1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 01:31:46 ID:BUb/LSwU

格闘家「オレたちってこうして体を鍛えてるけどさァ……」シュシュッ

友「うん」グッグッ…

格闘家「やっぱり素手だと限界があるよなァ……」シュシュシュッ

格闘家「──ってわけで、なにか武器を持ちたいんだけどさ」

格闘家「なにがいいと思う?」

友「う~ん……。ナイフなんかいいんじゃないかな?」

格闘家「ナイフか……。うん、いいかもしれねぇな!」



“格闘家”は“ナイフ使い”にレベルアップした!



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 01:34:09 ID:BUb/LSwU

ナイフ使い「ナイフってのは便利なもんだなァ!」

ナイフ使い「急所を刺すなり切るなりすれば、一発で敵を殺せる!」シュバッ

ナイフ使い「ガードされたって、そこを刺しちまえばいいんだしなァ!」

ナイフ使い「だけど、やっぱりリーチがなァ……」

友「リーチを気にするんなら、剣でも持ってみたらどう?」

ナイフ使い「そうだな。ナイフを剣に持ち替えてみるか!」



“ナイフ使い”は“剣士”にレベルアップした!



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 01:37:05 ID:BUb/LSwU

剣士「よっ、ほっ、はっ!」ヒュバババッ

剣士「どうだ、サマになってんだろ?」

友「さすがだね! 格闘技をやってたから、飲み込みが早いんだろうね、きっと」

剣士「だけど……ま~だ物足りねぇんだよなァ」

友「それなら、槍でも持ってみたら?」

友「槍なら、剣の間合いの外から一方的に突くことができるからね」

剣士「槍ねぇ……よし、チャレンジしてみるか!」



“剣士”は“槍使い”にレベルアップした!



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 01:40:40 ID:BUb/LSwU

槍使い「どりゃ!」ビュオッ

友「おおっ!」

槍使い「いい突きだろ?」

槍使い「こないだも、サーベル振り回してる奴を串刺しにしてやったぜ」

槍使い「だが、槍も決して最強とはいえねえ」

槍使い「ヤケクソで剣を投げつけてこられた時は、ちょっと危なかったしなァ」

友「遠距離攻撃といえば、やっぱり弓矢だけど……」

槍使い「弓矢! そういう手もあったか!」



“槍使い”は“射手”にレベルアップした!



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 01:43:30 ID:BUb/LSwU

射手「……」ギリリッ…

ストンッ!

友「ど真ん中! すごいじゃないか!」

射手「たしかにこいつなら、遠く離れた敵を安全に倒せる!」

射手「だがな、オレはこいつよりもっとすごい武器を持つことに決めた!」

射手「拳銃をなァ……」

友「け、拳銃……!?」



“射手”は“ガンマン”にレベルアップした!



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 01:50:01 ID:BUb/LSwU

ガンマン「こりゃいいやァ!」

ガンマン「頭か心臓ブチ抜けば、ほぼ確実にオダブツだしよ!」

ガンマン「こないだも矢を放とうとしてきた奴を、サクッと射殺してやったぜ」

ガンマン「拳銃に比べりゃあんなもんオモチャだな」

友「そりゃそうだよ……なんたって拳銃だもん」

ガンマン「だがよ、拳銃でもオレは満足できなくなったんだ」

ガンマン「つうわけで、マシンガンを購入したぜ! これっきゃねぇ!」ガガガガガッ

友「……」



“ガンマン”は“機関銃使い”にレベルアップした!



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 01:51:43 ID:BUb/LSwU

機関銃使い「マシンガンを乱射しまくった結果、分かったことだが」

機関銃使い「マシンガンもしょせんは戦車にはかなわねェ!」

機関銃使い「ってことで、戦車を購入したぜ!」

友「おおお……」

機関銃使い「こいつでどんな荒れ地にも乗り込んで、大砲でぶっ飛ばしてやる!」

友「が、がんばってね……」

機関銃使い「任せとけって!」



“機関銃使い”は“戦車運転手”にレベルアップした!



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 01:54:28 ID:BUb/LSwU

戦車運転手「戦車を運転してて、悟ったんだがよォ……」

戦車運転手「やっぱ空から来られちゃ、どうにもならねぇよなァ」

戦車運転手「つうわけで、戦車はやめにして、戦闘機を購入することにしたぜ!」

戦車運転手「レーダーに映らないタイプだから、どんな場所にでも飛んでいける!」

友「戦闘機を手に入れたら、どうするんだい?」

戦車運転手「決まってんだろ? いけ好かないヤツを片っ端から空襲してやる!」

戦車運転手「どこまでもどこまでもマッハで追いかけてなァ!」



“戦車運転手”は“パイロット”にレベルアップした!



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 01:58:16 ID:BUb/LSwU

友「やぁ、戦闘機の調子はどうだい?」

パイロット「戦闘機? あんなものは処分してしまったよ」

パイロット「もはや、オレが自ら手を下す必要はなくなってしまったからなァ」

パイロット「今のオレの武器は、この肉体でも手にした兵器でもなく──」

パイロット「オレに絶対服従の兵士どもだ! その数は50万以上、今も膨張してる!」

パイロット「今日からはオレのことを“司令官”と呼んでもらおうか」

パイロット「お前もそろそろ体鍛えるのなんかやめて、オレの兵士になったらどうだ?」

パイロット「とはいえ、兵士にしちまったら、こうして気軽に会話できなくなるし」

パイロット「このままでいいか!」

パイロット「ハッハッハッハッハ……!」

友「ハ、ハハハ……」



“パイロット”は“司令官”にレベルアップした!



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 02:02:08 ID:BUb/LSwU

司令官「親友よ、いかがかな? この帝王タワー最上階からの眺めは……」

友「すごい眺めだね……。世界中を見渡せるようだよ」

司令官「だろ? で、こうやってボタンを押すだけで……」ポチッ

司令官「オレに反抗する愚民どもはキノコ雲とともに吹っ飛ぶ……」

司令官「愚かな奴らだ……」

友「ついに、核兵器をも自在にできるポジションになったんだね」

司令官「そういうことだ」

司令官「念の為、もう二、三発撃ち込んでおこう」ポチッポチッポチッ

司令官「おっと、部下ごとふっ飛ばしちまったが、まァ大した問題ではない」



“司令官”は“独裁者”にレベルアップした!



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 02:05:40 ID:BUb/LSwU

独裁者「ついにオレは世界最強になった!」

独裁者「誰もオレに逆らえぬ! 誰もオレに歯向かえぬ!」

独裁者「頼みにする武器を変え続けることで、ついに頂点に立ったのだ!」

友「……」

独裁者「今やオレは世界の王……いや“神”を自称しても差し支えなかろう!」

独裁者「人々の心にいるとか、概念として存在するとか、そんな曖昧なものではない!」

独裁者「現実に! 今この場に! 実体として、“神”が誕生したのだ!」

独裁者「人類の歴史始まって以来の快挙だ! ハッハッハッハッハ……!」

友「そうか……。ついに君は神になってしまったんだね……」

独裁者「そして、この核スイッチは神が持つ裁きの杖というわけだな!」ポチッポチッポチッ



“独裁者”は“神”にレベルアップした!



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 02:09:10 ID:BUb/LSwU

友「君は本当に変わってしまった……」

友「君と格闘技で汗を流していたあの日々が、まるでウソのようだよ」

神「だろう? 変わったというより、進化したといって欲しいがね」

友「今の君は誰よりも偉く、誰よりも尊く、誰よりも強いが──」

神「そう褒めるなよ。照れるだろう」

友「誰よりも醜い……!」

友「だから、神話に登場する神殺しとかじゃない、本当の“神殺し”の汚名……」

友「ボクがかぶるッ!」

神「え?」

ドゴォッ!



“神”は素手で殴り殺されてしまった!



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/28(日) 02:09:45 ID:BUb/LSwU

おわり


元スレ
SS深夜VIP:格闘家「やっぱり素手だと限界があるよなァ……」