SS速報VIP:輿水幸子「ドキドキ」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 04:59:14.77 ID:/VbdXggY0

モバマスです。エロいです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434139144




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:00:10.64 ID:/VbdXggY0

幸子「それでは、『接触!世界の可愛い動物』また明日! バイバイ~♪」




番組スタッフ「……はい、OKです。二本目の準備します、一時間の休憩です!」




オツカレーオツカレー




モバP 「幸子、撮影お疲れ。バッチリだったよ」




幸子「トーゼンです。可愛いボクが、可愛いく動いて、可愛い~く撮られたんです。何も不備なんてありませんよ♪」




モバP 「はは、ただの教育番組のミニコーナーがなんでこんなに人気あるのか知らないけど、確かにお前のリアクションは笑える」




幸子「あ、あれは、ボクの可愛いさに基づくきちんと計算された高度なリアクションなんですよ!」




モバP 「はいはい」




幸子「……それより、時間空いちゃいましたよ」




モバP「そ、そうだな……」




幸子「車、行きません?」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:01:20.36 ID:/VbdXggY0

社用バス






幸子「ふふ、プロデューサーの膝の上はいつも気持ちいいです♪」




モバP「幸子……可愛いよ」ギュ




幸子「もっと言ってください……」




モバP「幸子……」




幸子「プロデューサー……ん」




モバP「ん…………キス好きだな幸子は」




幸子「プロデューサーだってしたそうに見てたじゃないですか」




モバP「あぁ……幸子ともっとキスしたい……本当に可愛いよ、幸子」




幸子「プロデューサー……ボクもです。ん、ん、ちゅ……好きです、大好き」




ブルル…ブルル…



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:02:40.03 ID:/VbdXggY0

幸子「プロデューサーぁ~!」




モバP「仕方ないだろ、《ピッ!》 はいもしもし! あ、はい、はい」




幸子「う~~」オシリグリグリ




モバP「(こ、こら!)わ、分かりました。すぐ向かわせます」ピッ!




モバP「幸子、スタッフの人が紹介する動物を用意出来なくなったらしくてな、違う動物使うからこれから打ち合わせだって」




幸子「最悪です、嫌です」




モバP「はぁ、よくある事だろ。俺もツラいよ」




幸子「……プロデューサーは?」




モバP「あとから行く。一緒に出るのは不味いだろ」




幸子「はぁ、分かりました。必ず来て下さいよ」ガラガラ ガシャン




モバP「…………はぁ。幸子、可愛いなぁ。……でもなぁ中学生はなぁ……まだなぁ流石に……キスまで……とか……辛すぎる……」






???「……プロデューサー」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:04:09.04 ID:/VbdXggY0

モバP「!!!!????」ガタッ




???「……プロデューサー」




モバP「だ、誰だ!?」




雫「わたしですよ~」前の座席




モバP「し、雫!? いつからーー」




雫「最初からですよ。プロデューサー達、わたしが寝てるのも気付かないで入ったそうそうイチャつくんですもん。わたしが緊張しましたよ~」




モバP「こ、これはその」




雫「プロデューサー……近くにいっていいですかぁ?」




モバP「あ、あぁ…いったいなにを」




雫「ふふ、プロデューサーと幸子ちゃん見てたらわたし、何だか変な気分なんです」




モバP「し、雫、ちょっと近すぎないか、あ、当たる!」




雫「いいですよ~気にしないで。あ、でも手でさわるのは禁止で、肩越しで、ね♪」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:06:52.34 ID:/VbdXggY0

モバP「な、なにがしたいんだ雫!」




雫「さぁ、何をするんでしょう……」股間さわさわ




モバP「お、おい! ダメだ! やめ……くっ」




雫「あら元気ですね。幸子ちゃんとキスしてからずっとこれですか?
ホントは幸子ちゃん先に行かせて、抜いてから行くつもりだったんですね」グリグリ




モバP「ぐ、し、雫!!」ガバッ




雫「おっと」




雫「ダメです。プロデューサーから触るのは禁止ですから」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:08:25.42 ID:/VbdXggY0

モバP「な、なんで!?」




雫「いいですか? 強引にきたらヤメますからね」またさわさわ




モバP「ん、はぁ」




雫「気持ちいいですかぁプロデューサーさん?」




モバP「……あぁ」




雫「ふふ、わたしお願いがあるんです」




モバP「…………なんだ?」




雫「次のライブツアー私も出たいなぁ~って」




モバP「!? お前言ってる意味分かってんのか!?」




雫「プロデューサーはどうなんです? 仮にわたしを出してくれたら、わたしがどんなことしてくれると思います?」ギギューー



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:09:25.76 ID:/VbdXggY0

モバP「ーっ!? …………ハァ、ハァ、これだけじゃ全然足りないな」




雫「ふふ、そうですよね。でも、どうしましょうか? あまり変態なことはできないですよ?」




モバP「幸子の収録終わったらすぐに行く!」




雫「分かりました。○○ホテルの204号室で待ってます」テハナシー




雫「…………最高の夜にしましょう……私結構上手です」




モバP「ぐ、その理由も是非聞きたいね」




雫「ふふ、ではまた」ガラガラガシャン




モバP「…………幸子」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:10:30.47 ID:/VbdXggY0

スタジオ






幸子「遅いですよプロデューサー! 打ち合わせ終わりましたよ!」




モバP「あ、あぁすまない。知り合いのディレクターに会ってな、別に俺抜きでも大丈夫だったろ?」




幸子「そうですけど……もう嫌いです!」




モバP「ハハハハ……まだ子供だなぁ……」




幸子「なんですかそれ……ねぇプロデューサー」チョンチョン




モバP「ん?」




幸子「プロデューサーが大人にしてくれるんですよね♪」




モバP「! お、おい!? ここでっーー」




幸子「ふふーん! ボクは子供じゃないですよー!!」スタスタ






モバP「…………子供だよ」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:11:56.58 ID:/VbdXggY0

ホテル○○ ・204号室




コンコン




ガチャ




ふふ、予定より早いですね。おかげで風邪を引かずにすみそうです。ん、ちゅ、ん、まだ入り口ですよ、 ん、我慢、出来ないの?
いいですよ、どうぞ、ん、はぁ、あぁあぁん。あ、あ、プロデューサー♪



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:20:52.85 ID:/VbdXggY0

幸子「もうプロデューサー先に帰るなんて……やっぱりさっきの怒ってるのかな」

ピピッ

幸子「メール……プロデューサー。……え、 来月にお休みがいっぱい取れたから旅行に行こうって…………もう、プロデューサーってば、ふふん。やっぱりボクのこと好きで好きでしょうがないんですね!」


幸子「ふふ、旅行かぁ……どきどきしますね」







12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:25:37.00 ID:/VbdXggY0





おしまいです。
プロデューサーと幸子はしばらく暇になりますがその間に結ばれ幸せに過ごします。
雫はあるイベントがきっかけで売れっ子になります。めでたしめでたしです。





元スレ
SS速報VIP:輿水幸子「ドキドキ」