」

ガヴリール「いやあれ天使の特権だし……」

サターニャ「いいから教えなさいよぉぉぉ!!!」ガシッ

ガヴリール「焼肉奢るか?」

サターニャ「ぐっ……し、仕方ないわね!!」

ガヴリール「乗った」



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 22:03:46.852 ID:0sAnAvQt0.net

ガヴリール「とは言っても私は今神足通使えないから特別講師に来てもらった」

タプリス「げっ!!天真先輩をたぶらかした悪魔!!」

ガヴリール「は?」

サターニャ「お願いします先生!!」ドゲザー

タプリス「えええ!?!?」

サターニャ(ガヴリールのムフフな写真あげるから!!)ゴニョゴニョ

タプリス「……いいでしょう!教えて差し上げますっ!」

ガヴリール「お前ら今なんて言った?」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 22:06:31.253 ID:0sAnAvQt0.net

サターニャ「地獄の特訓の末に神足通をマスターしたわ!!」シュバババ!!

ヴィーネ「す、すごいわね……どっから出てくるのよその情熱……」

サターニャ「全てはラフィエルから逃げ切って安息を手に入れるため……!!」

ラフィエル「私がなんですか?」

サターニャ「ぎゃああああ!!!」

ラフィエル「こんにちはサターニャさん♥」ニコッ

サターニャ「そ、そうだ!神足通!!」ビュバッ!!

ラフィエル「!」ビュバッ!!

ヴィーネ「2人とも消えた!?」



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 22:07:42.373 ID:0sAnAvQt0.net

サターニャ「ふぅ、逃げきれた……ってうぎゃー!!!」

ラフィエル「まぁ、サターニャさんもマスターしたんですか?」

サターニャ「いやー!!」ビュバッ!!

ラフィエル「待ってくださいよー♥」ビュバッ!!


ビュン!!ビュン!!

ガヴリール「ドラゴンボールみたいになってるぞ」

ヴィーネ「2人とも諦めが悪いわね……」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 22:11:12.759 ID:0sAnAvQt0.net

サターニャ「はぁ……はぁ……」

ラフィエル「いい加減諦めたらどうですか?私から逃げ切るなんて無理なんですよ♥」

サターニャ「……なんでそんなに私に付きまとうのよ!!いい加減にしなさいよ!!」

ラフィエル「なんでって、好きだからに決まってるじゃないですか?」

サターニャ「人間社会ではそれをストーキングって言うのよ!!S級違法行為(ギルティーアクション)だから!!」

ラフィエル「……そんなに、嫌ですか?」

サターニャ「え?」

ラフィエル「……私に付きまとわれるのは、そんなに嫌ですか……?」ポロポロ

サターニャ「ちょ、待って、なんで泣いて……」

ラフィエル「うえええええん……」



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 22:13:02.016 ID:0sAnAvQt0.net

サターニャ「ちょ、違うのよ、ただあんまりしつこいからちょっと頭に来ただけで……」

ラフィエル「うっ、うそですぅ、サターニャさんは私のこと嫌いなんですぅ……ひっくひっく」

サターニャ「違うって!ら、ラフィエルのことは……その……大事な友達だと思ってるし……///」

ラフィエル「……ほんと……ですか……?ひっく」

サターニャ「ほ、ほんとよ!だから泣くんじゃないわよ!///」

ラフィエル「嬉しいですー♥」ギュッ

サターニャ「!?」

ラフィエル「もう逃がしませんからね?うふふ♥」

サターニャ「」



32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/10(金) 22:14:37.988 ID:0sAnAvQt0.net

ガヴリール「おい、そいつ返せよ」

ラフィエル「嫌ですー!!私のですー!!」

ガヴリール「焼肉奢ってもらう約束になってんだよ!!」

ラフィエル「そんなのガヴちゃんの都合じゃないですか!!」

ガヴリール「返せっての!!」

ラフィエル「いーやーでーすー!!」

サターニャ「 」

ヴィーネ「あーあ、サターニャったら可哀想に……」

おわり


元スレ
ラフィエル「サターニャさんのいる所ならどこにでも湧きますよ~」サターニャ「どんなメカニズムよ!」