SS速報VIP:アナスタシア&キャシー「落ち着いて、プロデューサー!」



2: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 23:41:23.24 ID:jOc5Vl820


モバP「……ふぅ……最近は……めっきり冷えてきたな……」

 プロデューサーが、事務所の屋上でタバコをふかしていた。
 夜空にはくっきりと月がでており、星の間の闇を一層深くしていた。
 落ちて行きそうな夜空を見上げながら一人佇んでいると、そこに2人の客人がみえた。

キャシー「ハァイ! プロデューサーさんみっけ! こんなとこにいるなんて!」

アーニャ「ヴェーチェル……風が、少し寒いですね……」

モバP「……と。キャシー、アーニャ……いいのか? 今日の誕生日パーティの主役が……」

 事務所所属のアイドル、アナスタシアとキャシー・グラハム。本日は2人の誕生日。
 スケジュールの都合で、夜遅くになってしまったが……事務所でささやかな誕生日パーティをひらいたのだ。

キャシー「もう宴もタケナワよ! 皆、まったりモードに入ってるわ!」

アーニャ「……私達も、少し、涼みに来ました……」

モバP「そうか……」
 



3: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 23:42:01.14 ID:jOc5Vl820


 タバコを携帯灰皿に押し入れながら、プロデューサーは2人謝る。

モバP「すまないな、2人とも……スケジュールの都合で忙しい日になってしまって。せっかくの誕生日だったのに……」

アーニャ「ニェート……仕方、ないです。それに、明日はお休み……一日遅れですが、ホームパーティ、開きます」

キャシー「今日も事務所の皆で、祝ってくれて嬉しかったデース♪ ナイスサプライズだったよ、プロデューサー!」

モバP「そう言ってくれると、助かるよ」




4: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 23:43:19.62 ID:jOc5Vl820


キャシー「まあ、仕方ないわ! これだけ忙しいのは、あたし達が売れっ子だってことよ!」

アーニャ「ダー……そうですね、日本語で言うと、嬉し、悲鳴、ですね」

キャシー「そうそう! 例えば、お正月の振袖! これぞ下町育ちの底チカラってね!」

アーニャ「コーシカ……猫の衣装、気に入りました。可愛いには、まだちょっと慣れないですけど……」

キャシー「ああ! にゃん・にゃん・にゃん! アレは可愛いかったな~!」

モバP「ははは……充実してたようで、何よりだよ。まあ、これからはちゃんとスケジュール都合つくよう、頑張るからな」

 そういって、二コリと笑うプロデューサー。
 だが……アーニャと、キャシーはその笑顔を受けて、少し怪訝な顔をした。




5: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 23:44:13.97 ID:jOc5Vl820


アーニャ「……プロデューサー……少し、疲れてますか……?」

モバP「え……?」

キャシー「そうね……なんだか、元気な笑顔には見えなかったわ」

モバP「そんなことは……」

 口ごもるプロデューサー。しばし、3人とも黙りこむ。
 どこからか、讃美歌が聞こえてきた。どこかで、礼拝の集いでもあるのだろうか。




6: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 23:45:25.20 ID:jOc5Vl820


キャシー「……えいっ♪」

アーニャ「!!」

モバP「ちょ!? キャシー、なにを……?」

 プロデューサーは目を丸くし、アナスタシアは両手で口を塞ぐ。
 2人に浮かぶ表情は驚愕……いきなりプロデューサーに抱きついた、キャシーの行動への驚きだった。

キャシー「ほら、アーニャも!」

アーニャ「え……あ……ダー……し、失礼します……」

モバP「うええ!? アーニャまで!?」

 アーニャまで、白い頬を赤く染めながらそっと抱きついてきたものだから、プロデューサーはさらに面くらった。




7: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 23:46:37.82 ID:jOc5Vl820


キャシー「プロデューサー……どうかな? 元気出た?」

モバP「2人とも……」

アーニャ「ストラーフ……先程のプロデューサー……なんだか、どこかに飛んで行ってしまいそうで……怖かったです……」

モバP「……そうか。すまないな、2人とも……」

 自分の弱さで、不安にさせてしまったことを謝るプロデューサー。
 2人の頭を優しく撫で……そっと引き離した。




8: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 23:49:58.82 ID:jOc5Vl820


モバP「いつか……アーニャの話してた、スプートニクのライカの事を思い出していたんだ……」

 そう言って、プロデューサーは再び夜空を眺める。

モバP「今日は星も月も綺麗だから……少しセンチな気分になっただけだよ。だから……大丈夫さ」

 それを聞いて、キャシーはぷっ、と噴出した。

キャシー「アハハ♪ プロデューサーさん、随分とセンチメンタリズムね! そりゃあ、私もアーニャも、貴方を抱きしめたくなっちゃうワケよ!」

モバP「はは……すまんね。さて……そろそろ戻ろう。皆が待ってるだろうからね」

アーニャ「ダー……そうですね……いきましょう、プロデューサー」 

キャシー「ウン! そうね!」

 そういって、ごく自然に2人に手を握られたプロデューサー。
 ひそかに苦笑しながら、事務所の中に戻っていく。

 ――大丈夫、最後まで、見つめ続けてゆくから――

 声なき声で、プロデューサーは2人にそっと告げたのだった。



                            終わり




9: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 23:53:00.85 ID:jOc5Vl820

元ネタ:THE BACK HORNの「閉ざされた世界」です。
http://www.youtube.com/watch?v=S4kXMvhgF3w



……誕生日SSにこの選曲はないだろう、と言われても反論できません。
そんなわけで、キャシーさん、アーニャさん、お二人ともお誕生日おめでとうございます。



元スレ
SS速報VIP:アナスタシア&キャシー「落ち着いて、プロデューサー!」