1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 12:12:05.32 ID:Ce0ED9Qu0

春香「え?話しかけちゃダメ?」

冬馬「いや、アレだろ。俺たちって敵同士だぜ」

春香「…敵って言い方やだなぁ」

冬馬「…とにかくそういうわけだから慣れ慣れしくすんな」

春香「うん、そういえばこの前買い物に行った時にね」

冬馬「お前話聞いてないだろ」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 12:17:37.34 ID:Ce0ED9Qu0




春香「じゃあお互いがんばろうね」

冬馬(ったくあいつはなんなんだよ)

冬馬(優しいふりをして俺を罠に嵌めようってのか?)

冬馬(甘いぜ!765プロの汚さはおっさんから散々聞かされてるからそう簡単に…)

冬馬(…本当に汚い事務所なんだよな)



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 12:27:44.46 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬(…あー、疲れた…今日はとっとと帰るか…ん?)

冬馬(……あれ!?財布も定期も……どっかに置き忘れたのか!?)

冬馬(この時間に知り合いを呼び出すのも気が引ける…)

冬馬(おっさんに言うと色々面倒そうだなぁ)

冬馬(誰か知り合いでも通りかからねぇかな)

春香「立ちつくしてどうしたの?」ヒョコッ

冬馬「うぇ!?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 12:35:14.83 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「べ、別に何でもねぇよ」

春香「ふーん…」

冬馬「何だその顔…」

春香「冬馬くん嘘ついてるなーって」

冬馬「は、はぁ!?嘘ついてどうするんだよ」

春香「……」ジッ

冬馬「うっ…」フイッ

春香「ほら、顔逸らした。嘘ついてるー」

冬馬「いや、意味分かんねえし……」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 12:43:00.36 ID:Ce0ED9Qu0

春香「正直に言ってほしいな。困ってるんだよね?」

冬馬「……」

春香「お姉さんに相談してみなさい」ドンッ

冬馬「何がお姉さんだ……財布と定期忘れたから帰れねえだけだって」

春香「え…意外におっちょこちょいだね」

冬馬「うるせーな!疲れてたんだよ!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 12:55:58.29 ID:Ce0ED9Qu0

春香「しょうがないなぁ…」ゴソゴソ

冬馬「へ?」

春香「お金貸してあげる。いくら?」

冬馬「……700円」

春香「…うん、ちょっきし。はい!」

冬馬「良いのか?」

春香「いらないならあげないよ?」

冬馬「いや、いるけど!…でも俺を助ける義理なんか無いだろ」

春香「困ってる人は放っとけないよ。ぐちぐち言わないで受け取る!」グイッ

冬馬「……」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 13:05:10.16 ID:Ce0ED9Qu0

春香「ん、そろそろ電車来るみたい」

冬馬「……おう」

春香「お金は今度会った時100倍返しで!」

冬馬「マジかよ…」

春香「あはは、楽しみだなー」

冬馬「はいはい、早く行かないと遅れるぞ」

春香「またねー」

冬馬「……ああ」



冬馬(ふぅ……あ、お礼言ってねえじゃねえか!)

冬馬(……)

冬馬(765プロの全員が汚いって訳じゃ無さそうだな)



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 13:21:04.64 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「なあ」

翔太「ん?」

冬馬「765プロっておっさんが言うような汚い事務所だと思うか?」

北斗「えっ!?あれ真に受けてたのか?」

冬馬「は…?」

翔太「でたらめに決まってるじゃん。あんなお人好しな人達にそんなの無理無理」

冬馬「で、でもおっさんは…」

北斗「そう言えば冬馬はやる気になると思ったんじゃないかな」

翔太「単純だからね」

冬馬「うそ…」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 13:31:54.86 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「おっさああああああああああああああああん!!!」

黒井「何だ騒々しい」

冬馬「よくも騙しやがったな!!!」

黒井「…何の事だ」

冬馬「とぼけてんじゃねぇ!!765プロが汚い手使ってるとか大ウソじゃねえか!」

黒井「ウソでは無い!!高木は昔から何かと私を」

冬馬「うるせぇ!知るか!もう余計な口出ししないでくれよ!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 13:40:55.32 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「おい、我那覇を乗っけてどこに行ってたんだ?」

スタッフ「そ、それは…」

冬馬「何であんただけ戻ってきてるんだ?」



黒井「ゴキブリ風情がウロチョロしおって目障り」

真「ご、ゴキブリだってぇ!?いくらなんでも酷いですよ!」

冬馬「おっさんは引っ込んでろ、邪魔だ」

黒井「ウィ、その通りだ……な、なにぃぃ!?」

冬馬「俺達はアイドルだ、実力で勝負すればいい」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 13:52:24.73 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「おっさん…どうして俺達の実力を信用しねえんだ」

冬馬「正々堂々と勝負すれば良いじゃねえか…」

冬馬「今日の765プロとの競演でも何かやらかすんじゃねえだろうな」



冬馬「おい、天海」

春香「あ、久しぶりだねー」

冬馬「……」

春香「今日はがんばろうね」

冬馬(普通に、ふっつうに礼を言う!それだけだ!)

春香「…なんか顔怖いよ」

冬馬「…えっと、前は助かった。感謝してる」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 13:57:17.34 ID:Ce0ED9Qu0

春香「…あー!忘れてた!」

冬馬「……」」

春香「100倍だよね!」

冬馬「おう、ちょっと待ってろ…って無理に決まってるだろうが!」

春香「あはは」

冬馬「…ほい。細かいの無いから1000円な」

春香「えっ、私も今お釣り持ってないよ?」

冬馬「借りたんだからちょっとぐらい利子つけねえと」

春香「えー…」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 14:06:35.69 ID:Ce0ED9Qu0

春香「…良い事思いついた!」

冬馬「は?」

春香「ちょっと待ってて」



春香「はい、コーヒーかメロンソーダどっちが良い?」

冬馬「…メロンソーダ」

春香「はい、どうぞ。それでお釣りはお返しします。コーヒーは冬馬くんの奢り!」

冬馬「わざわざめんどくせえことを…」

春香「名案でしょー?コーヒー有難く頂きます」

冬馬「…どうぞ」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 14:14:35.92 ID:Ce0ED9Qu0

春香「コーヒー選ぶと思ったんだけど、やっぱりあまとうなの?」ズズー

冬馬「あまとうじゃねえ!」

春香「亜美と真美が言ってたよ」

冬馬「天ヶ瀬冬馬を略してるだけだ!別にあまとうって訳じゃねえよ」

春香「甘いの嫌い?」

冬馬「いや、好きだけど」

春香「変なの」

冬馬「お前に言われたくない…」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 14:26:41.35 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「そういえばお前に謝りたかった」

春香「…どゆこと?」

冬馬「正確にいえばあんた達765プロに、だな。おっさんが色々迷惑かけてるみたいだ」

春香「別に冬馬くんが謝ることじゃ…」

冬馬「北斗と翔太はどうだか知らねえが俺も喧嘩売るような事言ってたし同罪だ」

春香「結構口悪いもんね、最初ちょっと怖かったし」

冬馬「ぐっ…否定は出来ないが」

春香「ふふっ、でも悪い人だとは思わなかったよ」

冬馬「…何で?」

春香「何でって…うーん、なんとなく?」

冬馬「…お前って心が広いのかただのバカなのかどっちなんだ」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 14:35:33.66 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「…多分おっさんはこれからも妨害してくる」

春香「やっぱり…」

冬馬「だけど、出来る限り止めてみせる。これ以上好きにはさせねえ」

春香「……」

冬馬「…こんな事務所じゃアイドル活動もそろそろ潮時かもな」

春香「えっ!?辞めちゃうの!?」

冬馬「……」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 14:50:01.73 ID:Ce0ED9Qu0

パパラッチ「銀髪の女王が男と2人で…良いねぇ、ヒヒヒ」

冬馬「女王様は財布拾ったお礼に食事に誘われただけだぜ」

パパラッチ「うひっ!?…冬馬君か、脅かさないでくれ」

冬馬「おっさんに頼まれたんだろうが余計な事するな」

パパラッチ「この絶好のチャンスを!?バカ言うな」

冬馬「良いから大人しく消えろ」

パパラッチ「俺は社長に頼まれてるんだぜ?いくら所属アイドルでも…」

冬馬「そのカメラ今ここでぶっ壊すぞ!!」

パパラッチ「……ケッ、ガキが」スタスタ

冬馬「……」



パパラッチ「クソッ…何かネタが無いと黒井社長に……」

パパラッチ「…あれは如月千早」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 14:55:53.13 ID:Ce0ED9Qu0

家庭崩壊 歌姫に何が!?

冬馬「……これがあんたのやり方ってわけかよ」

黒井「何が言いたい?」

冬馬「分かってんだろ!?せこい真似はすんなって言ってんだ!」

冬馬「汚い手使ってんのはおっさんじゃねえか!」

黒井「誰に口を利いている?」

冬馬「っ…」

黒井「言ったはずだ、お前達は黙って指示に従っていればいい」

黒井「三流プロダクションが自滅していくのを横目で見ながらな」

冬馬「くっ…」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 15:10:18.12 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬(ちくしょう!まさかここまでするなんて…!)

冬馬(止められなかった……!)



冬馬「偉そうな事言っておきながら俺は…」

北斗「仕方ないさ、アイドルをやりながら妨害を止めるなんて無理だ」

翔太「それに765プロなら自力でなんとかすると思うよ」

冬馬「でも…!」

北斗「あのエンジェルちゃん達ならきっとやってくれるさ」

冬馬「……」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 15:19:28.40 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「今日は765プロのライブ……会場は遠くねえな」



冬馬(……如月、やっぱり声が出ねえのか)

冬馬(歌が全てのやつから歌を奪っちまった……俺達は…)

ねえ、今♪

冬馬(天海!?これってあいつの独断だよな……)

冬馬(いくらなんでも無茶だろ…)

冬馬(って他の連中も……!?何やってんだ…)

冬馬(……)

冬馬(これが仲間の絆…ってやつなのか……?)

歩こう、果てない道♪

冬馬「……フン」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 15:23:54.38 ID:Ce0ED9Qu0

黒井「君、ちょっと良いかな?」

音響「はい?」

冬馬「おっさん…また何か……」

翔太「冬馬くーん」

北斗「そろそろ時間だぞ」

冬馬「……チッ」



千早「……」スタスタ

冬馬(如月…)チラッ



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 15:30:14.26 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「あれ?アカペラ?」

翔太「確かリハの時オケ出てたよね」

冬馬(おっさん……!どこまで…)



眠り姫~♪私は今~♪

黒井「くそっ、こうなったら…!」

冬馬「やめろよ!もういいだろ…これ以上は…」

黒井「貴様ら……ええいやかましい!そこをどけ!」

冬馬「おっさん!!」

黒井「小賢しい!この私に意見をするなど100年早い!お前達など所詮駒にすぎんのだ!」

冬馬「駒…?また駒扱いかよ…俺達は…俺達は利用されるために歌ってんじゃねえんだよ!」

黒井「生意気を言うなぁ!」

冬馬「てめぇ!」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 15:36:10.56 ID:Ce0ED9Qu0

北斗「冬馬、熱くなるな!」

気付けば傍にいた人は♪

翔太「黒ちゃんを殴っても何の解決にもならないって!」

遥かな森へと去っていた♪

冬馬「……もう潮時ってやつだな」

手を伸ばし名前を何度呼んだって♪



あの空見上げて♪

冬馬(……如月、あんたすげえな)

冬馬(そしてこいつを復活させた765プロの連中も…)



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 15:47:22.14 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「天海」

春香「冬馬君!千早ちゃんの歌聞いてた!?」

冬馬「ああ、すごかった」

春香「もうね、私泣いちゃった…本当に感動して…」

冬馬「そうだな」

春香「…冬馬くん、何か言いたい事あるんでしょ」

冬馬「…お前エスパーかよ」

春香「前も似たような顔してたから」

冬馬「大したことじゃないけどな、俺は961プロをやめるって言いに来た」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 15:54:32.48 ID:Ce0ED9Qu0

春香「へぇー…えっ!?やめてからどうするの!?」

冬馬「……」

春香「……」



冬馬『…こんな事務所じゃアイドル活動もそろそろ潮時かもな』

春香『えっ!?辞めちゃうの!?』

冬馬『……』

春香『そんなの絶対ダメ!』

冬馬『天海…』

春香『黒井社長が何をしても冬馬くんが必死に努力した事に変わりはないんだよ?』

春香『だから辞めるなんて言わないで、アイドル続けようよ!』



冬馬「一からやり直す。今度は俺達の力を信じてくれる場所で」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 15:58:29.49 ID:Ce0ED9Qu0

春香「…!じゃあこれからもライバル同士だね」

冬馬「まあ、一応な」

千早「春香、誰かいるの?」

冬馬「…じゃあな」

春香「あっ」



冬馬「おい」

P「何の用だ…?」

冬馬「色々悪かったな。黒井のおっさんがあんた達に迷惑かけて」

P「その事ならもう」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 16:08:06.81 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「これからどうすっかな」

北斗「今度は女の子がたくさんいる事務所が良いな」

翔太「さんせーい!もう冬馬くんの顔とか見飽きたもん」

冬馬「おい!ったくこんなんで大丈夫なのか…」

北斗「ま、心機一転これからもよろしく」

翔太「頼んだよリーダー」

冬馬「…ああ!」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 16:12:23.58 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「こいつはどこに運べばいいんだ?」

スタッフ「あっちの方で」

冬馬(…ステージを作るのがこんなに大変だったなんてな)

冬馬(961プロにいた時は何も知らなかった)

ドンッ

冬馬「あ、悪い」

春香「こちらこそ…」

冬馬「お前…」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 16:16:19.76 ID:Ce0ED9Qu0

春香「あ…」

冬馬「765プロがこんなとこで何やってるんだ?」

春香「あ、あの私の家…この近くで…今日は仕事お休みで…」

冬馬「休み?売り出してる時に優雅に休みをとるなんて余裕じゃねえか」

春香「……」

冬馬「!」

北斗「おーい、何してるんだ?」

冬馬「悪い!すぐ戻るからちょっと待っててくれ。おい、行くぞ」

春香「え!?」



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 16:23:50.09 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「ほら、コーヒー」

春香「あ、ありがと…」

冬馬「で、何かあったのか?」

春香「…何で分かるの?」

冬馬「お前みたいな能天気な奴があんな面してたらな」

春香「そんな酷い顔してたんだ…」

冬馬「アイドルらしさは0だったぜ」

春香「えへへ、そうだよね…」

冬馬「お、おい…冗談真に受けんなよ」

春香「アイドルらしさかぁ……ねえ、アイドルって何だと思う?」



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 16:34:01.71 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「急に言われると難しいな…」

冬馬「偶像ってぐらいだ、皆の理想や期待に応えるだけの器が無いとなれないのは確かだぜ」

春香「……」

冬馬「……あー、難しく考えず皆を笑顔に出来たら良いんじゃないのか?」

春香「笑顔…か。私たくさんの人に迷惑かけちゃった…」

春香「みんなの笑顔を作るどころか…悲しませて…」

春香「もうどうしたらいいのか分かんないよ…こんな私にアイドルする資格あるのかな?」



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 16:50:36.68 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「ある」

春香「…ぇ」

冬馬「お前が笑ってるだけで皆が笑顔になれるし」

春香「あ、あの話聞いてた?私みんなに迷惑かけて…」

冬馬「そんな事知らねえよ。俺は事実をありのままに言っただけだ」

冬馬「お前がそうやってウジウジしてる方が周りにとっちゃ迷惑だと思うぜ」

春香「…結構ストレートに」

冬馬「大体俺が今アイドルやってるのもお前のおかげだしな」

春香「え?」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 16:56:28.20 ID:Ce0ED9Qu0

冬馬「あの時アイドル続けろって言っただろ」

春香「…うん」

冬馬「そのおかげでって言うか……なんか、頑張ろうって」

春香「?」

冬馬「あー!!とにかく俺がアイドルやっててお前に辞められると気分が悪いんだよ!」

冬馬「分かったか!?」

春香「何その理屈!?」

冬馬「ついでにお前を追い越して悔しがらせたいしな!というわけでお前にはアイドルを続ける義務がある」

春香「無茶苦茶だよ…」



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 17:08:29.95 ID:Ce0ED9Qu0

北斗「おーい、冬馬!!」

冬馬「分かった!!…暇なら俺達のライブ来いよ、小さい箱だけど」

春香「……」

冬馬「今までスタッフの顔も知らなかったが…お前らを見習って…仲間の絆とか信頼とか……そういう」

翔太「おいてっちゃうよー!」

冬馬「あ、待ってくれええ!…じゃあな!」

春香「…冬馬くん、ありがとう。ちょっとだけ元気になったかも」

冬馬「ふん…すぐ追いついてやるからな」



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 17:15:28.95 ID:Ce0ED9Qu0

翔太「765プロのライブ大盛り上がりだったらしいね」

冬馬「俺らも負けてらんねえな」

北斗「エンジェルちゃん達と共演するためにもっと上にいかないとな」

冬馬「共演するためじゃねえだろ…」

北斗「共演しないと彼女たちに会えないじゃないか」

冬馬「別に会いたくねーし」

翔太「ふーん」

冬馬「何だよ…」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 17:32:42.42 ID:Ce0ED9Qu0

春香「ライブ行けなくてごめんね」

冬馬「良いよ、暇じゃ無くなったって事はそういう事だろ?」

春香「うん!私ね、アイドルが楽しくて仕方ない!」

冬馬「…やっぱり笑ってる方がお前らしいな」

春香「冬馬くんはファン以外の人にも愛想よくしようよー」

冬馬「別にライバルに愛想振りまく必要ねえだろ…」

春香「ほら、口を横にあけてイーッって」

冬馬「やらねえよ!!ったく元気になった途端これかよ」

春香「あっ!ウジウジしてると迷惑だって言ったの冬馬くんなのに!酷い!」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 17:34:11.71 ID:Ce0ED9Qu0




春香「あっ、冬馬くんだー」

冬馬「…おう」

春香「一緒の番組でるなんて本当に久しぶりだね」

冬馬「そうだな、お前らより目立ってやるぜ!」

春香「冬馬くんって変わったような変わってないような…」

冬馬「あん?」

春香「ううん、何でも。そういえばこの前カラオケ行った時にね」


おわり


元スレ
春香「あっ、冬馬くんだー」 冬馬「何で一々話しかけるんだ」