1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 19:48:14.01 ID:1MJQrbtII

キース「いや、解らないな……なぜ貴様はコニーを食べた?」

サシャ「……それは、何故人はコニーを食べるのか、という話でしょうか」

キース「……」

サシャ「……あっ」


ブチッ


サシャ「半分、どうぞ」

キース「……半……分?」

サシャ「……」ニヘラァ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 19:51:06.45 ID:1MJQrbtII

エレン「おい……あのコニー女、まだ走らされてるぞ」

ミーナ「すごいよね……5時間ぶっ通しかあ」

アルミン「でも、死ぬ寸前まで走れって言われた時より、
コニー抜きだと言われた瞬間の方が悲壮な顔したよね」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 19:55:01.97 ID:1MJQrbtII

サシャ「へた……ら……」

サシャ「ん……」ドサッ

サシャ「……」


クンクン


サシャ「!!」ガバッ

クリスタ「きゃああっ!?」

サシャ「はっ、これは……コニー!!」

クリスタ「それだけしかないけど、取っておいたの……」

サシャ「……!」

クリスタ「やっ、でも……まず先にスプリンガーを飲まないと」

サシャ「神様ですか!?あなたが!!」

クリスタ「えっ……」

サシャ「神ィィィィィィ!!!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:00:00.88 ID:1MJQrbtII

教官「残された歴史文献にも、コニーの発生原因は記されておらず、
不明な点がほとんどである」

教官「現在明らかになっているコニーの生態などは、調査兵団の
最新の報告書によるものである」

教官「コニーには、並の人間のような知能は確認できず……
よって我々との意志の疎通は、現在まで例がない」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:03:47.29 ID:1MJQrbtII

教官「コニーの体の構造は、他の生物と根本的に異なる」

教官「その体は極端に美味で……難解なことに、
人間以外の生物は一切の関心を示さない」

教官「コニーの唯一の行動原理は人に喰われることだが……」

教官「そもそもコニーが、人間のいない環境下で100年以上
存在していることを考えると、食事になること自体、必要ないもの
であると推測できる」

教官「つまり、目的は捕食されることではなく、人類への貢献に
あるのではないかとされている」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:06:39.10 ID:1MJQrbtII

教官「そして、ここまで人類がコニーを食し続けてきた最大の要因は、
その驚異的な生命力にある」

教官「昔から人類は食肉解体の技術を有してはいたが、それだけでは
処理し切れなかった」

教官「コニーは頭を解体されても死なず、無くなった頭部は
1、2分ほどで元通りになってしまう」


訓練兵A「そんな……」

訓練兵B「美味しいだけでもありがたいのに……」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:10:01.56 ID:1MJQrbtII

ガツン!


コニー「うがあああああああああああああああ!!」

エレン「悪い、力の加減が下手でよ」

コニー「ああああああああ!!ぐああああああ!!」

ライナー「次は俺が解体する番だ。肉切り包丁を貸せ」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:13:00.94 ID:1MJQrbtII

エレン「……」

ライナー「どうした?」

エレン「……どうなんだこの訓練は」

ライナー「……?」

エレン「兵士がコニーなんか相手にしてどうする」

エレン「コニーを解体する奴は他にちゃんといるんだ。
こんなこと覚えなくたって、俺たちはコニーにありつけるのに……」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:17:01.21 ID:1MJQrbtII

ライナー「そりゃ無責任ってもんだ」

エレン「……?」

ライナー「俺たちは消費者だろ。いくら悲惨な光景でも、
逃げてはいけない時がある」

ライナー「それが、コニーを食す消費者としての責任だと思う」

エレン「……」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:20:21.18 ID:1MJQrbtII

ライナー「それよりおい、見ろ」

アニ「……」

エレン「ああ、アニか……また教官にバレないように、
上手いことサボってるな」

ライナー「よーしエレン、あの不真面目なヤツにも説教だ」

エレン「は……?」

ライナー「消費者とはどうあるべきか……教えてやろうじゃないか」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:24:01.35 ID:1MJQrbtII

アニ「……」

アニ「……?」

ライナー「生肉の解体はイヤか?」

ライナー「それ以上身長を縮めたくなかったら、コニーの味を思い出して
真面目にやるんだな」

エレン「おい、なんだその言い草……」

アニ「……」

エレン(……!すげぇ怒ってる……)

エレン(いつも怖い顔してるとは思ってたけど、
本当に怒った顔は比じゃねえな……)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:27:06.79 ID:1MJQrbtII

コチョコチョコチョ…


コニー「ぶはははははははははははははははははははははは!!」


ライナー「!?」

エレン「な、何やってんだよ!」

アニ「こちょこちょ」


コニー「あーっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっ!!」


エレン「待てよアニ!これにはやり方があるんだって!」

アニ「どうでもいい」コチョコチョ

エレン「えっ……」

アニ「こんなことやったって、意味なんかないよ」コチョコチョ



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:31:03.13 ID:1MJQrbtII

エレン「……この訓練のことか?」

アニ「コニーの解体なんか役に立たない。普通はこうやって流すもんさ」コチョコチョ

アニ「実際に加工処理するのは、成績下位10人だけだからね」コチョコチョ


コニー「あーっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっ!!」


アニ「真面目にやってるのは、アンタらのようなバカ正直な奴らか」コチョコチョ

アニ「……単なるバカか」コチョコチョ


サシャ「オロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ!!」


エレン(……? サシャの奴、また吐いてやがる……)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:43:03.82 ID:1MJQrbtII

コチョコチョコチョコチョコチョコチョ


コニー「アーッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッ!!」


アニ「何故かこの世界では、コニーを加工処理する力を高めた者ほど
コニーから離れられる」コチョコチョ

アニ「……どうしてこんな茶番になると思う?」コチョコチョ

エレン「……さあ、なんでだろうな」


コニー「アーッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッ!!」


アニ「それが……人の本質だからでは?」

エレン「……!!」


コニー「アーッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッ
ヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッ
ヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッ
ヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッ
ヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッ
ヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッ
ヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッ!!」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:47:01.39 ID:1MJQrbtII

アニ「……とにかく私は、このくだらない世界で消費者ごっこに
興じられるほど、バカになれない」

エレン「……」

ライナー「お前は消費者にとことん向かんようだな」


エレン(……)

エレン(……コニーの美味しさに夢中で気付けなかった……こんな簡単な矛盾)


コニー「ヒィ~……ヒィ~……」


エレン(奴らは……コニーから離れるためにコニー解体の技術を高めてやがる……!)



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:50:01.20 ID:1MJQrbtII

ジャン「ぶった切るんじゃくて、肉の繊維に沿って滑らせるように引けばいい。
そうすることで、余分な力を使わずに済む」

マルコ「簡単に言ってくれるよ」

ジャン「まあ、誰にでも出来るわけじゃあねえだろうが……」

ミカサ「……」

ジャン「……覚えておいて損はないぜ?憲兵団に入りたいならな」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:53:10.85 ID:1MJQrbtII

マルコ「ああ……入れたらいいな。王の近くでの仕事なんて、
こんな光栄なことはない」

ジャン「おいマルコ!」バン!

マルコ「……っ!?」

ジャン「お利口ぶらないで言えよ、本音を」

ジャン「憲兵団に入るのは、内地での高級で美味な
コニーが待ってるからだろうが」

マルコ「そんな……少なくとも僕は!」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 20:55:06.67 ID:1MJQrbtII

エレン「内地のコニーが美味?」

マルコ「……?」

エレン「今食べてるコニーだって、十分美味いだろ」

ジャン「……何が言いたいんだ、エレン」

エレン「ジャン……内地に行かなくても、お前のバカ舌は快適だと思うぞ」


クスクスクス…


ジャン「……! てめぇ……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:00:01.27 ID:1MJQrbtII

エレン「おかしいとは思わねえのか?コニーから遠ざかるために
コニー処理の技術を磨くって仕組みをよ」

ジャン「今さら何言ってんだ。俺のようなグルメのためにも、
この愚策は維持されるべきだ」

エレン「この屑野郎が!!」

ジャン「うるせぇ!これが現実だ!」

アルミン「エ、エレンやめなよ!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:04:01.20 ID:1MJQrbtII

ガチャッ


キース「今しがた大きな音が聞こえたが」

キース「誰か説明してもらおうか」

エレン「!!」

ジャン「!!」

ミカサ「サシャが嘔吐した音です」

サシャ「!?」

キース「また貴様か……少しは慎みを覚えろ!」


バタン



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:06:09.81 ID:1MJQrbtII

クスクスクス…



サシャ「オロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ!!」


クリスタ「!!?」

ユミル「お、おいコニー女!本当に吐くんじゃねえよ!」


サシャ「オロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ!!」

サシャ「オロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ!!」


エレン「……?」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:10:01.24 ID:1MJQrbtII

~深夜 加工所~


サシャ「……」カチャカチャ

コニー「……」

サシャ「……」カチャカチャ

サシャ「……待っててくださいね。もう少しですから」カチャカチャ

コニー「……」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:12:01.45 ID:1MJQrbtII

エレン「何やってんだよ!」

サシャ「……!!」ダッ

エレン「おいサシャ、待て!」ガシッ

サシャ「離してください!」

エレン「うるせぇ!お前さっき何やってた!」

サシャ「……そ、そんなの……決まってるじゃないですか!」

サシャ「コニーを逃がそうとしてたんですよ!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:15:10.86 ID:1MJQrbtII

エレン「なっ……!」

サシャ「……な、なんですか」

エレン「お前……それがどういうことか解ってんのか!?」

サシャ「……」

エレン「巨人に壁を壊されて、俺たちはウォール・マリアを失った!」

エレン「それでも、ウォール・ローゼが生存者全員を受け入れられたのは!」

エレン「コニーがいたからだ!」

コニー「……」

エレン「こいつがいたから、人口が増えても誰一人として飢えることはなかった!」

エレン「今こいつを失ったら……!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:17:49.20 ID:1MJQrbtII

サシャ「……確かに私も、最初はそう思ってました。
私自身……つい最近まで喜んで食べてましたし……」

エレン「だったら……!」

サシャ「でも私……見ちゃったんですよ……」

サシャ「食糧庫に忍び込もうとしたときに……」

エレン「……?」

サシャ「目に焼き付いて離れないんです……あの光景が……」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:20:04.37 ID:1MJQrbtII

『ぎゃああああああああああああああああああああああ!!』


『あーもう、うるせぇ!』ザクッ!

『大人しくしてろ!!』ガツン!


『ああああああああああああああああああああああああ!!』


『チキショウ!上の連中め!』ザクッ!

『俺たちばっかりに押し付けやがって!』ブチブチッ!



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:24:01.42 ID:1MJQrbtII

『……もういい、頭切り落とすぞ』

『えっ、でも……』

『心配いらん……どうせまた生えてくるんだ』


『うあああああああああああああああああああああああ!!』






ザクッ

ゴロ…



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:27:14.14 ID:1MJQrbtII

『……ちっ、手こずらせやがって』

『よし、解体した部位持ってくぞ』

『へいへい』

『ったく、あいつらもバカだよなぁ』

『よくこんなモンが食えたもんだぜ』




ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:30:08.94 ID:1MJQrbtII

エレン「……あのな、サシャ」

サシャ「……」

エレン「それは仕方のないことなんだ。そんなこと言ってたら、
鶏や魚だって食えなくなるだろ」

サシャ「……」

エレン「……確かに俺も、そういうのは見て見ぬフリしてた」

エレン「でもライナーに言われたんだよ。俺たち消費者には責任があって……」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:33:23.19 ID:1MJQrbtII

サシャ「……そうじゃない……」

エレン「えっ……」

サシャ「そんなんじゃないんです……」

サシャ「私の目に焼き付いて……離れないのは……」














『……サ…………シャ……』

『たす……け……て……』

『ぉねが………ぃ……』



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:38:11.76 ID:1MJQrbtII

エレン「!!!」

サシャ「……うっ……オロロロロロロロロロロロロロロロロロ!!」

エレン「そんな馬鹿な!コニーが言葉を話すなんて聞いたことないぞ!」

サシャ「オロッ……それでも……あの後確かに……聞いたんですよ……」

エレン「……!!」

サシャ「骨と肉が剥き出しの頭で……私の目を見て……オエッ!」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:40:10.13 ID:1MJQrbtII

サシャ「……コニーの目的が人類への貢献だなんて……嘘ですよ」

エレン「サ、サシャ……」

サシャ「じゃあどうして……あんなに虚ろな目をしてるんですか」

エレン「……!!」

サシャ「どうして苦しそうに顔を歪めてるんですか……
どうしてあんなに泣き腫らしてるんですか」

サシャ「どうして私に……助けを求めたんですか……!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:43:53.16 ID:1MJQrbtII

エレン「……」

サシャ「……確かに、私たちが追い詰められてるのは巨人のせいです」

サシャ「でもだからと言って……コニーだけを苦しめていいわけじゃない」

サシャ「エレンだったら解ってくれますよね……?」

エレン「……っ」

サシャ「こんなことしてる限り……」

サシャ「私たちは、巨人と何も変わらないんですよ……」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:50:01.80 ID:1MJQrbtII

コニー「……ぁ……あ……」

コニー「サ……シャ……」




エレン「!!?」

サシャ「コニー!!」

コニー「サ……シャ……」

サシャ「ごめんなさい……あなただけをこんなに苦しめて……」

サシャ「本当にごめんなさい……」

コニー「サ……シャ……」

サシャ「……ありがとう……コニー……」

サシャ「どうか安らかな眠りを……」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 21:52:14.92 ID:1MJQrbtII

『教官!それではコニーは、不死身ですか!?』

『不死身ではない。コニーを殺す方法は一つ』

『感謝することだ』

『えっ……』

『コニーは心の底から……本当に心の底からの感謝を受けると』

『再生することなく絶命する』




おわり


元スレ
キース「貴様が持っている物は何だ」サシャ「蒸かしたコニーです!」