1: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:07:26.78 ID:Z0vQbocr0

キャラ崩壊注意
男の娘注意
全体的に頭が緩い注意



水無月の部屋――



皐月「これ、食堂で見つけたんだけど……」つスマホ

水無月「あ、見つけてくれたの? ありがt――」





水無月『ほらほら♪ もっと膣締めて♪』パンパンパンパン

長月『やっ♥ ひあっ♥ ち、力、入らなっ♥ あっあっ♥』ビクンビクン///

水無月『あ~イク~イクイクイクぅ~♥!』パンパンパンパン

どぴゅっ♥!! びゅぐっ♥!! びゅるるるるぅ~♥!!

長月『ぁ♥♥♥ しゅ、ごいぃぃ……♥』トロン♥





皐月「男の娘の水無月が四つん這いメス長月に無責任生膣大量射精キメてるハメ撮りが保存されてたよ」

水無月「あちゃーバレちゃったかー」



2: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:10:20.72 ID:Z0vQbocr0

皐月「艦娘に一定数存在する艦男の娘……まさか水無月がそうだったなんて……」

水無月「たまたまだよ」

皐月「それよりも! これは酷いよ!」バンッ!

皐月「熱血で、責任感が強く、それでいて情に厚くて、女の子らしい可愛さに満ちている……」

皐月「そんな長月のことをボクたちみんな、大事にしてきたんだ」

皐月「なのに、こうして無慈悲に犯し尽くすなんて……」

皐月「こんなの……こんなの……!」プルプル



3: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:10:51.62 ID:Z0vQbocr0










皐月「完全にNTRじゃないか!!!!!!!!」プンスカビンビン♥












4: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:11:22.74 ID:Z0vQbocr0

水無月「うふふ……そう……」

水無月「その動画を見て、ながながに欲情したんだ?」クスクス

皐月「話を逸らさないで!」

水無月「違う! これはそういう話なんだよ!」

水無月「いい加減スマホは返してもらうからっ」バシッ

皐月「水無月……!」

水無月「さっちんが悪いんだよ……水無月は悪くないんだ……」

水無月「さっちんが……さっちんが……!」



5: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:11:53.30 ID:Z0vQbocr0










水無月「先にふみちゃんに手を出すから!!!!!!!!」プンスカビンビン♥












6: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:12:23.86 ID:Z0vQbocr0

皐月「文月は関係ないじゃないか!」

水無月「いーや! 関係あるね!」

水無月「着任してからずっとお世話してくれたふみちゃんのこと、最初から狙ってたんだよ!」

水無月「これからどんどん仲良くなって、絶対突き合おうって思ってたのに……!」

皐月「そ、それは仕方ないでしょ!」

皐月「水無月が着任するよりもずっと前から、ボクたちは突き合ってたんだから!」



7: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:12:54.66 ID:Z0vQbocr0

水無月「諦められるわけないじゃないか! あんな素敵な天使のことなんて!」

水無月「さっちんは水無月の心をぶち壊したんだ!」

水無月「だから、さっちんの心をぶち壊すほどのことをしようと考えたんだよ」









水無月「それで、もう一人の天使ことながながをコマしたのさ!」キリッビンビン♥

皐月「な、なんてひどいことを……!」ワナワナビンビン♥



8: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:13:25.24 ID:Z0vQbocr0

水無月「彼女をその気にさせるのは簡単だったよ」

水無月「何度も密室におびき寄せ、繰り返し愛の言葉を囁くだけさ」

皐月「い、いくら長月が中身乙女だからって、そんな手には――!」





長月『あぁ……水無月……水無月ぃ……♥』クチュクチュ

長月『お願ぃ……私の体……慰めて……♥』クチュクチュ

水無月『お突き合いしたいなら、プロポーズしないとね?』ニヤニヤ

長月『わ、私こと長月はっ♥! 水無月に愛される悦びを覚えましたっ♥! あなたのためならなんでも願いを叶えますっ♥! だからっだからその立派なおちんちんでっ♥! どうぞ私を堪能してくだしゃいぃっ♥!!』グチュグチュ

水無月『服従のポーズでおまんこグチョグチョに濡らしながらの一生性奴隷宣言……水無月好みのプロポーズだ』ニタァ♥





水無月「『ながながの人生最初で最後のプロポーズから処女喪失濃厚ご奉仕セックス』冒頭より抜粋しました」ニヤニヤビンビン♥

皐月「水無月ぃぃいぃぃ……!!」ワナワナビンビン♥



9: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:13:56.12 ID:Z0vQbocr0

皐月「姉妹をそんなに扱うなんて……許せない!」

水無月「それはこっちのセリフだよ!」

皐月「そんなおちんちんなんか!」ガシッ!

水無月「このおちんちんが無ければ!」ガシッ!









皐月「いててて……」ヒリヒリ

水無月「すっごく痛い……」ヒリヒリ

皐月「も、もうちょっと弱く握ろっか?」キュム...

水無月「んっ……♥」ピクン///

水無月「そうだね」キュム...

皐月「あっ……♥」ピクン///



10: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:14:26.84 ID:Z0vQbocr0

皐月「……」

水無月「……」

皐月(勢いでおちんちん握っちゃった……スカート越しだけど)

水無月(この後どうしよう……)





皐月「……!」ティン!



11: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:14:57.63 ID:Z0vQbocr0

皐月「長月をコマしちゃう悪いおちんちんには……」

皐月「こうだっ♪」

むにゅんっ♥

水無月「んあっ♥!?」ビクン///

皐月「スカート越しに亀頭攻めだっ!」

皐月「ど、どうだっ! おちんちん気持ちいいだろっ!」ムニュムニュ///

水無月「ひ、卑怯だぞっ♥ 先っぽばっかり弄るなんてっ♥」ゾクゾク///

水無月「こんなの、お゛っ♥ イカされ、ちゃ、あんっ♥」ハァハァ///

皐月「イけイけ! イっちゃえー!」クニュクニュ



12: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:15:28.18 ID:Z0vQbocr0

水無月「さっちんが……そうくるなら……」

水無月「水無月だって……!」

ぎゅちっ♥

皐月「ん゛ん゛っ♥!?」ビクン///

水無月「スカート越しにシコシコしちゃうんだからっ!」

水無月「おちんちん握ってるのは、んっ♥ さっちんだけじゃないからねっ♥」シュコシュコ

皐月「だ、ダメダメっ♥ シコシコっ♥ シコシコは反則ぅうぅぅ~♥!」ヒクヒク///

皐月「おちんちんっ♥ 悦んじゃ、だめえっ♥!」ヘッヘッ///



13: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:15:58.78 ID:Z0vQbocr0

皐月「どうっ♥? どおっ♥? 降参しなよっ♥?」

くにゅっ♥ むにっ♥ にぎにぎっ♥

皐月(水無月のおちんちん……ボクよりも長いや……♥)

皐月(こんなの挿入ったら……奥まで『ずんずんっ♥』って犯されちゃうよ……♥)

皐月(長月、可愛そうに……このおちんちんで、子宮の奥まで支配されちゃったんだね……♥)



14: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:16:30.24 ID:Z0vQbocr0

水無月「さっちんだってっ♥! 降参しなよっ♥!」

しこしこっ♥ しゅっしゅっ♥ しこしこっ♥

水無月(さっちんのおちんちん……頭がコブみたいに膨らんでる……♥)

水無月(こんなの出し入れされたら……絶対に理性が吹っ飛んじゃうよ……♥)

水無月(ふみちゃん、可愛そうに……このおちんちんで、抵抗心を壊されちゃったんだね……♥)



15: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:17:01.07 ID:Z0vQbocr0

皐水((こんなに悪いおちんちんは……))ハァハァ///









しこしこっ♥! しこしこしこっ♥!

皐月(ボクがおしおkお゛ほうっ♥♥♥!?)ビクビクビクッ!!

むにゅんっ♥! くにゅるるんっ♥!

水無月(しっかり躾けrん゛あぁっ♥!?)キュンキュンキュンッ!!



16: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:17:31.90 ID:Z0vQbocr0

皐月「はやっ……くうんっ♥ 降参っ♥ 降゛参してえ゛ぇぇ……♥!」ガクガクッ! ガクガクッ!

水無月「絶対゛っ……負けて……たまる、か……ぁ……っ……♥!」ブルブルッ! ブルブルッ!

皐月(お゛っ♥! おひい゛っ♥! 何この手コキっ♥!?)

水無月(あ゛~~っ♥! あ゛ぁ゛あ~~っ♥! しゅごいぃぃ~~っ♥!)

皐月(こんにゃのっ♥! ボクっ♥ ボクっ知らにゃいひぃいぃ~~っ♥!)

水無月(おちんちんいーこいーこ最高ぉおぉぉ~~っ♥!)

皐月(や、やだあっ♥! ボク♥ 心はもう負けちゃってりゅっ♥! 水無月手コキしゅごいよぉ~~っ♥!)

水無月(さっちんなでなでっ♥! にゃでにゃでえっ♥! 負けりゃっ♥! 負けましたあ~~っ♥!)



17: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:18:03.32 ID:Z0vQbocr0

皐月「ぁっ♥ も……っ♥ お゛っ……♥」ガクガク///

水無月「のぼっへ♥ きてりゅぅぅ……♥」ゾワゾワ///

皐月「……っ♥!」ヘッヘッ///

水無月「……っ♥!」ハァハァ///









皐月「も、もうダメえっ♥!!」ヌギッ

水無月「脱がなきゃっ♥! 汚れちゃうっ♥!」ファサッ



18: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:18:33.83 ID:Z0vQbocr0

水無月(わわっ……皐月の体……白くて綺麗……♥)ドキドキ///

皐月「水無月っ♥! 早くっ♥! 早く脱いでえっ♥!」ヘコヘコ

水無月「っ……!」パサッ

皐月(すごい……水無月の体……細くて可愛い……♥)ドキドキ///

水無月「お、おまたせっ♥!」オチンチンギュッ♥

皐月「おお゛んっ♥!」オチンチンギューッ♥

水無月「あ゛っあっ♥!」ガクガクッ///



19: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:19:04.39 ID:Z0vQbocr0

しこしこっ♥ しこしこっ♥

皐月「あ゛ぁ~~♥! みなぢゅきのおててっ♥! きもぢぃいぃぃ~~♥!」

水無月「さっちん♥ さっちん♥ さっちんのお゛ててもっ♥ さいこうだよぉ゛っ♥!」

にちゅっ♥ にちゃっ♥

皐月「皮がっ♥! おちんちんのカリを゛っ♥! にゅぶっ♥! ぬぷっ♥! ってえぇぇ゛~♥!」

水無月「がまんじるま゛みれの゛おててでっ♥! さきっぽをっ♥! くちゅくちゅしないれえっ♥!」

にゅるんっ♥ ぬりゅんっ♥

皐月「のびりゅっ♥! 皮のばされてっ♥ ボク負けちゃうぅっ♥!」

水無月「あぁ゛ぁ゛~~おちんちんがバカになりゅぅ~~っ♥!」

ぶるんっ♥ くにゅくにゅっ♥



20: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:19:35.22 ID:Z0vQbocr0

皐月「んっ♥! おっほぉ゛♥! く、クるっ♥! キてりゅっ♥!」

水無月「みなづきもぉっ♥! せーえき♥! のぼってきたあっ♥!」

皐月「イこっ♥! いっしょにイこっ♥!」

水無月「うれしいっ♥! ふたりでイこっ♥!」

皐月「お゛っ♥! お゛っ♥! お゛ほっ♥! 膣奥泣かせのおちんちんなでにゃでしながりゃっ♥ イ♥ イぐっ♥ イぐイぐぅぉお゛っ♥! おぉっ♥!」

水無月「ぁ♥! あんっ♥! あんっ♥! 膣口泣かせのおちんちんシコシコしながらっ♥! イくっ♥ イくイくイくっ♥! あひっ♥!」



21: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:20:05.78 ID:Z0vQbocr0

皐月「イくっ♥! イぐっ♥! イぐイくイくイぐイぐぅっ♥!」

水無月「イくイくっ♥! あっ♥! イくっ♥! イくイくっ♥!」









びくんっ♥♥♥!!

「「イくぅうぅぅうぅ~~~~ッッ♥♥♥!!」」

びぐびぐっ♥♥♥!! びっく~んっ♥♥♥!!



22: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:20:36.60 ID:Z0vQbocr0

どぷっ♥!! びゅるるっ♥!! ぬびゅるるっ♥!!

皐月「お゛っ♥! お゛ほっ♥! お゛ぉ、ンッ♥!」ブルブルッ/// ブルブルッ///

びゅるるっ♥!! びゅぐびゅぐっ♥!! ぴゅるるるるるるっ♥!!

水無月「あはは♥!! あははひっ♥!! あひんっ♥!!」ゾクゾクッ/// ゾクゾクッ///

どばっ♥!! びゅびゅびゅ~っ♥!!



23: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:21:07.11 ID:Z0vQbocr0

ぴしゃっ♥! たぱぱぱっ♥! ぴゅるるるる~~っ♥!

皐月「お゛ほっ♥!?」ビクッ///

皐月(みなぢゅきの精液っ♥! あったかミルク♥! お腹に♥ お胸に直撃っ♥!)

びしゃびしゃっ♥! びゅびゅびゅーっ♥!

皐月(しゅ、しゅごい量だよぉっ♥! ボクの倍以上射精してりゅっ♥!)

皐月(みなぢゅきミルクに溺れちゃうぅうぅぅ~~♥!!)ゾクゾクゾクッ!

皐月「お、おひっ♥! またイ゛ッッ~~♥♥♥!」

どっぴゅんっ♥! どっぴゅんっ♥!



24: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:21:37.71 ID:Z0vQbocr0

びちゃあっ♥! にゅりゅるんっ♥! ぼたぼたぼたっ♥!

水無月「あへっ♥!?」ビクッ///

水無月(さっちんみるきゅっ♥! 水無月のことっ♥! 外から孕ませてきてりゅっ♥!)

どびゅるっ♥! どりゅりゅんっ♥!

水無月(まるでゼリーみたいっ♥! こんなの勝てるコいないよおっ♥!)

水無月(さっちんミルクゼリーの虜になっちゃったぁ~~♥!)ゾクゾクゾクッ!

水無月「あへぇっ♥! 追いミルクでりゅッッ♥♥♥!」

びゅーっ♥! びゅびゅびゅーっ♥!



25: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:22:08.26 ID:Z0vQbocr0

皐月「やだっ♥! ボクにかけないでよっ♥!」

水無月「さっちんだって♥! 水無月にぶっかけてるっ♥!」

皐月「お゛っ♥ お゛ひっ♥! おちんちん♥ いうこときかないっ♥!」

水無月「降参っ♥! 降参すりゅからあっ♥!」

皐月「あ、ダメ♥ おちんちん壊れちゃった♥!」

水無月「イ゛ぐぅっ♥! イくう゛ぅぅ゛っ♥!」

皐月「お゛ンッ♥! 水゛無月の精液でっ♥! 溺れる♥! 溺れちゃうぅ♥!」

水無月「さっちんザーメンしゅごいっ♥! 体支配されちゃったあんッ♥!」



26: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:22:38.77 ID:Z0vQbocr0

皐月「イくっ♥! イったらミルクどぴゅっ♥!」

どぴゅっ♥

水無月「ぶっかけられへっ♥! おちんちん負けてぴゅっぴゅっ♥!」

ぴゅっぴゅっ♥

皐月「身体中♥! 真っ白になって♥! 発射あっ♥!」

とぷんっ♥

水無月「きゃふっ♥! 負けましたっ♥! 降参の白精液びゅーんっ♥!」

びゅびゅー♥

皐月「やだ♥! やだやだっ♥! これ止まらないヤツうッ♥! ん゛っ♥!」

ぬぷん♥

水無月「さっちんと永遠どっぴゅんマシーンになっちゃいましたァン♥!」

びしゃっ♥

皐月「みなづきっ♥! みなぢゅきいっ♥!」

びゅるん♥

水無月「あひ♥ あへ♥ さっちんンンッ♥!」

ぴゅーっ♥



27: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:23:09.52 ID:Z0vQbocr0

皐月「あ……♥ キてる……♥ さいごのおっきい一発キてるっ♥!」ゾクゾク...

水無月「さいごの白旗敗北宣言の準備しちゃってるっ♥!」

皐月「イこっ♥! 水無月イ゛こっ♥! もうボクの敗けでいいかりゃあっ♥!」

水無月「水無月もっ♥! さっちんのおちんちんに勝てませしぇえんっ♥!」

皐月「手っ♥ ギュッてして♥ つながって♥!」ギュッ♥

水無月「うん♥ うん♥ 恋人つなぎっ♥!」ギュッ♥



28: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:23:43.11 ID:Z0vQbocr0

皐月「あぁあぁぁ~~~~イくぅぅうぅぅ~~~~……♥!」

水無月「イくっ♥ イくイくイくっ♥! おちんちんイくう♥!」









どぴゅっ♥! びゅびゅっ♥! ぴゅるるる~~っ♥!

「「イくうぅぅうぅうぅぅううぅ~~~~♥♥♥!!」」ゾクゾク...ドクンッ!!

びゅぐっ♥! たぱぱぱっ♥! びちゃちゃっ♥!



29: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:24:13.64 ID:Z0vQbocr0

どろおぉお……♥

皐月「ハッ……ヘッ……オヒッ……♥!」ゼェハァ

べたあぁぁ……♥

水無月「ハアッ……ハッ……ハアッ……♥!」ゼェハァ

にちゃぁぁ……♥



30: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:24:44.08 ID:Z0vQbocr0

皐月(気持ちよかった……♥)ハァハァ

水無月(すごいよお……♥)ハァハァ

皐月「お゛ほぉ……」チラッ

水無月「あへぇ……」チラッ

皐月「……」ジー

水無月「……」ジー

皐月(あ……)

水無月(自然と目が合っちゃった……)



31: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:25:14.45 ID:Z0vQbocr0

皐月(あぁ……見られてる……///)

皐月(ボクのだらしないオ゛ホ顔……全部見られちゃった……///)

皐月(でも……)

皐月(ボクの精液にまみれた水無月……)

皐月(普段からは想像もつかないほどメスの顔になって……)

皐月(可愛い……目が離せない……)ドキドキ///



32: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:25:45.11 ID:Z0vQbocr0

水無月(やだぁ……見られちゃった……///)

水無月(水無月の恥ずかしいアへ顔……全部バレてる……///)

水無月(なのに……)

水無月(水無月の精液で真っ白に染まったさっちん……)

水無月(その奥の瞳がとても扇情的で……)

水無月(美しい……見とれちゃう……)ドキドキ///



33: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:26:15.86 ID:Z0vQbocr0

皐月(恋人つなぎの手に力を込めて……)

水無月(ゆっくり自分のもとへ引き寄せて……)









皐月「んっ……♥」チュッチュッ♥

水無月「ぁん……♥」レロンッ♥



34: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:26:46.35 ID:Z0vQbocr0

皐月「ん……ちゅむ……♥」ギュー♥

水無月「はむ……れろ……♥」ギュー♥

皐月(水無月のキス……甘いラムネみたいな味がする……///)

水無月(さっちんの口の中……レモン味でおいしい……///)

皐月(それに舌が柔らかくて……ドキドキする……///)

水無月(ふわふわのくちびる……夢中になっちゃう……///)

皐月(んっ♥ 胸の上で、精液がまざりあって♥)

にちゃっ♥ ねちゃっ♥

水無月(まるでローション乳首合わせしてるみたい♥)

くにっ♥ こりこりっ♥



35: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:27:17.08 ID:Z0vQbocr0

皐月「っはあ♥」

水無月「ぷは♥」

皐月「みなづき……♥」

水無月「さっちん……♥」

皐月「……♥」ギュー

水無月「……♥」ギュー

皐月「……♥」

水無月「……♥」

皐月「……」

水無月「……」



36: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:27:48.05 ID:Z0vQbocr0










皐月「あうぅ……///」カァァァ///

水無月「あわわ……///」カァァァ///












37: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:28:18.79 ID:Z0vQbocr0

皐月(な、なにやってんのさ、ボク!?)

水無月(オナニっこして……イキ顔公開射精して……)

皐月(しかも最後に、あんな濃厚なベロチューまで……)

水無月(まるで身も心も繋がった恋人みたいに……)

皐月(しっかりして! 相手は姉妹艦だよ! しかも長月を寝取った張本人だし!)

水無月(普通ならそんな相手、こっちからお断りだよ!)

水無月(……でも……)



38: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:28:49.33 ID:Z0vQbocr0

皐月「ち、違うんだ! これは、その……!」バッ

水無月「なにが違うの……?」

皐月「なにがって、えっと……とにかく、とにかく違うんだよ!」

水無月「そうかな……?」

皐月「はい、はい! この話はここで終わり!」

皐月「洗い流したら全部終了! もうなかったことにしよ! ね!?」

水無月「できないよ……」

水無月「忘れるなんて……///」チラッ

皐月「はうっ///」キュゥゥン♥



39: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:29:19.93 ID:Z0vQbocr0

水無月「ねえ、さっちん……」ギュ...

ぬりゅん♥

皐月「はひっ♥」ゾクゾク

皐月(精液まみれのまま、背後から抱き締められたせいで……)

皐月(背中まで……ぬりゅぬりゅになって……)ハァハァ///

水無月「最後で良いから……キス、しよ?」

水無月「これで何もなかったら……水無月も、諦めるから」ギュー

にちゅ……にちゅ……♥

皐月「はっ……はあっ……///」ドキドキ



40: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:29:50.51 ID:Z0vQbocr0

皐月「ダメ……だょ……こんなの……///」

水無月「一回だけだから……ね……?」スゥ...

皐月「ボクたち……そういうのじゃ……///」

水無月「さっちん……♥」ンー...

皐月「あ……そんな……///」









水無月「んちゅ♥ ちゅぱっ♥ じゅりゅっ♥」ギュー

皐月「ふわあっ♥ れろんっ♥ れろれろっ♥」ギュー



41: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:30:21.28 ID:Z0vQbocr0

皐月「っぷは!」

皐月「……あ、ちがっ/// これはっ……///」

水無月「今の気持ちから逃げないで、さっちん」

水無月「水無月たち……姉妹艦だし……男の娘同士で……寝取り合った仲だけど……」

水無月「もう……戻れないんだよ……♥」ギュッ

皐月「あ……あぁぁ……」ワナワナ

皐月「うわああぁぁあぁぁあぁぁなんでそこで可愛くギュッて抱きついちゃうんだよおおぉぉおぉぉ~~~~♥!!」ギュー!!

皐月「そんなどストライクなことされたら離したくなっちゃうじゃないかあぁああぁあぁぁ水無月のバカあぁぁぁあああぁあぁ♥!!」ナデナデ

水無月「あっあっあっ♥」ゾクゾク



42: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:30:51.96 ID:Z0vQbocr0

皐月「うぅぅ……ボク、男の子に目覚めちゃったのかな……?」

水無月「違うよ」

水無月「好きになったのが、水無月なだけさ」

水無月「水無月だって、さっちんに目覚めちゃったからね」

皐月「そっか……両想いなんだ……」

水無月「そうなる……かな」

皐月「……」

水無月「……」

皐月「えへへ……♥」テレテレ///

水無月「ふふふ……♥」テレテレ///



43: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:31:22.53 ID:Z0vQbocr0

皐月「あーどうしよう……」ギュー

皐月「しばらくは文月より夢中になっちゃうかも……」ギュー

水無月「そ、それはダメだよ!」

水無月「水無月より先に取ったんだから、寂しがらせたら怒るからね!」

皐月「フンッ! 長月を取った水無月に言われたくないね!」

水無月「なにをー!?」

皐月「なにさー!?」



44: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:31:52.98 ID:Z0vQbocr0

水無月「それなら勝負だ!」

水無月「負けた方はパートナーとの時間を優先すること!」

皐月「引き分けたら?」

水無月「今度は勝つまで終わり無し!」

皐月「のぞむところだよ!」

水無月「はいスタート♪」シコシコシコシコ

皐月「おひっ♥!?」ビクンッ!

皐月「いきなりはズルいぞ! それ♪」ムニムニムニムニ

水無月「はうぅんっ♥!」ビクンッ!



45: ◆ag9TZfREZs 2019/05/03(金) 23:32:23.53 ID:Z0vQbocr0

<アーイクイク♥

<デチャウヨー♥

どっぴゅん♥ どっぴゅん♥









??「あぁ……な、なんてこと……!」

…………
……



49: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:09:15.74 ID:nk6HWjU60

廊下――



文月「ふんふんふ~ん♪」トテトテ

文月(今日は皐月ちゃんが出撃から帰ってくる日なんだー)

文月(だから『今夜はあたしの部屋に来て』って伝えてるんだよ)

文月(お仕事でお疲れ様おちんちんさんを、たーっぷり労って……えへへぇ♥)テレテレ///



50: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:09:46.70 ID:nk6HWjU60

文月(……あれ?)

長月「……」

文月「長月ちゃん、どうしたの?」

文月「そういえば、今朝から元気ないね? 風邪でもひいちゃった?」

長月「……」









長月「ぐすっ……!」ブワッ

文月「!?」



51: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:10:17.58 ID:nk6HWjU60

長月「ふみつきぃいぃ~~……!!」ダキッ!

文月「え、ええっ!?」

長月「うええぇぇえぇん……!!」エグエグッ

文月「泣いてるの? よしよし……」ナデナデ

文月「とりあえず、あたしの部屋に行こう? ね?」

長月「う゛ぅう゛ぅ゛ぅ~~……!!」グスグス

文月「ゆっくりでいいから、あたしが支えてあげるから、部屋まで行こう?」

長月「おぉ゛おぅう゛おぉ゛おぉ゛ぉ……!!」ズビズビ



52: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:10:48.30 ID:nk6HWjU60

文月の部屋――



文月「落ち着いた?」

長月「うん……」グスッ

文月「あたしの膝枕は落ち着くって、みんなから評判なんだよ~」

文月「特に皐月ちゃんがお気に入りみたいでね~」クスクス

長月「分かる……」ホワホワ///

長月(文月のベッドの上でナデナデされながらの膝枕……)

長月(最高かよ……!)ポワポワ///



53: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:11:18.99 ID:nk6HWjU60

文月「それで、なにがあったの?」

文月「あ、別に無理して言わなくても……」

長月「ううん……文月に相談したいんだ……」

文月「あたしに? いいよ」

長月「じ……実は……!」グッ...



54: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:11:49.83 ID:nk6HWjU60










文月「えぇぇ~~!?」

文月「水無月ちゃんは本当は男の娘で、長月ちゃんとエッチしまくりの仲になってる……!?」












55: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:12:20.70 ID:nk6HWjU60

文月「……」

長月「やっぱり、ショックだよな……?」ウルウル

文月「た、確かに、水無月ちゃんが女の子じゃないことも、二人が付き合ってることもビックリだよ……」

長月「そう……突き合ってるんだ……」

文月「でも、きっと長月ちゃんもちゃんと考えてのことだし、気持ち悪いとか嫌だとか、そんなことは思ってないよ?」

長月「ありがとう……(文月マジ天使)」



56: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:12:51.55 ID:nk6HWjU60

長月「でも私……聞いちゃったんだ……」

長月「水無月が自分の部屋で……皐月と言い争いしていて……」

文月「皐月ちゃんと水無月ちゃんが言い争い? 珍しいね」

長月「私と付き合ったのは……皐月への当て付け目的だったって……」グスッ

文月「え、ええぇっ!?」



57: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:13:22.46 ID:nk6HWjU60

文月「それ、本当に言ってたの?」

長月「間違いない……皐月への対抗心から、私と付き合い始めたって言ってた……」

長月「本当は文月狙いだったけど、皐月が先に付き合ってたからって……」シクシク

文月「」

文月「エット...ナンノコトカナー...?」アハハハ...

長月「皐月が男の娘で文月と交際していたなんて、その時初めて知ったよ……」グスッ

文月「ふえぇ~全部バレてるよぉ~!」アワワワ///



58: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:13:53.36 ID:nk6HWjU60

文月「ご……ゴメンね? みんなにずっと黙ってて……」シュン

長月「いいんだ……文月たちはなにも悪くない……」

長月「私も、内緒で男の娘と付き合ってたことは同じだから……」

長月「文月たちの気持ちは……すごく理解できる……」

文月「長月ちゃん……」



59: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:14:24.04 ID:nk6HWjU60

長月「……」

長月「私……別れた方がいいのかな……?」

文月「ええーっ!?」

長月「だって文月の方が、絶対可愛いから」

文月「そんな、あたしなんて……!」

長月「私ももっと、可愛い子になりたいって思っていて……」

長月「それで、文月をいつもお手本にしていて……」

文月「そう……だったんだ」

長月「だから分かるんだよ、文月の可愛さのことは」

長月「そんな文月が相手じゃ……私……絶対勝てないよ……!」グスッ



60: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:14:54.56 ID:nk6HWjU60

文月「長月ちゃんのバカっ!!」





ぺちんっ





長月「――!?」









長月(お手てがぷにぷに過ぎてビンタが全然痛くない……)



61: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:15:25.30 ID:nk6HWjU60

文月「どうしてそこで諦めちゃうの!? そんなの長月ちゃんらしくないよ!」

文月「諦めずになんでも頑張る長月ちゃんは、とってもとっっても可愛いんだから!!」

長月「文月……!」

長月(もう一回ぺちんってしてほしい……)ドキドキ///



62: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:15:56.16 ID:nk6HWjU60

文月「それに、水無月ちゃんが……あ、あたしのこと好きだったとしても……」

文月「今愛し合ってるのは長月ちゃんだよ!?」

文月「あたしの知ってる水無月ちゃんは、すぐに他の子に靡いて捨てちゃうような子じゃないもん!」

長月「――!!」

文月「……信じてあげよう? だって、長月ちゃんが選んだ子なんだから」

長月「ふみ……ぢゅきぃ……!」グスッ



63: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:16:26.74 ID:nk6HWjU60

長月「うぅううぅうぅ~~……!」ダキッ

長月「そうだな……みなぢゅきは……そんなやつじゃない……!」エグエグッ

文月「うんうん」

長月「私が……恋人の私が……信じなくちゃ……!」

文月「……水無月ちゃんのこと、大好きなんだよね?」

長月「だいしゅきぃ……」グスグス

文月「うんうん」ナデナデ



64: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:16:57.25 ID:nk6HWjU60

文月「落ち着いた?」

長月「ぐすっ……あぁ、ありがとう」

文月「今の気持ち、ちゃんと水無月ちゃんに伝えた方が良いと思うよ?」

文月「あたしでよかったら、着いていてあげるね?」

長月「助かる……」



65: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:17:27.80 ID:nk6HWjU60

長月「……まあ、心の方は落ち着いたけど……」

長月「か……体の方が……まだ不安で……///」

文月「そ、そこまで悩む必要は……」

長月「私は、文月の体も参考にしてるんだ」

長月「シャンプーとか、日用品とか、そういう外面は真似られても……」

長月「体の方は……なにもできなくて……」

長月「水無月は男の子だから……体で誘惑されたらって思うと……」

文月「……そうだね、心配だよね」



66: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:17:58.72 ID:nk6HWjU60

文月「それじゃ、ここで脱いで見せて!」

長月「えぇえぇっ!?」

文月「あたしが長月ちゃんの体が可愛いかどうか、チェックしてあげるの!」

長月「そ、それは……!」

文月「長月ちゃんが、あたしを参考にしてくれてたこと……本当は嬉しかった」

文月「そんなあたしが保証したら、きっと長月ちゃんも自信を取り戻すはずでしょ?」

長月「そ、そうかも知れないけど……」モジモジ



67: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:18:29.26 ID:nk6HWjU60

長月「……一緒が、いい」

文月「んー?」

長月「文月も一緒に脱いで!!」

文月「えぇー!?」

長月「さっき『着いていてくれる』って言ってくれたよな!?」

長月「それに……文月のこと、信頼はしてるけど……」

長月「私のために嘘をつくんじゃないかって心配で……」

長月「だから私も、文月の体をすみずみまで知りたいんだ!」



68: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:18:59.81 ID:nk6HWjU60

文月「……」

文月「い……良い、よ」

長月「本当か!?」

文月「恥ずかしいけど……長月ちゃんのためなら……///」

長月「ありがとう文月ぃ!!」ダキーッ!!



69: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:19:30.65 ID:nk6HWjU60

文月「まずは、下着だけで……///」

長月「そ、そうだなっ、いきなり裸は恥ずかしいもんなっ///」

するする……

ふぁさ……

長月「ん……///」モジモジ

文月「あ、あはは……なんだか変な気分ー///」

長月(文月は……支給品の、オレンジの縞パンか……可愛い……)

長月(やっぱり私には似合わないよな……)シュン...

文月(長月ちゃんは……いつものパステルグリーンの縞パンかぁ……)

文月(体つきがあたしよりも大人っぽいから、同じ縞なのに格好よくて素敵だなあ……///)ポヤポヤ



70: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:20:01.26 ID:nk6HWjU60

文月「……あれ、ちょっと大きくなった?」

長月「実は……ちょっとだけ……///」

ぷにゅん♥

文月「わあ~……あたしよりおっきくて、羨ましいなあ~♪」マジマジ

長月「でも、乳首がちょっと……」

文月「あ、ちょっと埋まってる」

長月「文月のみたいに、プックリまるまるしてるほうが良いんじゃ……」

ぷくっ♥

文月「水無月ちゃんはなんて言ってるの?」

長月「えっと、その……///」

文月「長月ちゃん、このあと全部見せっこしちゃうんだから、思いきって打ち明けて? ね?」

長月「……文月も」

文月「う、うんっ/// あたしも全部教えるっ///」

長月「わかった……私も、腹をくくる」グッ

文月「うんうん、長月ちゃんの勢いの良さ、あたしは好きだよ」

長月「ありが……とう」

長月(好きって言われたら、急にドキドキが……!)ドキドキ///

長月(文月は、私の姉妹艦なのに……!)ソワソワ///



71: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:20:31.80 ID:nk6HWjU60

長月「水無月は、その……『恥ずかしがりやさんも愛してあげる』って言って……」

長月「出てくるまでずっと……胸を……ちゅうちゅうって……///」

文月「ふふふ♥ 愛されてるんだねー♥」

長月「そんなことっ!! ……ううん」

長月「愛して……もらってる……♥」

文月「え、あ……うん……」ドキッ///

文月(あれ、おかしいな……ただ長月ちゃんとお話ししてるだけなのに……)

文月(照れる仕草を見ていたら、急にドキドキしてきちゃった……)

文月(長月ちゃんは、あたしの姉妹艦なのに……!)



72: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:21:02.43 ID:nk6HWjU60

文月「それじゃあ……さ、触ってみよっか」

長月「私も触っていいんだよな?」ドキドキ///

文月「い、いいよ」ドキドキ///

長月「っ……!」

文月「っ……!」









ふに♥









文月「んっ……♥」ピクッ///

長月「ぁっ……♥」ピクッ///



73: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:21:33.11 ID:nk6HWjU60

文月「今、声が……///」

長月「気のせいっ! 気のせいだぞっ!」カァァ///

文月「そ……そうだよねっ///」

文月(長月ちゃんの手が触れた瞬間、ちっちゃくイッちゃった……♥)

長月(文月のぷにぷにお手てが気持ちよくて、思わずピクンッて……♥)

文月「も、揉んでもいい……かな///」

長月「私も……揉む……///」

むにゅ……ふに……♥

ぷに……くにゅ……♥

文月「ゃ……ん……♥」

長月「はっ……はあっ……♥」



74: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:22:03.68 ID:nk6HWjU60

文月(長月ちゃんのおっぱい……もう掴めるほどおっきくなってる……)

むにゅう♥

長月「ぁ……♥」ビクッ///

文月(確かに、まだ大きくはないけど……)

文月(この揉みやすい弾力……絶対おっきくなるおっぱいだ……)

文月(水無月ちゃんは将来……おっぱい揉み揉みするんだろうなあ……///)

文月(おっきなおっぱい……羨ましい……///)



75: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:22:34.26 ID:nk6HWjU60

長月(文月の乳首……もうこんなに固く膨らんでる……)

くりくり♥

文月「ん……♥」ビクッ///

長月(こりこりの乳首が、私の手のひらの中で)

長月(それに、手を離したくなくなる、このもちもちの感触……)

長月(皐月は将来、おっぱい星人になるんだろうな……)

長月(愛されおっぱい……羨ましい……♥)



76: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:23:04.87 ID:nk6HWjU60

文月「ん、はっ……♥ ぁ……♥」

長月「ゃ♥ んっ♥ はぅ……♥」

文月「な、長月ちゃんのおっぱい……んっ……とっても揉みやすいよ……///」

長月「そ……そうか……///」

文月「これなら水無月ちゃんも……ぁ……満足だね……///」

長月「わかった……ひぅ……安心したよ……///」



77: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:23:35.40 ID:nk6HWjU60

文月「でも、また大きくなりそうだから……」

文月「ブラジャー……つけた方が良いよ?」

長月「そうか……そうだよな……」

長月(ブラジャーつけたら水無月、喜んでくれるかな……?)ドキドキ///

長月「文月も、その……先っぽ痛くないか? 乳首の……」

文月「あ/// う、うん、ちょっぴり……///」

長月「なら、文月もつけた方が良いぞ?」

文月「そう……だよね……///」

文月(皐月ちゃん……あたしのブラジャーで、喜んでくれるかな……?)ドキドキ///



78: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:24:05.82 ID:nk6HWjU60

長月「でも私、そういう店に明るくないし……」

文月「それは如月ちゃんに相談すれば良いよ」

長月「……そ、そうだなっ」

長月「如月は大人びて発言もエッチだけど、今まで司令官に告白できずにいるほどの純情乙女だけど、いろんなお店知ってるからなっ」

文月「いつも『睦月ちゃんの下着は、如月が見繕ってるのよ。うふふ♥』……って言ってたから、大丈夫だよ」

長月「なら安心だ」

長月(文月の如月モノマネが上手すぎてビックリした)ドキドキ



79: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:24:36.40 ID:nk6HWjU60

長月「それじゃ……」

長月「次は……お、おまん……こ……だな……///」

文月「そ、そうだね///」

文月(本当に全部調べるんだ///)

長月(……これを知られたら、もしかしたら……)

長月(……いや! 私は、文月を信じたい……)グッ



80: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:25:07.04 ID:nk6HWjU60

長月「文月……み、見てほしい……」

長月「本当の……私を……!」

ふぁさっ……









ながつき「やあ」にょーん

文月「わわわっ!?」ビクッ



81: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:25:37.66 ID:nk6HWjU60

文月「えっ!? これ、おちn――あ、でもおまんこさんはちゃんとあって……」アワワワ

文月「え……まさかこれ……く、クリトリスさん……!?」

長月「そ、そうだっ……!」プルプル///

文月「すご……ポークビッツくらいある……!」ドキドキ///

長月「水無月は……私のお豆も……よくいじってきて……」フルフル

長月「『気持ちいいのシコシコするのは上手だから』って言って……皮ごと……お、おちんぽみたいにっ……毎回毎回シコられ続けてっ……///」プルプル///

長月「気付いたときには……おちんぽみたいに……!」グスッ

文月「長月ちゃん……」



82: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:26:08.47 ID:nk6HWjU60

文月(おちんちんさんのこと、いつも『おちんぽ』って呼んでるんだ……)

文月(すっごくアダルトでエッチだよぉ……///)ドキドキ

文月(それってきっと、水無月ちゃんのために言ってるんだよね? むしろ言わせてるよね?)

文月(水無月ちゃん……サドっ気の強い変態さんだったんだ……///)



83: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:26:39.06 ID:nk6HWjU60

長月「でもっ……ぐすっ……こんなのおかしいよな……」

長月「可愛い子がタイプの水無月に……こんな……おちんぽついた子なんてっ……!」

長月「私に……ひっぐ……水無月に愛される資格なんて……!」ポロポロ









文月「バカァ!!」

ぺちんっ♥

長月(ありがとうございます!!!!!!!!)



84: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:27:09.72 ID:nk6HWjU60

文月「水無月ちゃんが喜んでたんでしょ?! 水無月ちゃんが毎日扱いてくれたんでしょ?!」

文月「それは、長月ちゃんのクリトリスさんのこと、可愛いって思ってくれてるからだよ!!」

長月「!!」

文月「長月ちゃんが可愛くて、クリトリスさんが可愛くて、クリトリスさんシコシコされてる長月ちゃんが可愛くて……だから、こんなに大きく育ったんだよ?」

長月「そ、そうっ……だけどっ……」

長月「でもっ……でも私はぁ……!」グスッ



85: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:27:40.27 ID:nk6HWjU60

文月「長月ちゃん」スルスル

ふぁさっ

文月「よいしょっと」フトンニネコロビ...

文月「全部見せてあげる……あたしの、本当の姿を!」エムジカイキャク









ぐぱあ……♥

長月「え……えっ、えぇっ!?」



86: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:28:10.75 ID:nk6HWjU60

長月「これっ、これっ、おまんこがくっぱり……!」

長月「あ、いや、奥は閉じてるけど、でも、えっ、こんなに!?」

長月「おまんこの入り口が、開きっぱなしじゃないか!?」

文月「皐月ちゃんのおちんちんさんはね、えっと『きとー』って言ってたっけ?」

文月「それがとっても大きくて太いの」

文月「それをおまんこさんの入り口で、入れたり抜いたりするのが大好きで……毎日毎日繰り返して……」

文月「穴……閉じなくなっちゃった……♥」カァァ///

長月「文月……!」



87: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:28:41.22 ID:nk6HWjU60

長月(おちんぽのこと、いつも『おちんちんさん』って呼んでるのか……)

長月(やっぱり可愛くて、しかもエッチだな……///)ドキドキ

長月(……でもこれ、皐月のために言ってるよな? わざわざ『さん』付けで言わせてるだろ)

長月(皐月って……ロリコンの変態だったのか……///)



88: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:29:11.76 ID:nk6HWjU60

文月「でも……こんな女の子、可愛くないよね?」

文月「大切なおまんこさんなのに、こうしてみんなにさらけ出しちゃって……」

長月「そ……そんなことないぞ!!」

長月「大好きな人を受け入れたからだろ? それのどこが悪いんだ!」

長月「大好きな人のために、大好きな人の望む姿になるなんて……それこそ愛の力じゃないか!」

文月「ありがとう」

文月「それなら……長月ちゃんも同じだね?」

長月「――!!」ハッ



89: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:29:42.37 ID:nk6HWjU60

文月「愛する人と付き合って、愛する人を受け入れて、愛する人の望む姿になって……」

文月「それでも愛されてるから、長月ちゃんのクリトリスさんは育ったんだよね?」

文月「だから長月ちゃんは、世界一、水無月ちゃんに愛されてる子なんだよ」

長月「ふみぢゅきぃ……!」エグエグ



90: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:30:12.88 ID:nk6HWjU60

長月「そっか……そうだったんだ……」

長月「私、愛されていたんだ……!」

文月「うんうん、だから自信を持って。ね?」

長月「文月ぃっ!!」ギュー









文月「んあっ♥」ビクッ///

長月「ひうっ♥」ビクッ///



91: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:30:43.41 ID:nk6HWjU60

文月(な……長月ちゃんが、急に抱きついてきたから……)

文月(あたしの無防備おまんこさんにっ……長月ちゃんのおっきっきクリトリスさんがっ……にゅるんっ♥ ……って♥)

文月(ちっちゃく……イッちゃった……♥)ヒクヒク///

長月(す、滑っただけなのに……)

長月(文月のおまんこっ……もう濡れててっ……そこをくりちんぽが擦れてっ……♥)

長月(軽く……イッちゃった……♥)ウズウズ///



92: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:31:14.09 ID:nk6HWjU60

長月「お、おかしいだろ、これっ♥」スリスリ

文月「はうっ♥」ゾクゾク///

長月「文月の、おまんこっ♥ こんなにヌルヌルでっ♥」ズリズリ

長月「き♥ 気持ち♥ よしゅぎてっ♥」

文月「違うのっ♥ 違うのおっ♥」フルフル

長月「違わないだろっ♥ 文月のおまんこっ♥」

にゅるっ♥

文月「ひにゅうっ♥!?」ビクビクッ!

長月「ほらっ♥! ちょっと撫でるだけで、こんなに愛液がっ♥!」

長月「見えるっ♥? ほらっ♥! 文月の愛液っ♥!」ネバァァ...♥

文月「み……見せないでえ……♥」カァァ///



93: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:31:44.72 ID:nk6HWjU60

長月「正直に言って♥! どうしてこんなにヌルヌルなのっ♥?」ナデナデ

ぬりゅりゅんっ♥

文月「だって♥ だって皐月ちゃん♥ 入り口ばっかりでエッチするんだもん♥!」

文月「あたしのおまんこさんで♥ ぐっぽんずっぽん♥ 抜き差しするかりゃあっ♥」

文月「入り口ばっかり♥ 濡れる体になっちゃってえっ♥! あっあっあっ♥」ブルブル///

長月「こんなおまんこっ♥! はっ♥! はあっ♥! 腰がっ♥! とまらにゃいっ♥!」ヘコヘコ

にちゅっ♥ ねちゃっ♥ にゅるんっ♥

文月「はうんっ♥! 長月ちゃんのクリトリスしゃんっ♥! あたしのおまんこさんであばれてりゅうっ♥!」キュンキュンッ♥



94: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:32:15.24 ID:nk6HWjU60

文月「あ……あたしらって……♥」フルフル

文月「ヤるときはヤるんだかりゃっ♥」

ずぷんっ♥

長月「お゛っ♥!?」ビクビクッ!

文月(長月ちゃんの方が体おっきいから、あんまり届かないけど……)

文月(あたしも、長月ちゃんのおまんこさん、気持ちよくできるんだよぉっ)

長月(ふ、文月の手がっ♥ 私のおまんこにぃっ♥)

長月(じゅ……じゅっぽりっ♥ はいっちゃっらあ……♥)ゾワゾワ///



95: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:32:45.83 ID:nk6HWjU60

文月「どーお♥? お手てっ♥ じょーずでしょっ♥?」

ずちゅっ♥ にじゅっ♥ ずぽっ♥

長月「おひい゛っ♥! あっ♥ あ゛ぁ゛ぁっ♥!?」ゾクゾク///

文月「すごぉい……♥ 何本でも指が入っちゃうよぉ……♥」

文月「どうしてぇ♥? ねえねえ♥? どうしてかなぁ♥?」

長月「ら゛、らってえ゛っ♥!」ビクビクッ!

長月「みなぢゅきってば♥! エッチばっかりするかりゃっ♥!」



96: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:33:16.32 ID:nk6HWjU60

文月(へえ……水無月ちゃんって絶倫さんなんだ……///)

文月(もし、あたしがエッチしたら……♥)ドキドキ///

文月「――!?」ハッ

文月(だ、だめだめぇ! あたしには皐月ちゃんがいるのにっ……///)フルフル



97: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:33:46.95 ID:nk6HWjU60

文月「長月ちゃんのおまんこさんっ♥ すっごいよぉっ♥」クチュクチュ

文月「どれだけ入れてもっ♥ どこまで入れてもっ♥」

文月「ぬるぬるであっつあつのおまんこがっ♥ あたしの指を迎えてくれるのぉっ♥!」

長月「ゃあぁ~……♥ せつめい……♥ しにゃいれ……♥」アヘェ♥

長月「力ぁ……ぬけりゅ……♥」ガクッ!

にゅるるん♥

文月「ひあんっ♥!」ビクンッ///

長月「あひいっ♥!」ビクンッ///



98: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:34:17.47 ID:nk6HWjU60

長月「すごい……♥ 文月のおまんこもしゅごいっ……♥」

へこっ♥ へこっ♥

文月「やっ♥ あっ♥」フルフル///

長月「ちょっとエッチなことするだけでっ♥ お汁ビチャビチャになるっ♥」

ぷしっ♥! ぴしゅっ♥!

長月「こんなのっ♥! 絶対興奮するっ♥! 腰止まらなくなるっ♥!」

文月「だって♥ だってっ♥」

文月「入り口濡らさないとっ♥! 皐月ちゃんのおちんちんさん♥! はいらないもん゛ぁ゛っ♥!」ビクビクッ///

ぷしゃあっ♥!

長月「文月汁……あたたかぃ……♥」ドキドキ///



99: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:34:48.09 ID:nk6HWjU60

長月(そっか……皐月って精力旺盛なんだな……///)

長月(きっと私も、こんな風に愛液を撒き散らすほどの……♥)ドキドキ///

長月「――!?」ハッ

長月(な、何考えてるんだ! 私には水無月がいるんだぞ……///)フルフル



100: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:35:18.59 ID:nk6HWjU60

長月「はっ♥ はあっ♥ 文月っ♥」クニュクニュ♥

文月「ん♥ 長月っ♥ ちゃんっ♥」ニチュニチュ♥

長月「あっ♥ あ゛♥ イク♥ キてる♥ イグ♥ イッちゃう゛♥」ガクガク

文月「イッてぇ♥ あたしのお手てでイッてぇ♥」

くちゅくちゅくちゅくちゅ♥!

長月「あ゛っ♥! あ゛~♥! あぁ゛~~♥!」ガクガクブルブル♥









長月「ッ゛~~~~♥♥♥!!」ビクンッ!!

ぶしっ♥!! びしゃあっ♥!!

文月「わ、わ!?」ドキッ!



101: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:35:49.17 ID:nk6HWjU60

長月「ッ゛……♥! ッ゛……♥!」ビクビクッ! ビクビクッ!

びちゃっ♥! ぱしゃっ♥! ぱたたたっ♥!

文月「え、え、えっ/// なにこれすごいっ///」アワワワ...!

長月「はっ……♥! はひっ……♥!」

としゃっ♥! ぴしゃっ♥! ぷしっ♥!

文月「え、すごっ/// なにこれ、えっ、なにこれなにこれー///!?」

文月「うそ……これ全部、長月ちゃんのおつゆ……///」

文月(こんなに出るなんて、初めて見た……)ドキドキ///



102: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:36:19.68 ID:nk6HWjU60

文月「長月ちゃん、こんなに出ちゃうの……?」

長月「……だ、だってぇ……///」

長月「水無月のおちんぽ……すっごく長くて……」

長月「なのに、すぐ私におちんぽ入れてくるし……」

長月「だ、だから……おまんこ中、これくらい濡れないと……」

長月「水無月のこと……受け止められないから……♥」カァァ///

文月(顔を真っ赤にしながら答える長月ちゃんが可愛過ぎて言葉が出てこない……!)ドキドキ///

長月「うう……ベッド、汚してゴメン……」シュン

文月「あたしも汚しちゃったから、気にしないでいいよー」ナデナデ



103: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:36:50.33 ID:nk6HWjU60

長月「……結局」

長月「私たち……恋人好みの体になってたんだな……///」

文月「本当だねー」

文月「どう? 自信ついた?」





長月「ん……ありがとう……///」ニコリ...









文月「」ズッキュ-ン♥



104: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:37:20.75 ID:nk6HWjU60

文月「長月ちゃん……可愛い……」ズイ

長月「え……?」

文月「長月ちゃん……」ギュ...

長月「ふ、文月……?」ドキッ///

文月「どうしよう……あたし、ドキドキしてきちゃった……///」

長月「そ……そんな顔するなよ……///」キュンキュン///

文月「今のあたし……どんな顔してる……?」ギュー

長月「どんな顔って、その……///」ギュー



105: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:37:51.38 ID:nk6HWjU60

長月「か、可愛くて……小さくて、丸くて……」

長月「あと……すごく、エッチだ……///」カァァァ///

文月「やっぱり……ねえ、どうしよう……」









文月「あたし……長月ちゃんのこと、エッチな目で見ちゃってる……♥」カァァァ///

長月「あっ(陥落)」ズッキューン♥



106: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:38:21.84 ID:nk6HWjU60

長月「し、仕方ないよな……」ギュッ

文月「ふわあ……♥」

長月「今は、ぜ、全部、本当のことを言う……って、約束……だから……///」

文月「うん……そうだね……うん……♥」ギュー

文月「文月ね? 長月ちゃんのこと……もっと抱きたい……♥」

長月「わ……私も、だ……」ドキドキ///

長月「文月とっ♥ もっともっと♥ エッチなことがしたいっ……♥!」

文月「あたしも……♥ 長月ちゃんの可愛い声……♥ もっと聞きたい……♥」

長月「文月……♥」ギュ...

文月「長月ちゃん……♥」ギュ...



107: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:38:52.32 ID:nk6HWjU60










文月「ちゅ……あむっ……ちゅっ……♥」

長月「んっ……れろ……はむっ……♥」












108: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:39:22.83 ID:nk6HWjU60

文月「ちゅぱ……ちゅっ……ちゅうっ……♥」

長月「ふみちゅきぃ……じゅるっ♥ れろんっ♥!」

文月「ふわあっ♥ な、ながひゅきひゃん……♥ しゅごいっ……♥」ゾクゾク///

文月(長月ちゃんのプリプリの舌がっ♥ あたしの中で暴れてりゅっ♥)ビリビリ♥

長月「ふみりゅきっ♥ ふみちゅきっ♥ りゅろんっ♥」

長月(文月の口の中っ♥ 甘くてっ熱くてっ♥ 口から全身が蕩けそうっ♥!)ゾクゾク///

長月(少し小柄な文月の体っ♥! 抱きしめるために存在するみたいっ♥!)ギュー!

文月「ん゛っ♥! い゛、ぁっ……♥!」ギチギチ

文月(長月ちゃんに締め付けられてるっ♥! 壊れちゃいそうっ♥! もっと♥ もっとおっ♥!)ギュー



109: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:39:53.26 ID:nk6HWjU60

長月「ぷはっ♥!」チュパッ♥

たらぁぁ……♥

文月「ふわあぁぁ……♥」トロン...///

長月「はっ……♥ はっ……♥ はあっ……♥」ハァハァ///

長月「わ、私っ……文月のこと、一番可愛いって思ってるっ」

長月「可愛い子になりたくてっ……一番参考にしてきたっ……」

文月「うん……うん……♥」

長月「でもっ……でも今はっ……文月が欲しいっ……!」

長月「私のそばでっ……私と一緒にっ……快楽に溺れたいっ……!」

長月「だって、だって私っ、文月が、文月が好きだからっ……!」

文月「うん……♥」



110: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:40:24.08 ID:nk6HWjU60

文月「あたしも、同じだよ……♥」ギュー

文月「強くて、格好良くて、頼れる長月ちゃんのこと……ずっと目標にしてたの……」

文月「なのに、ズルいよ……こんなに可愛い姿ばかり見せられて……」

文月「我慢できるわけ、ないのに……」ドキドキ///

長月「文月……!」

文月「長月ちゃんの可愛いところ……もっともっと知りたい……!」

文月「今だけは、長月ちゃんの女の子……独り占めしても、良い……よね?」ウルウル

長月「い……良いんだぞっ!」ギュー

長月「私も、もっともっとエッチになるっ!」

長月「だから文月もっ! もっともっとエッチになろうっ!」

文月「うん……自分に素直に……ね?」ドキドキ♥



111: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:40:55.46 ID:nk6HWjU60

長月「文月♥ 文月っ♥」

文月「ふにゃあっ♥!?」ゾクゾクッ///

長月(ふみつきのちくびっ♥! 痛々しいほどプックリ腫れ上がった乳首っ♥!)

長月「じゅりゅっ♥! ちゅばっ♥! ぢゅるるるるっ♥!」

長月(ずっとずっとっ♥! こうしてっ♥! 乱暴に舐め回したかったっ♥!)

文月「ひに゛ゃあっ♥! あ゛♥! やめ゛♥! あぐっ♥!」ビクビクッ! ビクビクッ!

長月「おいひいっ♥! ふみちゅきのちくびっ♥! 甘くておいひいっ♥!」

長月「弱点丸出し大粒乳首っ♥! 舌で転がすたびに飛び出す喘ぎ声っ♥! こんなのっ♥! 最高の乳首じゃないかっ♥!」

文月「ひい゛っ♥! い゛ひっ♥! ひう゛っ♥!」ガクガクッ!



112: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:41:26.21 ID:nk6HWjU60

文月「お、おぎょーぎ……わるい子、にはっ……!」

文月「こうだよっ!」

きゅむっ♥

長月「お゛ぉおンッ♥!?」ビクビクッ! ガクンッ!

文月「長月ちゃんのクリトリスさんっ♥ にぎにぎ~♥」

にぎにぎ♥ にぎにぎ♥

ぎゅぎゅっ♥ ぐにょんっ♥ くにくにっ♥

長月「オ゛ほっ♥!? や゛、やめ゛っ♥! おひい゛ぃっ♥!?」ガクガクッ! ガクガクッ!

文月「どーお? お手てのぬるぬるの正体はねー? 長月ちゃんのエッチなおつゆでーす♥!」ニュルンッ♥

文月「あたしのちっちゃなお手てにすら手綱取られちゃう、弱点丸出しくりちんぽさん♥ や~ん、可愛い~♥」クチュクチュ♥



113: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:41:56.91 ID:nk6HWjU60

文月「さらに……いただきま~す♥」

かぷっ♥

長月「ん゛あぁ゛あッ♥!?」ゾクゾクゾクッ♥

文月「ちゅるっ♥ じゅりゅるるっ♥ ちゅー~~っ♥!」

長月「お、おっぱい゛っ♥! しゅわれてりゅっ♥!」

文月「ぢゅー~~~っ♥! はむはむ♥ ぢゅりゅりゅー~~~っ♥!」

長月「ち、ちくびぃっ♥! むりやりすいだされてりゅウ~~♥!」ビクビクッ!

文月「じゅじゅじゅー~~~……ちゅぽっ♥」

長月「ひう゛っ♥!?」ビクンッ!!

文月「おいしぃ……♥ 長月ちゃんのおっぱい、とってもおいしいよぉ……♥」レロレロ

文月「水無月ちゃん……独り占めなんて、ズルいんだからぁ……♥」チュッチュ♥

長月「あひっ♥ お、おっぱい♥ もてあそばれてりゅうぅうぅぅ~~~……♥!」



114: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:42:27.72 ID:nk6HWjU60

長月「わ、私だって、負けないぞっ……♥!」ゴロン

文月(真っ赤なお顔で仰向けに寝転がりながらおつゆまみれのお股を開いて見せつける長月ちゃん……エッチすぎるよぉ……♥!)ハァハァ///

文月「そ、そんな無防備な姿っ♥! あたしが上に乗っちゃうよぉ~♥」ズイ...

ぐにゅん♥

長月「あんっ♥」ビクンッ!

文月「ふにゅっ♥」ビクッ!

文月「うふふ……これはねー『きじょーい』っていうんだよ♥」

文月「あたしの体重ぜーんぶかけてぇ……長月ちゃんのくりちんぽさんのこと、可愛がってあげる♥」グニグニ♥

長月「んあっ……♥」ゾクゾク///



115: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:42:58.26 ID:nk6HWjU60

長月「そ、それも嬉しいけど……」

がしっ!

文月「えっ」

文月(長月ちゃんの両手が、あたしの腰をがっちりつかんで……)









長月「このまま、文月の体を前後に動かしてっ……♥!!」

ぐにゅっ♥ ぬちっ♥ にちゅっ♥ ぬりゅっ♥

文月「ひぁ゛っ♥!? あ゛♥!! あひぁ゛ああ゛ぁっ♥!!」ビクビクビクンッ♥



116: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:43:28.88 ID:nk6HWjU60

長月「やっぱりっ♥ あんっ♥ 文月は軽いなっ♥ んっ♥ あんっ♥」

にちゃっ♥ にちゅっ♥ ぬちっ♥

長月「くっぱり開いた文月おまんこっ♥ 愛液まみれのぬるぬるおまんこっ♥」

長月「私の勃起クリトリスぅ♥! ごっしごっし磨いてるっ♥!」

文月「あんっ♥! や、やらっ♥! これ♥! しゅごいひぃいぃぃ……♥!」

にっちゃ♥ にっちゅ♥ ぬりゅんっ♥

文月「くりちんぽしゃんのことっ♥! ペットにしようと思ったのにぃっ♥! 立場っ♥! 逆転しちゃったぁっ♥!」

文月「あたしのおまんこっ♥! くりちんぽしゃんのモノにされてりゅっ♥!」ゾクゾク///



117: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:43:59.78 ID:nk6HWjU60

長月「あんっ♥ お゛ォんっ♥」ハァハァ///

長月「すごい……最高だっ……♥!」

長月「あこがれのふみちゅきとっ♥! おまんこっ♥ こすりっこしてりゅっ♥!」

文月「うんっ♥ うんっ♥! あたしも嬉し♥ い゛っ♥! んっ♥!」

文月「だいちゅきなながつきちゃんとっ♥! えっちっちできりゅなんてっ♥!」

長月「ふみつきっ♥ ふみちゅきっ♥ だいすきっ♥ あいしてるっ♥」

文月「はっ♥ はっ♥ うんっ♥ あたしもっ♥ あいしてりゅっ♥」



118: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:44:30.26 ID:nk6HWjU60

長月「やだっ♥! 今日だけなんてやだぁっ♥!」

長月「もっともっとっ♥! 文月を愛したいっ♥!」

長月「文月とっ♥! あんっ♥! 一緒にいたいっ♥!」

文月「一緒にいよっ♥! ずっとずっといよっ♥!」

文月「あたしもっ♥! っ♥! だいしゅきな長月ちゃんとっ♥! 一緒にいたいっ♥!」

長月「文月っ♥! 愛してるっ♥! 文月ぃっ♥! っ♥!」

文月「愛してるっ♥! 長月ちゃっ♥! あっ♥! 愛してるっ♥!」



119: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:45:00.91 ID:nk6HWjU60

長月「ぁっ♥ キてりゅっ♥ イッちゃう♥」ゾクゾク///

文月「あたしもっ♥ おまんこさんっ♥ イッちゃうよおっ♥」ゾクゾク///

長月「ふみちゅきっ♥ ぎゅって♥ ぎゅってしてっ♥」ギュー

文月「ぎゅー♥ ながつきちゃんっ♥ ぎゅーっ♥ ぎゅーっ♥」ギュー

長月「あっ♥ やっ♥ クるっ♥ イくっ♥ イぐっ♥ イッちゃうっ♥!」ブルブルッ! ブルブルッ!

文月「いっしょにっ♥ いっしょにイこっ♥ いっしょっ♥ にっ♥!」ガクガクッ! ガクガクッ!









「「イッッッッ~~~~……♥♥♥!!」」ガクガクガク...ビクンッ!! ビクビクッ!!

ぶしゃっ♥!! ぶしっ♥!! ぷしーっ♥!!

長月「ッ~~♥! ッ~~……♥!」ガクガクガクッ...!

長月(ふみつきのおしる……くりとりすに……びちゃびちゃってかかって……♥!)

長月(あっ♥ あっ♥ またイくっ♥)

長月「ッッッ~~~~……♥♥♥!」ブルブル...ビクンッ!!

文月「っ♥! っ♥! っ♥! っ♥!」ビクンッ! ビクンッ! ビクンッ!

文月(ながつきちゃんが……あたしのおまたで……びくびくってしてる……♥!)

文月(あ、だめえっ♥ そこぐりぐりしちゃっ♥ またイッちゃうっ♥)

文月「ッッッ♥♥♥!」ヒクヒクヒク...ビクンッ!!



120: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:45:31.74 ID:nk6HWjU60

長月「……ハアッ♥!! ハアッ♥! ハッ♥!」ゼェハァ///

文月「はひっ♥ はっ♥ ……はあっ♥!」コテン

長月「文月……んっ……ありがとう……♥」ナデナデ

長月「こんなに可愛い文月と一緒にいられて……本当に嬉しい……♥」

文月「あたしも、とってもとーっても嬉しいよっ……♥」

文月「憧れだった長月ちゃんのこと……気持ちよくしてあげられたから……♥」

長月「……文月のこと、もっと知りたい……♥」

文月「うん……長月ちゃんのことも、あたしにたくさん教えてね……♥」



121: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:46:02.61 ID:nk6HWjU60

長月「で……でも……」

長月「私には水無月がいるのに……その……」

長月「これって……浮気なんじゃ……?」オドオド

文月「女の子同士ならノーカンって聞いたことあるから、きっと大丈夫だよー♪」

長月「そっか……そうだよなっ! 大丈夫だよなっ!」

文月「うんうん♪ 大丈夫、大丈夫♪」

長月「……そうか……文月が、私の彼女なんだ……♥」テレテレ///

文月「長月ちゃんがあたしの彼女になってくれるなんて……嬉しい……♥」テレテレ///



122: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:46:33.13 ID:nk6HWjU60

文月「だから……んー♥」

長月「ん? ……ああ、そういうことか」フフッ









文月「ちゅ……♥ ちゅる……♥ あむ……♥」

長月「れろん……♥ はむ……♥ ちゅる……♥」



123: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:47:03.65 ID:nk6HWjU60

文月(女の子とのキスって……こんなに気持ちいいんだ……♥)

長月(優しくて、甘くて……ゾクゾクする……♥)

文月(長月ちゃんの唇……やわらかい……♥)

長月(文月の舌……ちっちゃくてかわいいなあ……♥)

文月(それに、とってもおいしいよぉ……♥)

長月(まるで体が溶けてくみたいだ……♥)

文月(大好きな長月ちゃんと……もっともっとキスがしたい……♥)

長月(文月のこと……ぜんぶ知り尽くしたい……♥)



((このまま時間が止まればいいのに……♥♥♥))



124: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:47:34.28 ID:nk6HWjU60

ガチャッ!!









「「!?」」

長月(誰かいるのか……!?)

文月(うそ……鍵閉め忘れてた……!?)





ギィィィィ……












125: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:48:05.10 ID:nk6HWjU60










皐月「これはこれは……」ニコリ

水無月「仲が良いようで……」ニコリ












126: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:48:35.99 ID:nk6HWjU60

文月「あ……あぁ……!」ガクガク

長月「や、ちがっ……これは……!」ブルブル

皐月「まあまあ、二人とも落ち着いて」ニコニコ

水無月「ただみんなでお話したいだけだからさ」ニコニコ



127: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 01:49:06.45 ID:nk6HWjU60

皐月「全員が納得するまで……さぁ……?」

水無月「ゆう~っくり……ねぇ……?」





ギィィィィ……





バタンッ!!

ガチャリ

…………
……



132: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:46:08.40 ID:nk6HWjU60

文月の部屋――



文月「うぅ……///」

長月「くっ……///」

皐月「とりあえず二人を裸にしてエム字開脚からのおまんこくぱあさせてみた」

水無月「水無月たちもノリで全部脱いじゃったね」

皐月「だって二人だけ裸にするのは不公平だから」

水無月「さすがは水無月のお姉ちゃん! 改二! 睦月型!」



133: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:46:39.29 ID:nk6HWjU60

皐月「それで、どういうこと?」

水無月「水無月たちがいながら、浮気なんてして……」

皐月「ちゃんと説明してくれないかな?」

水無月「このまま喧嘩別れなんて嫌だよ……」

文月「あの、これはね? その……」

長月「いいんだ……私が言う」



134: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:47:10.27 ID:nk6HWjU60

長月「私……この間、知ったんだ……」

長月「水無月はもともと……文月が好きだったって……」

水無月「げっ」

皐月「見られてたのか……」

長月「本当にショックだった……」



135: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:47:41.15 ID:nk6HWjU60

長月「でも、文月と相談して……分かったんだ……」

長月「やっぱり私……水無月のこと……大好きだって……」グスッ

長月「文月と……その……こんなことしちゃったけど……」

長月「でも! 私は本当に! 水無月のことを愛してる!」

長月「お願い……別れたくない……」グスグス

長月「なんでもするから……だから、だからっ……!」エグエグ

水無月「っ――!」



136: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:48:12.29 ID:nk6HWjU60

水無月「わ、別れるわけないし!!」ガバッ!

長月「あっ♥」キュン...♥

水無月「確かに最初は、ふみちゃんを取られた腹いせだった……」ギュー!

水無月「でも今じゃ、ながなががいないとダメなんだ!」

水無月「むしろながながと何発かヤらないと落ち着いて眠れないくらいだよ!」

長月「えっ……あ……♥」ドキッ///

水無月「絶対に離さないよ!! だって水無月の自慢の彼女だもん!!」

水無月「大好きだよ、ながなが」

長月「水無月……うれしい……!」キュンキュン♥



137: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:48:42.88 ID:nk6HWjU60

水無月「ながちゅきぃ~~!!」ギュゥゥ!

長月「あ、そんなに力一杯抱きつかれたら……あ、も、無理っ……♥」ゾクゾクゾク...









長月「イッ――♥♥♥!!」ビクビクビクンッ!!

どぽっ♥!! どぷんっ♥! ぼとぼとっ……♥!

皐月「わぁ!?」



138: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:49:13.44 ID:nk6HWjU60

皐月「えっ、なに!? なに今の!?」

水無月「ふふん♪ ながながは、このながぁいおちんぽをご奉仕し続けてきたからね」

水無月「おまんこの中すべてで気持ちよくできるよう、愛液をどぷどぷ作る体質になったんだよ」

皐月「な、なんだってー!?」

水無月「でも、抱き締めただけでこんなに出るなんて、水無月も考えてなかったけど……」

長月「だ、だって……」フルフル///



139: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:49:44.36 ID:nk6HWjU60

長月「大好きって……言ってくれた、から……///」ドキドキ♥

水無月「可愛い」

文月「可愛い」

皐月「可愛いね!!」ドンッ!



140: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:50:15.56 ID:nk6HWjU60

水無月「えー……まだ不満なの?」

水無月「もう納得したと思ってたのに……」

皐月「納得はしてたけど、こうして目の前で現実を見せつけられると……」

皐月「こんなの……NTRだよ!!」

水無月「えー……」



141: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:50:46.14 ID:nk6HWjU60

皐月「うわーん、文月~!」ギュー

皐月「水無月が見せつけてくるよ~!」

文月「よしよし」ナデナデ

皐月「だから……」









皐月「慰めて~!」

ずにゅんっ♥!

文月「あ゛んっっ♥♥♥!!」ビクビクッ!

水無月「えぇっ!?」



142: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:51:16.93 ID:nk6HWjU60

水無月「ちょ、ちょっと!? そんな瘤ちんぽ、前戯も無しで挿入れたら――!?」

皐月「心配しなくても大丈夫♪」

皐月「ボクの大好きな亀頭抜き刺しックスのために、文月のおまんこは調教済みだよ」

皐月「いつでもズッポシくわえられるよう、常におまんこが開きっぱなしなのさ!」

ぐぽっ♥! きゅぽっ♥! ぐぽっ♥! きゅぽっ♥!

皐月「あぁ~気持ちいぃ~♥」

文月「んっ♥ はっ♥ よ、よかった……♥」ガクガク///



143: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:51:47.46 ID:nk6HWjU60

文月「あたしのおまんこさん……もっと、使ってね……♥」ウルウル///

皐月「可愛い」

長月「可愛い」

水無月「可愛いね!!」ドンッ!



144: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:52:18.53 ID:nk6HWjU60

皐月「えー……まだ納得言いってなかったの?」

皐月「もう解決したと思ってたのに……」

水無月「だってふみちゃんは、水無月の初恋なんだよ?! なのに、目の前で……!」

水無月「これは完全にNTRだよ!」

皐月「えー……」



145: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:52:49.10 ID:nk6HWjU60

皐月「ちょっと! どんなに文句言っても、文月は渡さないよ!?」

水無月「水無月だって、ながながを渡す気はモートー無いね!」

皐月「困らせることばかり言って! ボクのことが嫌いなの!?」

水無月「さっちんのことは大好きだけど、それとこれとは話が違うよ!」

皐月「なんだって!? ボクが水無月のこと嫌いだって言うの!?」

水無月「そんなわけないし! みんなのこと大好きだし!」

皐月「ボクだってみんなが大好きだよ!」



146: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:53:19.83 ID:nk6HWjU60

長月「こ、これは一体……」アワワ...

文月「大丈夫」ギュッ

文月「長月ちゃんはね、みんなに愛されてるんだよ?」

長月「私が……水無月や、皐月に……?」

文月「もちろん、あたしもだよ♥」ニッコリ

長月「私が、愛されて……」

長月「えへへ……♥」

文月「ふふふ……♥」



147: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:53:50.40 ID:nk6HWjU60

皐月「……」ジー

水無月「……」ジー

皐月「ベッドの上で愛液駄々漏れおまんこくぱあする美少女が二人……」

水無月「小さなお手々を繋ぎながら、屈託のない笑顔を浮かべるながながとふみちゃん……」



皐月「尊い……」キュン♥

水無月「愛おしい……」キュン♥



148: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:54:21.02 ID:nk6HWjU60

文月「あのね? あたし、考えたんだけど……」

皐月「なになに?」

水無月「ふみちゃんの言うことはなんでも聞いちゃうよ?」

文月「あ、あたしたちと……皐月ちゃんたちを……」









文月「と、取り替えっこ……しない?」カァァァ///

皐月「スワッピング!?」ガタッ

水無月「NTR!?」ガタッ



149: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:54:51.61 ID:nk6HWjU60

文月「皐月ちゃんたちが怒ってるのは、あたしたちが勝手に恋人になっちゃったから……だよね?」

皐月「うん、そうだね」

文月「でも、あたしたちよりも先に、水無月ちゃんと恋人になっちゃったんだよね?」

水無月「う゛……はい……」

文月「だから、みんな罰を受けるってことで、その……」

文月「恋人じゃない子と……セックス、したらいいんじゃないかなー……なんて……」

文月「……やっぱり、変かな?」

皐月「そんなことないよ」ポタポタ

水無月「ふみちゃんは天才だね」ポタポタ

長月「鼻から欲望が漏れてる……」



150: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:55:22.22 ID:nk6HWjU60

文月「あたし、長月ちゃんとも恋人になっちゃったけど……」

文月「後悔はしてないの」

文月「だって長月ちゃんって、柔らかくて、繊細で、でも豪快で……」

文月「皐月ちゃんに負けないくらい、素敵な子だから……」

長月「文月……」キュン♥



151: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:55:52.70 ID:nk6HWjU60

文月「それに、皐月ちゃんだって、同じでしょ?」

文月「水無月ちゃんの素敵なところをたくさん知ったから、恋人になったんだよね?」

文月「その気持ち……あたしは大切にしたいな」

皐月「……うん、そうだね」

皐月「ボクの大切な人になったから、水無月と付き合い始めたんだ」

皐月「だからって文月を捨てることも出来ずに……浮気しちゃって……」



152: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:56:23.67 ID:nk6HWjU60

文月「あたし、信じたいの……」

文月「愛する皐月ちゃんと、愛する長月ちゃん……」

文月「二人が愛した水無月ちゃんのこと……もっと知りたいなって……」

長月「……わ、私もだ!」

長月「私も、文月と水無月を信頼している」

長月「だから……皐月のことも……信頼したい……」

長月「罰だとしても……一度きりでも……」

長月「信頼できる人として……つ、繋がって……みたい……///」



153: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:56:54.29 ID:nk6HWjU60

水無月「うれしい……」

水無月「ふみちゃんのこと取られて……本当は、すっごく悲しかった……」

水無月「でも、今だけ……今だけ求めても……良いんだよね……?」

皐月「良いんだよ」

皐月「だって……そういう罰ゲームだからね」

皐月「恋人の隣で浮気ックスする罰ゲームだから……」ギンギン♥

水無月「そう……罰ゲームだからね……」ギンギン♥

文月「ふわあ……♥」ドキドキ///

長月「まったく……♥」ドキドキ///



154: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:57:24.74 ID:nk6HWjU60

水無月「そ、それじゃあ……」ノシッ...

文月「あっ♥」

文月(水無月ちゃんのおちんちんさん……あたしのおまんこさんに、ちゅっちゅ♥って当たって……♥)ゾクゾク///

皐月「え、エッチしなきゃ……」グイッ

長月「ん……♥」

長月(あ、やだ、もう準備してる♥ 愛液コポコポ涌き出てるっ♥)コポポ...

水無月(まさか、ふみちゃんをこうしてベッドに押し倒せる日がくるなんて……///)

皐月(エッチに育った長月を、ボクが味見する日がくるなんて……///)



155: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:57:55.54 ID:nk6HWjU60

皐月「ど、どうしよっか……?」ドキドキ///

水無月「まずは、き、キスじゃないかなっ……?」ドキドキ///

文月「そうだね……んっ……///」

長月「き、キスは……任せる……///」ンー

皐月(長月の綺麗な顔が……どんどん近付いて……///)

水無月(ふみちゃんの唇……もうすぐ水無月が……///)



156: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:58:26.43 ID:nk6HWjU60

皐月「んっ……ちゅ……♥」

長月「ちゅっちゅ……ちゅぱ……♥」

水無月「れろっ……じゅぱっ……♥」

文月「はむ……ちゅっ……♥」



157: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:58:57.12 ID:nk6HWjU60

びくんびくんっ♥

皐月(あひいっ♥ しゅ、しゅごひっ♥)

皐月(長月の舌がっ♥ ボクの舌、積極的に絡めてきてっ♥)

皐月(触れたところがビリビリっ♥て痺れてっ♥)

皐月(靡いちゃうっ♥ キスだけで靡いちゃううっ♥)ゾクゾク///

ぢゅぱっ♥ じゅるるっ♥

長月(皐月っ♥ 皐月皐月♥ 皐月いっ♥)

長月(私のこと、好きでいてくれてありがとうっ♥)

長月(水無月に教え込まれたキスで♥ 気持ちを伝えるっ♥)

長月(感謝のキスっ♥ 好き♥ 大好き♥)



158: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:59:27.70 ID:nk6HWjU60

ぶるぶるっ♥

水無月(ああっ♥ ふみちゃんっ♥ ふみちゃんふみちゃんふみちゃんっ♥)

水無月(ふみちゃんの唇っ♥ ふみちゃんの舌っ♥ ふみちゃんの歯っ♥)

水無月(ちっちゃくて柔らかくていい匂いのふみちゃんっ♥)

水無月(全部ぜーんぶっ♥ なめなめすりゅうっ♥)

にぢゅっ♥ じゅりゅっ♥

文月(ふわっ♥ あっあっ♥ あんっ♥)

文月(水無月ちゃんっ♥ あたしのこと、こんなに求めてるっ♥ 愛されてる♥)

文月(愛してくれてありがとう♥ お礼のペロペロ♥ ペロペロ~♥)

文月(んっ……♥ 水無月ちゃんのお口……美味しい……♥)



159: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 11:59:58.24 ID:nk6HWjU60

水無月「……ぷはっ♥」

皐月「……んはっ♥」









べとぉぉ……♥

文月「はぁ……はぁ……♥」トロン

長月「さ……ちゅきぃ……♥」トロン

だらぁぁ……♥



160: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:00:28.91 ID:nk6HWjU60

水無月(ふみちゃんの目が、顔が、口が……)

水無月(キス一つでこんなに蕩けて……♥)

水無月「こ、これ……水無月がシたんだ……♥」

皐月「もっとシても良いんだよ……♥」ビクンビクン///

皐月「これは……全員公認の……浮気セックスなんだから……♥」



161: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:00:59.38 ID:nk6HWjU60

文月「心配しないで……」ナデナデ

文月「これで赤ちゃんデキても……あたし、怒らないから……」

長月「毎日恋人とセックスしてるんだ……それくらいの覚悟は済んでる……」

長月「だから……」



162: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:01:30.02 ID:nk6HWjU60

文月「水無月ちゃんの赤ちゃん建造セックス――」

長月「皐月の……膣射精孕ませックス――」









文長「「どうぞ……♥♥」」クパァァ...♥





皐月「」

水無月「」

ギギギギチギチ……バキンッ!!

(限界を超えた性欲が理性を破壊した音)



163: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:02:00.62 ID:nk6HWjU60

水無月「ふみちゃんっ♥!! ふみちゃあんっ♥!!」

ずにゅるるるるる~~っ♥!!

文月「あ゛……はひ……♥!?」ビクン///

文月(水無月ちゃんのおちんちんさんっ♥! お、おっきしゅぎりゅっ♥!?)

文月(あたしの膣内っ♥! ぜんぶっ♥! ぜんぶ犯されてりゅっ♥!)

文月(そ、それ以上入れたりゃ♥ 壊れる♥ 壊れちゃう♥)

文月(なのに♥ あ、やだっ♥ 入れちゃうっ♥!)

文月(まだ奥はおちんちんさん迎える準備できてないのにっ♥)

文月(皐月ちゃんのためのウェルカムおまんこさんが♥ どんどん飲み込んじゃうっ♥!)

文月(ロングおちんちんさん♥! ぜんぶ飲み込んじゃうよぉっ♥!)



164: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:02:31.38 ID:nk6HWjU60

皐月「ながちゅきおまんこ♥!! きもぢいぃぃ~~♥!!」

ずっっ……ぽんっ♥!!

長月「お゛ひぃ゛♥!?」ビクビクッ!

長月(な、なにこの塊おちんぽ♥!? き、きつしゅぎるっ♥!)

長月(私のおまんこ♥ 無理矢理押し広げてっ♥)

長月(壊されるっ♥! 開きっぱおまんこになりゅっ♥!)

長月(なのに、お゛んっ♥! き、きてるっ♥!)

長月(『おちんぽご奉仕しなきゃ♥』って身体が反応してりゅっ♥!)

長月(奥のトロトロおちんぽベッドに♥! おちんぽ案内しちゃって♥ お゛ぉん♥!)

長月(塊おちんぽ様っ♥! どうぞお入りくだしゃいぃ~~♥!)



165: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:03:01.93 ID:nk6HWjU60

水無月「ふみちゃんっ♥! ふみちゃんふみちゃんふみちゃんっ♥!」

パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥!

水無月「水無月のロングおちんちん♥! ぜぇんぶ食べてるっ♥! 食いしん坊ふみちゃん可愛いっ♥!」

水無月「どれだけ突いてもっ♥! どれだけ抜いてもっ♥! 絶対におちんちんを受け止めてくれるっ♥!」

水無月「あ♥ あひっ♥! しゅご♥ 最高だよぉ~~♥!」

文月「はっ♥! ひうっ♥! や゛♥! あ゛♥!」



166: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:03:32.51 ID:nk6HWjU60

皐月「長月っ♥! 長月のおまんこっ♥! 長月まんこっ♥!」

パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥!

皐月「ボクのおちんちん♥ 中でつっかえちゃったね♥ ボクのおちんちんケース♥ ふわふわおちんちんケース♥」

皐月「でも中でっ♥ おまんこの中でっ♥ 熱々おまんこスープがっ♥ おちんちんを癒してくれてるっ♥!」

皐月「こんなのっ♥! まるでおまんこソープだよぉ~~♥!」

長月「い♥! 言わないれ♥! く♥! ふ♥!」



167: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:04:03.00 ID:nk6HWjU60

パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥!

皐月「ボクのおちんちん♥ ぜんぶ飲み込むなんてっ♥」

皐月「長月はもう♥ 水無月のモノなんだねっ♥」

長月「ひぎっ♥! はひっ♥! そ、そうっ♥ だからあっ♥!」

皐月「そんな浮気おまんこにっ♥! ボクの特製ミルクっ♥! たっぷり流し込むからねっ♥!」

長月「はっ♥! はひっ♥! どうぞっ♥! 私のなかっ♥! 気のしゅむまでっ♥!」

パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥!

水無月「憧れのふみちゅきまんこっ♥! すごひっ♥!」

水無月「ふみちゃんっ♥! さっちんにっ♥! 飼い慣らされちゃったあっ♥!」

文月「お゛っ♥! あ゛っ♥! ご♥! ゴメンねっ♥!」

水無月「でもこのおちんちんでっ♥! 水無月のモノって♥! マーキングするからねっ♥!」

文月「してっ♥! してっ♥! あたしのこと♥! 水無月ちゃんのモノにしてえっ♥!」

パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥!



168: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:04:33.74 ID:nk6HWjU60

皐月「お゛おお゛お゛んっ♥! 射精るっ♥! 射精るよぉっ♥!」

水無月「イクっ♥! イクイクイクイクうっ♥!」









皐水「「射精くぅうぅぅぅ♥♥♥!!」」



びゅぶっ♥!! ぶぴっ♥!! どぷどぷっ♥!!

長月「はひっ♥!?」

びゅるるっ♥!! びしゃっ♥!! びゅびゅびゅーっ♥!!

文月「んあっ♥!?」



169: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:05:04.30 ID:nk6HWjU60

長月(な、なにこりぇ♥)ゾクッ///

長月(私の中♥ 皐月のザーメンが♥ どくどくっ♥て叩きつけてくりゅ……♥)

長月(あ、あ♥ すごい濃い♥ まるでゼリーみたいな感触♥)

長月(こんなの♥ 少しでもあたったら♥ 妊娠確実ぅぅ~~♥)ビクンビクン///

皐月「お゛っ♥ お゛ひっ♥ おん゛っ♥」ガクガク///

長月(白目むいて……ヨダレ垂らして……気持ち良さそう……♥)

長月(愛してくれて……うれしい♥)ギュッ♥



170: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:05:34.79 ID:nk6HWjU60

文月(す♥ すごぉい♥)ゾクッ///

文月(水無月ちゃんのミルク♥ あたしの中で♥ 海作っちゃったぁ♥)

文月(まだ射精が止まらないよぉ♥ 水無月ちゃん♥ 元気元気♥)

文月(あたしの卵さん♥ ミルクの海で♥ 溺れちゃうよぉ~~♥)ビクンビクン///

水無月「はっ♥! はあっ♥! はあ~~っ♥!」ブルブル///

文月(あたしをぎゅーって抱いて……目をつぶって……可愛いなぁ~♥)

文月(最後まで……絞り出してね♥)ナデナデ♥



171: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:06:05.38 ID:nk6HWjU60

皐月「はっ♥ はひっ……♥」ドサッ

水無月「だ……射精したぁ……♥」ドサッ

皐月「長月のなか……熱くて、溶けちゃいそうだったよ……」

水無月「おちんちんに都合の良いおまんこなんて、本当にあったんだ……」

皐月「あんな素敵なおまんこ独り占めしてるなんて……ずるいなあ」

水無月「それはこっちのセリフだよ」



172: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:06:36.25 ID:nk6HWjU60

文月「あ♥ やだぁ♥」クネクネ///

長月「も……漏れる……♥」ギュゥゥ///



ぶぴゅっ♥ ぼぴゅっ♥ だらぁぁぁ……♥



文月「いやぁぁ……///」

長月「ミルク……溢れちゃ……///」

皐月「うわあ~……♥」ドキドキ///

水無月「ながながたちのおまんこから、精液が逆流してる……♥」

文月「見ないで……見ないでぇ~……///」

長月「おまんこ射精……見られた……///」



173: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:07:06.83 ID:nk6HWjU60

文月「ふみぃ~……止まらないよぉ~……///」

だらぁぁ……♥ どろぉぉ……♥

皐月「水無月ってば……すごい量射精したなあ……///」

水無月「さっちんよりもたくさん射精せるのが自慢だからね」エッヘン

文月「んっ……♥ あたしも溺れちゃいそう……♥」キュンキュン///

文月「皐月ちゃんがいるのに……だめぇ……♥」ドキドキ///



174: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:07:37.38 ID:nk6HWjU60

長月「うぅ……征服されたぁ……///」

ごぷっ♥ どぷんっ♥ たぱぱっ♥

水無月「相変わらずの凶悪な精液だよ……///」

皐月「おまんこに絡み付くとなかなか離れないよ」エッヘン

長月「あぁ……♥ 私、皐月のモノになってる……♥」ゾクゾク///

長月「水無月……ちがうんだ……わ、私は……♥」ドキドキ///



175: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:08:07.98 ID:nk6HWjU60

水無月「二人とも、ちゃんとイケてないでしょ?」ゴソゴソ

文月「えっ? あ、やだぁ……恥ずかしいよぉ……///」

文月(水無月ちゃんが……文月のお股に……///)

皐月「ボクたちが、ちゃあんとイカせてあげるからね♪」ゴソゴソ

長月「そんなっ……おまんこの目の前に……顔を……///」

長月(この位置って、まさか……///)



176: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:08:38.55 ID:nk6HWjU60

水無月「れ゛ろんっ♥」

皐月「べろぉぉ……♥」

ビクビクっ♥!!

文月「ひう゛うっ♥!?」ビクンッ!

長月「ふわあ゛っ♥!?」ビクンッ!



177: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:09:09.01 ID:nk6HWjU60

水無月「べろんっ♥ あ゛む……♥ くちゅくちゅくちゅ……♥」

文月「はっ♥ はひっ♥ あっ♥ やあんっ♥」

文月(あたしの♥ ミルクまみれの敏感おまんこさん♥ 舐められてりゅっ♥)

文月(おちんちんさんでヒクヒク止まりゃないのにっ♥ また気持ちよくなっちゃうっ♥)

皐月「はむはむっ♥ じゅぱっ♥ ねぶねぶ……♥」

長月「そんな♥ あんっ♥ や♥ やめっ♥」

長月(感じ過ぎてっ♥ なにがなにやら♥ わからなくなるっ♥)

長月(でも皐月に♥ ガッチリ両足抱えられて♥ に♥ 逃げられにゃいっ♥ あああっ♥)



178: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:09:39.59 ID:nk6HWjU60

文月「だ……ダメだよ、二人ともぉ……♥」

文月「おまんこさん♥ まだ♥ ミルクまみれなのにぃ……♥」

長月「そ♥ そうだぞっ♥ ォん゛っ♥」

長月「水無月だって♥ あんなに嫌がってたじゃないかっ♥ ひうっ♥」

水無月「じゅぷっ♥ ねとぉ♥ ……っぷは♥」

文月「ぁ……♥」



179: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:10:10.31 ID:nk6HWjU60

水無月「……確かに、自分の精液を口にするなんて、これまで一度もなかったよ」

水無月「フェラの後にキスなんて、あり得なかった」

水無月「でも、皐月と付き合いはじめて分かったんだ」

水無月「いつでもどこでも、どんな時でも、好きな人とは愛し合えないといけないんだってことに……!」



180: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:10:41.09 ID:nk6HWjU60

皐月「じゅぱっ♥! ぢゅるるるるっ♥! れろお゛ぉ……♥!」

皐月「……ぢゅぽっ♥!」

長月「ひう゛んっ♥!」ビクンッ!

皐月「だからボクたち二人で、精液の特訓を始めたんだ」

皐月「たとえ精液まみれでも、パートナーを気持ちよくさせられるように……!」

文月「それって……あたしたちのためにってこと……?」キュン...♥

皐月「そうだよ!」

長月「べ……別に、気にしてないって言ってるのに……」キュン...♥



181: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:11:11.63 ID:nk6HWjU60

水無月「結局、ながながの前にふみちゃんでスることになっちゃったけど……」ニヤニヤ

皐月「それも含めて罰ゲームってことで……」ニヤニヤ

文月「ふええ……」ビクッ

長月「お、お手柔らかに……」フルフル

水無月「うふふふ……」

皐月「うんうん、分かったよ……」












182: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:11:42.17 ID:nk6HWjU60

水無月「じゅぶっ♥! れろれろれろっ♥! じゅぽんっ♥!」

皐月「れ゛ろんっ♥! ねぶねぶっ♥! べろぉぉぉっ♥!」

じゅぽっ♥!! じゅるるっ♥!! ね゛ろんっ♥!!

文月「ふみ゛ゃあぁあ゛ぁぁ♥♥♥!?」ガクガク!! ビクンッ!! ビクンッ!!

ぬちゅちゅっ♥!! ちゅっちゅ♥!! じゅぱっ♥!!

長月「う゛っ♥!! 嘘゛ちゅ゛きぃ゛ぃい゛ぃっ♥♥♥!!」ビグビグッ!! ビグビグッ!!

ちゅくちゅく♥!! べろんっ♥!! ぬぽぽっ♥!!



183: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:12:12.77 ID:nk6HWjU60

文月「イぐうっ♥♥♥!! はひっ♥! あ、や♥ またイ゛っぢゃ♥♥♥!! あひっ♥! ひいっ♥! やら゛♥! もうやら゛あア゛ッッッ♥♥♥!!」ガックン! ガックン!

水無月(あの天使なふみちゃんが♥ 水無月の舌でイキ狂ってる♥)

水無月(嬉しい♥ もっとイッて♥ もっともっとイッて♥)

文月「しょこ♥! しょこらめなの゛っ♥! しょこびんかんらのっ♥!」フルフル

水無月(ここだね♥ 任せて♥)

水無月(すっかり開ききったおまんこのお口を、まわりのビラビラと一緒に……)

れろれろっ♥!! べろべろべろっ♥!! ねろおおおお……♥!!

文月「い゛や゛あぁあ゛あア゛アあ♥! アンッッッッ♥♥♥!!」ガクガクンッ!!

水無月(ゴム毬みたいに跳ねるふみちゃんの体が♥ いとおしすぎて止まらない……♥!)



184: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:12:43.42 ID:nk6HWjU60

長月「こ♥! こんにゃのはんしょく♥! 反則なんりゃからっ♥! ン゛ッ♥♥♥!! あ、ひっ♥! 止め゛っ♥! 止めエぇんっ♥♥♥!! お゛ひっ♥! 止めてえ゛ぇえ♥! オん゛っ♥♥♥!!」ビクビクッ!! ビクビクッ!!

皐月(あの長月が、こんなに取り乱すなんて……♥)

皐月(ボクのザーメンクンニ♥ 気持ちいいんだよね♥ そうだよねっ♥)

長月「お゛♥! おお゛っ♥!お゛ぉオ゛おほぉお゛ぉぉ~~♥!」ゾクゾク

皐月(もっと♥ もっと感じて♥)

皐月(ピクピクひくつくクリちんぽを、ザーメンまみれのボクの鼻で刺激しながら……)

じゅぱっ♥!! ねぶねぶっ♥!! べろんっ♥!!

長月「オ゛ォお゛おぉひぃい゛ぃぃ……♥! イ゛ッッッ~~♥♥♥!!」ビクビク...ビグンッ!!

皐月(獣みたいに喘ぐ長月♥ 可愛すぎるよっ……♥!)



185: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:13:13.97 ID:nk6HWjU60

文月「あ゛っ♥! あんっ♥! やんっ♥!」ガクガク...!!

文月(も、ぉ……なにも……かんがえられ……な……♥!)

文月(きてる……おっきのが……おくからきてりゅ……♥!)

長月「おう゛っ♥! おん゛っ♥! お゛うんっ♥!」ガクガク...!!

長月(いしきが……とぎれ……ちゃ……♥!)

長月(おっきいので……いしき……きえりゅ……♥!)



186: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:13:44.58 ID:nk6HWjU60

文月(も……ダ……♥!!)ギュッ...

長月(き……え……♥!!)ギュッ...









びぐんっ♥♥♥!!

文月「ッッッ♥♥♥!!」

長月「ッッッ♥♥♥!!」

びくっ♥♥♥!! びくびくっ♥♥♥!!

文月「ッッッ~~♥♥♥!!」

がくがくっ♥♥♥!! がくんっ♥!!

長月「ッッッ~~♥♥♥!!」

ぶしゃっ♥♥♥!! びちゃびちゃっ♥♥♥!!



187: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:14:15.19 ID:nk6HWjU60

水無月「わっ♥ すごぃ♥」

水無月(ふみちゃんたちが♥ 首でブリッジしてる♥)

文月「ッッッ~~♥♥♥!!」ビクンッ!! ビクンッ!!

水無月(それに愛液が♥ まるでシャワーのように降り注いで♥)

ぶしゃあっ♥!! びしゃびしゃっ♥!! たぱぱぱ……っ♥!!

水無月(ゆるゆるおまんこクパクパさせて♥ 可愛いなあ♥)



188: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:14:45.73 ID:nk6HWjU60

皐月「長月ぃ……♥」

皐月(あの長月の♥ 理性崩壊必死ガチアクメ♥)

長月「ッッッ~~♥♥♥!!」ガクンッ!! ガクンッ!!

皐月(まるで蛇口を捻ったみたいに♥ おまんこから愛液の滝が♥)

どしゃあっ♥!! びちゃっ♥!! どぽどぽどぽ……っ♥!!

皐月(長月温泉♥ 打たせ湯♥ ずっと入ってたいよぉ……♥)



189: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:15:16.40 ID:nk6HWjU60

文月「……ぁ……」

長月「……ぉ……」

どちゃあっ♥!!

水無月「力尽きて倒れちゃったね」

皐月「うわあ……愛液プールが出来ちゃった……♥」

にちゃ……♥ ちゃぱ……♥

水無月「二人の顔見てよ♥ まるで獣みたい♥」

皐月「うへえ……結構グロい……」

水無月「でも元が可愛いから、これも可愛いよね♥」

皐月「むしろそそる♥」

文月「」

長月「」



190: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:15:46.96 ID:nk6HWjU60

水無月「ふみちゃんのおまんこ、すごいことになってるよ♥」

くぱあぁ……♥

水無月「完全におちんちん受け入れ状態だよ♥」

皐月「長月だって、完全に堕ちてるよ♥」

ぴくぴくっ……♥

皐月「クリちんぽがこんなに痙攣して♥ 完全におちんちんじゃないか♥」

水無月「でも、おちんちんのある子って、親近感湧かない?」

皐月「分かる! すごく分かるよ!」

皐月「それなら、おまんこ開きっぱの子は、なんでも受け入れてくれそう感あるよね?」

水無月「分かるー!」



191: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:16:17.56 ID:nk6HWjU60

水無月「それにしても……イく直前に、仲良く恋人繋ぎして♥」

皐月「ふふふ……本当に仲良しだなあ♥」

文月「」ギュー

長月「」ギュー

水無月「……んもう、二人とも失神しちゃったらダメじゃないか」プンプン

皐月「これじゃ楽しさが半減だよ」プンプン

水無月「お目覚めのキスをしてあげなくちゃ」

皐月「あ、それ良いね!」

水無月「それじゃ、水無月はふみちゃんのおまんこに……」ンー...♥

皐月「ボクは長月のクリちんぽに……」ンー...♥



192: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:16:48.28 ID:nk6HWjU60

ちゅう♥









文月「はに゛ゃあっ♥♥♥!?」

長月「うオ゛ぉんっ♥♥♥!?」

びくびくびくっ♥♥♥!!



193: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:17:18.76 ID:nk6HWjU60

文月「ハッ♥ ハアッ♥ ハヒッ……♥」

文月(い……今、あたし……消えてたっ……♥)

文月(この世界から♥ どこかに消えちゃってた……♥)

長月「ひ……♥ ひぃ……♥ はぁ……♥」

長月(イキ過ぎて♥ イキ死んじゃった♥ イキ殺された♥)

文月(でも♥ キスで♥ キスでおめざめっ♥)

長月(も……もうダメ……♥ 私たち、完全に……♥)

文長((支配されちゃったぁ……♥))キュンキュン♥



194: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:17:49.51 ID:nk6HWjU60

水無月「ねえ、もう罰ゲームは終わったんじゃない?」

皐月「そうだね、じゃあ早速……」スタスタ

文月(長月ちゃんから離れた皐月ちゃんは、そのままあたしのもとに……)

皐月「文月っ♥」ギュー

文月「はわわっ♥」ギュー

文月(あっ……♥ 皐月ちゃんの体温……柔らかさ……♥)

文月(やっぱり、安心する……♥)キュゥゥン♥



195: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:18:20.09 ID:nk6HWjU60

皐月「浮気しちゃって、ゴメンね?」

文月「あ、あたしも……ゴメンなさい……」

皐月「でもさっき罰ゲームしたから、言いっこ無しで」

文月「うん……」

皐月「だから……仲直りックスしなくちゃ……ね♥」

むわあ……♥

文月「ぁっ……♥」ゾクゾク...♥



196: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:18:50.74 ID:nk6HWjU60

文月(皐月ちゃんのお口……すごい匂い……♥)

文月(あたしの大好きな、皐月ちゃんのミルクの匂いだぁ……♥)

皐月「文月……♥」スゥ...

文月(あ、やだやだっ♥ これダメぇ♥)

文月(皐月ちゃんの甘い唾液の香りと♥ ミルクの濃厚な匂いが♥ あたしに近付いて……♥)

文月(あああ……♥ 動けないよぉ……♥)



197: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:19:21.32 ID:nk6HWjU60

皐月「ん♥ ちゅ……♥ ちゅぱ……♥」ギュー♥

文月「ちゅぅ……♥ ふわあ……♥」ギュー♥



198: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:19:51.98 ID:nk6HWjU60

文月(ふわあああああああ♥)

文月(皐月ちゃんのミルクでとろとろの舌がっ♥ あたしの中でっ♥ ぐにゅぐにゅってされてりゅうう……♥)

文月(や、あ♥ これすごいっ♥ ミルクキスしゅごいっ♥)

文月(体の中が全部っ♥ 皐月ちゃんのモノになってるっ♥ なってるよぉっ♥)



199: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:20:22.51 ID:nk6HWjU60

<もっと♥ もっとぉ~♥

<ふふふ♥ 文月は可愛いねえ♥



長月「あわわわ……///」

長月(キスひとつで文月が……あんなにトロけて……///)

長月(私も、同じことされたら……きっと……///)



200: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:20:53.34 ID:nk6HWjU60

水無月「ながなが♪」ギュー

長月「ひゃうっ♥!?」

水無月「水無月たちもしようよ……仲直りックス♥」

長月「わ、わわ、私は十分足りてるから、そのっ……!」アワワワ

水無月「だぁめ♥」

長月「わっ///」トサッ



201: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:21:23.96 ID:nk6HWjU60

長月(ベッドに寝かされて……水無月が覆い被さってきて……)

水無月「ながなが♥」

ぷうん♥

長月「ひぐっ♥!?」ビクンッ!

長月(水無月の、女の子の香りと♥ 獣の匂いが♥)

長月(口からプンプン匂ってきて……♥)

水無月「ながなが……ながながぁ……♥」ギュー

長月(そ……そんな切ない声を出すなよぉ……♥)

長月(そんなことされたら……私……!)



202: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:21:54.71 ID:nk6HWjU60

水無月「ちゅううっ♥ ちゅっちゅ♥ じゅる♥」

長月「みなじゅき♥ あむ♥ ちゅぱっ♥」



203: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:22:25.59 ID:nk6HWjU60

長月(やっちゃった♥ やっちゃった♥)

長月(エッチな口なのに♥ ディープキスしちゃった♥)

長月(戻れない♥ もう戻れなくなるのに♥)

長月(水無月のザーメン♥ 水無月の唾液♥ 水無月の舌♥)

長月(ああああっ♥ 美味しい♥ 水無月が美味しいぃぃ♥)

長月(もう水無月のこと♥ 逆らえにゃいぃぃ♥)



204: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:22:56.39 ID:nk6HWjU60

皐月「じゅるっ♥ れろ♥ あむっ♥」

皐月(も……もう……我慢できない……♥!)グイグイ

文月「んっ♥ はむ♥ ちゅうぅ♥」

文月(あっ♥ 皐月ちゃんのおちんちんさん♥ あたしの中に入ろうとしてりゅ♥)ゾクゾク

水無月「ちゅぱっ♥ ぬろぉ♥ れろん♥」

水無月(キスしながらセックスっ♥ したいっ♥ するっ♥)グイグイ

長月「ちゅっ♥ んちゅ♥ あむ♥」

長月(いれたらだめっ♥ イキ死んじゃうっ♥)



205: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:23:27.14 ID:nk6HWjU60

長月(でも……)

文月(体が……)



((受け入れちゃってる♥))キュンキュン♥



206: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:23:57.84 ID:nk6HWjU60

皐月(おまんこ♥ ここ♥ 入れるっ♥)グッ

水無月(入れるよ♥ 長月っ♥)グッ









ぐっぽんっっっ♥!!

ずにゅにゅにゅにゅうぅぅ~~♥!

文月「はヒぃいぃぃっ♥♥♥!!」アシピーン!!

長月「おほオぉおぉっ♥♥♥!!」アシピーン!!



207: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:24:28.40 ID:nk6HWjU60

皐月(すごいっ♥! 文月♥ 感じすぎっ♥!)

皐月(ベッドに寝転がってるのにっ♥! 足だけ天井に向いてっ♥!)

皐月(その体勢じゃっ♥! おちんちんドンドン飲み込まれちゃうっ♥!)

皐月「文月♥!! 文月いっ♥!!」パンパンッ♥ パンパンッ♥



文月「ひっ♥ あっ♥ ん゛っ♥ ぉ゛♥」

文月(皐月ちゃんのおちんちんさん♥ 奥までっ♥ ズンズンッて♥ 突いてくりゅ♥)

文月(さっきまで♥ 水無月ちゃんのおちんちんさんに♥ おまんこさん♥ 耕されたかりゃっ♥)

文月(あぁあぁぁ~~♥ もっと♥ もっと奥ぅぅ~~♥!)アヘェ♥



208: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:24:59.04 ID:nk6HWjU60

水無月(ながながっ♥! すごっ♥!)

水無月(奥まで全部っ♥! おまんこがおちんちん受け入れて♥!)

水無月(まるで♥! ながなが温泉♥! 秘湯めぐりっ♥!)

水無月「ながながっ♥!! ながながあっ♥!!」パンパンッ♥ パンパンッ♥



長月「お゛ふっ♥ んあ゛♥ や゛♥ おん゛っ♥」

長月(水無月のおちんぽっ♥ 私の愛液をっ♥ ゴポゴポッて♥ 掻き出してりゅっ♥)

長月(皐月のおちんぽっ♥ 私のおまんこの入り口っ♥ ポッカリ♥ 開いちゃったかりゃ♥)

長月(う゛ぅう゛ぅぅ~~♥ 干からびる♥ 愛液掘り尽くされりゅぅうぅ~~♥!)アヘェ



209: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:25:29.75 ID:nk6HWjU60

皐月「おふっ♥! オ゛んっ♥! らめっ♥! も、らめえ♥!」

皐月「ふみちゅきのおまん゛こでびゅるびゅるーっ♥!」

皐月「コブちんちん奥に突き刺して濃厚ザーメン種付けオ゛ホ顔しちゃう゛ぅ゛ぅ~~♥!」

文月「あんっ♥! あ゛うっ♥! キ♥! キてえっ♥!」

文月「水無月ちゃんミルクまみれのおまんこさんっ♥! かき混じぇてっ♥!」

文月「皐月ちゃんの受精専用ミルク♥! あたしの中に吐き出してえっ♥!」



210: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:26:00.52 ID:nk6HWjU60

水無月「あ゛っ♥ あひっ♥ ひぐっ♥! ひぐうっ♥!」

水無月「ながながにょあつあつおまんこっ♥! どっぷんっ♥!」

水無月「馬ちんぽ大量ザーメン♥ どっぴゅんすりゅうぅぅ~~っ♥!」

長月「シてっ♥! ん゛っ♥! びゅーびゅーシてっ♥!」

長月「みなぢゅきのために育てたっ♥! あっ♥! あったかとろとろおまんこ♥!」

長月「たぷたぷになりゅまれっ♥! 満たしてえっ♥!」



211: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:26:31.06 ID:nk6HWjU60

パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥!

皐月「あぁっ♥! イクっ♥! すごいのイクっ♥!」

パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥!

文月「ぁ゛~~♥! あ゛ぁ~~♥! ゃあ゛~~♥!」

パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥!

水無月「孕めっ♥! 孕んじゃえっ♥!」

パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥!

長月「トぶっ♥! またトぶぅぅぅっ♥!」

パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥!



212: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:27:01.67 ID:nk6HWjU60

皐月「文月っ♥! ぢゅるっ♥! じゅぱっ♥! じゅるるるっ♥!」

文月「ふみゃっ♥!? あむっ♥! ちゅうぅぅ♥!」

文月(皐月ちゃんとキスっ♥! 恋人キスっ♥!)

水無月「ながながっ♥! べろぉん♥! ねぶぅ♥! じゅぽぉ♥!」

長月「おぶっ♥!? んむっ♥! ちゅぱ♥!」

長月(ディープキスっ♥! トドメ♥ 刺されりゅううっ♥!)



213: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:27:32.22 ID:nk6HWjU60

皐水「「イ……イぐッッッ♥♥♥!!」」

ずんっ!!!!!!!!









どぶっ♥!! びゅぐんっ♥!! びゅるるるるるっ♥!!

文月「ぁヒい゛ッ♥♥♥!!」ブルブル...ビクンッ!!

ぶちゃっ♥!! どぷどぷっ♥!! びゅびゅびゅーっ♥!!

長月「お゛ほぉっ♥♥♥!!」ガクガク...ビクンッ!!



214: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:28:03.01 ID:nk6HWjU60

びゅぷっ♥!! どぴゅるるるっ♥!! どぷどぷどぷっ♥!!



文月「はっ……♥ はヒ……♥♥ はへぇ……♥♥♥」アシピーン!!



びちゃびちゃっ♥!! びゅるるーっ♥!! びゅっびゅっびゅっ♥!!



長月「おっ……♥ おひ……♥♥ お゛ん……♥♥♥」アシピーン!!



ぴゅるるるーっ♥!! どぷっ♥!! とくとくとくっ……♥!!



215: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:28:33.95 ID:nk6HWjU60

皐月「よいしょ……っと」

ぬっ……ぼちゅんっ♥!

文月「」ビクンッ♥

水無月「ん……しょ」

ずぬぬぬぬぬ……ぽんっ♥!

長月「」ビクンッ♥



こぽっ♥! どぷどぷっ♥! ぼひゅっ♥!

びちゃびちゃっ♥! だぱあぁぁ……♥!



216: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:29:04.61 ID:nk6HWjU60

皐月「あーあー、ボクのザーメン溢れちゃってるよ」

水無月「水無月のなんか、まるで噴水みたいなんだから」

皐月「まあ、これだけ射精したし、仕方ないね」

水無月「こんなに気持ち良かったの、初めて……///」

文月「……ぁ……」ヒクヒク♥

長月「ぅぅ……ぉ……」ヒクヒク♥



217: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:29:35.27 ID:nk6HWjU60

皐月「最後の文月、可愛かったなあ」

皐月「気持ちよすぎて、足がピーンってなって、無意識にボクの腰をカニ挟みして逃がさないの」

水無月「それ、ながながも一緒だよ!」

皐月「愛情たっぷり射精しなきゃ、っていとおしくなっちゃった」

水無月「張り切っちゃったよねー」



218: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:30:06.10 ID:nk6HWjU60

水無月「でも……さ」

皐月「なに?」

水無月「ながながにおちんぽ癒されてトロけた顔のさっちん……可愛かったよ///」

皐月「な、何言い出すのさ急に?!」カァァ///

水無月「だって……本当のことだし……」

皐月「水無月だって、文月でイこうと必死な顔、可愛かったんだからね///!」

水無月「うぅ……!」

皐月「むぅ……!」



219: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:30:36.69 ID:nk6HWjU60

皐月「……」

水無月「……」

皐月「……ぷっ……」

水無月「ふふふっ……」

皐月「なんだ、お互い様じゃないか」ギュー

水無月「だね……♥」ギュー



220: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:31:07.23 ID:nk6HWjU60

水無月「……ねえ、さっちん?」

皐月「何?」

水無月「水無月たち……これからどうしようか?」

皐月「……」

水無月「ながなががいるのに、こうしてさっちんとイチャイチャしちゃって……」

水無月「罰ゲームとはいえふみちゃんともシちゃって……」

水無月「ながながも寂しくて、ふみちゃんと恋人になっちゃうし……」

皐月「……」



221: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:31:37.93 ID:nk6HWjU60

皐月「一つだけ、ボクに案があるんだ」

水無月「え、なになに?」

皐月「もちろん、四人全員の同意がないといけないけど……」

水無月「それでも良いよ、どんな案?」

皐月「それは――」



――――
――



222: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:32:08.94 ID:nk6HWjU60

月日が経って――



水無月(水無月です)

水無月(今、ながながのお部屋に来ています)

水無月(何してるかって? そんなの、ナニしてるに決まってるよ♪)

水無月(水無月の膝に乗せて、背面でセックスしていまーす)

ずにゅっ♥ にじゅっ♥ ずぽっ♥



223: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:32:39.40 ID:nk6HWjU60

水無月(以前は長さのあまり動けなかったのに、今では立派に扱いてくれるようになったんだ)

水無月(水無月は座ったまま、クリちんぽをシコシコするだけ♥)

にちゅにちゅっ♥ しこしこっ♥

ひっ♥ あ゛っ♥ はんっ♥

水無月(あれだけ小さかったクリちんぽも、今では指数本で握れるまでに育ちました♪)

水無月(いいねえ、愛を感じるよ♥)



224: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:33:09.98 ID:nk6HWjU60

水無月「すっかり水無月好みの子になったね」









水無月「ふみちゃん♥」

文月「ふにゃっ♥ あっ♥ はん゛っ♥!」

ずっぽずっぽっ♥ ずっぽずっぽ♥



225: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:33:40.69 ID:nk6HWjU60

文月「だ、だってえ♥ 水無月ちゃんが♥ あんっ♥」

文月「あたしのこと♥ 可愛がるからあっ♥ ん゛っ♥」

水無月「そりゃ可愛がるよ、だって水無月の初恋の人なんだから」

水無月「ほらほら♥ 大きく育ったクリちんぽさんシコシコ~♥」

文月「あ゛んっ♥! クリちんぽしゃんっ♥! 敏感らのぉ~っ♥!」



226: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:34:11.20 ID:nk6HWjU60

水無月(ご覧の通り、ふみちゃんと恋人になりました♪)

水無月(小さな体に秘めた、どんなおちんぽも飲み込む思いやりおまんこ)

水無月(すっかりハマっちゃいました♥)

水無月(もちろん、普通サイズだったクリトリスも、水無月の躾でみるみる成長)

水無月(チーズウィンナーくらいの大きさにまで育てあげました♥)



227: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:34:41.72 ID:nk6HWjU60

文月「皐月ちゃんっ♥ 皐月ちゃん♥ たしゅけてぇ♥」

水無月「どんなに助けを呼んでも無駄だよ」









水無月「ながながとのエッチで忙しいんだから」

皐月「ゴメンねー、ちょっと待っててー♥」

パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥! パンッ♥!

長月「オ゛ひっ♥!? しょこ♥ 反則らからぁ~♥!」アヘアヘ♥



228: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:35:12.52 ID:nk6HWjU60

皐月「長月のおまんこ、ずいぶん具合がよくなったね♥」

長月「さ、さちゅきの♥! おちんぽのせいらぞ♥!」

長月「こんなおっきなおちんぽでっ♥! 私のおまんこっ♥! 壊しにかかって♥!」

長月「おまんこ♥! もお♥! 戻らにゃくなっひゃったあ~♥!」

皐月「おかげで、いつでもどこでもエッチ出来るよ♥」

皐月「ヌルヌルおまんこ、いつもありがとう?」ズンッ!

長月「オ゛オんっっ♥!! あ♥ ありがとう? ごらいまひゅっ♥!!」



229: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:35:43.14 ID:nk6HWjU60

水無月(なんとながながは、さっちんの恋人になったよ!)

水無月(あのさっちんの太いおちんぽを使った、連日のおまんこ強制拡張セックスによって、ながながのおまんこも常時開放状態だ)

水無月(水無月のおちんぽじゃ、あのプレイは不可能だからね)

水無月(今のながながは、とっても幸せだよ♥)



230: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:36:13.63 ID:nk6HWjU60

水無月「じゃあ、お互いイったら交代ってことで」

皐月「それなら、どっちが先にイカせるか勝負だ!」

水無月「負けないぞー!」

パンパンッ♥! パンパンッ♥! パンパンッ♥!

文月「あっ♥! やっ♥! はあんっ♥!」

長月「ひっ♥! あっ♥! ん゛あっ♥!」

パンパンッ♥! パンパンッ♥! パンパンッ♥!



231: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:36:44.12 ID:nk6HWjU60

水無月(あの日、さっちんが出した案……それは、全員が恋人になることだった)

水無月(さっちんは、さすがに拒否されると思ったみたいだけど……)

水無月(誰一人としてそれを拒まなかった)

水無月(……ううん、誰も拒めなかったんだ)

水無月(だって、すでにおちんぽとおまんこの虜になっていたからね)

水無月(心も体も愛してくれると分かっていて、それを否定することなんて出来なかったよ)



232: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:37:14.88 ID:nk6HWjU60

水無月(ルールは簡単)

水無月(全員愛すること)

水無月(揉めたらエッチで解決すること)

水無月(色々なことがあったけど、大体この二つで解決した)

水無月(愛の力って凄い)



233: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:37:45.50 ID:nk6HWjU60

水無月(そして今、愛しのながながが愛しのさっちんに犯される姿をオカズに、愛しのふみちゃんを犯している)

水無月(膝の上のふみちゃんを、おまんことクリちんぽでより一層攻め立てる)

水無月(その姿で、さっちんにオカズを提供したいから)

水無月(これが水無月たちの選んだ道)

水無月(愛に満ち溢れた、淫猥な世界)



234: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:38:16.55 ID:nk6HWjU60

文月「しゅごいっ♥! 水無月ちゃん♥! 激しくて好き♥! しゅきっ♥!」

長月「皐月っ♥! 離さないで♥! 私のおまんこ 離しゃないれえっ♥!」

文月「大好きっ♥! 愛してるっ♥! みんな愛してりゅっ♥!」

長月「嬉しいっ♥! 私たち♥! みんな幸しぇえぇぇ♥!」

皐月「射精る♥! 射精るよっ♥!」

水無月「ザーメンミルク♥! 受け取ってえ♥!」



235: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:38:47.40 ID:nk6HWjU60

「「イクぅうぅぅぅうぅッッッ♥♥♥!!」」



どぴゅるっ♥!! びゅるるるっ♥!! びゅぐぐっ♥!!

ぴゅぴゅぴゅーっ♥!! どぷどぷっ♥!! どっぴゅうんっ♥!!









おわり



236: ◆ag9TZfREZs 2019/05/04(土) 12:39:18.03 ID:nk6HWjU60

以上です、ありがとうございました


元スレ
SS速報R:【艦これ】皐月「水無月、話があるんだ」コンコン【R18】