1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:19:08.12 ID:5zIIQUEa0

―早朝―

伊織「はぁ……はぁ……」

伊織「早起きして卸売市場まで来ちゃった……」

伊織「でも手に入ったわ……朝一で入荷した静岡産高級豚肉……」

伊織「一旦家まで戻って……準備して……決行ね……」

伊織(ドキドキするわ……)

伊織「きゃっ!!」

伊織「な、何よ……こんな所に祠なんてあったかしら……?
  つまずいちゃったじゃない!」

伊織「見たところ壊れてはいないみたいだし……」

伊織「そのままにしても……大丈夫よね?」

伊織「急がなきゃ」

祠「」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:20:28.23 ID:5zIIQUEa0

―事務所―

伊織「……いる?」

P「あれ?伊織、何で事務所に?今日休みだろ」

伊織「ちょ、ちょっと近くに来たから寄ってみただけよ。
  あんた、また休日出勤してるの?」

P「ああ、ちょっと仕事が残っててな」

伊織「ふ、ふーん?まあ下僕としては感心な心がけね」

P「おう」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:22:41.54 ID:5zIIQUEa0

伊織「……そ、そうだ!よく働いている下僕に施しを与えるわ」

P「え?」

伊織「あ、あら?何故か私、
  今日余分に食料品を買い込んじゃってるわ」

P「……」

伊織「こんなにあってもどうせ食べきれないし、
  仕方ないからアンタにご飯作ってあげるわ」

P(食べきれない食品はやよいにあげたほうが……とは言えない雰囲気だ)



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:23:13.75 ID:5zIIQUEa0

伊織「……(チラッ)」

P「あ、ありがとうございます。謹んで頂きます」

伊織「そ、そう?そこまで言われたらしょうがないわね!
  ちょっと待ってなさいよ!」


伊織(我ながら自然な感じで切り出せたわね。
  昨日の夜頑張って練習した成果を見せるわよ!)



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:26:31.38 ID:5zIIQUEa0

―30分後―

伊織「さ、さあ、できたわよ」

P「……あ、ああ、ありがとう」

伊織「……」

P(黒い……これは何料理なんだ……
 原型がわからない……)

伊織「やっぱり……食べられないわよね……こんなの……」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:27:34.12 ID:5zIIQUEa0

P「い、いや、そんなことは」

伊織「ごめんなさい……」

P(えーい、食えば美味いはずだ、食えば!)

P「いただきます!!」バクッ

P「……」モグモグ

伊織「……ど、どうかしら……?」

P「美味い……」

伊織「え?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:28:43.01 ID:5zIIQUEa0

P「なんじゃこりゃー!超美味いー!!」

P「どうしてこんな消し炭のような料理がこんなに美味いんだー!!!」

伊織「なんだかとても失礼なことを言われてる気がするけど
  褒め言葉として受け取っておくわ」

P「ううっ……美味い……美味い……」

伊織「分かったから不気味に呟くんじゃないわよ」

P「伊織ぃ……ありがとうな……こんな美味い物を……」

伊織「っ……!!」

伊織「べ、別にこんなの、どうってことないわよ!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:30:28.40 ID:5zIIQUEa0

伊織「そ、その……
 あ、あんたさえ良ければまた作ってあげてもいいわ!」

P「本当か!?是非頼む!」

伊織「!!ほらっ、おかわりもあるから、食べてて!
  お茶淹れて来るから!」

P「おう!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:32:15.52 ID:5zIIQUEa0

―調理室―

伊織「……にひひ……」

伊織「……にひひひひひ……」

伊織(あー、顔が暑いわ……あの馬鹿に見られてないでしょうね)

伊織(あいつ……すごく喜んでたわね……!)

伊織(ありがとうですって!是非頼む、ですって!)

伊織「にひひ!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:33:32.97 ID:5zIIQUEa0

―次の日 朝―

P「おはようございまーす」

伊織「あ、あら、おはよう」

P「おう、伊織、おはよう。昨日はありがとうな」

伊織「ど、どうってことないわよ、あんなの」

P「しかし随分早いな」

伊織「そ、そうかしら?」

P「だってまだ誰も来てないだろ」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:34:30.88 ID:5zIIQUEa0

伊織「そ、そうね、誰も来てないわね」

伊織「それで……あの……はいっ、これ!」

P「な、何だ?」

伊織「そ、その、お弁当……」

P「……え?」

伊織「き、昨日、また食べたいって言ってたじゃない」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:35:32.71 ID:5zIIQUEa0

P「……わざわざ作ってきてくれたのか……?」

伊織「え、ええ」

P「……くっ……」

伊織「な、何泣いてんのよ……」

P「嬉しくて……」

伊織「えっ、あっ……か、勘違いするんじゃないわよ?!
  私は、あんたが浅ましく料理を食べてたから
  普段絶対いい物食べてないから、それで健康を心配して……
  じゃなかった!別に心配なんかしてないけど!
  プロデューサーが倒れたら困るじゃない!?だから……」

P「伊織……ありがとうな!大事に食べるよ」

伊織「!……か、感謝しなさいよね!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:37:19.60 ID:5zIIQUEa0

伊織(あんなに喜ぶなんて……早起きしてよかった……)

伊織(毎日張り切って作るわよ!)


そして、私があいつにお弁当を作るのが日課になっていったのでした……

と言っても、あいつは忙しいので、ロッカーの中にお弁当入れておくだけで、
面と向かって渡せる日は無かったんだけど……



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:39:43.88 ID:5zIIQUEa0

―数日後―

春香「うーん……」

伊織「春香?何唸ってるのよ?」

春香「あ、伊織!あのさ、プロデューサーさんのことなんだけど……」

春香「何だか最近オカシイと思わない?」

伊織「!」

伊織(ま、まさか、お弁当のことがばれた!?)



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:40:29.12 ID:5zIIQUEa0

春香「上手く言えないんだけど、心ここにあらずと言うか……」

伊織「そ、そうかしら?」

春香「うーん……」

伊織「い、いつもと変わらないように見えるけど……」

春香「そう?私の思いすごしならいいんだけど」


伊織(ばれてはいないようね……多分……)



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:43:17.41 ID:5zIIQUEa0

―お昼時―

伊織(あいつ、お弁当作ってもらった喜びが態度に出てるんじゃないでしょうね?
  こっそり食べてる所覗いてみましょ)

伊織(い、今まであいつが食べてる姿あんまり見てないから緊張する……)

伊織(べ、別に、まずいとか言われるのが怖いとか、そういうんじゃないんだから!)

伊織「……」ゴクリ


P「……」キョロキョロ

P「よし」

P「いただきまーす!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:44:02.91 ID:5zIIQUEa0

伊織(ちょうどお昼ご飯食べるみたいね……あ、あら?)

伊織「ちょ、ちょっとあんた!」


P「げ!伊織!いたのか……」

伊織「げって何よ!私のお弁当どうしたのよ?!それ近所のお弁当屋のお弁当じゃない!」

P「伊織!これは違うんだ!」

伊織「迷惑なら……迷惑って言ってよぉ……」

P「ほ、ほら、伊織!伊織のお弁当箱!」

伊織「……あ、あら?食べてる……?」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:45:35.15 ID:5zIIQUEa0

P「あまりに美味しいんで、つい……午前中に食べちゃって……
 でもそれだと午後一杯持たないから……な……?」

伊織「ば、馬鹿じゃないの?あんたどこの男子中学生よ!?」

P「ごめん……」

伊織「……仕方ないわね……小分けにして間食用とお昼用作ってあげるわ」

P「ほ、本当か!?伊織!ありがとう!」

伊織「ちょ、ちょっと、近い!近いわよ!」


伊織(まさか早弁なんて……ちょっと引くわ……
  にひひ……それだけ私の料理が美味しいってことよね……)



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:48:03.63 ID:5zIIQUEa0

―さらに数日後―

やよい「うー……」

伊織「どうしたの?やよい?」

やよい「その、プロデューサーのことなんだけど」

伊織「え……」

伊織(今度こそばれたかしら……)

やよい「最近なんだか……時々おかしいんだよ……
  眼が怖いっていうか……」

伊織「あの馬鹿……忙しいからってやよいに乱暴な態度とるなんて……」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:49:00.69 ID:5zIIQUEa0

伊織「ちょっとあんた!」

P「い、伊織!!」

伊織「ひゃっ!!」

P「ちょっと頼みがあるんだ!聞いてくれ!」

伊織「な、何よ」

P「何か!!」

伊織「はぁ?」

P「何か食べるものをくれ!!頼む!!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:51:12.52 ID:5zIIQUEa0

伊織「な、何言って……」

P「この通りだ!!」

伊織「ちょ、土下座なんてしないで!
 分かった、分かったから」

伊織(目が血走ってた……確かに変ね……)

伊織「わ、私のお弁当の卵焼きだけど……」

伊織(こっそりお揃いのお弁当なんだけど)

P「は、早く!」

P「……」モグモグ



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:52:33.17 ID:5zIIQUEa0

P「はぁ……伊織の卵焼きだぁ……」

伊織「ね、ねえ?」

P「ん?どうした?伊織?」

伊織(いつもの表情……)

伊織「やよいが……最近あんたちょっと変って言ってたわよ」

P「んー?そうかなぁ……
 最近忙しかったからちょっと興奮状態で接してたかもしれん。
 気を付けるよ」

伊織「え、ええ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:54:08.26 ID:5zIIQUEa0

―次の日―

伊織(やっぱりあいつ、変よ)

伊織(悪いけど……隠しカメラで、
  事務所でのあいつの様子を探ってみることにしたわ)

伊織「あ、来たわね……どれどれ……」

『P「……」ダダダダダ』

伊織「ロッカーまで凄い勢いで走ってきた……」

『P「はぁはぁ……伊織の……伊織の……弁当」ガシャ』

伊織「……」

『P「ああ、美味い……」』

伊織「手づかみで食べてる……」

『P「ふぅ……」スッキリ』

伊織「いつもの様子に戻った……?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:55:02.97 ID:5zIIQUEa0

『P「……」』

伊織「あとは普通に仕事してるわね……あら?」

『P「……」ソワソワ』

『P「……」イライラ』

『P「あー、もう我慢できん!」』

『P「ぐひひひ……伊織の……伊織の弁当……」』

『P「これだよぉ……ああ、美味い……」』

『P「ふぅ……」スッキリ』

伊織「……どう見ても変よ……これ……」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:56:17.51 ID:5zIIQUEa0

―さらに次の日 早朝―

伊織「おはよう……」

P「伊織!!」

伊織「ひゃっ!!」

P「伊織!!弁当!!」

伊織「ちょ、ちょっと、離して、離してってば!」

P「伊織ぃ……弁当くれよぉ……弁当ぅ……」

伊織「そ、そのことなんだけど……」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:57:57.28 ID:5zIIQUEa0

伊織「その……お弁当作るの、しばらく止めようと思って……」

P「へ……?あ……?」

伊織「だってあんた……最近ちょっと変よ……
 私のお弁当にそんなに執着するなんて……」

P「……あ……あ……」

P「ふざけるな!!!」

伊織「きゃっ!!」

P「弁当無いとどうすんだよ!!おい!!どうすんだよ!!」

P「どけっ!!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 02:58:59.64 ID:5zIIQUEa0

伊織「わ、私の荷物……勝手に見るんじゃ……」

P「うるさいっ!!」ゴソゴソ

P「……へっ……へっへっへ……あるじゃねえか……」

P「弁当あるじゃねえか……」

P「美味え……美味え……」

伊織「あの……」

P「ふぅ……」スッキリ

P「ん?どうしたんだ?伊織?」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:01:54.58 ID:5zIIQUEa0

伊織「な、何よアレ……怖かった……」

伊織「あいつ……絶対病気じゃない……」

伊織「強制的に入院させるよう社長に掛け合ってみようかしら……」

貴音「はっ!……お、おはようございます」

伊織「あら、貴音じゃない。ずいぶん久しぶりね」

貴音「……ええ」

伊織「……何で私からそんなに離れるわけ?」

貴音「べ、別に何でもありません……」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:02:35.01 ID:5zIIQUEa0

伊織「……」スッ

貴音「……」ササッ

伊織「どうして私が近づこうとすると避けるのかしら?」

貴音「……深い意味はありません」

伊織「ラーメン……おごってあげようかしら……」

貴音「ぐ……」

伊織「チャーシャー……私の分もあげるわよ」

貴音「……替え玉も……よろしいでしょうか……?」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:04:03.84 ID:5zIIQUEa0

―どっかのラーメン屋―

伊織「はぁ?」

貴音「だからその……女の霊?……というかなんというか……」

伊織「それが私に憑りついてるの?」

貴音「ええ……おそらくは」

伊織「おそらく?」

貴音「その……伊織の真後ろにいるわけではなくて……」

貴音「そこの柱の陰から……じっと……」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:05:51.27 ID:5zIIQUEa0

伊織「……!」

貴音「伊織が移動しても、一定の距離を保って付いてくるようでして」

伊織「今、かなり寒気がしたわ……」

伊織「……もしかして、最近プロデューサーの様子が変なのも
  その霊?のせいかしら?憑りついてるの?」

貴音「直接、憑りついているというわけではないようですが……
  おそらくは原因となっているのでしょう……
  特定の人の料理に異常に執着するという……」

貴音「こうなってしまった理由に、何か……心当たりはありませんか?」

伊織「心当たりって言っても……」

貴音「お墓や神社仏閣に罰当たりな行動をしたことは?」

伊織「あんた、私を何だと思って……あっ!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:08:25.01 ID:5zIIQUEa0

―祠の前―

伊織「そういえば、ここでこの小さな祠につまづいちゃったのよね」

貴音「……どうやらここで間違いないようですね……」フルフル

伊織「何震えてるのよ……?」

貴音「私……このようなことは苦手でして……」

伊織「あ、そういえばお化けとか駄目だったわね」

貴音「今は、その、『本人』が目の前にいるので……」

伊織「……そ、そう……なの……」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:09:10.21 ID:5zIIQUEa0

伊織「……あの、ここの主さん?つまずいたのは悪かったわ……」

伊織「私が作った料理を供えるから、許してください」

貴音「……」

伊織「どう……?」

貴音「怪訝な表情をしています……」

伊織「はぁ?」

貴音「今までずっと離れたところから見ているだけだったので、
  伊織の料理を見たことが無いのでしょう」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:10:42.17 ID:5zIIQUEa0

伊織「失礼ね!食べたら美味しいんだから!」

貴音「……覚悟を決めたようです……口に運びました」

貴音「あ、意外な表情ですね。美味しかったようです」

伊織「……どうやって食べてるのかしら」

貴音「どうやら、許してくれるようですね」

伊織(本当かしら……)



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:11:42.80 ID:5zIIQUEa0

―事務所 屋上―

伊織(あいつは……?)

P「伊織、どうしたんだ?誰か探してるのか?」

伊織「きゃあ!!」

P「そ、そんなに驚くとは……」

伊織「……あんた、何とも無いの?」

P「ん?ああ、何もないけど?」

伊織「お弁当は……?」

P「あ、ああ、まだ食べてないぞ。今休憩がてら食べようと思って」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:14:02.04 ID:5zIIQUEa0

伊織「本当に!?いらいらしたりしない?」

P「は?別にしないけど?」

伊織「良かった……本当に許してくれたのね……」

P「あー、その、伊織」

伊織「何?」

P「弁当、いつも済まないな。お前も忙しいんだから、
 無理しなくていいんだぞ?」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:14:31.50 ID:5zIIQUEa0

伊織「な、何言ってるのよ、私がやりたくてやってるんだから
  あんたは黙って食べてればいいのよ!」

P「そ、そうか……そう言ってもらえるとありがたいな……
 そうだ、今日は時間あるし、ここで二人で食べないか?ちょっと遅いけど」

伊織「え……?その……あの……
  あんたがどうしてもって言うなら……」

P「そ、そうか……ではどうしても、お願いします」

伊織「し、仕方ないわね!一緒に食べてあげる!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:15:32.59 ID:5zIIQUEa0

貴音「どうやら、上手く怒りを鎮めることができたようですね……」

響「貴音!どうしたんだ?柱の陰で?」

貴音「これは響ではありませんか。今、一仕事終えたところです」

響「へー?それより、サーターアンダギー作ってきたんだ!
  美味しいから貴音も食べて!」

貴音「ええ!とても楽しみです!……」

女の霊「……」ジー



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:17:25.26 ID:5zIIQUEa0

貴音「ひいっ!!……ま、また、お会いしましたね」

貴音「その……先ほどより随分お怒りの様子で……」

女の霊「……」ジー

貴音「あの、響……」

響「何?」

貴音「今日、祠にぶつかったりしませんでしたか?」

響「おー、貴音ー、よくそんなこと分かるなー
 そうそう、急いで事務所に来ようとしてさー
 勢いよくつまずいて転んじゃって!」

響「サーターアンダギーじゃなかったらぐちゃぐちゃに
 なってたぞ!あはは」

貴音「これはいけませんね……止めましょう!響!」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:18:47.09 ID:5zIIQUEa0

―事務所 控室―

春香「響ちゃんのサーターアンダギーだよー♪」

雪歩「わあ、美味しそうだね!」

美希「早く食べたいの!」

真「こらこら、美希、焦っちゃダメじゃないか」

真美「わーい、真美2つー」

やよい「待ってなきゃ駄目じゃない。真美」

律子「ま、響もたくさん作ってきたみたいだし
  先に食べててって言ってたから」

あずさ「それじゃあ、頂いちゃおうかしら」

千早「そうですね」

亜美「それじゃあ、いただきまーす!!」


終わり



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:19:59.67 ID:5zIIQUEa0

というわけで、読んで下さった皆さん、ありがとうございました
いおりん誕生日おめでとう


元スレ
伊織「呪いのお弁当」