曜「頼りにしてます、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「ふたりのクリスマス作戦」

曜「我が家の忘年会」

曜「あけましておめでとう、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「心を癒すその唇に」

鞠莉「いとつきづきし」



1: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:30:16.09 ID:0Pyi3gCb.net

ようまり。



2: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:31:06.78 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「この前始まったばかりと思えば、あっという間に4月も終盤」

鞠莉「すっかり桜の花も散ってしまったけど…青々とした葉桜も、この時期ならではで好きなのよね」

曜「まーりちゃんっ!」

鞠莉「曜、おはよう!」

曜「おはヨーソロー!渡辺曜、今日も元気いっぱいに参上であります!」

鞠莉「うふふっ。今日は朝から随分とハイテンションね」



3: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:32:56.79 ID:0Pyi3gCb.net

曜「だってもうすぐゴールデンウィークだもん!凄いよねぇ、10連休だよ、10連休!」

鞠莉「あー、そういうことね。確かに滅多にない超大型連休!ワクワクするなって方が無理な話よね」

曜「10日も休みだなんて、ちょっとした春休みみたいだよね!さっすがゴールデン、ナンバーワンの象徴!シルバーやブロンズを上回るだけのことはあるよ!」

鞠莉「ふふっ、そういう意味とは少し違うけどね」

曜「えっ、違うの?」

鞠莉「まあ、もしかしたらそういった意味も含んでるかもしれないけど、もともとは違うかな。ゴールデンウィークの由来、知りたい?」

曜「知りたい知りたい!」

鞠莉「オーケイ!でも登校中だから、サクッとね」

曜「お願いします、鞠莉ちゃん先生!」



4: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:34:07.12 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「ゴールデンウィークは、知ってのとおり4月下旬から5月上旬にかけての連休期間のことを指すわけだけど、もともとはビジネス用語で、映画業界が発祥と言われているわ」

曜「そうなんだ!けど、映画と連休に一体どんな関係があるの?」

鞠莉「簡単に言えば売り上げの話ね」

曜「売り上げ?」

鞠莉「そう。この期間の興行収入が、一年を通じて一番良かったことから、お金が大きく動く週、ゴールデンウィークって呼ばれるようになったの」

鞠莉「それが他の業界にも広まって一般化した、という説が有力ね」

曜「へぇー、ゴールデンってそういうことだったんだ!」



5: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:34:50.99 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「と、ここまで説明していて思い出したのだけど、さっき曜が言った色の並び。あながち間違いではないかもしれないわ」

曜「って言うと?」

鞠莉「9月下旬の休みが多い期間を、春のゴールデンウィークに準じて『シルバーウィーク』と呼ぶことがあるの」

鞠莉「ちょうど敬老の日を含むから、シルバーって意味合いもあるみたいだけどね」

曜「シルバーウィーク?あんまり聞いたことないね。それに、9月に連休なんてあったっけ」

鞠莉「祝日の関係で、ゴールデンウィークのように必ず休みが連続するってわけではないの」

鞠莉「通常だと休みが少し多いかなってくらいだけど、年によっては5日程度の連休が発生することもあるのよ」



6: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:36:05.34 ID:0Pyi3gCb.net

曜「そうなんだ!どれどれ、今年の9月は、と…あー、連休じゃないや、残念。次のシルバーウィークはいつ来るんだろう?」

鞠莉「詳しくは忘れちゃったけど、かなり先のことだった気がする。当分はお目にかかれないわね」

曜「そっかぁ…うーん、気になる」

鞠莉「ネット調べればすぐ分かると思うけど、時間があるときにカレンダーとにらめっこして探してみるのもいいかもね。シルバーウィーク以外にも、何か発見があるかもしれないわ」

曜「そうだね、よーし!今日のお昼休みはカレンダーで連休探しだ!」



7: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:36:31.71 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「ゴールデンウィークについての説明はこんなところで良いかしら?」

曜「うん、よくわかったよ!さすが鞠莉ちゃん先生、ビジネスに詳しいね!」

鞠莉「私の得意分野だからね、うふふっ♪」

曜「あははっ!ところでさ」

鞠莉「ん?」

曜「そのゴールデンウィークだけど、どうする?」

鞠莉「ああ、そうよね、そろそろ予定を決めておかないと。むしろ、出遅れちゃったくらいかも」



8: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:37:30.20 ID:0Pyi3gCb.net

曜「なにかと慌ただしくて、ついうっかりしちゃったね。私も頭が回らなかったよ」

鞠莉「曜は行きたい所とか無いの?」

曜「無いわけじゃないけど、休みの間はどこも人でいっぱいだろうなって思うとね。かと言って、何もしないでいるのも勿体ないし…うーん」

鞠莉「実はね、少し考えていたプランがあるの」

曜「なになに、どんなこと?」

鞠莉「それはね――」



9: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:38:26.99 ID:0Pyi3gCb.net

……………………………………

沼津駅

鞠莉「曜、お待たせ」

曜「鞠莉ちゃん!待ってないよ、時間ぴったりだし」

鞠莉「私より早く来ていたんだから、お待たせよ」

曜「んー、ならそういうことで!」

鞠莉「ふふっ、行きましょう」

曜「うん!」



10: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:41:04.35 ID:0Pyi3gCb.net

曜「見て鞠莉ちゃん。平成最後の大セール、だって」

鞠莉「平成最後ってフレーズもあちこちで目にするわね。曜もよく使ってるし」

曜「えへへ。流行り言葉って、ついつい使ってみたくなるよね」

鞠莉「そういう気持ち、わからなくもないかな。あと数日で見納めとなれば、なおさらね」

曜「なんだかお祭りみたいな雰囲気だよね!そういえば、ニュースで知ったんだけど、お札も新しくなるんだってね」

鞠莉「そうね。と言っても、すぐにじゃないけどね」



11: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:41:38.94 ID:0Pyi3gCb.net

曜「あれ?元号が変わるからお札も変わるんじゃないの?」

鞠莉「発表のタイミングが改元と重なっただけで、実際は関係ないんだって。お札が変わるのは、確か2024年度、5年後ね」

曜「そっかぁ、てっきり一緒にやるものかと。でも、どうしてお札を新しくするのかな?」

鞠莉「どうして、って?」

曜「だってさ、新しいお札を用意したり、入れ替えたりって、準備とかすごく大変そうじゃない?」



12: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:42:14.02 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「まあ確かにね。変える理由はいくつかあるけど、主には偽造防止のためよ」

曜「偽造防止…偽札対策ってこと?」

鞠莉「そのとおり。もともと日本のお札は偽物がとても少ないと言われているわ」

鞠莉「それは日本のお札が世界でもトップレベルの技術を駆使して、とても精巧に作られているからなの」

曜「それは凄いね!例えばどんな?」

鞠莉「言葉で説明するよりも、実物を見ながらのほうがよさそうね」スッ

曜「わ、一万円札がスッと出てきた!さすが鞠莉ちゃん…!」



13: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:45:03.43 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「これを使って説明するわね。一見するとなんの変哲も無い、見慣れた一万円札だけど」

鞠莉「実はこの中には数多くの偽造防止策が組み込まれているの。代表的なのが『すかし』ね」

曜「あ、知ってる!一万円札の真ん中にある、丸い部分だよね」

鞠莉「そうよ。この部分は、光を透かすと模様が浮かび上がる仕組みになっているわ。見える?」

曜「見えるよ、福沢諭吉の顔だよね!」

鞠莉「すかしは印刷ではなく、紙の厚さを変えることによって作られるから、コピー機では複製することができないの」

曜「なるほど!そうやって偽造を防いでいるんだね!」



14: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:45:59.40 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「ちなみに、通常の印刷部分もそうそう簡単にはコピー出来ないようになっているの」

鞠莉「よーく見て。場所によってインクの色が変わっていたり、すごく細かく複雑に書き込まれてるのがわかるでしょ」

曜「わ、ホントだ!」

鞠莉「これほどまでに精巧な模様は、並みの精度のコピー機じゃ読み取ることも、再現することもできない」

鞠莉「アイデアとしてはシンプルだけど、それを実現するのは凄いことなのよ」

曜「確かに。見れば見るほど、ものすごく細かいね…!」



15: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:46:45.87 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「もう一つくらい説明しましょうか。このキラキラした部分は『ホログラム』と言って、光を反射する素材で作られているわ」

曜「光を反射するなら、これもコピーするのは難しそうだね!」

鞠莉「そうね。けど、それだけじゃない。このホログラムには、なんと見る角度によって図柄が変わる特殊加工がされているの」

鞠莉「こうやって、見る角度を変えると…ほら」

曜「わああっ、数字や桜の花の絵柄が見える!すごいなぁ、知らなかったよ!…あれっ」

鞠莉「何か気づいた?」

曜「うん!ほら、ここの部分!ホログラムじゃない所だけど、見る角度で数字が浮かんでくる!」

鞠莉「これは潜像模様と言って、ホログラムと同様、角度で見え方が変わる仕組みよ。ノーヒントで気付くなんて、さすがの洞察力ね」

曜「えっへへ!」



16: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:47:49.90 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「このように、お札には至る所に様々な仕掛けが施されていて、そのいくつかは日本銀行や国立印刷局のホームページなどでも見ることができるわ」

曜「まさに技術の結晶だね!でも、こんなに凄い技術が使われているのに、それでも新しくしなきゃいけないんだ?」

鞠莉「いかに凄い技術や対策であっても、いずれはそれをすり抜ける対抗策が登場してしまう。結局のところはその繰り返し、いたちごっこみたいね」

曜「うーん。ちょっと想像つかないけど、身近なお札をめぐって凄いことが繰り広げられてたんだね!」

曜「あっ、てことはさ。お金は何年使ったら新しく変えなきゃいけない、とかあるの?」

鞠莉「特に決まりはないみたいだけど、大体20年に一度のインターバルで新しくしているみたいね。ちなみに、500円玉もリニューアルされるそうよ。これはお札よりも早くて、確か2年後だったかなぁ」

曜「そうなんだぁ。新しいデザイン、楽しみだね!ありがとう、よくわかったよ!」

鞠莉「いえいえ♪」



17: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:49:26.63 ID:0Pyi3gCb.net

曜「ところで、鞠莉ちゃんは普段からこんな大金を持ち歩いてるの?」

鞠莉「持ってないよ?」

曜「えっ、そうなの?」

鞠莉「普段はそんなにキャッシュを使う場面もないし」

曜「なら、カードとか?」

鞠莉「そうね。大きい買い物は、そっちの方が多いわ」

曜「それも充分凄いけど…じゃあ、どうして今日は一万円を?」

鞠莉「今日のお出かけのためよ」

曜「今日のため?」



18: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:51:49.34 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「ほら、これから色んなお店を見て回るつもりだけど、カードが使えないお店があったとき、現金が無いと困っちゃうでしょ?」

鞠莉「ちゃんと考えて、その都度用意しているの」

曜「そうだったんだ…よしっ」

鞠莉「曜?どうしたの、急にぴったり寄って、辺りをキョロキョロ見回して」

曜「大金を持ってる以上、用心するに越したことはないからね。安心して、何があっても絶対に守るから」

鞠莉「ふ、ふふっ…あはははっ!」

曜「あっ、笑うことないじゃん!」

鞠莉「ふふふっ、ごめんごめん、変な意味じゃないの。そんなこと言われたの初めてだったから、つい」

曜「そっか。なら、よかった!」

鞠莉「うふふっ。曜のことは頼りにしてるけど、無理しないでね?可愛いボディガードさん」

曜「了解であります!」



19: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:52:41.21 ID:0Pyi3gCb.net

……………………………………

鞠莉の部屋、夜

鞠莉「ふぅ…」

曜「鞠莉ちゃん、お疲れ様。はい、飲み物」

鞠莉「ありがとう。ん、コーヒー?」

曜「ディカフェにしたよ。眠れなくなるといけないから」

鞠莉「あら、配慮が行き届いてるのね」

曜「誰かさんのおかげかもね」

鞠莉「それはどうも。ん、美味しい」

曜「へへ、よかった!」



20: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:54:17.19 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「コーヒーの淹れ方もすっかりマスターしたみたいね」

曜「それも誰かさんのおかげかな?」

鞠莉「ふふっ。曜も飲む?」

曜「苦いのは得意じゃなくて。ブラックにしちゃったからね」

鞠莉「もしかしたら、とっても甘く感じるかもよ?」

曜「そーいうこと言わないのっ」

鞠莉「む、今日の曜はなかなか手強い」

曜「これまた、誰かさんのおかげかなー?」

鞠莉「あらあら、大人びちゃって。得意の平成最後パワーかしら?」クスクス



21: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:55:17.45 ID:0Pyi3gCb.net

曜「そんなパワーアップしてませんっ。それより、本当に大丈夫?」

鞠莉「ん?」

曜「お仕事。最近忙しそうだったし」

鞠莉「あー…ゴールデンウィークの反作用、かな?」

曜「反作用?」

鞠莉「大型連休の関係で、業務のスケジュールがかなり圧迫されちゃったから。休みが多いこと自体は良いことなんだけどね」

曜「残業が続いてたし、今日も休日出勤だったもんね…疲れてない?」

鞠莉「なんとか乗り切れたし、明日からは休めるから平気よ」



22: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:55:41.97 ID:0Pyi3gCb.net

曜「ん…でも、無理は禁物だよ?」

鞠莉「肝に銘じるわ」

曜「うむ、ならよろしい」

鞠莉「うふふっ、いつもと立場が逆みたい」

曜「だって心配だもん。頑張りすぎて、もし何かあったら…」

鞠莉「わかってる、ありがとう。正真正銘の、平成最後だものね」



23: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:56:34.05 ID:0Pyi3gCb.net

曜「そうだね、いよいよ新しい元号になるんだ。令和、だよね」

鞠莉「そうね。平成は4月30日、つまり今日までで、5月からは令和に変わるわ」

曜「うーん…あまり見聞きしないからだろうけど、なんかまだピンとこないんだよね、令和って」

鞠莉「私はもう慣れちゃったけどね」

曜「そうなの?」

鞠莉「これも仕事の関係なんだけど、元号の切り替え作業をしてたから。書類の表記を直したり、システムを変更したり…滅多にないことだから、対応が大変だったわ」

曜「そんなこともしてたんだ。改めて、お仕事お疲れ様です」

鞠莉「いえいえ」



24: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 06:57:49.26 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「ところで、曜は令和の由来は知ってる?」

曜「んー。ニュースで万葉集に由来するってことまでは聞いたけど…正直、よくわかってなくて」

鞠莉「万葉集については知ってるでしょ。日本最古の歌集で、古文や日本史でもお馴染みね」

曜「あはは、個人的にはあんまりお馴染みって感じじゃないけど」

鞠莉「令和は万葉集に収められた「梅花の宴」という歌が出典と言われているの。白く美しく咲いた梅の花が、春の訪れを教えてくれる…そんな穏やかで喜ばしい情景を歌にしたものよ」

曜「梅の花が綺麗に咲いて、春が来て嬉しいな、ってこと?」

鞠莉「簡単に言うとね。けど、令と和、それぞれの漢字にも特別な意味があるの」

曜「どんなどんな?」



25: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 07:01:26.42 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「和は字のごとく『和やか』とか『平和』って意味だけど、令は『麗しい』とか『素晴らしい』といった意味があるんですって」

鞠莉「つまり、令和には春のような平和で穏やかな時代が続きますように、という希望と願いが込められているの」

曜「穏やかな春のような時代…素敵な意味だね!」

鞠莉「そうね。令和を英語でBeautiful Harmony、美しい調和と表現するのも、今のような理由に基づくってことかな」

曜「なるほど!あっ、英語で思い出したけど、令和はアルファベットでR?それともL?」

鞠莉「Rの方よ。令和のれはLじゃなくてRだから、お間違えの無いように」

曜「ん、わかった!でもそれ、どこかで聞いたようなフレーズのような」



26: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 07:01:58.14 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「さてさて、今日もいろんなことに詳しくなったところで…時刻は11時57分」

曜「いよいよだね。隣、いい?」

鞠莉「もちろん。おいで」

曜「えへへっ♪」

鞠莉「ん♪」

曜「もうすぐ平成にさようなら、令和にこんにちは。歴史的な瞬間だね」



27: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 07:02:36.85 ID:0Pyi3gCb.net

鞠莉「平成の最後と令和の始まりを。新たな時代の幕開けを。こうして曜と一緒に迎えられる…」

鞠莉「本当に素敵なことだわ。今日は来てくれてありがとう」

曜「こちらこそ、またとない機会をありがとう!」

鞠莉「元号が変わったからって、何もかもが急激に大きく変わるというわけじゃないと思うけど」

曜「その名に込められた想いのとおり、和やかで幸せな時代になるといいね」

鞠莉「今という時代を生きる、私たち自身もそうよ。いつの日にも、私たちだけのシャイニーな花を咲かせましょうね」

曜「うん、鞠莉ちゃん!」

――時刻は、午前0時――



終わり



28: 名無しで叶える物語 2019/04/28(日) 07:03:14.79 ID:0Pyi3gCb.net

全弾撃ち尽くしました。平成最後の春を過ごすようまりでした。

豆知識ようまりの第5弾で、下記の続編です。

曜「あけましておめでとう、鞠莉ちゃん先生!」/

↓は前に書いたものです。よろしければ併せてお願いします。

鞠莉「いとつきづきし」

ありがとうございました。


元スレ
曜「平成最後だよ、鞠莉ちゃん先生!」