SS速報VIP:真姫「私がホントに欲しいモノ」花陽「私があなたにあげたいもの」



1: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 18:53:58.35 ID:oMYl19cHo

凛「結論から言うとね」

凛「かよちんと真姫ちゃんが両想いなの」

凛「さすがの凛でも驚いちゃったにゃ」

凛「あっ、何が何だかさっぱり分からないよね」

凛「説明するね?」

凛「うーんと……」

凛「…………」

凛「凛は真姫ちゃんみたいに頭良くないし、かよちんみたいにしっかりしてる訳でもないし……」

凛「ってことで、これを観てほしいんだにゃ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397901238




2: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 19:01:00.06 ID:oMYl19cHo

凛「それで真姫ちゃん、相談だなんていきなりどうしたの?」

真姫「うん、実はかよちんのことなんだけど……」

凛「かよちん? かよちんがどうかしたの?」

真姫「あの、凛はかよちんをたくさん持ってたりするの……?」

凛「かよちんを持ってたり?」

真姫「うん、凛ってかよちんと仲が良いしたくさん持ってるのかなって」

凛(かよちんを持ってる、いったい何のことかにゃ……?)

凛(あっ、もしかしてかよちんとの思い出のことだったり?)

凛(それだったらたっくさん持ってる!)

真姫「どうなの?」

凛「うん、いっぱい持ってるよ!」

真姫「や、やっぱりそうなのね!?」

凛「うん、もちろん!」



3: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 19:09:30.05 ID:oMYl19cHo

凛「それがどうかしたの?」

真姫「できればアドバイスとかしてほしいなぁ、って思ったの」

凛「アドバイス?」

真姫「私だって、あれからかなりの時間を費やしてきたつもり」

凛(あれから?)

凛(ああ、μ’sに入ってからってことかにゃ?)

凛「うんうん、真姫ちゃんも頑張って来たもんねー?」

真姫「そう、だから……」







真姫「だから、私もかよちんが欲しいの!」



4: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 19:36:02.08 ID:oMYl19cHo

凛(なるほど、真姫ちゃんもかよちんと仲良くなりたいんだね!)

凛「よし、凛がお手伝いするにゃ!」

真姫「ありがとう凛!」

真姫「あっ、でもね凛……」

凛「どうかしたのかにゃ?」

真姫「私は本気でかよちんが欲しいと思ってる」

凛「うん」

真姫「つまり、こうなったら凛、あなただってライバルなのよ!」

凛「ら、ライバル!?」

真姫「もちろん!」

真姫「何としても私はかよちんを手に入れてみせるわ!」

凛「う、うん……」

真姫「凛、私は目指すところがあなたよりも高いの」

真姫「だから、凛は感謝すべきアドバイザーでありライバルなの!」

凛「おぉ……」





5: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 19:39:11.06 ID:oMYl19cHo

凛(真姫ちゃん燃えてるにゃ……)

凛(凛よりも目指すところが高いって……?)

凛(ハッ! もしかして真姫ちゃんは友達として仲良しな凛とかよちんの関係を越えて……)

凛(恋人としてかよちんとラブラブになりたいってことかにゃ!?)

凛(だったら、二人と仲良しの凛がお手伝いしてあげなきゃ!)

凛(あっ、でもかよちんはどう思ってるのか確かめた方が良いよね!)

凛(よし、今度かよちんに真姫ちゃんのことどう思ってるのか聞いてみるにゃ!)



6: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 19:58:32.72 ID:oMYl19cHo

凛「それでかよちん、相談って何かにゃ?」

花陽「うん、実はね……」

凛(真姫ちゃんに相談されてからすぐのことなんだけど、まさかかよちんから相談があるなんて!)

凛(真姫ちゃんのことを聞いてみるには絶好のチャンスだにゃ!)

花陽「真姫ちゃんのことなの」

凛「真姫ちゃんの事!?」

花陽「えっ、何で驚くの?」

凛「な、何でもないにゃ……」

凛「それで、真姫ちゃんがどうかしたの?」

花陽「うん、普段から花陽って真姫ちゃんにお世話になってるというか迷惑かけっぱなしでしょ?」

凛「そうかな? かよちんは頑張ってるんだから迷惑になんてなってないと思うけど……」

凛(それに真姫ちゃんは迷惑と感じるはずがないにゃ)

花陽「だから真姫ちゃんにお礼したいなって」

凛(おお! かよちんも少なからず真姫ちゃんのことを良く思ってるっぽいにゃ!)

凛「それは良いことだよかよちん!」

花陽「だ、だよね!?」

花陽「それで、凛ちゃんにアドバイスしてほしくて……」



8: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 20:37:15.25 ID:oMYl19cHo

花陽「私の気持ちを、真姫ちゃんに受け取ってほしいんだ」

凛「えぇー!?」

凛(ちょっと待って! これってもしかしてかよちんも真姫ちゃんの事好きなの!?)

凛「か、かよちんそれホント!?」

花陽「えっ? えっ?」

凛「かよちんの気持ち、真姫ちゃんにあげたいんだね!?」

花陽「う、うん……」

凛「大丈夫だよかよちん!」

花陽「大丈夫?」

凛「うん、大丈夫! 安心して真姫ちゃんにかよちんの気持ち伝えてきなよ!」



9: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 20:42:48.63 ID:oMYl19cHo

花陽「そ、それはもちろんなんだけど……」

凛「もちろんだけど?」

花陽「真姫ちゃんは何をもらえば喜ぶのかな、って」

花陽「前から考えてたんだけど分からなくて」

凛(か、かよちんもしかして真姫ちゃんをモノで釣ろうとしてるの!?)

凛「ダメだよかよちん!」

花陽「だ、ダメ?」

凛「モノで釣ろうだなんてそんな考えはダメだよ!」

花陽「モノで釣るって、みんなそうやってると思うよ?」

凛「みんなそうやってるの!?」

凛(凛が今までに見てきた世界は、ホントはとっても汚れていたってことかにゃ……)

花陽「それで、何が良いと思う?」

凛「そ、そうだなぁ……」

凛(うぅ、やっぱりかよちんにそんな方法は使って欲しくないにゃ!)

凛(でも今更考えを変えるはずはないし、こうなったら!)

凛「指輪なんてどうかにゃ?」

花陽「指輪? 真姫ちゃん指輪好きなの?」

凛「そういうわけじゃないけど、かよちんには綺麗な心であってほしいにゃ!」

花陽「綺麗な心……?」

凛「そう、指輪だったらモノで釣ってるようには感じさせずに気持ちが伝わるはずだにゃ!」

花陽「へえ、そうなんだぁ……」

凛「かよちん、凛はとっても応援してるからね!」

花陽「お、応援?」

凛(できることならかよちんと真姫ちゃんにはラブラブになってほしいにゃ!)

花陽「あっ、確かに今までは凛ちゃん以外にこんなことができるお友達は居なかったし……」

凛「さあ、頑張ってねかよちん!」

花陽「うん、ありがとう凛ちゃん!」




10: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 20:47:41.16 ID:oMYl19cHo

凛「ねっ? ねっ?」

凛「これはどう見てもかよちんと真姫ちゃんは両想いだと思うんだ!」

凛「二人ともとーっても可愛いし、もしかするとファンのみんなが羨ましがっちゃうかも!」

凛「うーん、そうなったらどうしよう……」

凛「まあ良っか!」

凛「凛にとって、かよちんと真姫ちゃんの幸せの方が優先だもん!」

凛「えっ、このあと二人はどうなったのかって?」

凛「うーん、凛知らないんだ」

凛「でも、きっと仲良くなったに違いないよ!」

凛「これでハッピーエンドだよね!」

凛「うー、みんな仲良しでテンション上がるにゃー!」



11: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 20:50:00.93 ID:oMYl19cHo

真姫「凛があんなこと言ってるけど、ホントは違うんだから!」

真姫「もちろん、かよちんはとても大切な友だちだけど」

真姫「でも、確かに凛の視点から見たらそう見えちゃったのかもしれないわね……」

真姫「えっ、意味が分からないって?」

真姫「しょうがないわね、私が今回の真実を教えてあげるわよ」




12: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 20:54:39.52 ID:oMYl19cHo

真姫(実は私、ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルにハマっちゃったのよね)

真姫(始めたのがごく最近ってこともあって、もうすぐ始まるかよちんのイベントがマカロン式イベントデビューなの!)

真姫(だけどペース配分だとかボーダーとかはよく分からなくて、それで凛にアドバイスでも貰おうと思ってね)

凛「それで真姫ちゃん、相談だなんていきなりどうしたの?」

真姫「うん、実はかよちんのことなんだけど……」

真姫(SRかよちん、なんとしてでも3枚取りしたいのよね)

凛「かよちん? かよちんがどうかしたの?」

真姫「あの、凛はかよちんをたくさん持ってたりするの……?」

凛「かよちんを持ってたり?」

真姫(あそこまで仲が良いんだし、きっと凛はかよちんのイベントは毎回走ってるはず!)

真姫「うん、凛ってかよちんと仲が良いしたくさん持ってるのかなって」

真姫「どうなの?」

凛「うん、いっぱい持ってるよ!」

真姫(私の予想通りね、凛に相談持ちかけて良かったわ)

真姫「や、やっぱりそうなのね!?」

凛「うん、もちろん!」



13: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 20:56:56.52 ID:oMYl19cHo

凛「それがどうかしたの?」

真姫「できればアドバイスとかしてほしいなぁ、って思ったの」

凛「アドバイス?」

真姫「私だって、あれからかなりの時間を費やしてきたつもり」

真姫(始めてから毎日LPは漏らしてないし、ついこの間のスコアマッチだってEXでも着いて行けるようになったし)

凛「うんうん、真姫ちゃんも頑張って来たもんねー?」

真姫(あれ、私凛にスクフェスにハマったって言ったことあったかしら……?)

真姫「そう、だから……」







真姫「だから、私もかよちんが欲しいの!」




14: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 20:58:53.92 ID:oMYl19cHo

凛(なるほど、真姫ちゃんもかよちんと仲良くなりたいんだね!)

凛「よし、凛がお手伝いするにゃ!」

真姫「ありがとう凛!」

真姫「あっ、でもね凛……」

凛「どうかしたのかにゃ?」

真姫「私は本気でかよちんが欲しいと思ってる」

真姫(初めてのマカロン形式だもの、ランクアップだけじゃもったいないわ)

真姫(もちろん、課金してラブカストーンの購入だってするつもりよ!)

凛「うん」

真姫「つまり、こうなったら凛、あなただってライバルなのよ!」

凛「ら、ライバル!?」

真姫「もちろん!」

真姫「何としても私はかよちんを手に入れてみせるわ!」

凛「う、うん……」

真姫「凛、私は目指すところがあなたよりも高いの」

真姫(普段凛がイベントで何枚取りしてるのかは分からないけど、負けるわけにはいかないわ!)

真姫「だから、凛は感謝すべきアドバイザーでありライバルなの!」

凛「おぉ……」



15: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 21:02:38.04 ID:oMYl19cHo

真姫「こういうことよ」

真姫「マッタクー、どうして凛はあんな勘違いなんてするのかしらね?」

真姫「確かに私も、スクフェスの事だって言い忘れてるみたいだったけど……」

真姫「だ、だけど! かよちんが欲しいだなんて、リアルの話なわけないじゃない!?」

真姫「私はレズってわけじゃないんだから……」



真姫「かよちんサイドのことは私には分からないわ」

真姫「まさかかよちんが私のことを恋愛対象として視てることなんてないとは思うけど……」

真姫「まあ、かよちんは一緒に居たら安らぐしとても気が利くし?」

真姫「かよちんの方から告白なんてしてきたら、オッケーしちゃうかもね」

真姫「……なんて、冗談よ」

真姫「さあ、かよちんの口から真実を話してもらいましょ」





16: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 21:05:40.91 ID:oMYl19cHo

花陽「はい、次は花陽の番ですね」

花陽「えっと、やっぱり凛ちゃんは花陽のことも勘違いしてるみたい」

花陽「うぅ、確かに凛ちゃんの視点で観てみると花陽が真姫ちゃんに告白しようか迷ってるみたいですね……」

花陽「だけど本当は違うんです」

花陽「とりあえず、花陽視点で観てみましょう!」





17: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 21:11:46.88 ID:oMYl19cHo

花陽(もうすぐ真姫ちゃんの誕生日です!)

花陽(折角お友達になれたんだし、バースデープレゼントをしてみたいんだけど……)

花陽(実は今まで凛ちゃん以外のお友達の誕生日を祝ったことなくて……)

花陽(お友達が多い凛ちゃんに相談してみようと思うんだ!)

凛「それでかよちん、相談って何かにゃ?」

花陽「うん、実はね……」

花陽「真姫ちゃんのことなの」

凛「真姫ちゃんの事!?」

花陽「えっ、何で驚くの?」

凛「な、何でもないにゃ……」

凛「それで、真姫ちゃんがどうかしたの?」

花陽「うん、普段から花陽って真姫ちゃんにお世話になってるというか迷惑かけっぱなしでしょ?」

凛「そうかな? かよちんは頑張ってるんだから迷惑になんてなってないと思うけど……」

花陽「だから真姫ちゃんにお礼したいなって」

凛「それは良いことだよかよちん!」

花陽「だ、だよね!?」

花陽(び、ビックリしたぁ……)

花陽「それで、凛ちゃんにアドバイスしてほしくて……」



18: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 21:16:34.11 ID:oMYl19cHo

花陽「私の気持ちを、真姫ちゃんに受け取ってほしいんだ」

凛「えぇー!?」

凛「か、かよちんそれホント!?」

花陽「えっ? えっ?」

花陽(なんでさっきから凛ちゃんはこんなに驚くのかな……?)

凛「かよちんの気持ち、真姫ちゃんにあげたいんだね!?」

花陽「う、うん……」

花陽(大好きな真姫ちゃんの誕生日だもん!)

凛「大丈夫だよかよちん!」

花陽「大丈夫?」

凛「うん、大丈夫! 安心して真姫ちゃんにかよちんの気持ち伝えてきなよ!」




19: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 21:21:02.76 ID:oMYl19cHo

花陽「そ、それはもちろんなんだけど……」

凛「もちろんだけど?」

花陽「真姫ちゃんは何をもらえば喜ぶのかな、って」

花陽「前から考えてたんだけど分からなくて」

凛「ダメだよかよちん!」

花陽「だ、ダメ?」

花陽(あれ、誕生日プレゼントあげるのって普通じゃないのかな?)

凛「モノで釣ろうだなんてそんな考えはダメだよ!」

花陽(モノで釣る? プレゼントってそういうものじゃ……)

花陽「モノで釣るって、みんなそうやってると思うよ?」

凛「みんなそうやってるの!?」

花陽(プレゼントとかって普通はしないのかな?)

花陽(でも他に何も思いつかないし……)

花陽「それで、何が良いと思う?」

凛「そ、そうだなぁ……」

凛「指輪なんてどうかにゃ?」

花陽「指輪? 真姫ちゃん指輪好きなの?」

凛「そういうわけじゃないけど、かよちんには綺麗な心であってほしいにゃ!」

花陽「綺麗な心……?」

花陽(指輪だと綺麗な心なのかな? うぅ、よく分からないや……)

凛「そう、指輪だったらモノで釣ってるようには感じさせずに気持ちが伝わるはずだにゃ!」

花陽「へえ、そうなんだぁ……」

凛「かよちん、凛はとっても応援してるからね!」

花陽「お、応援?」

花陽「あっ、確かに今までは凛ちゃん以外にこんなことができるお友達は居なかったし……」

凛「さあ、頑張ってねかよちん!」

花陽「うん、ありがとう凛ちゃん!」




20: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 21:27:17.85 ID:oMYl19cHo

花陽「ホントはこんな感じだったんだけど……」

花陽「そう言えば花陽、真姫ちゃんの誕生日だってこと言ってなかったなぁ……」

花陽「でも花陽が真姫ちゃんに告白、かぁ……」

花陽「…………///」ボフッ

花陽「は、恥ずかしくて想像もできないよぉ……///」





22: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 21:38:27.87 ID:oMYl19cHo

凛「ええええええ!?」

凛「両想いじゃなかったの!?」

真姫「凛が勝手に勘違いしたんでしょ?」

花陽「あ、あはは……」

凛「だってだって、かよちんが欲しいとか真姫ちゃんに気持ちを伝えたいとか言ってたじゃん!」

真姫「だから、私はスクフェスの話だったのよ!」

花陽「花陽は真姫ちゃんの誕生日のことで……」

凛「うぅ、ってことは凛が一人で盛り上がってただけかにゃ……!」

真姫「気をつけなさいよね、そういうの」

花陽「ごめんね、花陽たちが説明不足で」



23: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 21:42:35.08 ID:oMYl19cHo

凛「でもちょっとだけ安心したにゃ」

花陽「安心?」

凛「うん、安心」

真姫「もしかして、私たちが付き合ったりしたら独りぼっちになるって思ったの?」

花陽「凛ちゃん……」

凛「あはは……」

真姫「そんなこと、あるわけないじゃない?」

花陽「そうだよ、凛ちゃんを独りぼっちにしたりしないよ」

真姫「そろそろ時間も遅くなってきたし帰った方が良いんじゃない?」

花陽「さあ凛ちゃん、一緒に帰ろ?」

凛「かよちん、真姫ちゃん……」

凛「うん、一緒に帰るにゃー!」ダキッ

花陽「きゃっ! ちょっとぉ~」

真姫「ちょっと、凛……」

凛「かよちんも真姫ちゃんも、だーいすきだにゃ!」








                               ~fin~



24: ◆J25pnqRfIXTT 2014/04/19(土) 21:44:07.73 ID:oMYl19cHo

はい、ここまで見て下さった方ありがとうございました。
真姫ちゃん誕生日、かよちんイベント記念SSでした。

スレタイから途中までのまきぱなと見せかけてまきりんぱなでした。
りんちゃんまじえんじぇー。


元スレ
SS速報VIP:真姫「私がホントに欲しいモノ」花陽「私があなたにあげたいもの」