1: 名無しで叶える物語 2019/05/02(木) 21:36:06.03 ID:LT68yq0L.net

ルビィ「…へ?」

善子「なんか赤ちゃんみたいな匂いがするわ。」スンスン

ルビィ「へ、へぇ…」

善子「香水とか使ってる?」スンスン

ルビィ「つ、使ってないよ!」

善子「ふぅん…」

ルビィ「……もっと近くで嗅いでみる?」

善子「え?いいの?」

ルビィ「まぁ…減るものじゃないから……」

善子「じゃあ私の膝の上に来て。」

ルビィ「うん…」スッ

善子「……」スンスンスン

善子「っはぁ~落ち着く~」ギュー

ルビィ「…///」ドキドキ



2: 名無しで叶える物語 2019/05/02(木) 21:38:17.58 ID:LT68yq0L.net

善子「なんなのかしら…この安心感は……」スンスン

善子「もうずっと嗅いでたいわ……」スンスン

ルビィ「へぇ…///」

ルビィ「あ、赤ちゃんの匂いってどんな感じなの?」

善子「ん~なんか……」

善子「あ~あれよ、ミルクよミルク。」

ルビィ「あぁ…なるほど……///」ドキドキ

善子「ベビーミルクってやつね…」スンスン

善子「香水じゃないとすると…なんだ?」

善子「生まれつきの匂いなのかしら?」スンスン

ルビィ「そう…なのかな?」

善子「……にしても落ち着くわ~」ギュー

ルビィ「…///」ドキドキ



5: 名無しで叶える物語 2019/05/02(木) 21:40:05.60 ID:LT68yq0L.net

善子「あ、うなじの方すごく匂い濃いかも。」スンスン

ルビィ「ピギッ!」ビクッ!

善子「あ、ごめんごめん。びっくりさせちゃったわね。」スンスン

ルビィ「もう…!」ドキドキ

善子「うなじの匂い良いわね。」スンスン

ルビィ「んっ…///」ドキドキ

善子「他に匂いスポットあるかしら…?」

善子「ルビィ…こっち向いて。」

ルビィ「ふぇ?」

善子「体、私の方に向けて。」

ルビィ「あ、うん…///」クルッ

善子「……」スンスン

ルビィ「…///」ドキドキ



6: 名無しで叶える物語 2019/05/02(木) 21:41:31.49 ID:LT68yq0L.net

善子「なんか首元とかいいかも。」スンスン

ルビィ「んっ…///」ビクッ

善子「私…ルビィの匂い好き……」ギュー

ルビィ「そっか…///」ドキドキ

善子「……」ペロッ

ルビィ「ひゃっ…///」ビクッ!

ルビィ「な、なんで舐めたのぉ!」

善子「ごめんごめん!実際味するのかな~って。」

ルビィ「…どうだった?」

善子「…ルビィの味がしたわ。」ヘニャ

ルビィ「へぇ…///」ドキドキ

善子「はぁ~いい匂い~」スンスン

ルビィ「…///」ドキドキ



7: 名無しで叶える物語 2019/05/02(木) 21:43:18.94 ID:LT68yq0L.net

善子「…にしてもルビィってさ。」

ルビィ「ん?」

善子「太ってないのにさ、お腹とかモチモチしてるしほっぺもすごくモチモチよね。」サワサワ

ルビィ「そ、そう?」ドキドキ

善子「そしてこの匂い…」スンスン

善子「本当に赤ちゃんみたい…」ギュー

ルビィ「…///」ドキドキ

善子「落ち着く……」ウトウト

ルビィ「…善子ちゃん?」

善子「………すー」スヤスヤ

ルビィ「抱きついたまま寝ちゃった……」

善子「Zzz...」スヤスヤ

ルビィ「……」スンスン

ルビィ「チョコの匂いがする…///」



9: 名無しで叶える物語 2019/05/02(木) 21:44:37.41 ID:LT68yq0L.net

ルビィ(善子ちゃん…急にルビィのこといい匂いとか言い出して…)

ルビィ(そしてたくさん嗅いできて…)

ルビィ(そして落ち着いたから寝ちゃった……)

ルビィ(ルビィがドキドキしてるにも関わらず…)

善子「Zzz...」ギュー

ルビィ「……」ナデナデ

善子「…ふふっ……zz」フニャ

ルビィ「…はぁ」

ルビィ「匂いだけじゃなくてルビィ自身を好きになってほしいなぁ…」ボソッ

おわり。


元スレ
善子「ルビィ…あんたいい匂いがするわね。」スンスン