SS速報VIP:響「透明飛行船」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 11:29:15.09 ID:0V4IwDkA0

ダンスが得意だったけど


響(ワン・ツー・スリー、はいステップ)

響(こんな簡単なダンス、目をつむってもできっ…あっ、しまっ…)

よく慣れたワザをなめてかかり

響(立て直せなっ…)


後ろ向きに頭から落ちた

スポットライトが見えたライブ中


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1365301754




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 11:32:21.61 ID:0V4IwDkA0

P「ドンマイ、ドンマイ!失敗は気にするな」

響「うん…、でも…」

P「コケた後でもめげなかったのは偉いぞ!よく最後までやりきった」

響「……ありがとう、プロデューサー…」


優しい自分のプロデューサー

泣かなかったこと褒めてくれて


美希「響はきっと足をくじいちゃったの!美希がおんぶしてあげるの!!」

響「大丈夫、ちゃんと歩けるからさ」


仲良し度微妙な友達が、歩けるのにおぶりたがっていた




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 11:35:46.64 ID:0V4IwDkA0

春香「大丈夫?響ちゃん?」

響「みんなごめんさー…、765プロの顔に泥を塗っちゃったぞ…」

春香「そんなこと言わないでよ、みんなそんな風に思ってないからさ!」

真「その足で最後まで踊りきったんだからすごいよ!無理はしないでね?」

雪歩「氷もってきますぅ~」

響「みんな心配し過ぎだって!ほら、歩けるし、なんくるないさー」

P「それでも、今日はかえって休め。お疲れ様」


ライブの後、事務所に戻ってヒーロー扱いされたあと、




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 11:38:59.73 ID:0V4IwDkA0

P「昨日の反省も兼ねて、曲を通して練習するぞ」

響(簡単でもなめちゃいけない、丁寧に丁寧に!)


翌日のレッスンで気がついた


響(なんで…、昨日まではできてたのに。なんで、足がついてこないの!?)


得意が苦手になっちゃった






5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 11:41:59.26 ID:0V4IwDkA0

P「響、どうした?テンポが悪いし、キレもないぞ?」

響「えっと、それは…」


それからどうした?

おや、忘れちゃったの?


響「あはは、まだ足の調子が悪いのかも…」

P「おいおい、無理したら悪化するだけだぞ。今日は椅子に座って見学だな」

美希「あはっ、響、ハニーの前でいいかっこしたかったんだねー」

響「ち、違うぞ!」


君は、精一杯、精一杯、笑ったでしょう?

皆の前、あの人の前、取り繕って


響(美希も貴音も難なくこなしてる)

響(どうしちゃったんだろ、自分。ホントは足なんか全然痛くないのに)


誰も気にしない様なこと
それでも自分には大ゴト




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 11:45:39.26 ID:0V4IwDkA0

春香「どうしたのー、響ちゃん?元気無さそうだけど?」

響「え?そんなことないぞ!」

千早「それにしては顔色が優れないようだけど…」

響「光の加減さー!ちょっと考え事してただけだぞ」


多分平気なフリは人生で

割りと重要なスキルだと思う


春香「じゃあ、クッキーでも食べよ?甘いモノは考え事に持って来いだよ!」

響「ありがとう、春香」


多岐にわたり効果示すので

使用頻度もそれなり




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 11:49:25.01 ID:0V4IwDkA0

響「それで、貴音がなー――」

春香「あはは、四条さんらしいね」

真「なになに、面白そうだね」

雪歩「響ちゃん、元気になってよかったですぅ」


人の多くはその熟練者で

大概の焦燥は隠せるが


P「……、ったく…」


人の多くがその熟練者だ

大概はバレていたりするもするが




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 11:53:21.45 ID:0V4IwDkA0

響「なんか、今日はどっと疲れたぞ…」ドサッ

響「自分、どうしちゃったんだ…。完璧な自分はどこに行っちゃたんだ…」

響「……自分、もう踊れないのかな…」


大きく小さなプライドが

眠れない夜をいくつも生み


響「嫌だ、嫌だよ、アイドル辞めたくないよ…」

響「まだまだトップアイドルにはなれてないのに。プロデューサーと約束したのに」

響「踊れない自分なんて、見捨てられちゃうよね」


よくある類の苦しみに


響「嫌だ…嫌だよぉ…」


命掴まれて




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 11:55:59.72 ID:0V4IwDkA0

響「こうなって当然なのかな」

響「ただ、アイドルになりたいって思って沖縄を出てきて」

響「トップアイドルになることを夢見るだけで、ちょっと過信して、ミスしたらボロボロになって」

響「全部、自分が選択したんだ。心配される資格なんか…」


大丈夫じゃなくて 当然の社会

貧乏くじ引いた ワケじゃないんだよ


イヌ美「バウッ」(オイコラ)

響「え?イヌ美?」

イヌ美「バウバウッ」(俺達の飯はどうしたよ?)

響「うぅ、イヌ美、励ましてくれるのか?…ありがとう、まだ終わったわけじゃないもんね」ギュゥ

イヌ美「バウッ」(ちげえよ)


優しさの真似事のエゴでも

出会えたら無くさないように




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 11:57:14.42 ID:0V4IwDkA0

響「ワン・ツー・スっ、あう」

響「もう一回!ワン・ツー・スリー、ステップ、ターンッ」

響「よし、良い感じだぞ!もう一回!!」

ハム蔵「ジュッ?」(飯は?)




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 12:00:32.84 ID:0V4IwDkA0

P「じゃあ、響の足のリハビリも兼ねて、フェアリー組はダンスレッスンな」

美希「はいなのっ!」

貴音「響、足はもうよろしいのですか?」

響「完璧だぞ!家でも練習してきたんだからなっ」


どうにかやってこられたけど


響(ワン・ツー・スリー、すてっp、えっ…)ドタッ


避けようのない石につまずいて


美希「響?まだまだ序盤だよ~?」

貴音「やはりまだ本調子じゃ」

響(う…そだ…うそ…だ…、い…や…嫌…)


いつもみたいに起き上がれない

そんな日が遂に来た


ダッ

貴音「響っ!?どこへ行くのですか!?」





12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 12:03:38.98 ID:0V4IwDkA0

響「はあ、はあ、はあッ」タタタッ


ずっと平気なフリに頼って

ウソか本音か分からなくって


響(あ………)


もっと上手に生きていましたか?


響(プロジェクト・フェアリーのポス…ター…)


スポットライトが見えた頃のこと


響(自分、美希じゃないけど、キラキラしてるな…)


あの時どうした?

ほら思い出してよ


響(自分はもう戻れないの?)

響「う…ぐす…うぁぁ……」ポロポロ


君はひとりこっそり泣いたでしょう?

逃げ道の途中、廊下の端で




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 12:06:42.99 ID:0V4IwDkA0

P「まったく」ポン

響「ッ!?」

P「響」

響「ぷろ…でゅーさーぁ」

響「じぶん…ないてないぞっ!」ズズッ

P「ああ、泣いてるかなんて分かんないよ。ここには誰も居ないから」

響「う…ぷろでゅーさぁ…うゎぁぁん」ギュゥ


いつも頼りなげなプロデューサーが

その日は心強かった





14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 12:10:21.98 ID:0V4IwDkA0

P「俺には響のことを完璧なんて言えない」

響「そうだぞ…、ダンスもできない自分なんて…」

P「違うよ、響の『完璧』は戒めなんだから

  奢りじゃなくて、過信じゃなくて、そうありたいという願いなんだから

  だから、響が言わないと意味ないだろ?

この前は、走りすぎてちょっと迷っただけさ。それなら一歩戻ればいい」

響「あ…、うん…そうだね…」

P「ほら、言ってみな」

響「うん、自分…、完璧だぞ」

P「よし、じゃあ行こうか」


もう精一杯、精一杯 笑ったでしょう?




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 12:12:47.96 ID:0V4IwDkA0

美希「おかえり、響!もう一度なの」

貴音「何度でも、何度でも付き合ってあげますよ」

響「美希、貴音…」

P「響はどうしたい?」


皆もあの人も  笑ってるでしょう?


響「みんな…、うん!自分は踊りたいっ!」


たまに本気で 泣いてるでしょう?

大丈夫 もう一回 笑えるでしょう?





16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 12:15:04.11 ID:0V4IwDkA0

P「まだ遅いぞ!もう一回!」

響「うんっ」

響(プロデューサー…、ありがとう)


誰も気にしない様なこと

分かち合えやしない 他人事


美希「良い感じなの!」

貴音「ふふっ、まだいけますね?」


優しさの真似事は優しさ

出会えたら迷わないように


響(皆…、ありがとう)




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 12:18:48.34 ID:0V4IwDkA0

ワアァァァァ―――

P「さあ、いってこい!」

美希「はいなの!」

貴音「しっかりと見ていてくださいね、貴方様?」

響「そうだぞ!自分は完璧なんだからさ!!」


出会ってる 

無くさないように



終わり




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 12:24:34.53 ID:0V4IwDkA0

お目汚し、失礼しました

初SSで、読み返すと、穴がいくつかありますね…

まあ、初めてを響に捧げられてよかったです

スレタイで落ちてますが、BUMP OF CHICKENの「透明飛行船」からの引用です

壊れかけの響を壊れるくらいに抱きしめたい今日この頃

見てくださった方がいるかは分かりませんが、お付き合いいただきありがとうございました


元スレ
SS速報VIP:響「透明飛行船」