1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:29:51.04 ID:4RF5Altk0

律子「駄目です。今日の仕事がまだ、たくさん残ってるんですよ」

P「明日なら予定、空いてるか」

律子「それも無理です。明日は日曜日だから、竜宮小町の収録があります」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:30:51.76 ID:4RF5Altk0

P「早朝でいいんだ。朝のほんの数時間で」

律子「早朝? ……それなら、まあ、いいですけど」

P「じゃあ事務所に3時集合で」

律子「3時!?」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:31:54.82 ID:4RF5Altk0

~翌朝~

P「おはよう、律子」

律子「……おはようございます」

P「眠たそうだな」

律子「当り前ですよ。ほとんど寝てません」

P「じゃあ車で寝てればいい」

律子「そうします」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:33:03.70 ID:4RF5Altk0

~2時間後~

律子「で、ここどこですか」

P「朝市」

律子「朝市? 市場に焼き鳥なんかあるんですか」

P「まあ来いよ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:34:25.37 ID:4RF5Altk0

律子「わあ……色んな屋台がありますね。それに人も多い」

P「律子、焼き鳥の屋台あったぞ」

律子「どれどれ――な、なんですかこれ!?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:36:07.39 ID:4RF5Altk0

P「焼き鳥。スズメの」

律子「ス、スズメ!?」

P「美味しそうだろ」

律子「焼き鳥っていうか、姿焼きじゃないですか!!」

P「あ、2本ください」

律子「た、食べませんよ!!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:38:05.92 ID:4RF5Altk0

P「見た目はグロいけど、香ばしくて美味しいんだぞ?」

律子「うそ」

P「――うめえ!! ほら、律子も食えよ」

律子「う……」

はむっ

律子「あ……お、美味しい!?」

P「だろ?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:40:05.91 ID:4RF5Altk0

律子「プロデューサー、カツオのお刺身が売ってます」

P「朝市は採れたての新鮮な食材がたくさんあるんだ」

律子「すいません、2つください」

P「お、悪いな律子」

律子「何言ってるんですか、全部私が食べるんですよ」

P「えー…」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:41:42.55 ID:4RF5Altk0

律子「わ。これもすっごく美味しい」

P「……すいません、俺も1――」

律子「分かりましたよ。ほら」

P「いいの?」

律子「意地悪しただけですよ。さっきの焼き鳥のお礼です」

P「お……すっげえうまい」

律子「でしょ?」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:43:11.76 ID:4RF5Altk0

律子「プロデューサー、あれも食べてみましょう!」

P「り、律子。もうお腹いっぱい……」

律子「大の男が何言ってるんですか。行きますよ!」

P「朝からよく食べるなあ……」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:45:28.82 ID:4RF5Altk0

律子「いやー、美味しかったですね」

P「楽しかったか?」

律子「ええ、とっても」

P「仕事も大事だが、こういった息抜きも必要だぞ」

律子「そうですね」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:47:09.76 ID:4RF5Altk0

P「ただでさえ、律子は無理しがちなんだから」

律子「……ねえ、プロデューサー」

P「ん?」

律子「また、息抜きに付き合ってくれますか?」

P「もちろん」

律子「ありがとうございます……!!」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:49:19.13 ID:4RF5Altk0

P「その包み、焼き鳥か?」

律子「はい。伊織達に持っていこうと思って」

P「よっぽど気にいったんだな」

律子「何事も、見た目で判断しちゃいけませんね」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:50:43.09 ID:4RF5Altk0

P「ならちょっとは俺のことも」

律子「プロデューサーは例外です」

P「そんなあ」

律子「ふふふ」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:52:04.11 ID:4RF5Altk0

伊織「律子、あんた今日、なんか上機嫌ね」

律子「え、そう?」

亜美「ねえねえ律っちゃん、これなあに」

律子「あ、それは差し入れよ」

あずさ「あら、ありがとうございます~」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:53:58.18 ID:4RF5Altk0

亜美「開けていい?」

律子「いいわよ」

亜美「やったー!!」

伊織「差し入れって、何持ってきたの?」

律子「焼き鳥よ」

伊織「何でまた焼き鳥なんか……」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:55:35.69 ID:4RF5Altk0

亜美「うわあああああ!?」

伊織「な、何!?」

あずさ「まあ!」

律子「見た目はグロいけど、香ばしくて美味しいのよ?」


おわり



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 02:00:31.03 ID:4RF5Altk0

読んでくれてありがとうございます。

話が平坦すぎた。

律子好きの人はすまない。


元スレ
律子「焼き鳥食べたいですね」P「じゃあ行こう」