1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 01:52:42.78 ID:AGMBqeHl0.net

真美「ピヨちゃんが『百合っていいものよね~ウフフ』とか独りごと言ってたから気になってさぁ~」

雪歩「そ、そっかぁ・・・えっと、それはね、お花の名前だよ」

真美「さすがにそのくらい知ってるよ!!真美のことバカにしないでよね!!!」

真美「それだけじゃなくって、なんか隠された意味とかあるんでしょ?そっちを教えて欲しいの!」

雪歩「えーっと・・・(これは真美ちゃんに教えていいものだろうか)」

真美「ねっ、ゆきぴょんなら知ってるよね?」

雪歩「う、うん、一応知ってるけど・・・」

真美「んっふっふ~、やっぱりね!じゃあ早く教えてよ、はやくはやく!」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 01:58:48.43 ID:AGMBqeHl0.net

雪歩「なんていうか、その・・・女の子どうしで遊んだり、スキンシップを取ったりとか、そういうことかな」

真美「ふーん、そういうことなんだ」

雪歩「う、うん(かなりオブラートに包んだけど間違ってはいないよね・・・)」

真美「じゃあ真美もゆきぴょんと百合したい!!」

雪歩「へえっ!?」

小鳥「ほおっ!?」

真美「いいっしょゆきぴょん、真美と百合百合しようよ!」

雪歩「こ、声が大きいよ真美ちゃん!!百合ってそういうふうに大っぴらに使う言葉じゃないから!!」

真美「え、そうなの?女の子どうしで遊んだりするんでしょ?」

雪歩「ま、まあ、そうなんだけど・・・」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 02:01:50.63 ID:AGMBqeHl0.net

雪歩「あ、あのね真美ちゃん、遊ぶっていっても色々あってね・・・」

真美「ふむふむ」

雪歩「真美ちゃんが思ってるのはゲームしたり、トランプとかウノとかそういう遊びでしょ?」

真美「そーだけど、他になんか意味あるの?」

雪歩「ま、まあそうなるかな」

真美「じゃあさ、そういうのじゃない遊びってどういう意味なの!?」

雪歩「え、えーっと・・・」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 02:12:40.39 ID:AGMBqeHl0.net

雪歩(小鳥さん助けてください!!)チラッ

小鳥「・・・・・・」グッ!

雪歩(小鳥さん!!!!!!!!)

真美「ゆきぴょん?おーい!」

雪歩「あ、あーっと、ご、ごめんね!なんの話だっけ?」

真美「だからー、結局女の子どうしの遊びってなんなのって話っしょ!」

雪歩「そ、それはね、その・・・」

雪歩「なんて言ったらいいんだろう、スキンシップが凄くなったみたいな・・・」

真美「え、殴り合い?」

雪歩「それはどっちかというと男同士の友情っていう感じかな」

真美「それは真美も思ったけどさ・・・ゆきぴょんの言い方がまどろっこしくてよくわかんないんだよー!」

雪歩「うっ、ご、ごめんね真美ちゃん・・・」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 02:18:05.96 ID:AGMBqeHl0.net

真美「わかった、それは言葉じゃ説明しにくいようなことなんだよね?」

雪歩「う、うん・・・」

真美「んっふっふ!それならさ、実際やってみればいいんじゃん!」

雪歩「ふぇっ!?!?!?」

真美「そしたら言葉で説明しなくても、どういうことなのか分かるっしょ?」

雪歩「そ、そうだけど・・・でも・・・」

真美「ん、どったのゆきぴょん?顔真っ赤っ赤だよ?」

雪歩(はっ恥ずかしすぎる・・・)

真美「んもー、ゆきぴょんはしょーがないなぁ・・・そんじゃ真美がやったげるからどうすればいいのか言ってみて?」



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 02:25:17.38 ID:AGMBqeHl0.net

雪歩「まっ、真美ちゃん・・・・・・」

真美「・・・?ゆきぴょん・・・?」

雪歩「・・・・・・む、むね」

真美「えっ?」

雪歩「わっ、私の胸を、さわって・・・」

真美「ゆきぴょんのムネ・・・?い、いいの?」

雪歩「う、うん・・・」

真美「え、えーっと・・・じゃあ、触るよ?」

雪歩「いいよ、真美ちゃん・・・きて・・・」

真美(な、なんかゆきぴょん大人っぽい・・・)



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 02:30:55.00 ID:AGMBqeHl0.net

真美「ねっ、ねえ、触ったけど・・・」

雪歩「んっ・・・」ピクッ

真美「!!!」ドキッ

雪歩「そのまま・・・目を閉じて」

真美「うっ、わ、わかった・・・こう?」

雪歩「・・・・・・」

真美「えと、ゆ、ゆきぴょん・・・?」

雪歩「・・・好きだよ、真美ちゃん」

真美「!!!!!!!!!」ドッキーン



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 02:39:35.06 ID:AGMBqeHl0.net

真美(ゆきぴょん、なんだか大人っぽい・・・ドキドキする・・・)

真美(ゆきぴょんの甘い声、めっちゃ真美の心に響いてくるみたい・・・)

真美(ゆきぴょん、真美のこと好きって・・・女の子どうしなのに・・・)

真美(でも・・・・・・)

真美「ゆ、ゆきぴょん・・・真美も・・・」

雪歩「ん?」

真美「真美も、ゆきぴょんのこと、好き・・・」

雪歩「えへへ、ありがとう真美ちゃん・・・私すっごく嬉しいよ」

真美「う、うん・・・(言っちゃった、めっちゃ恥ずかしいや・・・)」

真美(でっでも、これでいいよね・・・ゆきぴょんも真美のこと好きって言ってくれたし、そーしそーあいだよね!)



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 02:44:42.54 ID:AGMBqeHl0.net

真美「ねっ、ねえゆきぴょん・・・続き・・・」

雪歩「ふぅ・・・もういいかな」

真美「えっ」

雪歩「真美ちゃん、目開けていいよ」

真美「う、うん」

雪歩「ねえ、これで伝わったかなぁ?百合ってこういうものだと思うんだけど・・・」

真美「・・・・・・」

雪歩「ま、真美ちゃん?私の演技、なにかマズかったかな・・・私すごく恥ずかしかったけど、頑張ったつもりで・・・」

真美「・・・・・・・・・・・・」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 02:50:30.72 ID:AGMBqeHl0.net

真美「このっ!!!このっ!!!」ポカポカ

雪歩「いっ、いたっ!!!痛いよぅ!!!なにするの真美ちゃーん!!!」

真美「演技が真に迫りすぎなんだよ!!!!真美の気持ち弄んでくれちゃってさー!!!!」

雪歩「そ、そんなつもりじゃ・・・私はただ百合について正しく教えてあげようと思って」

真美「それはよーーーくわかったよ!!!わかったけどさぁ!!!!」

雪歩「わかったけど・・・なに?」

真美「・・・ふんだ!!!ゆきぴょんには絶対セキニン取ってもらうかんね!!!」

雪歩「まっ、真美ちゃん・・・!!どっどうしよう、私真美ちゃんを怒らせちゃった・・・」



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 02:55:51.60 ID:AGMBqeHl0.net

真美「あーもう!!ゆきぴょんのアホ!!!まぬけ!!!おたんこなす!!!」

真美「ちょっと演技が得意だからって!!べつに真美のことその気にさせる必要ないじゃん!!」

真美「あーーイライラする!!!!」

真美「あーーーー!!」

真美「あー・・・」

真美「・・・・・・」

真美「どーしよ・・・・・・ゆきぴょんに好きって言っちゃったよ・・・」



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 03:01:35.94 ID:AGMBqeHl0.net

雪歩「ま、真美ちゃん」

真美「なに!!!!!!!」

雪歩「ひぃっ!!・・・あ、あの、さっきはごめんね・・・」

真美「・・・・・・」

雪歩「えっ、えっと、お茶菓子持ってきたんだけど・・・」

真美「・・・ちょーだい」

雪歩「う、うん」

真美「いーよもう、さっきのことは許したげる」

雪歩「あ、ありがとう!よかったぁ・・・許してもらえなかったらどうしようかと」

真美「ゆきぴょんは心配性なんだよ、それに年上なんだからそんなにビクビクしなくていいっしょ!」

雪歩「そ、そうだよね」



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 03:14:34.48 ID:AGMBqeHl0.net

真美「それとさ・・・さっき真美ゆきぴょんに好きって言ったけど、あれは・・・」

雪歩「うん、演技だよね?私の演技に乗ってくれて・・・心配しなくてもわかってるよ、えへへっ」

真美「・・・そうじゃないんだけど・・・まあいいや、そのうちゆきぴょんもわかるよね」

雪歩「・・・えっ?」

真美「んっふっふ・・・さっきは許すって言ったけど、セキニンだけはしっかり取ってもらうかんね!」

雪歩「ええっ!?ま、真美ちゃん、それってどういう・・・」

真美「『百合』に決まってるっしょ!!こんどは真美がゆきぴょんのことその気にさせてやるんだから!!」



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/28(日) 03:17:13.99 ID:AGMBqeHl0.net

一方その頃とあるビルの3階で鼻から血を流して倒れている20代後半の女性が発見され病院に運ばれたという

おわりです


元スレ
真美「ねーゆきぴょん、百合ってなに?」 雪歩「!!」