SS速報VIP:春香「浮気だなんて酷いよ、千早ちゃん!」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 21:12:35.57 ID:AUsi9MuB0

千早「いえ、違うの春香・・・そういうつもりは・・」

美希「そうなの、浮気なんかじゃなくって千早さんは美希に本気なの」あふぅ

千早「み、美希・・!あのね、みk・・」

春香「ォオノォォオレェェェエ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436184745




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 21:20:48.92 ID:AUsi9MuB0

千早「待って、違うの春香お願いだから話を聞いて?」

春香「千早ちゃんのことが信じられないよ!あんなに仲睦ましげに美希と公園デートしておいて!」

美希「あはっ、千早さんは美希のことが好きだからしょうがないの」

千早「あの、違くて・・」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 21:25:46.03 ID:AUsi9MuB0

春香「最近千早ちゃんが一緒に出かけてくれなくって私どれだけと思う・・」

千早「え、えぇ・・春香とは最近出かけられてなかったわね、それは申し訳なく思うわ・・・でもねはるk」

美希「写真が趣味の千早さんが美希とバードウォッチングに行くのは自然だって思うな。ううん、神さまの意思なの!」

春香「・・・っ!私とだって一緒にショッピング行ったりカラオケ行ったりしてたもん・・!」

美希「あぁ、そのことなの。それなら千早さんと一緒に行くのは美希でもいいって思うな」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 21:27:02.25 ID:AUsi9MuB0

脱字った。春香「どれだけ寂しかったと思う」で脳内補完よろ



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 21:34:22.67 ID:AUsi9MuB0

春香「美希ッ!・・・じゃあ千早ちゃんと一緒にお料理とか出来る?私ね、つい一昨日もうちで千早ちゃんと並んでお料理してたんだよ?」

美希「うらや・・、じゃないの!ミキは食べる側だからいいの!千早さんの握ってくれるおにぎりを待ってるの!」

春香「ず、図々しい・・!」

美希「それより千早さん、それはどういうことなの!最近美希が千早さんのお家に遊びに行きたいって言ってもそっけなかったのはそういうことなの!?説明して欲しいって思うな!」

千早「あの、ちg」

春香「その後は千早ちゃんとお互い耳かきしあったりなんてしたんだから・・!」

美希「ナノォォォオレェェェェエ!!」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 21:39:14.54 ID:AUsi9MuB0

美希「何!?なんなの!?なんなのなの!?」

千早「美希、落ち着いて・・・」

美希「浮気にしたって限度があるの!いくらミキでもお互い耳かきなんて甘ぁいのは許容できないの!」

千早「だから浮気じゃ・・」

春香「ふふん、千早ちゃんは私に本気なんだもんね、私は寛大だから今回は不問にしてあげるよ♪」

千早「春香、あの、だから、その・・」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 21:44:28.99 ID:AUsi9MuB0

美希「春香ッ!それは聞き捨てならないの!」

春香「何とでも仰いこの泥棒猫!」

美希「なら言わせて貰うの!春香より美希の方がよっぽど千早さんにふさわしいって思うな!」

春香「・・・?」

美希「アイドル活動についてより千早さんと近いレベルで話が出来るのはミキだし、千早さんは(多分)年下が好きなの!」

春香「・・・ッ!」

美希「それにね、ミキなら千早さんに足りないところを埋めてあげられるって思うの!」

春香「美希それは駄目ッ・・!」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 21:45:06.73 ID:AUsi9MuB0

72「くっ・・・!」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 21:52:15.03 ID:AUsi9MuB0

春香「それを言うなら私こそ千早ちゃんにふさわしいよ!」

美希「負ける気がしないの」あふぅ

春香「私ね、誰よりも千早ちゃんのことがわかるの。理解してあげられるし、受け入れてあげられるの。だって、千早ちゃんのことならなんでも知ってるんだから・・」

美希「そ、そんなの春香の勘違い思い違いすれ違いだって思うな!」

春香「ううん、そんなことない。だって、見 て る ん だ か ら 」

美希「 」ゾッ・・・

春香「昨日の一部始終だって、見 て た ん だ よ ?」
春香「だから・・・・・」
春香「千 早 ち ゃ ん の こ と な ら な ん で も 知 っ て る の 」

美希「ひっ」チョロッ
千早「 」ゾゾゾゾゾッ



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 21:59:05.53 ID:AUsi9MuB0

千早「あ、あの、春香・・?知ってるなら話は早いと思うのだけれど・・」

春香「千早ちゃんは黙ってて!」
美希「千早さんは黙っててなの!」

千早「」

美希「春香、言いたくないけどそれってストーカーなの!立派な犯罪なの!」

春香「えー?違うよ美希、私が行くところにいつも た ま た ま 千早ちゃんが居たり、朝夕も た ま た ま 千早ちゃんがマンションを出入りする場面に遭遇するだけだよ?」

千早「」

美希「あ、ありえないの・・!春香は東海道線でしょ!?」





12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 22:07:37.86 ID:AUsi9MuB0

春香「でも、偶然千早ちゃんのマンションの近くを通る機会が多いおかげで信じたくない光景も見ちゃったんだよね・・・」

美希「な、なんなのなの。それが今どんな関係があるの」

春香「ねぇ、千早ちゃん。千早ちゃん最近ベッドを買い換えたでしょう?・・・ダブルサイズのに。」

千早「え、えぇ・・・そんな事も知ってるのね・・・」ドンビキ

春香「千早ちゃんったら私との生活も見据えてくれてるなんて嬉しいなぁ・・・」

千早「春香、それは違」

春香「それでね、千早ちゃん。買い換えた後古いベッドマットはどうしたかなぁ?」

美希「」ギクッ



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 22:21:15.29 ID:AUsi9MuB0

春香「千早ちゃんの匂いのたっぷりついたベッドマット、どうしたんだっけ?」

千早「は、恥ずかしいわ春香・・・その、棄てたわよ?粗大ゴミで」

美希「・・・・・」タラー

春香「うんうん、それでね、千早ちゃん。美希の部屋に遊びに行った時に何か気づかなかった?」

美希「ち、違うの!たまたま千早さんと同じベッドマットが気に入ってお揃いにしただけだったの!」

春香「へぇー、そうなんだー。じゃあ美希、どこで買ったのか私に教えてくれるよね?」

美希「い・・・IK・・Aなの・・・・」

春香「残ン念ンンンでしたぁァァァア!!千早ちゃんのベッドマットはに◯り製ィィ!!」

美希「うっ・・・き、記憶違いだったの!」

春香「ンなワケ無ェだろォォォオ!!復唱要求!『ベットマットが生産されてから全店売り切れになるまでの間に購入した』!!」

美希「ぐ、ぐぅ」

春香「私の目撃、および以上の証拠から美希が千早ちゃんのベッドマットを持ち去ったことは明らか!」

千早「」

美希「な、ナノナノナノナノ・・・・」

春香「ただそこにレシートが存在しないだけで、天海春香はこの程度の推理が可能です。如何でしょう? プ ロ デ ュ ー サ ー さ ん ? 」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 22:28:44.19 ID:AUsi9MuB0

美希「それを言ったらこないだ春香だって・・・!」
春香「美希こそ・・!」
・・・・・
・・・
・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

千早「もう、先に帰るわね。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

千早「ただいま」ガチャッ

雪歩「あ、千早ちゃん、おかえりなさいー」

千早「もう、違うって言ったのに二人とも・・・」


おわり



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 22:32:18.70 ID:AUsi9MuB0

以上で終わりです。誰か見てくれたかな?

春香と美希が千早を取り合う話が見たかったんだがなかなか無いんで書いたった。
むしゃくしゃしてやった。反省はしていない。



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 22:55:46.17 ID:AUsi9MuB0

【ひびちはの場合】

[扉]ドンドンドンッ

雪歩「ノック音?お客さんかなぁ?」

千早「夕飯時にいったい誰かしら・・・」

千早「はい、どちら様でしょうか?」ガチャ

響「千早!自分とは遊びだったのか!?」






的な?




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 23:11:18.38 ID:AUsi9MuB0

千早「が、我那覇さん!?どうしたの、こんな時間に・・・それに何を言ってるのかしら?遊ぶ約束なんて・・・」

響「千早、どーしてドアをちゃんと開けてくれないんだよー!ちゃんと話したいぞ!」ガンッ

響「え・・・?」

響「どうしてチェーンがかかってるんだ?自分、嫌われてるのか?」

千早「い、いえ、そうじゃないの我那覇さん。最近、その・・・ストーカー被害に・・・」

響「ストーカー!?それは一大事だぞ!事務所や警察には通報してるの!?」

千早「い・・・いえ、その、出来れば大事にしたくないし実害は無いの」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 23:20:31.80 ID:AUsi9MuB0

響「うがーっ!千早は人が良すぎるぞ!こうなったら完璧な自分が千早を24時間守ってやるぞ!いぬ美たちも一緒だぞ!」

<ヒ、イヌゥ!?

響「ん、今なんか聴こえたぞ。千早、中に誰か居るのか?」ガンッ

千早「その、我那覇さん。気持ちは嬉しいのだけれど今日はもう遅いから・・・」

響「自分も入れて欲しいぞ」ガンガンッ
響「ねぇ、千早。開けてよ」ガンガンガンッ
響「ねぇ、ねぇ、ねぇ、ねぇ、ねぇ」ガンガンガンガンガンガンガンッ



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 23:22:54.32 ID:AUsi9MuB0

響「 中 に 入 っ て 千 早 と 話 し た い ぞ 」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 23:31:19.37 ID:AUsi9MuB0

雪歩「」ガクガク

千早「か、帰ってぇぇぇぇぇぇええ!!」

響「そ、そんな言い方って無いぞ!自分、貴音と別れて千早のところに来たのに!」

千早「我那覇さんが何を言っているのか全くわからないわ!!」

響「美味しい耳とか足とか出してくれる店があるから 〈千早「ひっ」〉 一緒に行こうって!貴音とずっと一緒じゃちゃんと栄養が摂れないさー!」

千早(が、我那覇さんがそんな・・・)
千早(今、ここを開いたらきっと食べられてしまうわ)ゴクリ
千早(せめて、萩原さんだけでも守らないと・・・)



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 23:40:09.66 ID:AUsi9MuB0

響「篭ってばかりじゃ気が滅入るぞ!自分がついてるしなんくるないさー!」
響「千早、付き合ってくれるよね?」

千早(狼だと思えても行かなければならないなんて・・・くっ)
千早「準備するから、外のベンチで待っていて貰えるかしら?」

響「わかったぞ!ぜったい来てよね!」タタッ

----------ーーーー

千早「萩原さん・・・」

雪歩「千早ちゃん・・・」

千早「私は今夜、殺されるでしょうね・・・」
千早「もしくは、人間をやめることになるわ」
WRY

雪歩「っ!」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 23:49:06.11 ID:AUsi9MuB0

千早「萩原さん、お願いがあるの・・・」

雪歩「最後のお願い、とかなら聞けないですぅ」


千早「今晩、私が帰るまでチェーンをかけていて欲しいの。小鳥がなく頃になっても帰らなかったら・・・少しでも安全なところに逃げて?」

雪歩「だ、ダメですぅ、絶対ぜったい帰ってきてくださいぃ」

千早「もう、時間がないわね。それじゃあ、行ってきます。」

雪歩(た、立てない・・・!)
雪歩「あ、あぁ…千早ちゃん!」ガチャッ


ーーーバタン



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 23:59:58.89 ID:AUsi9MuB0

・・・・・・・・
・・・・・
・・・
・・


雪歩(どれくらい経っただろう?)
雪歩「千早ちゃん・・・」

タッタッタッ

雪歩「」ビクッ

ガチャガチャッ
カチャンッ

ギギー、ガンッ!<萩原さん、ただいま!

雪歩「千早ちゃん、千早ちゃん!」
雪歩「今チェーンをあけますぅ!」

カチャン、ギィッ

雪歩「おかえりなさい、千早ちゃん」

千早「ただいま、萩原さん。鼻の皮とか最高だったわ。今度一緒に行きましょう?」

雪歩「」

雪歩「きゅぅ」ばたん

千早「は、萩原さん!?萩原さーん!?」



おわり


元スレ
SS速報VIP:春香「浮気だなんて酷いよ、千早ちゃん!」