1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:06:11.59 ID:8CJM3+FR0

ただただ、そんな話のSSです

あんまり、あの子主体のSSが無かったので書いてみました



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:07:53.12 ID:8CJM3+FR0

美希「ただいまなの~」ガチャ

千早「ただいま戻りました」

春香「お帰り!美希、千早ちゃん」

雪歩「お帰りなさい」

真「お帰りー」

美希「あれ?ハニーは?」

響「プロデューサーなら、営業に出かけたぞ」

美希「ちぇ、帰ったらハニーにぎゅってしてもらおうと思ったのにな」

伊織「ちょっと、ぎゅってなによ!」




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:11:29.35 ID:8CJM3+FR0


美希「デコちゃんはうるさいの」

伊織「ムキー!デコちゃんってなによー!」

あずさ「まあまあ、ふたりとも落ち着いて」

律子「は~、帰ってきて早々にうるさいわね。プロデューサー殿ならもうすぐ帰ってくるから静かにしてなさい」

美希「はーい、りつ・・・律子さん」

ガチャ

律子「噂をすれば・・・」

P「ただいっまー♪」




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:14:46.64 ID:8CJM3+FR0

全員「おかえりなさいプロデューサー・さん・殿・あなた様」

P「いや~打ち合わせ、うまくいったよ」

律子「お疲れ様です。これで、またみんなのTV出演がきまりましたね」

P「おう♪ じゃあさっそく企画書書くか」カタカタ

春香(お仕事に熱中してるプロデューサーさんカッコイイなー)

P「んー」カタカタ

真(今日のプロデューサーすっごく集中してる。凛々しいな。カッコイイ!)

P「よし、あとはまとめるだけだ♪」カターン



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:17:28.72 ID:8CJM3+FR0


亜美・真美「兄ちゃん、仕事がはやいYO」

P「はは、亜美、真美おだてても何もでないぞ♪」

亜美・真美「ちぇ~」

P「ふふふん~ふふ~♪」カタカタ

律子「どうしたんですプロデューサー殿?今日はやけにご機嫌ですね」

P「ん、やっぱり分かっちゃうか」

小鳥「そういえば今日はめずらしく早引けするみたいですけど、関係してるんですか?」

P「ええまあ」ニコニコ




8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:21:35.51 ID:8CJM3+FR0


律子「へえ、確かにめずらしいですね、プロデューサー殿が早退するなんて」

小鳥「今日はなにがあるんですか?教えてくださいよ~」

P「ん~まあいいか。実は・・・」

律子・小鳥「実は・・・?」

P「今日、アメリカから恋人が来るんだ」

全員(社長以外)「ええ!」

P「おっと、もうこんな時間か。港まで迎えに行かないと」

P「じゃあ、お先に~♪」

バタン




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:24:42.32 ID:8CJM3+FR0


――――――15分後

律子「は~~あの人は、なんて置き土産を置いていくのよ」

律子(泣き崩れる子、ただ押し黙る子、ブツブツとうわ言を言う子、落ち着きも無くウロウロする子)

律子(事務所内は見るにたえない状態になってしまった)

美希「うっうう…ハニー…ううっう」

雪歩「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

千早「ブツブツ」

真「・・・・・」ウロウロ

春香「・・・・・・・・・・・・・・」

春香「・・・・こんなのって…」

春香「こんなのってないよ!」バン!




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:26:30.74 ID:8CJM3+FR0


律子「は、春香?」

春香「みんなだってそうでしょ。どこの誰だか分からない相手にプロデューサーさんを取られるなんて」

真「・・・そうだよ、僕も納得できないよ!」

千早「そうよね。765プロの誰かなら諦めもついたけど、いきなりアメリカ人なんて・・・」

雪歩「う、うんそうだよね」

美希「・・・美希も・・・美希もそう思うの~~~!!!」ガバ

春香「みんな!ありがとう。じゃあ早速作戦会議よ。みんな社長室にいきましょ」

美希・真・千早・雪歩「お~」(以下、美希・真・千早・春香・雪歩同じ発言は一同表記)

律子「ちょっとみんな、まだ高木社長いるわよ」

美希「関係ないの、どいてもらうの」

律子「は~~~~~まったくもう。みんな待ちなさ~~い!!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:29:02.16 ID:8CJM3+FR0


――――翌日

P「ふふふ~ふふふっふ~ふふふ~ふふ~♪」カチャカチャ

律子(まったく呑気に鼻歌、歌っちゃってこっちのみになってよ、昨日アレからどれだけ苦労したか・・・)

P「ん?なんだ律子。俺の顔になんか付いてるか?」

律子「なんでもありませんよ、もう」

カチ

P「よし、時間だな。今日はあいつとドライブなんだ~。じゃあお疲れ様~♪」

ガチャ バタン

律子「ちょ、またそんなこと言ったら・・・」チラ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:32:56.48 ID:8CJM3+FR0


春香「・・・」ブスー

美希「・・・」ブスー

真「・・・」ブスー

律子(ああ、また…。あんなに不機嫌になってる)

千早「あの口ぶりだとクルマ買ったみたいね」

雪歩「その彼女さんのためかな・・・」

真「みんな昨日の作戦どうり、早くプロデューサーを追跡するよ」

一同「おー!」

律子「ちょっと昨日そんな事、会議してたの」

美希「ハニーを見失わないうちに早く行くの」




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:35:34.22 ID:8CJM3+FR0


律子「あんたたち待ちな・・・」

ガチャ バタン

律子「あ~もう、あの鈍感プロデューサー」

―――――765プロ近辺

美希「あ、いたの」

P「ん~♪」

春香「また、鼻歌なんか歌ってる・・・」

雪歩「あんなにご機嫌なのはじめて見ます~」

真「あ、あそこの駐車場に入っていくよ」




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:37:02.83 ID:8CJM3+FR0


千早「暗くて見えないね・・・あ、いま車に乗り込んだわよ。みんな隠れて」

一同「あわわわわ」わたわた

ブロロロロロロロロ...

美希「行っちゃったの・・・」

真「くっそ~、先に彼女に会うと思ってたのに」

春香「また、作戦会議ね。みんな事務所に戻ろう」

一同「おー」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:40:12.72 ID:8CJM3+FR0


―――――翌日

P「ふあ~~」

小鳥「あれ、プロデューサーさんお疲れですね」

P「えへへ。昨日ちょっとね」

小鳥「昨日、なにしてたんですか・・・?」

P「ええ~そんな、女の人に言う事でもありませんよ」///

一同「・・・」ピクッ

律子(ああ、またあんなこと言ってる)

P「おっと、もうこんな時間か打ち合わせ行ってきます」

ガチャ バタン

一同「・・・・」どよ~ん



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:42:38.06 ID:8CJM3+FR0


律子「惨劇再び・・・」

美希「うっうっ、もうだめなの、男と女の深い中なの・・・」

雪歩「深い中・・・」

春香「私たちの努力は無駄だったのかな・・・」

律子(あんた達、尾行しただけじゃない・・・)

真「いや、まだだよ!あきらめたら試合終了だよ!」

千早「そうよ!春香あきらめるには早すぎるわ!」

春香「そうだよね。よしみんなもう一回頑張ろう!」

一同「おー!」

律子「だれかどうにかして・・・・・」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:45:10.36 ID:8CJM3+FR0


――――――3日後

律子(あれから、3日間アイドル達が落ち込んだり騒いだり大変だったわ…)

小鳥「あれ?律子さんなんだか疲れてません?」

律子「ええ、これもあのスーパー鈍感プロデューサーのせいですけどね」

小鳥「でも、実際、律子さんも気になってないんですかプロデューサーさんの恋人の事」

律子「わ、私はそんなことな・・・」///

小鳥「・・・・」ニヤニヤ

律子「あ~もう。そんなことより、プロデューサー殿はまだ帰ってきてないんですか?」

小鳥「ええ、でももう少しで帰ってくると思いますよ」ニヤニヤ

律子「小鳥さん、ニヤニヤしないでくださいよ」

小鳥「はーい」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:47:30.22 ID:8CJM3+FR0


ガチャ

P「お疲れ様~ただいま帰りました」

小鳥「お疲れ様です」ニヤニヤ

P「どうしたんですか小鳥さん、ニコニコして」

小鳥「べっつに~」ニヤニヤ

律子「もう小鳥さん」

P「??」

プルルルルプルルルル

ガチャ

小鳥「はい765プロでございます。はい、いつもお世話になっています。はい少々お待ちください」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:51:24.13 ID:8CJM3+FR0


小鳥「律子さん。TV局の方から電話ですよ」

律子「はーい」

律子「お電話変わりました。はい、いつもありがとうございます」

律子「はい…ええ!そんな!急になんて無理ですよ。はい検討はしてみますが・・・はい失礼します」

P「どうした律子」

律子「大変です!プロデューサー」

P「落ち着け、一から説明してくれ」

律子「はい、今の電話で竜宮小町に歌番への生放送のオファーがあって」

P「え、いい話じゃないか?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:55:13.23 ID:8CJM3+FR0


律子「今日なんです」

P「え?」

律子「今日の19時の生放送に出てくれってオファーなんです」

P「そんな、いくらなんでも急すぎるだろ」

律子「本当は、海外アーティストが出る予定だったんですけど、ゴネて出演しなくなったって」

P「…いや律子、逆に考えてみろ。これはチャンスだそんな大物がでるTVに出演できるんだから」

律子「私も出来る事ならやりたいです。でも、今日はあずささんが・・・」

P「あずささん?・・・あっ!」

律子「そうなんです。あずささんは今、N県でロケ。ロケが終わるのは17時だけど二時間ではとても間に合いませんよ」

P「・・・・」




44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:57:28.50 ID:8CJM3+FR0

律子「やっぱり、断りの電話いれてきます・・・」

プルルルルプルルルル

律子「あ、いつもお世話になってます。765プロです。先程のお電話なんですが、今回は・・・」

バッ

律子「プロデューサーなにを」

プロデューサーが私から電話を奪い、とんでもない事を言った

P「もしもし、そのオファーお受けいたします。はい大丈夫です。任せてください。はいでは失礼します」

ガチャン

律子「な、なんてこと言うんですか!」ベシ!

P「痛て」

律子「いまの話聞いてなかったんですか、あずささんはN県でロケ。生放送に間に合うわけ無いじゃないですか」

P「俺が迎えに行く」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:01:59.19 ID:8CJM3+FR0

律子「へ・・・」

P「大丈夫、絶対に間に合わせるから」

律子「でも、どうやって…」

P「俺の車で迎えに行く」

律子「で、でも・・・」

P「小鳥さん伊織と亜美の調整を頼みます」

小鳥「了解です」

P「グズグズしてる暇はない。行くぞ律子」

そういって、プロデューサー殿は私の手を取り走り出した



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:05:08.90 ID:8CJM3+FR0

律子「はあはあ、何で私も行くんですか。はあはあ」

P「はあはあ、あずささんが迷子になるかもしれないだろ」

律子「はあはあ、そりゃそうかもしれませんけど・・・」

765プロから程近くの駐車場にまで連れて行かれる

律子「はあはあ」(ここが、あの子達が言っていた駐車場ね)

P「律子こっちだ」

プロデューサー殿が車の前で手招きする

律子「は、はい」ダッ

律子「って、なんですこの車は」

P「なんでもいいだろ早く乗れ!」

ガチャ バタン

ブロロロロロロ




57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:09:24.73 ID:8CJM3+FR0


P「飛ばすぞ」

律子「ちょっとまってシートベルト、ひゃ~」

その車は私が今まで経験した事ないスピードで走り出した

律子「プロデュ~サ~~ひゃ~~~くるまがぶつかる~~~」

P「大丈夫だ。安全運転だ」

律子「そんなこといったって。いや~~」

P「今まで事故ったことないぞ」

律子「そんなこと言ったって、恐いものは恐いんです~~~」

――――1時間半後

律子「はあはあ、き、奇跡だわ。1時間30分でN県までこれるなんて」

P「あと残り時間は2時間か、何とか間に合いそうだな」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:11:52.27 ID:8CJM3+FR0

律子「そうですね。あとはあずささんを拾うだけですね」

P「あずささんに電話してみてくれ」

律子「はい」

プルルル

ガチャ

あずさ「はい~あずさです」

律子「あずささん、いまどこに居るんです?」

あずさ「それが…ロケの後、スタッフさんと逸れちゃって迷子になってしまって」

律子「そんな、とにかくその場所から動かないでください」

あずさ「わかりました」




74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:15:33.39 ID:8CJM3+FR0


律子「ちなみに、いまあずささんが居る場所からなにが見えます?」

あずさ「えっと、あっお地蔵さんんがいます」

律子「お地蔵さんですか?それだけです?」

あずさ「ん~、わたしの周りにはお地蔵さんしかないです」

律子「分かりました、とにかくそこから動かないでください」

あずさ「わ、わかりました」

律子「プロデューサー殿、あずささんがやっぱり迷子になってて、いまお地蔵さんの近くに居るって」

P「お地蔵さんか…めいちゃんだなまるで。とにかく探すしかないな。二手に分かれて探すぞ」

律子「はい」

律子(お地蔵さん、お地蔵さん。あった!けどあずささんが居ないわ・・・)

そのあとも三十分近く探したけど、あずささんは見つからなかった

律子(もう時間がないわ・・・もうだめかも)



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:20:13.06 ID:8CJM3+FR0


プルルルル

律子(プロデューサーからだ)

律子「もしもし!」

P「律子、あずささん見つけたぞ。いまお前も迎えに行くから待ってろ」

律子「はい!」

律子(でも、あんなに急いできて一時間半、ほんとに間に合うのかしら・・・)

ブロロロロロロ

律子「あっ!」

キキー

ガチャ

P「律子、乗れ」

律子「はい」




81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:23:57.05 ID:8CJM3+FR0


P「もう時間がない。さっきより飛ばすぞ」

律子「え、そんな・・・」

ガロロロロロロ

律子「きゃ~~」

先程よりもよりさらに早く車が走り出した

あずさ「・・・・・」

律子「いや~~」

P「落ち着け律子、あずささんなんて静かなもんだよ。もう寝てるみたいだぞ」

律子「そんな」チラ

あずささんを見ると目を閉じたまま、微笑んでいる

あずさ「・・・・・・・・・」

律子「これは、寝てるんじゃなくて気絶してるんです~~~~いや~~~」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:27:33.86 ID:8CJM3+FR0


――――1時間20分後 TV局

P「さっきよりも10分はやく着いたな」

律子「ええ、その分、寿命が短くなった気がします」

P「そんな事より、はやくあずささんを連れて行け」

律子「分かりました」

あずささんをなんとかたたき起こし手を取って走り出す

P「律子ー!」

律子「はい」

P「頑張れよー!!」

律子「はい!」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:29:19.73 ID:8CJM3+FR0



――――収録後、楽屋…

律子「みんな最高だったわよ」ダキッ

伊織「ちょっと、律子どうしたのよ」

亜美「りっちゃん苦しいよ~」

あずさ「あらあら」

律子「だってみんな、急な仕事だったのにこんなに完璧にこなしてくれるなんて」グスッ

P「みんな、おつかれさま。本当にすごかったぞ」

伊織「当然じゃない、このスーパーアイドル伊織ちゃんに、てっ・・・」

律子「プロデューサー殿!」ダキッ

P「お、おい律子・・・」

亜美「あ~りっちゃんが兄ちゃんに抱きついてるYO」

あずさ「あらあら」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:31:52.24 ID:8CJM3+FR0


律子「ありがとうございます、プロデューサー殿のおかげで、こんな大きい仕事が成功して」

律子「ホント、本当に良かったです。うっうっ」

P「よかったな律子」なでなで

伊織「もうしょうがないわね」

あずさ「お邪魔みたいだから、私たちはお先に帰りましょうか」

亜美「ごゆっくり~」




91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:33:57.43 ID:8CJM3+FR0


――――5分後

P「落ち着いたか律子」

律子「すみません、私どうかしてて。ホントすみません」

P「いいよ、成功して嬉しかったんだろ。俺も車飛ばしたかいがあったよ」

律子「・・・・プロデューサー殿…その私、今日はプロデューサー何でも言う事ききます!」

P「へ?」

律子「だって、あんなに頑張ってくれたのに。なんにもなしじゃ私の気持ちが・・・」

P「・・・・・・・」

律子「何でもいいですから言ってみてください」




95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:37:23.73 ID:8CJM3+FR0


P「・・・じゃあ、そこの畳に座ってくれ」

律子「座ればいいんですか?」

P「ああ、正座でな」

律子「正座?」

P「ああ、さすがに今日は疲れたから膝枕してくれ、もう眠くて」

律子「膝枕?…そんなのでいいんですか?(よかった、もっと凄いこと言われると思っていたわ)」

律子「分かりました、どうぞ」ぽんぽん

P「わるい、こんな願いですまないが頼む」

律子「いいですよ、さあ疲れてるんですからどうぞ」

P「ありがとう、よっこいしょ」ぼふ



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:40:44.52 ID:8CJM3+FR0


律子「ってプロデューサー殿、なんでうつ伏せなんですか!?」

P「俺は寝るとき、うつ伏せ派なんだよ」

律子「うぅ~~(プロデューサー殿の顔が太ももの間に入って恥ずかしい)」///

P「・・・・」うつらうつら

律子「でも本当に今日はお疲れ様でした」

P「ん?」

律子「あんなに車を飛ばしてくれて、おかげで大成功です」

P「・・・そうか良かったよ」

律子「でもいいんですか?私にこんな事頼んで、恋人に怒られますよ」

P「・・・ん?」

律子「でも、私には紹介ぐらいしてくださいよ」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:43:31.88 ID:8CJM3+FR0


P「・・・え~と、今日あったぞ律子は…」

律子「ええ!どこで?」

P「どこでって、一緒に乗ったじゃないか」

律子「乗ったってあの車ですか?」

P「うん、俺の恋人。わざわざアメリカから呼んだフォード・マスタングちゃん」

律子「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

P「すごいだろ」

律子「・・・馬鹿」ギュウ~

P「痛てて、つねるなよ」

律子「もう、知りません。早く寝てください」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:47:39.18 ID:8CJM3+FR0


P「へいへい、お言葉に甘えるよ・・・・・・・」

P「・・・・・・・・・・・・・・・グウ」

律子「・・・・・・・・・・・プロデューサー殿」ボソ

律子「もう寝ちゃった。もうあんなに無茶するからですよ」

律子(でも、よかった。車が恋人なんて。ホント人騒がせなプロデューサー殿ですね)




101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:51:11.56 ID:8CJM3+FR0


―――――翌日

春香「なんだ、恋人って車のことだったんですね」

真「僕はそんな事だろうと思ってましたよ」

美希「やっぱりハニーが浮気するわけないの」

千早「車が恋人なんてプロデューサーらしいですけどね」

雪歩「よ、よかった~」

律子「そういうことだから、安心して仕事に集中しなさいよ」

一同「は~い」

律子(は~一時はどうなる事かと思ったけど、何とかなって良かったわ)



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:53:24.14 ID:8CJM3+FR0


バーン!

P「だれだ~!俺の車にキ○ィちゃんのテッシュケースとリラッ○くまのぬいぐるみ置いたのは!」

亜美・真美「私たちだよ~かわいいっしょ」

P「勘弁してくれよ」

美希「あの車あんまり可愛くないから、中から可愛くするの」

真「そうだよね。雪歩、僕たちもなにか持ってこようよ」

雪歩「うん、いっしょに探そうね」

P「あぁぁ、俺の聖域が犯されていく・・・」

律子(ふふ、これも私を困らせた罰ですよ、ダーリン ♡)




元スレ
P「今日、アメリカから恋人が来るんだ」