SS速報VIP:美希「いっしょー、響の膝枕で寝ていたいの」



1: ◆bA3jMfAQJs 2015/06/19(金) 01:43:12.13 ID:nFaARzT+0


美希「この気持ち、わかる?」

P「超解る」



※百合要素、変態要素有り

※ヤマナシオチナシイミナシ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434645782




2: ◆bA3jMfAQJs 2015/06/19(金) 01:45:03.07 ID:nFaARzT+0


春香「絶対丁度いい柔らかさだよね」

貴音「そうですね。響の膝は適度にやわらかく、そして適度に固い。人を駄目にする枕と呼ばれるに相応しいものです」

P「経験あるのか!?」

美希「羨ましいの!」

春香「えっ、その時の響ちゃんの反応は!?」

貴音「何分、突然させて頂いたので、彼女も驚いていました」

貴音「『もぉー、いきなりなんだよ貴音ぇ』と、少しばかり照れている様子が真、愛おしく」

美希「貴音、物まねヘタなの」

春香「すっごく似てないです」

P「お前この後ビジュアルレッスンな」

貴音「なんと」




3: ◆bA3jMfAQJs 2015/06/19(金) 01:46:51.82 ID:nFaARzT+0


千早「それだけではありませんよ、プロデューサー」

P「千早か」

千早「我那覇さんの乳房も、非常に柔らかく、いい匂いがするんです」

美希「ちぶさ――おっぱい!?」

春香「なんて事――千早ちゃん! 抜け駆けして響ちゃんを手籠めに……!」

P「許さん……許さんぞぉ! じわじわとなぶり殺しにしてくれるっ!!!」

千早「落ち着いて下さい。偶然、そう本当に偶然、我那覇さんの前で春香病を患ってしまっただけです」

貴音「転んでしまったわけですね」

春香「転んじゃったなら仕方ないね」

美希「春香病を患ったなら仕方ないの」

P「ちたかないね」

千早「その時の彼女の反応ときたら――『きゃっ』、ですよ『きゃっ』……あ、鼻血が」

貴音「普段の言葉使いとはまた違う、恥じらいを持つ乙女の反応――それがぎゃっぷとなり、魅力を増幅させるのですね」




4: ◆bA3jMfAQJs 2015/06/19(金) 01:50:01.89 ID:nFaARzT+0


伊織「アンタたち、また響で盛ってるのね。相変わらずねぇ」

亜美「でもこの間いおりん、ひびきんとデートしてたよ」

伊織「バ――っ、あれは、デートじゃないの。響と一緒にショッピングをしただけよ」

P「でぇとぉおおお!?」

春香「ちょ、伊織! ズルイよ抜け駆けなんて! 私なんてハム蔵のフリして更衣室覗く位しかやった事ないのに!」

千早「水瀬さん、あなたの胸の脂肪を吸い取ってやるわよ!?」

伊織「アンタが言うと怖いのよ! ただのショッピングっつってんでしょ!?」

伊織「まぁ、その時一緒に、そこそこ良い値段のお店でランチをしたのだけれど、響ったら普段は自分で料理を作るもんだから、値段を見てびっくりしてたの」

伊織「支払いは持つわよって言ってるのに、落ち着かない様子で食事して、お店を出た後にあの子ったら」

響『伊織、ごちそうさま。……でも、ダメだぞ普段からこんなにお金使ってたら……次一緒に出掛ける時は、自分がお弁当作ってくるからな!』

伊織「もう私の収入全部、婚約指輪に突っ込んでやろうかって思ったわよ!!!」

P「ちょいと婚約指輪買ってくる」

美希「抜け駆けは許さないの」




5: ◆bA3jMfAQJs 2015/06/19(金) 01:54:36.17 ID:nFaARzT+0


あずさ「あらぁ? まだ響ちゃんは来てないのねぇ」

P「あ、あずささん。おはようございます。響は今、真、やよい、真美の三人と一緒にダンスレッスンですよ」

あずさ「そうなの……この間お菓子を作ってきてくれたお礼に、マーマレードを焼いたのだけれど」

春香「響ちゃんのお菓子!?」

伊織「ちょ、そんな極楽の事聞いて無いわよあずさ!」

亜美「ずるい! あずさお姉ちゃんずるいYO!」

あずさ「あらあらー。ごめんなさいねぇ。でもこれにはわけがあるのよー」

美希「ワケを聞くの。でもミキ達が納得できなかったら――」

千早「貴方のその胸の脂肪を吸収させて頂きます!」

あずさ「千早ちゃん、目が怖いわ。――あれは、二日前のことだったわぁ」

響『あずささん、最近お菓子食べて無いけど、どうしたんだ?』

あずさ『最近、グラビアのお仕事が増えたから、ダイエットしてるのよ~』

響『でもあんまり無理し過ぎも良くないぞ! 自分が糖分少な目のお菓子、作ってきてあげるぞ!』

あずさ『響ちゃん、結婚しましょう』

響『え?』

あずさ『気のせいよ~。じゃあお言葉に甘える事にするわぁ』

あずさ「という事で、マーマレードを食べながら、二人暮らし出来る物件を二人で模索しようと、住宅情報誌をコンビニでいっぱい買ってきたの~」

貴音「響と共に暮らすとなると、ペット可の物件ですね」

春香「ワニやヘビがOKの所となると結構限られるかなぁ」

千早「ここは防音がしっかりしてそうね。プロデューサー、この賃貸を抑えて頂けますか?」

P「俺と響で住むけど異論はないな」

全員『大有りだ』




6: ◆bA3jMfAQJs 2015/06/19(金) 01:59:36.18 ID:nFaARzT+0


真「たっだいまーっ!」

やよい「ただいま帰りましたーっ」

真美「お疲れちゃーんっ!」

律子「あれ、プロデューサー達。何してるんですか?」

P「何をしてるって、響の事を考えてナニしようと」

真「プロデューサー……響でいやらしい事考えちゃだめですよ」

P「所でその響はどうした? 一緒にレッスンだったろ?」

律子「それなんですけど、響ったらこれから仕事なのに、自宅にケータイ忘れてきちゃって……まだ時間あるので取りに戻ってます」

P「あちゃー。まぁ良いけどさ」

真「それよりプロデューサー」

P「どうした真」

真「運動後の汗をかいた響からすっごくいい匂いがしました」

貴音「kwsk」




7: ◆bA3jMfAQJs 2015/06/19(金) 02:10:27.21 ID:nFaARzT+0


真美「真美から説明するよ……あれは少し休憩していた時だったんだYO……ひびきん、ケータイ忘れた事に気がついて『うがーっ!』って慌ててたんだけど」

美希「真美の物まねは似てるの」

春香「貴音さんとは大違いだね」

貴音「なぜか飛び火致しました。所で続きをkysk」

真美「その時慌てたせいでっ! 真美とまこちんが話してる間に転んだんだけどっ!! その時、ふわっといい匂いがしたんだYOOOOOOOO!!!!」クヤシク

真「何がいいって……それだけじゃあなくて!! 転がって来た響が、上目づかいで――真美っ!!」

真美「『ご、ごめん……慌てちゃって……』」

千早「ごはっ!」

伊織「くぎゅう!!」

真「もうね、結婚しかないでしょ!? お姫様抱っこでベッドイン以外ないでしょ!?」

真美「もうね、ひびきんは麻薬だYO! 一日に一回セッシュしないと落ち着かない魔性の女だYO!」

P「俺の健康保険証で、禁響治療できるかな」

美希「したいの?」

P「したくないです」




8: ◆bA3jMfAQJs 2015/06/19(金) 02:19:45.63 ID:nFaARzT+0


やよい「うー。なんかみなさん怖いです」

律子「気にしなくていいのよやよい。あの人たちはただ病気なだけよ」

やよい「でもでも、響さんってカッコいいですよね! ダンスしてるときとか、私も見習わなくちゃって思うんです!!」

P「やよいも天使だなぁ」

やよい「えへへー」

律子「皆、響の事だけじゃなくて、仕事の事ちゃんと考えときなさいよ。これから各自スケジュール埋まってるんだから」

美希「えっと、ミキはー」

律子「えーっと、とりあえずこれから雑誌の取材が入ってるわ」

春香「私はラジオ収録ですよね」

律子「そうね。確か今日はスタジオがB6になってるはずよ。後で確認、プロデューサーお願いします」

P「はいよ。響は」

律子「これからテレビ番組の収録の後に私とディナーの約束があるので、本日は直行直帰しますね」

あずさ「律子さん? 抜け駆けは許しませんよ?」

千早「二人きりでディナー? 二人きりでディナー? 二人きりで……律子、貴方の胸の脂肪を吸収するわ!」

律子「アンタは目がマジなのが怖いのよ! ちょっとドリンクに媚薬仕込むだけだから、抜け駆けでは無いわ!」

亜美「りっちゃん。その発言は聞き逃せないYO」




9: ◆bA3jMfAQJs 2015/06/19(金) 02:27:26.05 ID:nFaARzT+0


響「戻ったぞーっ」

雪歩「お疲れ様ですぅ」

P「おお、二人ともお疲れさん」

雪歩「なんで律子さんは皆に睨まれてるんですかぁ」

P「ちょっといろいろあってな。それより響はケータイ取りに行ったんじゃなかったのか?」

雪歩「あ、その帰り道にたまたま――本当にたまたま会ったんです」

響「いやー。まさか突然大きな穴が目の前に出来上がるなんて思わなかったぞ」

雪歩「ふふ、響ちゃん驚いて尻もちついちゃってたもんね」

響「うがーっ!! それは言わないって約束じゃないか雪歩ぉ!!」

雪歩「その時の『えっ、えっ?』って表情がすっごく可愛かったんですよぉ」

響「もぉ、雪歩ぉ!」

雪歩「えへへ、その表情を見て……私も少しだけ欲望がじゅわーって……」

響「雪歩? 今何か言ったか?」

雪歩「何でもないよぉ、響ちゃん」




10: ◆bA3jMfAQJs 2015/06/19(金) 02:29:43.93 ID:nFaARzT+0


小鳥「はぁ……はぁ……響ちゃん……はぁ……はぁ……響ちゃん……うっ……ふぅ」

高木「……」

黒井「……」

高木「なぁ黒井」

黒井「なんだ高木」

高木「彼らは一体どうすればよいのだろう」

黒井「知らんよ」

おわり



元スレ
SS速報VIP:美希「いっしょー、響の膝枕で寝ていたいの」