1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/06(月) 20:11:36 ID:nMuQMaxE




   765プロ事務所



真「おはようございま……」ガチャッ

真「って、暑っ!! クーラー点けて無いの?」キョロキョロ




「ハニーってばズルいの!!」

「だから、仕方ないだろ?」




真「あっ、奥から美希とプロデューサーの声がする……」

真「なになに、どうしたのー? ボクも交ぜてよー」タタタッ



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/06(月) 20:18:04 ID:nMuQMaxE

特にオチは無いです



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 11:42:06 ID:sevgwMIU



P「おお、真おはよう」

真「おはようございますプロデューサー!!」


真「……」

真「で、これは?」チラッ



P「ビニールプールに、ホースで水を貯めてたんだ」ジャボジャボ

美希「むーーっ。美希も入りたい!!」プクーッ


P「何度も言うが、下着じゃ駄目だ。水着になれ水着に」

美希「持って来てる訳ないの!!」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 16:26:04 ID:sevgwMIU



真「プロデューサー、クーラーは点けないんですか?」

P「んっ? ほら、前々から今日は節電日だって言ってたろ?」ジャボジャボ


真「うわっ、今日でしたっけ?」

P「そうだぞー。夕方5時までは扇風機だけだ。まぁ、お前らはその前に仕事だけどな」



真「えっ、と。ボクと美希の仕事はここを4時に出発だから……ひぃ、ふぅ、みぃ」

美希「まだ三時間もあるのっ!!」バンッ


P「だな。頑張れ若者ー。あ、それと律子達がツアーから戻って来たら、改めて言うけどさ?」

P「俺、ここ辞めるから」ジャボジャボ



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 21:16:57 ID:sevgwMIU



美希「……」

真「……」


美希「クーラー点けるね?」ピッ

真「当然、扇風機も」ピッ



P「おいっ、だから節電だって……はぁぁっ、しょうがない」

P「体調崩すとイケないから、エアコンの温度はあまり下げるなよ?」


P「プールの方は、後10分ぐらいか」ジャボジャボ

P「こっちもしょうがない。ソファーに座って待とう」ボフッ



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/07(火) 21:32:22 ID:sevgwMIU



P「ふぅっ……」

P「あ、そうだ。念の為もう一ヶ所ぐらい、事務所にする場所を探しとくかな」ボソッ


美希「……」

真「……」



美希「ハニー、隣に座るねっ」ボフッ

真「じゃあボクは、反対側におじゃましちゃお」ボフッ


P「いや、良いけどさ……」キョロキョロ

P「こんだけ寄ったら、暑くないか?」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/09(木) 09:49:48 ID:9t/vLHkA



真「爪が伸びてますよプロデューサー? 整えてあげますから、こっちの手、借してください」スッ

美希「ミキはこっちの手をしてあげるの」スッ


P「えっ、あっ、ああ、ありがとう二人とも……」

P(会話、できてるよな?)



美希「ハニー? 女の子を触った時に、爪が痛かったら嫌われちゃうよ?」スリスリ

真「爪は、爪切りで鋏むんじゃなくて、こうやって……ヤスリの方で」スリスリ


美希「すりすりっ」

真「しゅっしゅっ、と」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/09(木) 15:38:05 ID:9t/vLHkA



真「角が出ないように、まーるく削って行くんです」スリスリ

美希「フーーーっ♪」


P「おおっ、なんか不思議な感覚で気持ちいいな!!」ゾクゾクッ

P「爪は切らずに、ヤスリで削る……か」



真「……」スリスリ

美希「……」シュッシュッ


真「ところでプロデューサー?」

P「ん、どした?」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/09(木) 15:50:46 ID:9t/vLHkA



真「ああ言う冗談ってボク、あんまり好きじゃないなぁ……」スリスリ

P「……」


美希「うん。ミキも面白くないって思ったの」シュッシュッ

P「……」



P(冗談?)

P「ゴメン」


真「あははっ、わかって貰えればいいんですっ♪」

P「いや、そうじゃなくてだな? 冗談って……どの事を言ってるんだ?」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/10(金) 13:45:15 ID:Xb.aH88g



真「ほら、ここを辞めるとどうとか」

P「まさか、そんな事を冗談でなんか言わな……」


美希「……」パチンッ

P「痛っつ!!?」ビクッ



美希「ごめんなさいなの」

P「あ、ああ……」


P(今、物凄い深爪で鋏まれたぞ?)ヒリヒリ

P(てか、爪は鋏まないで削るとか言ってなかったっけ?)



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/10(金) 14:00:57 ID:Xb.aH88g



真「……」スリスリ

美希「……」シュッシュッ


美希「ねぇ、ハニー?」

P「……」



美希「ハニー?」

P「なんだ?」


美希「新しくプロデュースしたいアイドルでも、見つかったのかなーって」スリスリ

P「そう、だな……まだ了解は取ってないが、カフェのウェイトレスをしてる良さそうな子が居てさ」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/10(金) 16:17:23 ID:Xb.aH88g



真「……」シュッシュッ

P「制服のせいかも知れんが、フリフリのメイドスカート姿が可愛かっ……」


真「へぇ……」スリスリスリスリッ

P「いつっ!? 真、削り過ぎだっ!! 指の表面まで擦ってるぞ!!」ビクッ



真「ごめんなさい」ペコリ

P「あ、ああ……」


P(なんだコレ? さっきから可笑しいよな?)

P「すまないけど、絆創膏を貼ってくれないか? 少し、血が滲んで来てるしさ?」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/11(土) 15:02:32 ID:4Kq5KaCk



真「……」スリスリ

美希「……」シュッシュッ


P「……」

P「なぁ?」



真「次はっ!!」

P「っ!?」ビクッ


美希「耳かき」

美希「してあげるねハニー?」ニコリ



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/11(土) 16:48:12 ID:4Kq5KaCk



P「あ、ああ……」

P(指、痛いんだが)ジンジン


美希「耳かき棒を、ハニーの耳の中に」スッ

真「よーそろー♪」ニコリ



美希「……」カリカリ

真「……」カリカリ


P(こうやって座ったまま、左右同時に耳かきをされるってのは、初めてなんだけどさ)

P(気持ちいいっちゃ、気持ちいいんだけどさ……)



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/11(土) 16:51:37 ID:4Kq5KaCk



美希「ハニー?」

P「……」


美希「ハニー?」カリカリカリカリ

P「っ、なんだ?」



美希「これからも」

美希「ずぅーーーーーっと」


美希「ミキがハニーの耳かき、してあげるねっ」ニコリ

P「……」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/11(土) 18:48:40 ID:4Kq5KaCk



P「夢、なんだ」

真「……」カリカリ


P「自分の事務所を持って、そこを日本一のアイドル事務所にしたい」

美希「……」カリカリ



P「お前たちは、応援……してくれないのか?」

美希「ミキは、無理って思うな」


P「えっ!?」

真「日本一って事は、この765プロも越えるって事ですよね?」カリカリ



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 09:36:52 ID:0xzRn2/Y


P「……」

真「それはアレですか? ボクらが引退してからって事ですか?」クスッ


美希「でも、それならへーきだよ?」

美希「ハニーが辞めたら、ミキも辞めるから」クスッ



真「……」カリカリ

美希「……」カリカリ


P「この事務所の皆は、全員がトップアイドルだ」

P「もう、自分で仕事を選べる立場になってる」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 09:44:39 ID:0xzRn2/Y



P「俺が辞めたら、個人にそれぞれマネージャーが付いて」

P「これまでよりずっとスムーズに予定を……」


美希「奥に挿れるよハニー」グリッ

真「絶険ですから、しゃべらないでください」グリッ



P「っ……」ビクッ

P「あ、あ」


真「……」カリッカリッ

美希「……」カリッカリッ



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 09:58:05 ID:0xzRn2/Y



真「辞めないで、くださいよプロデューサー」カリッカリッ

美希「いっしょに、お仕事しよっハニー?」カリッカリッ


P「もちろん、すぐに辞める訳じゃないんだぞ? 年末のライブを終わらせてから……」

真「プロデューサー!!!」



P「……」

真「あんまりショックな事を言われたらボク……」カリッカリッ


真「ズブッ!! って、耳かき棒を突き刺しちゃう、かも」

P「っっ!?」ゾクッ



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 15:34:24 ID:0xzRn2/Y



美希「ミキ、駄目なとこあったら直すよ?」カリッカリッ

P「……」


美希「それとも」

美希「新しい事務所に、ミキも連れてってくれる?」



P「……」

P「いや、俺の力だけで……」


真「……」カリッカリッカリッカリッ

美希「……」カリッカリッカリッカリッ



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 15:39:25 ID:0xzRn2/Y




 ガチャッ

響「はいさーい!!」

貴音「ただいま戻りました」


真「……」チラッ

美希「……」チラッ



響「うわっ、涼しすぎるぞ!? エアコン消すね」ピッ

貴音「おや、何やら不穏な空気が漂っておりますが……」


貴音「どうかしたのでしょうか?」

P「……」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 15:44:30 ID:0xzRn2/Y




  ──説明中──



響「えぇっ!? 辞めちゃうのかプロデューサー!!」ユサユサ

P「もう、決めた事だから……」


貴音「仕方ありませんね」

P「貴音は、分かってくれるのか?」



貴音「このような手段は醜き事ですが……」

貴音「あなた様とわたくし達は、元を辿れば男と女。引き留める方法もありましょう」クスリ


真「えっ、それって……」ビクッ

P「……」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 15:49:39 ID:0xzRn2/Y



P「冗談なら止めろ。俺に、お前達を軽蔑させないでくれ!!」

貴音「冗談、とお思いで?」


P「悪いが、俺は担当アイドルを抱くつもりは無いし」

P「もし迫られようと、腕力はこっちが上なんだ。全力で逃げさせて貰う!!」キッ



P「……」

貴音「……」


貴音「ふふっ、どうやら……勘違いなさっているようですね?」クスリ

P「勘違い?」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 15:50:53 ID:0xzRn2/Y



貴音「響、アレを」

響「……」コクリ


響「こんな事も有ろうかと、ドラゴンボールを集めててよかったぞ」ゴトッ

響「いでよシェンロン!! そして願いを叶えるさーっ!!」ビカーーーッ



神龍「さぁ、願いを言え。どんな願いも、一つだけ叶えてやろう」

貴音「この者を……けつがばがばもろ感の、淫乱雄野郎にせよ!!」


神龍「良かろう」キュピン

神龍「願いは叶えた、サラバだ」ビカーーーッ



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 15:56:20 ID:0xzRn2/Y



貴音「もう辛抱たまりません!!」スルスルッ

貴音「わたくしの『ふたなりぺにす』で、裁きを言い渡します!!」ブルンッ


貴音「フンッ!!」ドンッッ

P「うおぉぉっ!!?」バシャーン



真「あ」

美希「プールの中に堕ちたの」


貴音「あなた様、観念なさいませっ!!」ビリビリィッ

P「おいっ、ヤメろぉ貴音!!」ビチャビチャ



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 15:57:58 ID:0xzRn2/Y



真「部屋に散らばったコレはどうするの?」

響「一年経てばまた使えるから、拾って集めるんだ」ヒョイ ヒョイッ


貴音「響っ、ひびきっ、わたくしのふたなりぺにすが入りましたよっ!!」パンパンパンパン

P「ん゙あ゙ああああっ、ヤメっ、ヤメろおおおおおっ!!!」フルフル



響「よかったなぁ貴音ェ……」ポロポロッ

貴音「この痴れ者がっ、痴れ者ぁっ!!!」パンパンパンパン


響「貴音が楽しそうで、自分も嬉しいぞ」ニコリ

P「ん゙あ゙ああああああああああああああ!!!!!」



37: ◆uC4PiS7dQ6 2015/07/12(日) 16:01:16 ID:0xzRn2/Y


P「TDN夏日」

ハッピーエンド



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 16:04:39 ID:0xzRn2/Y

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/12(日) 16:24:23 ID:epdKWlk2

これは酷いwww


元スレ
SS深夜VIP:P「ただの夏日」