1: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:01:28.84 ID:yRdXiwzo.net

よしルビ



2: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:02:35.17 ID:yRdXiwzo.net

夜が横たわり、スタンドライトの薄明かりだけが灯る寝室。

下半身がモゾモゾする感覚で、私は目を覚ました。

別に驚くことはない──もう慣れっこになってしまっていたから。



3: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:03:39.33 ID:yRdXiwzo.net

視線を違和感へ移す。

掛け布団がこんもりと盛り上がっている。

また、やって来たのね。



5: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:04:51.07 ID:yRdXiwzo.net

私はそこをポンポンと軽く叩いた。

起きているわ、のサイン。

それを合図に腹から胸へつたい、彼女は顔を覗かせた。



7: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:05:55.19 ID:yRdXiwzo.net

「ヨハネちゃん♡」

そう言って、ルビィがうっとりとした表情を私へ向けた。

私が彼女の髪を撫ぜると、嬉しそうにニッコリと笑った。



8: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:07:04.99 ID:yRdXiwzo.net

ルビィはいつだって、夜になるとこうして私の元を訪れる。

それはもちろん、私と交わるためだ。

たとえ私が疲れていてもお構いなし──呆れてしまいそうなほどの欲深さ。



10: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:08:10.65 ID:yRdXiwzo.net

でも、いいの。

悪魔は邪な心に寛大なものよ。

そもそも──それをあなたへ教えたのは私なのだから。

…………
……




11: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:09:25.14 ID:yRdXiwzo.net

あの日、ふたりだけが残った教室で夕陽に照らされていたルビィ。

その横顔がとても蠱惑的で──私だけのものにしたくなった。

ルビィはほんのちょっぴり驚いたみたいだったけど、すぐに私を受け入れてくれたわ。



12: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:10:37.89 ID:yRdXiwzo.net

ふたりとも、己の欲に身を任せて──。

ひいひい、ふうふう。

はずむ息と汗のにおい。

ぎゅって抱きしめて、お互いの気持ちを溶かし合ったの……。


……
…………



13: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:11:47.69 ID:yRdXiwzo.net

それからというもの、私はルビィから求められる日々を過ごしていて──。

とうとう今宵もその時間。

幾度となく共に迎えた夜。



14: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:12:54.94 ID:yRdXiwzo.net

まるでとっておきのデセールのように、私をむさぼるルビィ。

目が爛々としているように見えるのは、きっと私の思い過ごしじゃないわ。

ひょっとしたら、あの子こそホンモノの悪魔なんじゃないかしら?



15: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:14:09.26 ID:yRdXiwzo.net

明くる朝、ルビィは私の傍らにいなかった。

多少の気怠さを感じつつも身体を起こして、私は寝室を後にした。

「よっちゃん、おはよう!」

私の姿を見つけるなり、ルビィから元気な挨拶が飛んで来た。



16: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:15:29.66 ID:yRdXiwzo.net

彼女は朝食の支度をしていた。

髪を後ろでまとめて、エプロンをかけた姿はすっかり様になっていて──。

「おはよう、ルビィ」

そう応えて、私はダイニングテーブルについたわ。



17: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:16:39.02 ID:yRdXiwzo.net

そこには、ずらりと並んだ、皿、皿、皿──。

この子はいったい、どれだけの子宝を授かるつもりなの?

そんな疑問を浮かべた私へ──ルビィはニッコリと笑いかけた。



18: 名無しで叶える物語 2019/05/05(日) 00:17:42.41 ID:yRdXiwzo.net

おしまい


元スレ
善子「ルビィはすぐに孕みたガール」