前作



SS速報VIP:海未「ことぱなサンドイッチ」


1: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:38:14.33 ID:FP6Y/KxD0

―海未の家―

ことり「海未ちゃん、遊びに来たよー」

海未「いらっしゃい。あら?」

花陽「こんにちは……」

ことり「今日はね、かよちゃんも連れてきたの」

海未「珍しいですね」

ことり「今日は特別な遊びをしたくってー」

海未「特別な遊び……?」

ことり「うん!」

ことり「今日の海未ちゃんは私の妹だよ!そして、かよちゃんのお姉ちゃんでもあるの!」

海未「……はい??」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1389962294




3: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:39:19.28 ID:FP6Y/KxD0

ことり「わかりやすく言うと、海未ちゃんがね、次女なの。ことりは長女だよっ」

海未「いや、意味が分かりません!」

花陽「ゆるほわな長女、ことりちゃん……、しっかりものの次女、海未ちゃん……」

ことり「そして、引っ込み思案な三女、かよちゃんの3姉妹なの」

海未(どうしていきなりそんな話に!?)




4: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:41:23.68 ID:FP6Y/KxD0

海未「はぁ……最近花陽と仲が良かったと思ったらわけのわからない遊びを……」

ことり「ということで、海未ちゃん。そういう設定で始めよ?」

海未「始めよ?ではありません!やるわけないでしょう!全く、花陽まで巻き込んでいきなり何を……」

海未「ほら、花陽からも何か言ってあげてください!」

花陽「……」

海未「花陽……?」

花陽「海未お姉ちゃん……」ウルウル

海未「はうっ!?」ドキッ

花陽「海未お姉ちゃん……ことりお姉ちゃんと喧嘩しないでぇ……」

海未「け、喧嘩!?いや、喧嘩してたわけではなくてですね」オロオロ

花陽「私は……海未ちゃんにもお姉ちゃんになってほしいな……」

海未「うっ……。し、しかし……」





5: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:42:30.18 ID:FP6Y/KxD0

ことり「ねぇ、海未ちゃん。今日何の日か知ってる?」

海未「え、今日……ですか?何か特別な日とは……あっ」

ことり「気づいた?」

海未「花陽の……誕生日ですね」

ことり「そうなの。今日はかよちゃんの誕生日……。だからね、今日はかよちゃんの望みを叶えにきたの」




6: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:43:57.37 ID:FP6Y/KxD0

海未「まさか……私を姉妹にするとかなんとかは……花陽の提案だったのですか?」

花陽「うん……」カアア

ことり「ね?だから今日一日だけでいいの!かよちゃんのお姉ちゃんになってあげて!」

海未「そういうことですか……」

海未「……仕方ありませんね。花陽の誕生日に免じて、です」

ことり「わーい、やったぁ」

花陽「ありがとう、海未お姉ちゃん!」

海未「しかし、ことりの妹になるとは言ってません」

ことり「えぇー!?」

花陽「あの……それも私の希望で……」

ことり「だって!」

海未「ぐ……仕方ありませんね、今日だけですよ?」

ことり「うふふ、今日はよろしくね、海未ちゃん!」




7: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:44:32.85 ID:FP6Y/KxD0

花陽「ところで、お姉ちゃんたちは呼びあい方そのままなの……?」

ことり「あ、そっかぁ。私は別に海未ちゃんのままでもいいと思うけど……。せっかくだし、海未ちゃんのことは『海未』って呼んじゃおうかなっ」

海未「ええ!?花陽のことはちゃん付けしてるのにですか!?」

ことり「だって、かよちゃんはあだ名だもん」

海未「まあ、そうですが……」

ことり「海未ちゃんのこと呼び捨てにしたことないから緊張するよぉ。じゃあ、いくよっ」

ことり「海未」カアッ

海未「っ……///」

海未(今までことりは誰にでもちゃん付けで呼んでたから、新鮮かもしれません。……恥ずかしいですが)




8: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:45:26.88 ID:FP6Y/KxD0

ことり「じゃあ、海未はことりお姉ちゃんって呼んで?」

海未「ちょ、ちょっと!なんで同い年のことりにお姉ちゃんとつけなくてはならないのですか!違和感ありまくりです!」

ことり「今はことりのほうが年上なの!ほら、はやくぅ~」

海未(……そういう設定でした。ここは仕方ありません)

海未「ことり……お、お姉ちゃん」カアアッ

ことり「わあっ。海未ちゃんが妹なんてすごいよっ。新境地だよっ!」





9: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:46:13.92 ID:FP6Y/KxD0

海未「で、具体的に何をするのです?」

ことり「えっとぉ、特には決まってないんだけど…かよちゃんのお祝いをしちゃおうかなって」

海未「あ、そうでした。おめでとうございます、花陽」

花陽「ありがとう。海未お姉ちゃん」テレテレ

海未(花陽の『お姉ちゃん』は破壊力高いです……)




10: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:46:40.60 ID:FP6Y/KxD0

ことり「実はね、かよちゃんにプレゼントがあるの」ガサゴソ

花陽「え、本当!?」

ことり「はい、ことり手編みのマフラーだよ」

花陽「わあ」パアアッ

ことり「最近めっきり寒くなってきちゃったからね。ちゃんと学校行く前とかにこれ巻いていくんだよ?」

花陽「うん、大切に使う。ありがとう、ことりお姉ちゃん」エヘヘ

ことり「もー、ホントかよちゃんはいい子だなぁ」ナデナデ

海未(ことりのお姉ちゃんらしい面がちょっと見れましたね)

海未「すみません……私は特にプレゼントとか用意してなくて……」

花陽「いいの……。私は海未お姉ちゃんと一緒に過ごせるだけで嬉しいから……」

海未(……こういうこと言ってくれる妹なら欲しいです)





11: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:47:22.73 ID:FP6Y/KxD0

海未「そうだ、今から一緒に買い物に行きませんか?何か買ってあげますよ」

花陽「えぇ!?悪いよ……」

海未「遠慮しなくていいのですよ?」

ことり「かよちゃんが可愛いから何か買ってあげたくなっちゃったんだよねっ?」

海未「う……あ、姉として買うだけです」

ことり「うふふ。まあ、海未もこう言ってることだし。ほら、行こ?」

花陽「う、うん……」




12: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:48:01.60 ID:FP6Y/KxD0

―ショッピングモール―

海未「外でも姉妹設定のままで行くのですか?」

ことり「こーら、設定とか言わないでっ。今日一日はこのままだよぉ」

海未「とはいえ、知り合いにでも見られたら……」

花陽「私は……」

花陽「姉妹で一緒に買い物するのずっと憧れだったから……嬉しい……」

海未(今日の花陽可愛すぎませんか!?)

ことり「私も姉妹で買い物できてうれしいなっ。可愛い妹と来れたらいいなーってずっと思ってたもん!」

海未(二人とも本当に嬉しそうにしている……)

海未(仕方ありませんね……恥ずかしいですが、二人のため。吹っ切れて今日はもう楽しみましょう)




13: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:49:33.17 ID:FP6Y/KxD0

海未「ショッピングモールに来たはいいですが、一体何を買えば……」キョロキョロ

ことり「海未、かよちゃんをよく観察してみて?」コソッ

海未「え?」

花陽「ジーッ」

海未「花陽?ボーっとしてると危な……」

海未(ん……?花陽の目線の先にあるのは……)

海未(クマのぬいぐるみですか。花陽に似合いそうなかわいらしいデザインですね)

海未(あれが欲しいのでしょうか。どれどれ……)

海未(む……ちょっと高いですね……)

海未(流石にこれはやめときま……)

花陽「ジーッ」

海未(……ええい、可愛い妹のためです!……お小遣い足りるでしょうか)

海未「あの、これください」





14: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:50:21.13 ID:FP6Y/KxD0

花陽「えっ?」

花陽「なんで花陽の欲しいものわかったの!?」

海未「あ、姉として妹の欲しいものくらいわかるものです!」

花陽「海未お姉ちゃん、すごぉい!」

ことり「よかったねぇ、かよちゃん」

花陽「う、うん!」

花陽「あ……でもそれ高いんじゃ……」

海未「大丈夫です。もっと高いのでもよかったのですよ?」

海未(本当はギリギリですが)

花陽「ありがとう!本当にうれしい!」

海未「よかったです」

ことり「……」

ことり「それ本当に高いけど……もしお金足りなくなったら私に言ってね?」コソッ

海未「……ありがとうございます」コソッ




15: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:51:19.41 ID:FP6Y/KxD0

海未「はい、花陽。大切にしてくださいね」

花陽「うん!」

花陽「海未お姉ちゃんがお姉ちゃんでよかったぁ」

海未「うっ……///」

海未(花陽を本当の妹にしたくなってきました。これが噂に聞く妹萌えというやつでしょうか)

海未「私も花陽が妹で……よかったですよ……?」テレッ

ことり「ことりも仲間に入れてよぉ!」

花陽「ことりお姉ちゃんも理想の優しいお姉ちゃんです♪」

海未「ま、まあ悪くないですね」

海未(ことりが姉ってどうかと思いましたが……さっきからさりげない気遣いをしてくれる優しいお姉ちゃんです)

ことり「花陽ちゃんより評価下がるのは仕方ないかぁ。だって花陽ちゃん絶対妹にしたいタイプだもんね!」

花陽「そ、そんなこと……」

ことり「一日中こうしてるだけで過ごせるんじゃないかなぁ?」ナデナデ

花陽「あぅ……///」

海未(あぁ……。この二人のやりとり可愛すぎます……)

海未(なんだか、この関係クセになってきました)

ことり「じゃあ、プレゼントも買ったことだし、ゲームセンターにでも行こっか!」

***

ことり「ふぅ、楽しかったぁ」

海未「ことりお姉ちゃん、UFOキャッチャーこんなに上手でしたっけ」

ことり「今日はいいところ見せようと思って気合い入っちゃった!」

花陽「ことりお姉ちゃん上手だった!なのに、私は下手っぴで……」

ことり「うふふ、今度コツ教えてあげるね?」

花陽「うん!」

海未(なんだか今日はいつもよりずっと楽しいです)




16: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:52:41.70 ID:FP6Y/KxD0

ことり「さぁて、そろそろ帰ろうかな」

海未「え?もう帰るのですか?」

ことり「うん」

海未「……」

海未「あの……今日はせっかく姉妹になったのですし、一緒に過ごすのが自然かと……」

海未「ですので、うちに泊まっていってもいいのですよ……なんて……」ボソッ

ことり「え?あー、ごめんね。今日は、今からバイト行かなくちゃいけないの。それに明日は朝練あるし。久しぶりに泊まっていきたかったなぁ」

花陽「私も今日はお家で家族と誕生日パーティーすることになってて……」

海未「そ、そうですよね」アセアセ

ことり「あ、もう行かないと。じゃあねー、また明日~」

花陽「じゃあ、私もここで……。また明日です。」

海未「はい、また明日」

海未(帰ってしまいましたか……)

海未(私も帰りましょう……)




17: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:53:26.49 ID:FP6Y/KxD0

―海未の部屋―

海未(ふぅ……あの二人に挟まれると頭がどうにかなってしまいそうでした)

海未(しかし、なかなか悪くありませんでしたね……。いえ、むしろ良かったです)

海未(花陽のようなかわいい妹に甘えられるというのはこんなにも強烈だったのですね)

海未(妹に手を出す人の気持ちもわかりそうです)

海未(いや、私は手を出しませんよ?かわいい妹ですからね。私が守ってあげないと)

海未(逆にことりお姉ちゃんには甘えてみましょうか。私の姉なのですから文句は言えないはずです)

海未(ことりお姉ちゃん、膝枕してください)

海未(そして恥ずかしがりながらも膝を差し出してくれる優しいことりお姉ちゃん)

海未(ふふ、私が甘えたらことりお姉ちゃんはどういう反応するんですかね?まずはびっくりするでしょうね)

海未(ああ見えて危なっかしいところもありますからね……。私が妹としてしっかりとサポートしてあげないと)

海未(……色々夢が広がりますね。明日が待ち遠しいです)




18: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:54:14.94 ID:FP6Y/KxD0

翌日

―朝練前の部室―

海未「おはようございます」

ことり「海未ちゃん、おはようー。昨日はありがとね」

海未「海未ちゃん?海未と呼ぶのはやめたのですか?」

ことり「え」

海未「え?」

花陽「あの……海未ちゃん……?」

海未「花陽!?海未お姉ちゃんと呼んでくれないのですか!?」

花陽「え」

海未「え?」

ザワッ

穂乃果「え、なに今の?」

絵里「聞き間違いかしら?」

真姫「頭でも打ったの?」

花陽「海未ちゃん……あれは……」

ことり「一日だけだって……言ったよね……?」

海未「そ、そんな……」

海未「あんまりですー!!」

おわり




19: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 21:55:08.26 ID:FP6Y/KxD0

仕方なく始めてみたら一番ハマっていたというお話。
かよちん、誕生日おめでとうございます!



24: ◆TZgDN10hZU 2014/01/17(金) 23:46:53.16 ID:FP6Y/KxD0
元スレ
SS速報VIP:海未「ことぱなサンドイッチ」