1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:08:23.06 ID:MDZMDevh0


春香「そっ、そうです……っ!プロデューサーさんは皆のバイブですから、あっ……」

P「……って言われてもなぁ」パンパン

春香「……そんなことよりっ……手を抜き過ぎですよ……っ」

P「……お前らが毎日求めるから、腰が痛いんだよ」パンパン

春香「んっ……、せっかく現役トップアイドルでヌキヌキできるのに……ぃっ……」

P「そのトップアイドルが……変なこと言うなよ」パンパン

春香「あ…っ、おっ、大っきくなりましたねっ!」

P「っ……そっ、そろそろ……っ!!」パンパン

春香「……ああっっ!!」

トローッ

春香「はぁ……はぁ……あっ!渡したゴムに穴開いてました……」




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:09:07.62 ID:MDZMDevh0


ーーー

千早「プロデューサーは……胸がないと嫌ですか……?」

P「……いや、別に」パンパン

千早「プロデューサーに触られてもっ、おっ、おっきくならないんです……っ!」

P「俺は……千早の胸……好きだぞ」パンパン

千早「……っ、もっと!もっと!触ってください!そうすれば……っ」

P「そろそろっ……っ!!」パンパン

千早「んっ、あっ、ああっ!!」

トローッ

千早「はぁ……はぁ……プロデューサー、赤ちゃんができると、胸がおっきくなるんですよ……?」




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:10:01.88 ID:MDZMDevh0


ーーー

雪歩「いっ、いいですぅ!」

P「雪歩は……男嫌いじゃなかったのか……?」パンパン

雪歩「プロデューサーだけはぁっ!特別ですぅ!」

P「いつも穴ほってる雪歩が……ほられる気分はどうだ……?」パンパン

雪歩「あっ、あっ、あっ、もっと、もっとぎゅって抱きしめて!」

P「……聞こえてないな……そろそろ……ゆっ、雪歩!?俺のおしりの穴に指……っ!!」パンパン

雪歩「はうううっっ!!」

トローッ

雪歩「……はぁっ……、私の穴の中……いっぱい埋まっちゃいました……」





5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:12:07.01 ID:MDZMDevh0


ーーー

美希「はっ、はにぃっ!」

P「あっ……」パンパン

美希「はにいっ!きもちいいっ?!」

P「……あっあぁ……」パンパン

美希「はにいっ!もっときもちよくなってぇっ!ミキはっ……それで……!」

P「くっ、あっ……っ!!」パンパン

美希「はっ、はにいいいっっ!!」

トローッ

美希「はっ、はふぅっ……今日は……ミキが……はにぃを寝かさないよ……?」




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:17:47.63 ID:MDZMDevh0


ーーー

貴音「本日はっ……こちらで一興……っ」

P「っ、たっ、貴音!?そっちは……」

貴音「……ふふっ、この背徳感……ぞくぞくしますね……っ」

P「きっ、きつっ……」パンパン

貴音「ああっ……、このために……っ、普段から拡張していたの……ですがっ、あっ……それほどまでに……」

P「うっ、くうっ……っ!!」パンパン

貴音「ああっ、いっ、いきますっ……いってしまいますうっっ!!」

トローッ

貴音「はあっ……これならば……いくらでもあなた様を感じられますね……」




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:22:33.46 ID:MDZMDevh0


ーーー

伊織「もっ、もうっ……」

P「……ふっ、ふっ……」パンパン

伊織「子供じゃないんだから……あんまりいっ……にゅぁあっ!」

P「気持ちいいか……?」パンパン

伊織「そっ、そんなのおっ!言うわけっ……」

P「……言わないと止めるけど」

伊織「やめないでえぇっ!いいますぅ、いいますから……っ!きもちいいっ!じゅぼじゅぼされて」

P「……ぅっ!!」パンパン

伊織「っっふゅにあぁぁぁあっっ!!!」

トローッ

伊織「……はぁ……はぁっ、……ねぇもっとしゅてよぉ……」




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:26:35.06 ID:MDZMDevh0


ーーー

真「プロデューサーはボクのこと……どう思います……?」

P「……真は可愛いぞ」パンパン

真「腹筋が、あっ、あって、胸はないのに……」

P「全部……可愛いじゃないか……」パンパン

真「ひゃあっ!いきなりっ、おへそ触らないでくださ……っ」

P「そっ、そんなにお腹に力入れたら……締まっ……っ!!」パンパン

真「ふあっ、んんっーー!!」

トローッ

真「はぁ……ふぅ……、今のは不可抗力なんで、もう一回っ、ですよ……?」




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:30:18.91 ID:MDZMDevh0


ーーー

亜美「あんっ、あんっ!」

P「……つっ……」パンパン

亜美「あぁっ、うぅっ!」

P「……真美と違ってザラザラで……」パンパン

亜美「今はぁっ!あみだけ……っ、みてぇ!!」

P「……そろそろ……っ!!」パンパン

亜美「あああああっっっ!!!」

トローッ

亜美「はぁ……はっ……ごめんね……真美……」




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:35:52.12 ID:MDZMDevh0


ーーー

あずさ「……そっ、そういえばぁっ、大学の同級生が結婚したんですよっ」

P「……そうなんですか」パンパン

あずさ「結婚した理由……わかります……っ?」

P「……だ、大体は……」パンパン

あずさ「そろそろ、私もっ……」

P「っ、いっ、いきます……っ!!」

あずさ「あぁー!ああっ!!」

トローッ

あずさ「……はぁ、はぁ……ふふっ、これで……」




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:40:02.13 ID:MDZMDevh0


ーーー

真美「……っ」

P「……」パンパン

真美「……んんっ」

P「……はっ……はっ……」パンパン

真美「兄ちゃんっ!まみぃっ……!」

P「真美は……っ、亜美よりキツくて……気持ちいいぞ……」パンパン

真美「ほんと……っ?、……っ」

P「あっ、あっ……っ!!」パンパン

真美「はあぁあぁっっ……!」

トローッ

真美「はぁ…はぁ……、兄ちゃん……言ってなかったけど、真美、最近……きたんだ……」





15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:44:36.20 ID:MDZMDevh0


ーーー

響「ふぁ……っ、くぅっ……」

P「……響、いきなりお尻はきついんじゃ……」パンパン

響「ぐっ、くるし……っ、……なっ、なんくるないさぁっ……」

P「でも……」パンパン

響「あっ、こっ、こうすれば……っ、プロデューサーにも自分を……!」

P「……………っ!!」パンパン

響「あうっ、あぁがあぁぁっっーー!!」

トローッ

響「……ふぅ……、えへへっ、これで、プロデューサーの初めての、おしりの穴の体験……っ、記憶に……残るよね……?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:49:51.11 ID:MDZMDevh0


ーーー

やよい「プロデューサー」

P「どうした?」

やよい「最近、顔色悪いですけど、大丈夫ですか?」

P「あぁ、すまん。心配かけちゃったな」

やよい「……良かったら、家でご飯一緒に食べませんか?」

P「いいのか?」

やよい「はい!プロデューサーが来てくれたら、みんな喜ぶと思います!」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:52:12.30 ID:MDZMDevh0



やよい「すぅ…すぅ…」


かすみ「……んんっ……あっ、んんっ!!」

P「しっ、あんまり大きい声出したら、やよいが起きる」パンパン

かすみ「んんっ……んーっ……」

P「……はぁ……はぁ……っ!!」パンパン

かすみ「んんー!んんっ、んんーー!!」

トローッ

かすみ「…っ、はあっ……はぁ……はぁ……これで私もトップアイドルに……」





22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:53:21.34 ID:MDZMDevh0

やまなし
おちなし
やよいなし

おわり



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 21:59:29.73 ID:MDZMDevh0

撮影係、音無小鳥さん
精液後処理係、秋月律子さんでお送りしました



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 22:05:38.20 ID:MDZMDevh0


小鳥「あっ、あの…」

P「?」

小鳥「こう、皆のえっちな姿を見てると、うずうずーっと」

P「そうですか」

小鳥「それだけっ!?」

P「おれは、アイドル専用の性処理要因なんで……」

小鳥(プロデューサーさんの目から光が失われてる……)

P「じゃあ、今日は961プロに出張なんで……」

小鳥(このままじゃ……プロデューサーさんが倒れて……っ!)

小鳥「まっ、待ってください!!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 22:09:10.48 ID:MDZMDevh0


P「だから、なんですか。もう俺なんて……精液出すために存在してるんですから……」

小鳥「………もし」

小鳥「もし、私が……」

小鳥「私がアイドルなら……っ!」

ーーー
ーー


小鳥「みんなー!今日は私のライブに来てくれてありがとー!」

ウオオオォォォォォ

小鳥「それじゃあ、最後の曲は……」

ーーー

小鳥「プロデューサーさん……」

P「小鳥さん……」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 22:14:54.82 ID:MDZMDevh0


小鳥「やっと……」

小鳥「やっと、トップアイドルになれました……」

P「………小鳥さん……」

小鳥「これで……」

P「……はい。わかってます……」





38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 22:17:32.14 ID:MDZMDevh0

ーーー

P「先に脱いでいいですか?」

小鳥「ダメです」

P「なら、脱がせて……」

小鳥「それもダメです」

P「じゃあ……」

小鳥「今日は……」

P「……?」

小鳥「何もしません」

P「……っ!?」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 22:18:09.52 ID:MDZMDevh0


小鳥「あなたは……バイブなんかじゃないんです……」

P「………」

小鳥「例え、他のアイドルの前ではバイブでも……」

小鳥「私の前では……人間でいてください……っ!」

P「……っ!!」

P「……こっ、小鳥さん……」

小鳥「……さぁ、今日はもう寝ましょう……」

P「……っ、はっ、はい!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 22:20:10.55 ID:MDZMDevh0


P「………」

P「寝る前にひとつ……人間としてお願いしていいですか……?」

小鳥「……どうぞ」

P「………」

P「キス……してくれますか……?」

小鳥「………」

小鳥「……えぇ」



fin



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 22:22:55.83 ID:MDZMDevh0


P「………っ」


小鳥「……んっ」


P「キスってこんなに……温かいんですね………」


小鳥「………はい」


forever


元スレ
P「バイブP……?」パンパン