1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 01:39:48.317 ID:8lgkcLI+p.net

千早「人の夢の中に入り込んで精をすする魔物……」

サキュバス「千早ちゃんならきっと素晴らしいサキュバスになれると思うわぁ」ばいーん

千早「……」ぺたーん

千早「くっ……そういうものは興味がありません、帰ってください!」

サキュバス「あら、残念……もしサキュバスになればどんな体型にもなれるのに……」

千早「……!?」びくんっ

サキュバス「あら、反応したのね、カワイイ♪」

千早「反応していません、帰ってください!」

サキュバス「そういわないの……ほら、お胸欲しくなぁい?……あの人の心も落とせるような淫らな胸……」さわさわ

千早「……!」

って妄想のせいでねれないので供養します



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 01:52:03.892 ID:TKIRVWBW0.net

サキュバス「反応した、歌にしか興味のないはずの千早ちゃんが」

千早「ち、違います!」

サキュバス「あの人はあなたのアイドル人生における師匠になってくれる存在……千早ちゃんはそう考えている……でも、本当にそれだけ?違うわよねぇ♪」クリクリ

千早「っっ!?」ビクビクンッ!

サキュバス「ウフフ……乳首、敏感ね……図星だと体が敏感になるのよ?」

千早「あっ……あ、ああ……!?」ガクガク

サキュバス「ねえ、試しにサキュバスになってみない?そう
……試すだけでもいいのよ……」

千早「試しに、です……か……?」

サキュバス「そう……代償を払えば、千早ちゃんはサキュバスになれるわぁ……」

サキュバス「代償は、この夢の世界……眠れなくなる代わりに、千早ちゃんは……」グリィィッ!

千早「うっ!?ひぐぅぅっ!」ビクンッ、ビクンッ!

サキュバス「わかるわよね?」

千早「ね、眠れなくなったら……どう、なる……」

サキュバス「簡単よ、睡眠欲の代わりに性欲が押し寄せて……千早ちゃんはサキュバスに変身したくなるわぁ……」

千早「へ、変身……!?」



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 02:01:43.088 ID:TKIRVWBW0.net

サキュバス「そうよぉ、千早ちゃんは夜の姿へと変身するのぉ……」

サキュバス「夜の姿になれば、世の中のどんな人間も千早ちゃんと気付かなくなるわ……たった一人を除いて……」

千早「だ、誰……ですか?」

サキュバス「わからないの?」

千早「し、しりませ」

サキュバス「……」クリィィィッ!

千早「ひぎゅぅぅぅぅ!?」ビクビクん!

サキュバス「うふふふ……うふっ」

千早「あ……あっ……!」

サキュバス「もし、契約が気に入らなかったらいつでも解除していい、千早ちゃんは必ずねれなくなるわけじゃないのよ……それでも、いやぁ?」

千早「っ……くっ……かえ……」

サキュバス「強情ねぇ……でも、いいことなのよ?」ぐにっ ぐにっ



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 02:05:16.012 ID:TKIRVWBW0.net

千早「あっ、いいいいっ!?」がくっ がくっ

サキュバス「……眠らなくなれば、24時間歌の練習ができるわよ」ぼそっ

千早「……!」

千早「そ、それなら……かんがえても、いいですけれと……」

サキュバス「はい、成立ね」

千早「え?」ドクンッ

サキュバス「よかったわねえ……これでいつでも歌の練習ができるわよ?」


サキュバス「もし、したいと思えれば、だけど」ぎゅううううう!

千早「ううっ!?……そ、そっちはせなか……」

サキュバス「あら、乳首を摘もうと思って間違えたんじゃないわよ?」

サキュバス「背中の皮膚を切って、出やすくするためよ……」ぷすっ

千早「な、何を……うぐっ!?」ゴキッ ゴキッ!

千早「あ、ああああああっ!?」バサァッ!びきびきっ!

サキュバス「あら……綺麗な翼ねえ……千早ちゃんったら」

千早「つ……つば……さぁぁぁっ!?」メキメキメキメキ



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 02:16:46.814 ID:8lgkcLI+p.net

サキュバス「角も美しいわ……私の想像の通りね……」

千早「ぷ、プロデューサー……助けて……くださいっ……」

サキュバス「ええ、早速あの人に会いに行くといいわよぉ……えいっ♪」パシーン!

千早「ぁ、ぁぁぁぁっ!?」ビィーンッ!

サキュバス「尻尾もついたわね……これで誰が見ても立派なサキュバスよ……千早ちゃん……♪」

千早「っ……な、なんで、こんなことを……」

サキュバス「考えてもいいって言ったからよ……それより千早ちゃん……まだ変わってないところがあるわよね?」

千早「ど……どこですか?……もしかして……胸……!」ゾクッ!

サキュバス「……自分で言ったわね、おっぱい、膨らむわよぉ……」

千早「あっ……あ、ま、まっ…t…」ぴくっ ぴくっ むくっ むくっ ぐぐぐぐぐぐ……



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 02:18:32.261 ID:8lgkcLI+p.net

千早「ええええええええっ!?」ばるんっ! むにゅううううっ

サキュバス「うふふふ……三浦あずさが霞むほどの爆乳ねえ……」

千早「い、いやっ……むねっ……おっぱい……!」ふるふる

千早「おっ、ぱ、いのっ……先っぽ……がぁっ……!」むくっ むくむく

千早「ば……ばくはつするうううう!」ぷくぅぅぅっ!




うっうー!うっうー!

千早「はっ!?」がバッ!

うっうー!うっうー!

千早「……朝……?」ぺたーん

千早「……くっ、夢だったのね……あんな夢を見るなんて疲れてるのかしら……」

千早「遺跡の探検レポートなんてしなければよかったわ……あら?」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 02:20:22.010 ID:TKIRVWBW0.net

千早「……胸の所……何か、白い液体が……ついてるわ、これは……」

ぺろっ

千早「・・・」

千早「甘い……この、液体は」





「今日の夜が楽しみね……千早ちゃん」

というわけで駄>>1が供養できるのはここまでのようだ、それじゃあ寝るね


元スレ
千早「私が、サキュバス、ですか?」サキュバス「そうよぉ」