1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:42:54 ID:Mhp073A2

壁上


エレン「……」

アルミン「…エレン どうしたの」

エレン「……アルミン あそこ」

アルミン「……巨人が集まってるね」

エレン「ああ さっきから巨人が相撲してるんだ」

アルミン「へぇ… 巨人も相撲するんだね」

ジャン「…お前ら、大砲整備は終わったのかよ?」

サシャ「お二人とも、サボりですか」

エレン「ジャン、サシャ…」

アルミン「…巨人の相撲を見てるんだよ」

サシャ「へぇ… みんな廻しも締めてますね」

ジャン「ああ… ちゃんと行司もいるんだな」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:44:27 ID:Mhp073A2

エレン「……あっ」

アルミン「……投げたね」

ジャン「…15m級と3m級だからな」

サシャ「投げたっていうより……拾って捨てられましたね」

エレン「ああ… ゴミみたいに捨てられたな」

アルミン「まぁ… 差があるからね」

エレン「何の?」

アルミン「え…いや 体格とか…」

エレン「……ああ」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:45:33 ID:Mhp073A2

アルミン「……さっきから15m級と3m級の組み合わせしか出てこないね」

ジャン「……八百長っぽいな」

サシャ「もう、大きい巨人がポイ捨てする勝負は飽きましたね……」

エレン「隅で負けた奴らが集まってるぞ……」

アルミン「…泣いてる」

エレン「悔しいんだろうな……」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:46:41 ID:Mhp073A2

エレン「……アルミン あそこ」

アルミン「……ライナー」

サシャ「ライナーですね」

ジャン「廻しなんか締めて…本格的だな」

サシャ「…大丈夫なんですかね」

エレン「何が?」

サシャ「いえ… 巨人の群の中に廻し一つで」

エレン「……ああ」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:48:18 ID:Mhp073A2

アルミン「……凛々しい顔してるね」

エレン「そうだな」

ジャン「結構さまになってるな」

サシャ「……ふふっ」

アルミン「サシャ どうしたの?」

サシャ「いえ……ライナーのお尻」

エレン「……はは」

ジャン「結構食い込んでるな」

エレン「やめろよ……ジャン……ふふ」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:49:49 ID:Mhp073A2

アルミン「……短かったのかな」

エレン「ふふふ……」

アルミン「……ライナーが土俵に出たよ」

サシャ「四股を踏む姿もそれっぽいですね……」

ジャン「……尻はぷりっぷりだけどな」

エレン「ジャン…ふふふふ マジでやめろって」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:51:06 ID:Mhp073A2

アルミン「あっ」

サシャ「巨人になりましたね」

エレン「ライナー……巨人だったんだな」

ジャン「ああ……」

サシャ「……巨人になっても廻しはあるんですね」

ジャン「エレン……」

エレン「……もうやめろよ」

ジャン「……尻」

エレン「……ふふふふ」

サシャ「ふふ……」

アルミン「ははは……」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:53:16 ID:Mhp073A2

ジャン「……おー」

アルミン「ライナー… 強いね」

サシャ「あれ……何て技なんですか」

ジャン「……さあ?」

アルミン「タックル……?」

エレン「ふふふ……」

ジャン「…まだ笑ってんのか」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:54:27 ID:Mhp073A2

ジャン「……また誰か土俵に出てきたな」

アルミン「あれは……アニだね」

サシャ「……Tシャツとスパッツ着てますけど」

エレン「廻し締めてるな…… お」

アルミン「へぇ…… アニも巨人だったんだ」

ジャン「ライナーと向かい合って……四股を踏んだな」

サシャ「……行司が団扇を振りまわしてますね」

エレン「始まるみたいだな……」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:56:06 ID:Mhp073A2

アルミン「……アニ、確実に蹴ってるよね」

ジャン「ああ…」

サシャ「…ルール違反じゃないんですか」

エレン「……行司は黙ってるぞ」

サシャ「あ、ハイキック…」

ジャン「…これも綺麗に入ったな」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 17:56:39 ID:Mhp073A2

アルミン「…ルール、知らないんじゃないかな?」

エレン「誰が?」

アルミン「…いや アニも… 行司も…」

エレン「……ああ」

サシャ「行司… 汗かいてますね」

ジャン「…焦ってるんだろ」

アルミン「うん… なんとなく違うとは思ってるみたいだね」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:00:12 ID:Mhp073A2

サシャ「ああ… あー…」

アルミン「もう…タコ殴りだ」

ジャン「ライナー… 膝ついてるじゃねぇか」

エレン「……行司は止めないんだな」

アルミン「さっきから… 団扇を上げようとはしてるけど」

ジャン「……まだ踏ん切りがつかねぇみたいだな」

エレン「… あ、上げた」

ジャン「……アニの勝ちか」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:00:57 ID:Mhp073A2

アルミン「ルール的には負けてるけどね…」

エレン「……座布団が投げ込まれまくってるな」

ジャン「…泥仕合だったからな」

サシャ「……みんな行司に投げつけてますね」

アルミン「……うん」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:03:08 ID:Mhp073A2

エレン「……あっ」

アルミン「……うなじの所からライナーが出てきたね」

サシャ「へぇ… 巨人ってそういうものなんですね」

エレン「そういうものって?」

サシャ「……いえ 乗りものみたいなものなんだな……と」

エレン「……ああ」

ジャン「……ん なんだ……」

エレン「ライナー… もたついてるぞ」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:04:42 ID:Mhp073A2

サシャ「廻しが……どこかに引っかかってるみたいですね」

アルミン「……焦ってるね」

ジャン「……ふふ エレン」

エレン「……ふふふ」

サシャ「……引っかかって、廻しがきつく締まってますね」

エレン「ふふ……ふふふ」

アルミン「……さっきよりぷりっぷりだ」

エレン「ふふふ… やめろって」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:05:41 ID:Mhp073A2

サシャ「……あっ 取れた」

アルミン「反動で……地面に落ちちゃったね」

ジャン「ああ… ぷりっぷりの尻からな」

エレン「ふふふ……おい、ジャン ……ふふふふふ」

ジャン「……ははっ」

サシャ「ふふふっ」

アルミン「ははは」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:07:08 ID:Mhp073A2

サシャ「ふふふ… おや」

ジャン「…ベルトルトだな」

エレン「…他のとは違って、廻しが豪華なんだな」

アルミン「…横綱なんだね」

エレン「なんで?」

アルミン「…いや 前掛けに横綱って」

エレン「……ああ」

ジャン「ベルトルトが… 横綱」

サシャ「見えませんね」

アルミン「うん…」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:08:12 ID:Mhp073A2

ジャン「……おっ 四股踏んだ」

エレン「ヒョロッヒョロな四股だな…」

アルミン「…あんまり足も上がってないしね」

サシャ「でも… 顔つきだけは一丁前ですね」

アルミン「うん… これまでの誰よりも凛々しい表情だ」

ジャン「ちょっと… イラッとするな」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:10:00 ID:Mhp073A2

アルミン「…あっ」

サシャ「…でかいですね」

エレン「へぇー… あいつだったんだ」

ジャン「壁壊したの……ベルトルトだったのか」

アルミン「…ベルトルト、土俵に入ってなくない?」

サシャ「つま先しか入ってませんね…」

エレン「でも行司は黙ってるぞ…」

ジャン「あいつ……またかよ」

アルミン「もうあの行司はいいよ…」

サシャ「居ても居なくても変わりませんね…」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:11:29 ID:Mhp073A2

エレン「でもまぁ…団扇は振り回してるぞ」

アルミン「…本当に振り回してるだけだけどね」

ジャン「そうしてれば良いって思ってる節があるよな…」

エレン「でも…結構必死だぞ」

サシャ「いや…ええ まぁ…」

ジャン「……必死だからなんだよ」

エレン「……は?」

アルミン「……喧嘩はよそうよ」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:14:53 ID:Mhp073A2

サシャ「……一瞬でしたね」

アルミン「うん…」

エレン「…なんて技なんだ?」

ジャン「…蹴り?」

アルミン「蹴りっていうか…なんだろ」

サシャ「足を…ちょっと動かしたって感じですね」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:16:27 ID:Mhp073A2

エレン「…今回はすかさず団扇を上げたぞ」

ジャン「…素人が見ても負けって解るからな」

アルミン「ベルトルトの場外にはノータッチだけどね…」

ジャン「…クソ行司だな」

エレン「………てめぇ」

アルミン「……もうやめようよ」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:17:56 ID:Mhp073A2

サシャ「…アニも這い出てきましたね」

ジャン「ああ… いつも通りの仏頂面だな」

アルミン「まぁ… 初めから勝てるとは思ってなかったんだろうね」

エレン「なんで?」

アルミン「え…いや 体格差…とか」

エレン「……ああ」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:19:13 ID:Mhp073A2

サシャ「…わっ」

アルミン「…超大型巨人が一瞬で消えたね」

ジャン「すげぇ蒸気だな…」

エレン「ああ… すげぇ湯けむりだ」

アルミン「……湯けむり」

エレン「……水蒸気?」

アルミン「…いや 湯けむりでいいと思うよ」

エレン「……そうか」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:21:20 ID:Mhp073A2

ジャン「…蒸気が晴れてきたな」

アルミン「…あっ ベルトルト…」

サシャ「……嬉しそうですね」

ジャン「ああ… すげぇ笑顔だ」

エレン「…ははっ あいつってあんなに笑うんだな」

サシャ「…ええ 本当に嬉しそうですね」

アルミン「うん… ちょっと喜びすぎだけどね…」

エレン「…そうか?」

アルミン「…うん …だって、何? あのダンス…」

ジャン「…ありゃ …カズダンスだな」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:22:35 ID:Mhp073A2

サシャ「…競技が違いますね」

エレン「……勝ったんだ 別にいいじゃねーか…」

アルミン「…さっきから巨人に優しいね」

サシャ「…ふふっ エレンは優しいんですね」

エレン「…お前ら よせよ…」

ジャン「…ははっ 赤くなってんじゃねーよ…」

エレン「……は?」

アルミン「…ジャンはエレンに話しかけない方が良いみたいだね」

エレン「……は?」

アルミン「…エレン …ごめん」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:24:29 ID:Mhp073A2

ジャン「…ライナーがベルトルトに駆け寄ってきたな」

サシャ「ええ… アニも来ましたね」

アルミン「…3m級巨人もベルトルトに駆け寄ってきてるね」

エレン「……みんな嬉しそうだな」

サシャ「ええ… …ふふ」

ジャン「…ライナーの尻 鬱血してるな…」

サシャ「…ええ 青くなってますね」

アルミン「…結構な高さから落ちてたからね」

エレン「…ふふふふふ」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:25:53 ID:Mhp073A2

ジャン「…また始まりやがった」

エレン「…いや だって… ふふふふふ」

サシャ「…っふ、ふふふ」

ジャン「…はは」

アルミン「はははは…」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:26:44 ID:Mhp073A2

アルミン「ははは… あっ」

サシャ「…行司からも誰か…出てきましたね」

ジャン「…ユミルか」

エレン「ユミルだな…」

サシャ「…ユミルが行司をしてたんですね」

ジャン「…なんかやり遂げたって顔してるな」

エレン「…ああ すげぇ満足そうだ」

アルミン「…ひとつもちゃんとジャッジ出来てなかったけどね」

エレン「ああ… クソ行司だ」

ジャン「……エレン」

アルミン「……ジャン 駄目だよ」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:31:51 ID:Mhp073A2

エレン「…みんなでベルトルトを胴上げするんだな」

サシャ「ふふ… ベルトルト、嬉しそうですね」

アルミン「…ライナー達、ベルトルトに届いてなくない?」

ジャン「ああ… でも嬉しそうだな」

アルミン「うん… そうだね」

エレン「みんな 良い笑顔だな…」



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:32:45 ID:Mhp073A2

サシャ「…みんな、本当に嬉しそうですね」

ジャン「ああ… 楽しそうだな」

アルミン「…ベルトルトも、僕らの前で笑ってくれたらいいのにね」

エレン「…ん んんーーーー…」

アルミン「エレン… 伸びなんかしちゃって」

サシャ「おへそ… 見えてますよ」

エレン「…サシャ よせよ」

アルミン「…ふふっ」

サシャ「あははっ…」

エレン「…へへ」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:35:03 ID:Mhp073A2

ジャン「…ふぁ ちょっとサボりすぎちまったな…」

エレン「…ああ」

サシャ「ちょっと巨人の相撲に気を取られちゃいましたね…」

アルミン「…そろそろ始める?」

ジャン「準備はできてるぞ…」

エレン「そうだな… じゃ、目標 ベルトルト…」

アルミン「了解」


ドォォォン!!


                    おわり



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 18:37:13 ID:Mhp073A2

以上です
読んでくれた方々、ありがとうございました



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/11(火) 19:13:41 ID:Mhp073A2

前回はアルミン「復讐のホモ団」などといったSSを書いたので、見て貰えると嬉しいです


元スレ
SS深夜VIP:ライナー「春場所」