SS速報VIP:【ミリマス】このみ「花束」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 01:55:45.13 ID:DDkXsJve0

このみ「どう思う?」

P「何がですか?」

このみ「私たち、二人でやっていけると思う?」

P「どうでしょうかね。まだ分からないことばかりですし。でも」

このみ「でも?」

P「一緒にはいたいですね」

このみ「…私も」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434041735




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 02:02:47.49 ID:DDkXsJve0

このみ「あー、でも…」

P「でも?」

このみ「もしフラれるとしたら、私がフラれることになりそう」

P「そうですか?」

このみ「だってプロデューサーの周り、いい子ばっかりだし」

P「流石にそこまで節操なしじゃないですよ」

このみ「信じてるわよ? でも、もし浮気してもバレないようにしてね」

P「だからしませんよ」

このみ「もしものことよ。知らないほうがいいこともあるでしょ?」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 02:08:29.65 ID:DDkXsJve0

P「だけど、このままじゃよくないですよね」

このみ「そうよねぇ…アイドルとプロデューサーが恋人関係だなんて、ファンを裏切ってるようだもの」

P「しっかり向き合っていかないと。これからどうするか、このみさんと」

このみ「もちろん私だって一緒に考えていくつもりよ?」

P「あ、いやそういうことじゃなくて」

このみ「???」

P「…まあ、それもありますけどね」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 02:12:36.92 ID:DDkXsJve0

このみ「もし、しっかり付き合えることになったら何してみたい?」

P「んんー……二人で色んなところ行ってみたいですね」

このみ「そうねぇ。デートとか、旅行とか」

P「そういえば昔、二人で旅行行こうって言ってましたよね」

このみ「言ってたわね」

P「あの時はどういう含みがあったんですか?」

このみ「…知りたい?」

P「知りたいです」

このみ「じゃあ教えない♪」

P「うわ、ひどい。その時も聞いたけど『さあ? なんのことかしら』ってはぐらかされたし」

このみ「大人のレディに秘密の一つや二つはつきものよ」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 02:18:45.66 ID:DDkXsJve0

P「とにかく、たくさん思い出を作っていきたいですね」

このみ「例えば?」

P「……特に思いつかない」

このみ「ダメじゃない」

P「だって俺たち、はじめのはじめじゃないですか。しかも大っぴらにできないからやれることも少ないし」

このみ「…確かに」

P「うーん…普通の恋人なら普通にできることが記憶に残りそうですね」

このみ「普通の恋人ならできること?」

P「キスとか」

このみ「……」

P「抱き合うのも、手を繋ぐの…はやったか」

このみ「…………」

P「このみさん? 顔真っ赤ですよ?」

このみ「少しの間こっち見ないで」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 02:23:51.14 ID:DDkXsJve0

P「……このみさんって、恋愛経験豊富じゃありませんでしたっけ?」

このみ「うっ…」

P「会った当初、『恋愛経験豊富なお姉さんだし~』って言ってたじゃないですか」

このみ「……」

P「…あの、このみさん?」

このみ「……」

P「怒ってたりしま…すよね?」

このみ「怒ってない」

P「いや絶対怒ってますよね」

このみ「お!こっ!て!な!い!」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 02:27:04.80 ID:DDkXsJve0

P「えっと、そのすみません。流石に弄りすぎました」

このみ「だから怒ってないですぅー」

P「怒ってなくても謝らませてください、ごめんなさい」

このみ「ふん…」

P「このみさんがどういう気持ちで言ったか分かりませんけど、あの言葉で変な緊張抜けたんですよ。そういった意味では本当に感謝してます」

このみ「え? 緊張してたの?」

P「外見は置いといて、れっきとした年上の女性をプロデュースするなんて初めてだったので」

このみ「が・い・け・ん・は・?」

P「あっ、今のは言葉の綾で…ごめんなさい口が滑りました」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 02:33:07.03 ID:DDkXsJve0

このみ「でもプロデューサーも私のアプローチに全く気付いてなかったわよね。結構鈍感でしょ」

P「そうですか? 自分じゃそんなつもりはないですけれど」

このみ「劇場のみんな言ってるわよ」

P「そんなに…。でも一つ言い訳させてもらってもいいですか?」

このみ「なに?」

P「信じてもらえないかもしれませんけど、このみさんのアプローチ、気付いてましたよ」

このみ「えー、強がってるでしょ?」

P「本当ですって。でもなんて言うか、こっちが恥ずかしくなって素っ気ない態度取ってしまって」

このみ「あー、アレね。ツンデレってやつね」

P「それとは違うような…」

このみ「それなら水着を披露した時に話題をランドセルに変えたのも、唇を手で塞いだのも、なんだか可愛く思えてきたわ」

P「言わなきゃよかった…」


このみ「でも私の告白にしっかりと答えてくれたところはかっこよかったわよ♪」

P「あーあー聞こえない」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 02:39:43.58 ID:DDkXsJve0

P「って話しながら事務やってたらそろそろ日付変わりますね」

このみ「ん~…そうね、今日は小鳥さんが用事で仕事残したまま帰っちゃったし、このまま日跨いでかしらね」

P「…そうですね」

このみ「ふぅー、どうせ跨ぐなら休憩休憩…」

P「すぅ…はぁー…」

このみ「深呼吸なんかして、話しながらやってたから気が詰まってるわけでも」

P「このみさん!」

このみ「は、はいぃ!」

P「…………」

このみ「…………な、何でしょうか?」

P「…すいません、もう少しあとで…いや今言ったほうが、でもこんなの普通言わないだろうし…」

このみ「もう! 言うなら言う、言わないならそもそも雰囲気を作らない!」

P「は、はい! 言います言わせてください!」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 02:44:06.19 ID:DDkXsJve0

P「えっとですね…」

このみ「はいはい」

P「……キ、いや抱きしめていいですか?」

このみ「……んんん?」

P「分かってます変なこと言ってるのは重々承知です。でも、こんな状況滅多にないし、逃したらいつできるか分からないし」

このみ「…ふーん?」

P「すいません幻滅ですよね、さっさと仕事終わらせて帰り」

このみ「私もしてみたいかも」

P「……えっ?」

このみ「なんでそこで驚くのよ」

P「てっきりがっついてしまったかと」

このみ「私も今回逃したらいつできるか分からないってのは同意見よ。忙しいのもあるし、周りに常に誰かいるしね。それに…」

P「それに?」

このみ「私もしてみたいし…」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 02:48:24.58 ID:DDkXsJve0

P「二回もしてみたいって言うなんて、どれだけしたいんですか」

このみ「う、うるさいわね。それじゃあプロデューサー、膝ついて」

P「跪いて?」

このみ「膝ついて! プロデューサーの身長が高くて抱きつけないのよ!」

P「俺が特別高いんじゃなくて…何でもないです。よっと…これでいいですか?」

このみ「そ、それじゃあ行くわよ…」


P「…このみさん、本当に小さいですね」

このみ「んん…耳元でそんなこと囁かないでよ。ムード台無しじゃない」

P「今まで見たり頭触ったりでしか小ささを感じなかったんですが、抱いてみて一層伝わってきますね。もっと大切にしないと」

このみ「嬉しいけど嬉しくない…ふふっ、ありがと」

P「あと鼓動とか熱とかもすごく分かりますよ。心臓の動き早いし、顔も熱くなってますよね?」

このみ「あら? そういうプロデューサーも心臓早いわよ?」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 03:00:13.61 ID:DDkXsJve0

このみ「はぁ…なんか落ち着く…ずっとこうしてたいわ」

P「そう言ってもらえると嬉しいです」

このみ「あなたは?」

P「もちろん、同じ気持ちですよ」

このみ「これが好きな時にできないなんて…ちょっと辛いわね」

P「それくらいは覚悟してましたけど、少し寂しいですね」

このみ「それじゃあ今のうちにたくさんしておかないとね。ねえ、もっと強く抱きしめてくれる?」

P「え、でもこのみさん大丈夫なんですか?」

このみ「苦しくなるくらい抱きしめてもいいのよ? その後、いつできるか分からない方がもっと苦しいと思うから」

P「このみさん……」

このみ「その代わり、私もあなたを思いっ切り抱きしめちゃうからっ」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 03:05:31.37 ID:DDkXsJve0

このみ「そういえば」

P「なんですか?」

このみ「抱きしめるだけでいいの」

P「どういうことですか」

このみ「さっき何か言いかけてたじゃない? そっちの方はいいのかしらって」

P「な、なんのことですかね」

このみ「キ?」

P「……」

このみ「の後はなんて言おうとしたの…?」

P「その言い方絶対分かってますよね」

このみ「さぁ? なんのことかしら」

P「あの時と同じとぼけ方して…ああはい言いますよ」


P「キスがしたいって言いたかったんです!」

このみ「ふふっ、やっぱり」

P「あー…なんかさっき弄ったのが倍になって返ってきたみたいだ…」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 03:09:55.30 ID:DDkXsJve0

このみ「ねぇねぇ」

P「またなんですか…」

このみ「しない?」

P「…はい?」

このみ「あ、すごい。密着してるから心臓が一気に早くなったのが簡単に分かるわよ」

P「流石に不意打ちすぎますよ…止まるかと思った」

このみ「それって、心臓止まるくらい嫌…って意味?」

P「そんなわけないじゃないですか、さっきキスしたいって言ったのに」

このみ「冗談よ、あなたのこと信じてるから」

P「まったく…というか、キスってムードじゃなくなったような気がするんですけど」

このみ「そうねー、誰のせいかしら」

P「どっちかと言えばこのみさんのせいだと思うんですけど…」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 03:14:20.12 ID:DDkXsJve0

このみ「もししたいなら…男らしく、ちょっぴり強引にしちゃってもいいのよ?」

P「いや、それだけはしたくないです」

このみ「あら、どうして?」

P「強引って、なんか女性を大切にしてないような気がして。いや俺が言えたことじゃないですけど」

このみ「へぇ…大切にしたいからしないのね」

P「紳士って言えるほどでもないですけど、そこまで飢えてるわけ……」


このみ「私の方から強引に行っちゃったけど…これでもいい?」

P「…………」

このみ「ど、どうしたの? 恥ずかしいから何か反応ちょうだい」

P「突然すぎて驚いただけです」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 03:18:25.50 ID:DDkXsJve0

P「あ、少し失礼します」

このみ「どうかしたの?」

P「顔が熱くなりすぎたので洗ってきます。すぐ戻ってきますね」

このみ「あ、うん、行ってらっしゃい……」



このみ「わ、わ、わ、私プロデューサーとハグとかキスしちゃったあああああああ!?」

このみ「いや、プロデューサーのことは大好きだし、そういうことするのも考えたことはあるけど、まさか夜の事務所でだなんて…」

このみ「もしかして小鳥さんが一枚噛んでる? …ありえそうね、プロデューサーに聞いてみようかしら」

このみ「でもそれでプロデューサーが罪悪感を感じて気まずくなったりしたら…」

このみ「キスは私からしたけども…」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 03:24:43.65 ID:DDkXsJve0

P「ただいま戻りました」

このみ「お帰りなさい。あの、プロデュー」


このみ「花束…?」

P「…あれ? なんでキョトンとしてるんですか」

このみ「……なんで花束?」

P「なんでって、今日このみさんの誕生日ですよね。それでプレゼントに花束を」

このみ「あら、二分くらい前に12日になったのね」

P「……もしかしてサプライズ失敗ですか?」

このみ「そ、そんなことないわよ! 日付が変わってすぐにプレゼントもらえるなんて初めてだし」

P「ならよかったです。実は音無さんに今日事務仕事残して帰ってもらうように頼んだんですよ」

このみ「やっぱり」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 03:26:35.41 ID:DDkXsJve0

P「やっぱり?」

このみ「事務所で二人っきりになれるなんて小鳥さんが絡んでないと無理だと思ったのよね。でもまさか小鳥さんがこのために協力してくれるなんて少し意外だわ」

P「俺が音無さんに頼んだのはサプライズだけですよ」

このみ「え? じゃあハグしたいとかキスしたいってのは」

P「このみさんと話してたら何かが来てしまって…」

このみ「何よそれ、気分ってこと?」

P「言ってしまうとそうなっちゃいますね…」

このみ「……ふふっ、まあ気分でも何でもいいわ。あなたが言ってくれなかったらいつできたか分からなかったし」

P「結果オーライってことですかね。それじゃあ改めて…」


P「このみさん誕生日おめでとうございます。ずっと好きですよ」


おわり



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 03:27:53.80 ID:DDkXsJve0

オマケ
このみ「花束ありがとう。でもどうしようかしら」

P「何か問題でも?」

このみ「実は日を跨いで事務仕事やるって思ったら家に帰る気なくなっちゃって…事務所に泊まろうと思ってたんだけど」

P「あ、それなら俺が家に置いておきますよ。そこまで遠くないので」

このみ「……そうねぇ」


このみ「じゃあ、私も一緒に泊まっちゃおうかな?」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 03:29:04.59 ID:DDkXsJve0

>>21画像ありがとうございます

読んでいただきありがとうございました。このみさん誕生日おめでとうございます

back numberの「花束」を元に書こうと思ったらできなかったのを許してください。こんな恋愛が絡む話書けません。責任持ってこのみさんと大人の恋愛をするのでお願いします。


元スレ
SS速報VIP:【ミリマス】このみ「花束」