1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:10:33.456 ID:olEktkxmr.net

P「相談?」

千早「はい、>>5の事で悩んでて…」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ◆DvUgCvOGFQ 2015/06/08(月) 00:11:18.815 ID:uob+wsJB0.net





13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:14:40.568 ID:olEktkxmr.net

千早「胸の事で悩んでて…」

P「む、胸か…そういうのは春香とか小鳥さんに相談した方が良いんじゃないか…?」

千早「いえ、その…男の人がどう思っているか気になってしまって…」

P「い、一応聞くが……胸がどうしたんだ?」

千早「私の胸、やっぱり皆と比べて>>19



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:17:06.185 ID:N2g2byJb0.net

魅力的ですよね?



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:21:13.335 ID:olEktkxmr.net

千早「魅力的ですよね?」

P「おぉ!? あ、いや……そ、そうかもしれないな…」

千早「私の胸が魅力的すぎて、男の人が歌よりも胸に集中してるような気がするんです…」

P「そ、そんな事は…ないんじゃないかなぁ?」

千早「プロデューサーはどう思います? 私の胸って人を魅了しすぎてると思いませんか?」

P「俺は……>>30



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:22:50.742 ID:74/UrzsK0.net

命を刈り取る形をしすぎてると思う



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:28:30.279 ID:olEktkxmr.net

P「命を刈り取る形をし過ぎてると思う」

千早「……やっぱり魅了してるって事ですね」

P「いや刈り取るっていうか刈り取られてるっていうか…」

千早「このままでは私歌えません! 胸ではなく歌に集中して欲しいんです!」

P「千早……」

千早「プロデューサー、どうしたら良いでしょうか?」

P「まずお前の認識をどうにかした方が……」

P「とりあえず>>38



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:31:02.056 ID:RJhRcgOV0.net

パッドで盛ろう



40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:35:36.966 ID:olEktkxmr.net

P「パッドで盛ろう」

千早「そんな…ただでさえ魅力的なのに更に大きく見せようなんて……それは逆効果ではないでしょうか?」

P「いや、明らかに偽乳だとわかれば見ている人たちは興味をなくすはずだ」

千早「なるほど……それではサイズはどれくらいまで盛りましょうか?」

P「そうだな…明らかに偽物とわかるサイズだから…」

P「>>44だな」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:37:13.676 ID:74/UrzsK0.net

Wカップ



51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:44:12.686 ID:olEktkxmr.net

P「Wだな」

千早「……」

P「これだけ大きいなら皆偽物とわかるだろう」

千早「しかし、そんなに大きいと歌に支障が…」

P「お前は胸が大きいくらいで歌えなくなる歌手なのか!?」

千早「……! い、いえ、私はどんなコンディションでも最高の歌を届けてみせます!」

P「よく言った千早! さっそく明日から少しずつ盛っていくぞ!」

千早「はい! プロデューサー!」

ガチャ

>>55「なんの話?」



55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:46:50.504 ID:+PuqQlNG0.net

美希



57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:50:36.091 ID:olEktkxmr.net

美希「なんの話?」

P「美希、いやちょっと千早から相談を…」

美希「千早さんがハニーに相談なんて珍しいの」

千早「近いうちに驚く事になるわよ、美希」

P「と、ところで美希、どうしたんだ?」

美希「あ、忘れるところだったの」

美希「>>61



61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:53:22.142 ID:N2g2byJb0.net

最近ブラジャーがきついの



64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:58:35.500 ID:olEktkxmr.net

美希「最近ブラジャーがきついの」

P「それは律子にでも言いなさい」

千早「大きいのがなんぼのもんじゃい」

美希「律子は今いないからハニーにサイズ計って欲しいの」

P「千早がいるだろう。千早、悪いが美希の胸を」

千早「>>68



68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 01:00:28.636 ID:+PuqQlNG0.net

刈り取りましょう



71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 01:05:22.399 ID:olEktkxmr.net

千早「刈り取りましょう」

P「なるほど、胸を小さくすればブラを変える必要もないな」

美希「大きい方がみんな喜ぶと思うの」

千早「ダメよ美希、大きいだけが魅力ではないわ。今すぐ刈り取りましょう」

美希「千早さん何だか怖いの」

P「落ち着け千早。そもそも刈り取るなんて不可能じゃないか」

美希「そうなの。千早さん落ち着いた方が良いの」

美希「>>75



75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 01:07:23.294 ID:2KiYyONh0.net

この際刈り取ったミキのおっばいを千早にくっつけよう



81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 01:12:30.449 ID:olEktkxmr.net

美希「この際だから美希のおっぱいを千早さんに分けるの」

千早「成長したわね、美希」

美希「無いものには分け与えるのが慈悲なの」

千早「」

P「という事は千早の胸は本当に大きくなるのか」



美希「大きくなった分をわけたの」

千早「さらに魅力的になってしまったわ」

P「千早…サイズはいくらになったんだ?」

千早「>>85



85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 01:14:21.244 ID:74/UrzsK0.net

961



101: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 01:20:57.329 ID:olEktkxmr.net

千早「961です」

美希「分けた以上に大きくなって絶句したの」

P「そんな……そしたら偽乳作戦が台無しじゃないか」

千早「これはもはやファンは如月千早と書いておっぱいとしか読めなくなるのでは」

P「どうしたら良いんだ…」

千早「プロデューサー…これではファンが私の歌を聴いてくれません」

千早「だから私…>>106



106: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 01:23:25.426 ID:qBPcQNVV0.net

っていう夢を見たので貧乳でいいです



110: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 01:25:37.960 ID:olEktkxmr.net

千早「…という夢を見たので貧乳でいいです」

P「そうか」

END



128: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 01:53:27.080 ID:olEktkxmr.net

響「貴音の事で相談が…」

P「貴音がどうかしたのか?」

響「実は最近、貴音が>>132



132: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 01:55:12.231 ID:74/UrzsK0.net

1分に10通くらいメールしてくるんだぞ



134: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 01:59:21.057 ID:olEktkxmr.net

響「1分に10通くらいメールしてくるんだぞ…」

P「うぇ…」

響「メールの返信を書いてる間にもどんどんメールが溜まっていくんだ…自分貴音の事は好きだけど、このメールはなんとかして欲しいと思って…」

P「そうか。ちなみにどんな内容なんだ?」

響「内容は>>139



139: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:01:08.774 ID:0EcnOgsY0.net

びじょなりぃなる楽曲に自分も参加したいと



142: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:07:58.808 ID:olEktkxmr.net

響「ビジョナリーに入りたいらしいんだ…」

P「あのロリ枠にか…」

響「貴音のイメージと違うと言っても、響が入ってるなら自分も入れるはず、って聞かなくて…」

P「まー確かになー」

響「プロデューサー! プロデューサーからも何か言って欲しいんだ! それか貴音を入れてビジョナリーを撮り直すか!」

P「そうだなー。よし、こうしよう」

P「>>146



146: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:09:27.526 ID:74/UrzsK0.net

響をビジョナリーから外す



147: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:12:49.534 ID:olEktkxmr.net

P「響をはずそう」

響「」

P「響が入ってるから貴音も入れると思ってるんだろ? だったら響をはずせば解決じゃないか」

響「自分の仕事が減るぞ」

P「なにかで埋め合わせするからさ」

後日

P「どうなった?」

響「>>150



151: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:13:43.875 ID:4IAGTw/P0.net

メールの内容が病んできて数も増えた



153: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:18:30.836 ID:olEktkxmr.net

響「メールが病んできて数も増えたぞ…」

P「oh…」

響「どうして自分に言うんだ! そんなに入りたいならプロデューサーに言ったらいいのに!」

P「落ち着け響。わかった、俺が直接話をしてくる」



P「貴音」

貴音「これは貴方様、>>157



157: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:21:11.307 ID:kGu2kkr20.net

ゆるさない



159: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:25:56.996 ID:olEktkxmr.net

貴音「許さない」

P「うっ…ビ、ビジョナリーに入れなかった事を怒ってるのか?」

貴音「まさか貴方様が響を抜いてまで私を拒絶するとは思いませんでした」

P「そ、それは、あの歌は貴音のイメージとは合わないと思ってだな…」

貴音「響がそう言ったのですか?」

P「い、いやこれは俺の考えだ。響は関係ない」

貴音「そうですか。では…>>164



164: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:27:57.103 ID:74/UrzsK0.net

響に送るめぇるを3倍にします



171: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:33:24.145 ID:olEktkxmr.net

貴音「響に送るめぇるを3倍にします」

P「なんでだよ!? やるなら俺にやれよ!」

貴音「貴方様は自分が犠牲になる事を厭わないお方……ならば周りから責める方が効果的と見受けました」

P「くっ……だからって親友の響を犠牲にするなんて…」

貴音「ビジョナリーに入っていた響が悪いのです!」

P「そこまでビジョナリーに…こうなったら>>176



176: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:34:51.630 ID:74/UrzsK0.net

亜美真美と伊織とやよいも抜いた後に貴音を入れる



184: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:39:13.592 ID:olEktkxmr.net

P「貴音だけにしよう」

貴音「は?」

P「あのロリ枠に貴音が入ってバランスが崩れるくらいなら、他を抜いて貴音だけにしよう」

貴音「私だけのびじょなりぃ?」

P「そうなり。好きなだけあの歌をお前の持ち歌にしてやる」

P「それで納得してくれ」

貴音「>>190



190: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:43:38.714 ID:74/UrzsK0.net

毎日やよいの家に夕餉をいただきに行くことにします



194: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:49:50.682 ID:olEktkxmr.net

貴音「毎日やよいの家に夕餉をいただきに行きます」

P「お前…! まだ納得しないと言うのか!」

貴音「私はあのめんばぁの中に入りたいのです!」

P「なんて強情なんだ…!」

P「貴音! なにか妥協案は無いのか? できるだけお前の希望に添うようにするから、ビジョナリー以外でこれだったら諦めるっていうような…」

貴音「そうですね…」

貴音「では>>198なら諦めましょう」



199: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:51:15.717 ID:6hyTjOMb0.net

響と二人のユニットを作る



205: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:55:39.195 ID:olEktkxmr.net

貴音「響と二人のゆにっとを作っていただければ諦めましょう」

P「あれ? 簡単じゃね?」

貴音「そうなのですか?」

P「ちょっと待って響に確認とるから」

P「もしもし響か? 貴音がお前とユニット組めたらビジョナリー諦めるらしいんだが」

響『>>210



211: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 02:56:57.815 ID:+PuqQlNG0.net

はぁ?冗談じゃないぞ



215: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 03:04:07.572 ID:olEktkxmr.net

響『はぁ?冗談じゃないぞ』

P「え」

響『あれだけメールして自分を束縛してくるのに、ユニットまで組まされたら自分の休まる暇がないぞ!』

P「えぇー…」

響『それ以外で貴音を説得してよね!』ガチャ

貴音「響はなんと?」

P「えーと……公私混同はいけないので仕事は別にしようって…」

貴音「そうですか…」

貴音「ならやはりびじょなりぃに…」

P「ま、待て! だったら>>219はどうだ!?」



219: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 03:06:15.330 ID:74/UrzsK0.net

月に帰る



223: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 03:11:57.542 ID:olEktkxmr.net

P「月に帰るってのはどうだ!?」

貴音「あいどるを辞めろと…?」

P「い、いや仮の話でな……もしこのままワガママを言うなら……なんて…」

貴音「……貴方様の真意よぅく分かりました。そこまでして私にびじょなりぃを歌わせたくないのですね」

P「お、落ち着け貴音! お前にはもっと相応しい歌を用意してやる!」

貴音「お話はけっこう。貴方様がそこまで私を拒絶なさいますのなら、私にも考えがあります」

貴音「かくなる上は>>229!」



229: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 03:14:46.690 ID:+PuqQlNG0.net

月に代わってお仕置きします!



234: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 03:18:44.754 ID:olEktkxmr.net

貴音「月に代わってお仕置きします!」

P「お仕置きされるべきはお前だろ…」

貴音「見損ないました貴方様! もはや話し合いは無用! 口でわからぬならばその体に頼みましょう!」

P「なんて自分勝手なんだ…」

貴音「お覚悟を! >>240



240: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 03:22:31.430 ID:74/UrzsK0.net

春香のリボンを全部食べる



246: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 03:28:28.090 ID:olEktkxmr.net

貴音「春香のリボンを全部食べます!」ダッ

P「ま、待て貴音! 貴音ぇー!」

「きゃあー!」



貴音「……」モッシャモッシャ…

P「貴音……どうして周りの人間ばかり……やるなら俺をやれよ!」

貴音「……」モッシャモッシャ…

P「くっ……! なんとか言えよ貴音!」

貴音「……」モッシャモッシャ…ゴクン

貴音「貴方様、考え直していただきましたか?」

P「…わかった貴音……>>251するからもう他のみんなには手を出さないでくれ…」



251: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 03:31:57.072 ID:+PuqQlNG0.net

おっぱいを存分にもみもみ



256: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 03:39:54.866 ID:olEktkxmr.net

P「おっぱいを存分にもみもみするから他の皆には手を出さないでくれ…」

貴音「伊織の額をしゃぶってきます」

P「待ってくれ貴音! 今のは冗談だ!」

貴音「私はもうびじょなりぃに入らない事には納得できません」

P「くっ……ビジョナリーにいれるしか無いのか…」

貴音「ではこうしましょう…貴方様が私の>>261に耐える事ができなかったら私をびじょなりぃに入れるという事で」

P「なんて勝手な提案なんだ!」



261: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 03:43:01.452 ID:+PuqQlNG0.net

手コキ



263: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 03:48:08.215 ID:olEktkxmr.net

貴音「私の手こきに耐える事ができましょうか!」

P「くっ…! 耐えたら諦めるんだな?」

貴音「いいえ振り出しに戻るだけです」

P「なんて奴だ!」

貴音「さぁ貴方様、服を脱いでそこになおりなさい」

P「手コキなんかに負けないもん!」バッ

貴音「さぁ、一瞬で昇天させてみせましょう」ニギリ…

P「くっ…>>268



268: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 03:53:05.261 ID:74/UrzsK0.net

年少組じゃなくてよかった



272: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 04:00:55.843 ID:olEktkxmr.net

P「年少組じゃなくて助かった」

貴音「なんと! 私の手コキに耐えるとは…貴方様はろりこんだったのですね」

P「ふ、俺が何のためにビジョナリーをあのメンバーで組んだと思う…?」

P「俺が楽しむためだぁ!」

貴音「私利私欲のためにびじょなりぃを作り上げたと…!」

P「そうだ! あれは俺の俺による俺のための楽曲だ! お前みたいな年少組でも無いやつを入れるわけにはいかん!」

貴音「しかし響が…」

P「響はあの楽曲でロリ性を開花させた! お前にその可能性はない!」

貴音「そんな…!」

P「諦めるんだ貴音…」

貴音「>>277



277: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 04:04:48.520 ID:6hyTjOMb0.net

チンコを?ぐ



278: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 04:07:37.547 ID:olEktkxmr.net

スマホからだと化けちゃってるけど「そぐ」でいいのかな



281: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 04:15:50.312 ID:olEktkxmr.net

貴音「もぎます」

P「ひぃ!?」

貴音「仕事に私情を挟むなど言語道断」

P「いやこの話はそもそもお前のワガママ…」

貴音「成敗」ブチッ

P「ぎゃあ!」

貴音「玉も」ブチッ

P「あがぁ!?」

貴音「貴方様もこれで己の欲から解放されるでしょう」

P「」

貴音「これにて一件落着」

ジャンプ読むので終わり


元スレ
千早「あの…プロデューサー、相談があるんですが…」