SS速報VIP:P「765プロに来い、響」響「うんっ」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:34:15.37 ID:JhGP97ls0


P「ご、ゴメン皆・・・」

真「突然予定をすっぽかしたと思ったら・・・」

やよい「響さんとデートしてたんですね」

P「い、いや・・その、偶然街で会って・・ちょっと買い物に付き合ってたら今日の予定忘れてて・・・」

春香「はぁ・・・もしかして隠れて響ちゃんとデートばっかりしてるのかな~」

P「そ、そんなことないぞ!ほら、あいつってなんかほっとけなくて・・・」アセアセ

P「なんか黒井社長に騙されてキャラ作ってるし・・」

真「まぁ・・確かに」

P「あの周りすべてを敵視する目とかを何とかしたいし・・・」

春香「あ~・・」

P「そもそも変態だと思われてるふしがあるし・・・」

やよい「うっうー・・・(半分くらいあってますー)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436006045




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:35:02.91 ID:JhGP97ls0


~~~
その後いろいろあり―――
ζ*'ヮ')ζ <詳しくはパーフェクトサンをプレイしてくださいー


響「今日から765プロでお世話になるさ!よろしくー!!」

やよい「うっうー!よろしくお願いします!」ガルーン

真「よろしく、響!」

春香「よろしくね、響ちゃん」

P「よろしくな響」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:36:57.55 ID:JhGP97ls0



響「自分、プロデューサーとならすっごいアイドルになれそうな気がする!」



響「プロデューサーもハム蔵達と同じくらいすっごく大切って思ってるぞっ!か、家族みたいな感じ・・かなっ!」



響「いつも一緒だから、プロデューサーとはもう家族みたいな気分だね!・・あっ、夫婦とか、そういう意味じゃないぞ!?//」



響「今じゃ、プロデューサーも家族だよねっ!そうだっ!プロデューサーにも名前を・・プロ太郎とかどうかなっ!・・・え、ダメ?」



響「じ、自分ね、プロデューサーのこと好きだぞっ!・・あっ、ちょ、そそ、そういう意味じゃなくて!人間的に!人間的な意味でね!ね!」アセアセ




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:39:41.71 ID:JhGP97ls0

~~
P「今日お前たちを緊急招集したのはどうしても話したい議題があってだな・・・」

やよい「はぁ・・」

P「最近の響についてなんだが・・・題して『どうした!?がなひび』」

春香「・・・目に見えて信愛度が上がってきてますね」

真「それと生き生きしてます」

P「そうだな」


P「だけど・・・・・なんか・・」







P「違うんだよぉぉぉぉぉぉーーーーーっ」

一同「!?!?!?」ビクッ




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:40:10.72 ID:JhGP97ls0


P「俺は961時代の響は無理してキャラ作ってたから自然体で行けばいいとずっと思ってた」

やよい「今はすっごく自然体です」

P「ああ・・・そうだ・・人気も前よりある・・・」

真「ならいいじゃないですか」

P「でも俺は気づいたんだ・・俺はあのころの・・」

P「牙を持ってて・・・決して懐こうとしない、突っ張ったあの響が好きだったんだ・・・」

P「無理して強がっちゃってるあの響が」

春香「はぃ・・?」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:42:39.52 ID:JhGP97ls0



P「最近の響はかわいい・・結婚したい・・・でも!でもですよ!!」

P「なんか物足りないんじゃあぁ~」

P「と、いうことで、何とかしたんんだけどどうすればいい?」

春香「どうもしなくていいですよ!tと、というか結婚したいって・・ええ!?」

やよい「・・・無理してキャラ作らせるのはよくないってプロデューサーが言ったんですよ?」

P「ああ・・でもな、この前こんなことがあったんだ・・・」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:43:18.60 ID:JhGP97ls0

~~~~

響「うへへ・・・子供はいいなぁ~」

P「響、誘拐はよくないぞ」

響「ゆ、誘拐なんてしないよ!・・ただ、自分は子供が大好きなんだ」

響「好きなだけじゃなくて・・・子供がほしい!たくさん欲しいんだっ!わ、わかるでしょ、この気持ち!」

響「ねぇ、プロデューサーは子供何人くらい欲しい?」

P「そうだなぁ・・1~3人くらいかな」

響「少ないぞ!自分は7人!いや10人・・・もっといたっていいぞ!」

響「とにかく欲しい!欲しい!いつか本当に・・」

P「そ、そういうことは大声で言わないほうがいいぞ」

響「・・・うぎゃーっ!!///」

~~~




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:44:40.14 ID:JhGP97ls0

真「・・・それで?」

P「いや、その・・・な?」

春香「発言が危なっかしいのは昔から治ってませんね」

やよい「それも響さんの魅力だと思います」

真「というか今のエピソードなにか関係あるんですか?」

P「・・・・・・・・」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:47:37.90 ID:JhGP97ls0

P「でもなぁ~」

真「まだ何か?」

P「この前もこんなことが・・・」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:48:09.03 ID:JhGP97ls0

~~~~

響「えへへ、プロデューサー!今日はプレゼントがあるんだ」

P「おお・・これはマフラーに手袋にセーター・・全部手編みじゃないか」

響「全部装備してみて!感想を聞かせてよ」

P「ここじゃ暑いだろ・・」

響「じゃあ涼しいとこ行こう!最近できた雪山ランド!」

P「ああ・・構わないけど」

~移動~

響「で、どう?」

P「ああ、最高だよ。大事に使わせてもらうよ」

響「ホントか!?やったぞー!い、一生懸命作ったんだ!」

響「だ、だからその・・・」ヘックション

響「どれか貸して・・・寒い」

P「・・・・」

~~~~~




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:48:44.13 ID:JhGP97ls0


やよい「それで?」

P「いや、頭ゆるすぎだろアイツ」

春香「・・・昔からそういうとこ治ってないですね」

真「昔っていってもそんなに前じゃないけどね」

やよい「今のエピソードは何か関係あるんですか?」

P「いや・・・・・・その」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:49:55.61 ID:JhGP97ls0


P「なんか響のことを思うと心配で夜も眠れないっていうか・・・」

P「守ってやらないといけないと思っちゃって・・・かな」

P「とにかく最近響がすごい気になっちゃってずっと目で追っちゃっうというか」

P「響を見るたびに胸がドキドキするというか・・・」







P「これ何かの病気なのかな?」

真「えっ」

やよい「なっ」

春香「ちょっ」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:50:29.79 ID:JhGP97ls0


P「それでツンツン響に戻す計画だけど・・・」

真「」

P「聞いてるのか?」

春香「」チーン

P「なあ」

やよい「・・・・」







ζ*'ヮ')ζ<一生SPやってりゃいいんじゃないかなーって

終わり



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 19:52:38.91 ID:JhGP97ls0

おわりです。久々にSPプレイしたので書きたくなった。後悔はしていない
今も昔も響大好きさーー!


元スレ
SS速報VIP:P「765プロに来い、響」響「うんっ」