1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:38:37.07 ID:F2mKV8o3O

貴音「今夜はどうなさいますか?夕餉になさいますか?湯浴みになさいますか?それとも…」

貴音「わたくし、になさいますか?」

貴音「ふふふ。よいのです。今のわたくしは、あなた様の『めいど』なのですから」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:41:33.01 ID:F2mKV8o3O

貴音「…そうですか。少し残念です。では、あなた様が湯浴みに行っている間、わたくしは夕餉の支度をしております」

貴音「…ごゆるりと、疲れを癒してきてください」

貴音「…あなた様?今宵の夕餉…楽しみになさっていてください」

貴音「…ふふふ」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:45:13.92 ID:F2mKV8o3O

貴音「あなた様、随分とお早い湯浴みでございますね。…はて、理由…ですか?」

貴音「…ぽっ」ポッ

貴音「…あなた様はいけずです」パタパタパタ

貴音「…ですが、こうも嬉しい物なのですね。お慕い申している殿方に、仕えるというのは」

貴音「ふふふ。では、あなた様?夕餉の支度が済んでおります。どうぞ、こちらへ」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:48:39.93 ID:F2mKV8o3O

貴音「…わたくし、はりきってしまいました。以前、あなた様の食生活をお聞きした時に、和食が好きだと申しておりましたよね?」

貴音「…お口に合うか心配ですが…和食を中心に、作らさせていただきました」

貴音「…さぁ、あなた様。どうぞ、召し上がってください」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:52:29.37 ID:F2mKV8o3O

貴音「…それは…まことでございますか?」

貴音「…ふふふ。ありがとうございます。やはり、嬉しい物です。何を仰いますか。あなた様に、『美味』だと言われたのですよ?」クスクス

貴音「ふふふ。はい。殿方は、まこと肉じゃががお好きだと聞きましたので」モジモジ



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:56:41.86 ID:F2mKV8o3O

貴音「あなた様の『めいど』として、当然の事をしたまで。これが例え、今宵一日限りとしても、わたくしはあなた様に仕えているという事実は変わりません」

貴音「…あなた様」

貴音「…いつか…『ぷろでゅうさあ』としてのあなた様ではなく」

貴音「…『あなた様』としてのあなた様と」

貴音「…共に月を観れる事を、期待しております」

貴音のめいど篇~
おわり



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:57:38.93 ID:F2mKV8o3O

お姫ちん難しいNE!次はどうしよう、



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:02:02.92 ID:F2mKV8o3O

やよい「うっうー!今日のプロデューサーは私のお兄ちゃんなんですかー?」

やよい、妹篇~



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:04:11.00 ID:F2mKV8o3O

やよい「はい!嬉しいです!えへへ…」テレテレ

やよい「私、家ではお姉ちゃんだから…お兄ちゃんが欲しかったんです!」

やよい「だから、プロデューサーがお兄ちゃんだから…すっごく嬉しいなって!えへへ」テレテレ

やよい「プロ…お兄ちゃん!」

やよい「あの、その、えへへ…あのね?」テレテレ



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:06:13.96 ID:F2mKV8o3O

やよい「て、繋いでくれますか?」モジモジ

やよい「…あっ…」キュッ

やよい「えへ、えへへへ。嬉しいです!」ブンブン

やよい「ハイ!たーっち!…って、て繋いでたら出来ませんね。失敗しちゃいました」テヘヘ



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:09:05.80 ID:F2mKV8o3O

やよい「お兄ちゃん!あの、その…」

やよい「…うん。頑張れやよい!」ボソッ

やよい「…お兄ちゃん!いつも…いつもありがとうございます!」

やよい「お仕事とか、お家の事とか、その…」

やよい「お兄ちゃんがプロデュースしてくれてるから…頑張れます!」

やよい「…あの、ちょっと…しゃがんでくれますか?」モジモジ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:10:53.96 ID:F2mKV8o3O

やよい「…」モジモジ

やよい「……」モジモジ、モジモジ、テレテレ

やよい「…ちゅっ」チュッ

やよい「えへへ…お礼、です!お兄ちゃん!」ニコニコ

やよい、妹篇~
おわり



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:13:29.36 ID:F2mKV8o3O

あずさ「あらあら、うふふ~」

あずさ「プロデューサーさん、よっぽど疲れてるのね」クスクス

あずささん、ひざまくら篇~



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:16:03.40 ID:F2mKV8o3O

アイマスSSは初めてだけど、楽しい

あずさ「うふふ。ソファにごろ~んとしてるプロデューサーさんも可愛いわ~」

あずさ「…うふふ。そうだ」ポン

あずさ「少し、失礼しますね?よいしょっ、と」

あずさ「うふふ。ひざまくらしたのなんて、いつ以来かしら」ナデナデ



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:17:44.55 ID:F2mKV8o3O

あずさ「プロデューサーさん。いつも私たちのために、夜まで、しかも寝ないで働いて…」ナデナデ

あずさ「ありがとうございます。プロデューサーさん」ナデナデ

あずさ「…寝て…いますよね?」モジモジ、モジモジ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:19:19.44 ID:F2mKV8o3O

はい、すいません。しんごです

あずさ「うふふ。私の運命の人…見つけました」

あずさ「ね?プロデューサーさん」

あずささん、ひざまくら篇~
おわり



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:23:55.92 ID:F2mKV8o3O

亜美「兄(C)!兄(C)!あそぼ→!」

亜美のイタズラ篇~



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:26:17.07 ID:F2mKV8o3O

亜美「んっふっふ~!これをバラされても、いいのかね?プロデューサーくん!」バッ

亜美「そっ!兄(C)の寝顔の写メだよ→!これをバラされたくなかったら、亜美とあそぼ→!」キラキラ、キラキラ

亜美「やった!だから兄(C)ダイスキ!」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:28:58.89 ID:F2mKV8o3O

亜美「じゃ→ね→!」ニヤッ
亜美「んっふっふ→!えいっ!」ダキッ

亜美「兄(C)さ、亜美…知ってんだかんね?」ボソッ

亜美「兄(C)が、亜美のカラダ…チラチラ見てるの」ニヤニヤ

亜美「兄(C)の…エッチ///」ボソッ



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:31:24.29 ID:F2mKV8o3O

亜美「アハハ!兄(C)テレてる→!かっわい→!」キャッキャッ

亜美「…でもね?兄(C)」グイッ

亜美「これは…イタズラじゃ、ないから…ね?」グイッ、チュッ、

亜美、イタズラ篇~
おわり



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:33:22.41 ID:F2mKV8o3O

需要あんのか、こんなん



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:37:00.20 ID:F2mKV8o3O

あるならがんばる、ちなみにアニメ版はゼノしか知らないから許してね

雪歩「どうぞ、プロデューサー。お茶が入りました」コトン

雪歩のお茶篇~



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:39:13.34 ID:F2mKV8o3O

雪歩「ふえっ?もっ、もうっ!何を言い出すんでしかぁ?プロデューサー」テレテレ、テレテレ

雪歩「うぅ~、恥ずかしいですぅ」

雪歩「でも、プロデューサーに美味しいって、可愛いって言われて嬉しいです」テヘヘ

雪歩「あの…私も一緒にお茶して、いいですか?」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:41:42.29 ID:F2mKV8o3O

雪歩「ありがとうございますぅ。…んっ…」コクコク

雪歩「あつっ!」パシャッ

雪歩「ひゃっ!プッ、プロデューサー!?だっ、大丈夫ですか!?」アタフタ、アタフタ

雪歩「ふっ!ふくもの!ふくもの!」ワタワタ、ワタワタ



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:44:03.47 ID:F2mKV8o3O

雪歩「うぅ~、ごめんなさい。プロデューサー」ショボン

雪歩「ほんと私ってダメダメですぅ…」シュン

雪歩「ふぇっ!?プッ、ぷろりゅーしゃー!?…はふぅ…」ナデナデ、ナデナデ

雪歩「えっ?…はい…。落ち着きました…。それに…安心しますぅ」ホッ



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:46:02.93 ID:F2mKV8o3O

雪歩「はいぃ。ありがとうございます」キュッ

雪歩「あっ!あのっ!プロデューサー!」ギュッ

雪歩「あの…そのっ!また…」

雪歩「一緒に、お茶…飲んでくださいますか?」モジモジ

雪歩のお茶篇~
おわり



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:48:51.89 ID:F2mKV8o3O

春香「プロデューサーさん!クッキーですよ!クッキー!」

春香「ぶぅ!違いますっ!私の手作りっ!です♪」

春香の手作りクッキー篇~



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:51:45.24 ID:F2mKV8o3O

春香「その、ですね?プロデューサーさん、あんまり甘いもの食べないですよね?」モジモジ

春香「だけど…どうしても、プロデューサーさんに私のクッキーを食べてほしくって…」モジモジ

春香「ビターチョコクッキーなんですけど…その…たべてください!」ズイッ



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:54:44.33 ID:F2mKV8o3O

春香「ビターチョコだから、そんなに甘くないと思うし…あっ…」

―ヒョイッ、パクッ、モグモグ

春香「プロデューサーさん…」テレテレ、テレテレ

春香「ど…どうです、か?」モジモジ、モジモジ

春香「わひゃっ><」クシャクシャ、クシャクシャ

春香「髪がボサボサになっちゃいますよぅ~><」

春香「でも…えへへ…///」テレテレ



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:56:01.94 ID:F2mKV8o3O

春香「プロデューサーさん♪」ダキッ

春香「また…作って来ちゃいますね?♪」

春香の手作りクッキー篇~
おわり



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 02:00:39.34 ID:F2mKV8o3O

響「はいさーい!プロデューサー!」

響「…えっ?プロデューサー?」

響にドッキリを篇~



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 02:03:17.12 ID:F2mKV8o3O

響「嘘、だよね?プロデューサー?」ガタガタガタ

響「何で、何で、何で?」

響「何で、プロデューサーが天井からぶら下がってるんだ…?」オロオロ、オロオロ

響「うっ、うぅっ…嫌だぞ…プロデューサー…」ポロポロ、ポロポロ



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 02:05:05.07 ID:F2mKV8o3O

響「自分、まだプロデューサーとの約束果たしてない!」

響「プロデューサーと、トップアイドルになる約束はどうするさー!プロデューサー!」

―グルン

響「えっ?」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 02:06:43.73 ID:F2mKV8o3O

響「へっ?プロデューサー!?」

響「ぎゃーーー!プロデューサー!」アタフタ、アタフタ


響「ドッ…ドッキ…リ?」プルプルプル



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 02:10:37.86 ID:F2mKV8o3O

響「プロデューサーのどぅんぐ(バカ)!どぅんぐ!どぅんぐ!しわ(心配)したさー!」

響「でも、よかった…」ポロポロ



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 02:12:08.73 ID:F2mKV8o3O

響「プロデューサーには責任とってもらうぞ!」

響「絶対に自分をトップアイドルにしてもらうからね!」

響にドッキリを篇~
おわり



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 02:16:38.31 ID:F2mKV8o3O

伊織「ほら、アンタもこっちに来て飲みなさい」

伊織「何よ?」モジモジ

伊織かわいいよ伊織篇~



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 02:18:35.49 ID:F2mKV8o3O

伊織「まぁいいわ。アンタがおかしいのは元からだしね」クスクス

伊織「で、飲むの?飲まないの?美味しいわよ?このオレンジジュース」チラッ、チラッ

伊織「そっ、そう。じゃあ、こっちに来なさい」ニコニコ、ニコニコ



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 02:22:44.35 ID:F2mKV8o3O

伊織「なっ、何よ?にっ、にこにこなんかしてないわよ!このバカ!何を勘違いしているのかしら!?アンタはこのスーパーアイドル伊織ちゃんの下僕なのよ?」ハァハァ

伊織「…」モジモジ

伊織「まっ…まぁでも?ちょっとは…嬉しいのかも…ね」チラッ

伊織「~~ッ!」カァァァァ

伊織「ちょっとよ!ちょっと!」

伊織「まったく…アンタといると疲れるわ」

伊織「で、も?イヤじゃないんだけどね。にひひっ♪」

伊織かわいいよ伊織篇~
おわり



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 02:30:31.63 ID:F2mKV8o3O

ここまでが限界。全員分書ける人すげぇ
ここまでありがとうございました。貴音はやっぱりかわいいNE!


元スレ
貴音「お帰りなさいませ、あなた様」