1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 01:25:48 ID:6aSx5RIw

女騎士の家──



オーク「よう!」

女騎士「オークか、なんの用だ?」

オーク「いい大根が手に入ったから、持ってきたんだ」

女騎士「おお、それはありがたい! 入ってくれ!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 01:28:17 ID:6aSx5RIw

女騎士「ほぉう、これはいい大根ではないか!」

女騎士「この色、この手触り、この太さ……どれをとっても素晴らしい」スリスリ…

オーク「へへっ、大根足さんは大根が好きかい?」

女騎士「失敬な!」

オーク「ジョークだ、ジョーク。キレイな足してるぜ、アンタはよ」

女騎士「バ、バカッ……! 褒めてもなにも出ないぞ!」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 01:31:29 ID:6aSx5RIw

オーク「さぁて、なにを作るか……」

オーク「ふろふき大根もいいし、味噌汁にするのも悪くない……」

女騎士「うむ、どちらも好物だ」ジュルリ…

オーク「だが、手っ取り早く大根を味わいたいし……」

オーク「ここはあえて、大根おろしにしたいと思う!」

女騎士「おおっ!」

オーク「もちろん道具も持ってきてあるぜ」ガチャガチャ…



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 01:34:20 ID:6aSx5RIw

オーク「大根おろしのポイントはいくつかあるが──」

オーク「そのうちの一つは、大根のどの部分をおろすのか、だ」

女騎士「どの部分をおろすかだと?」

女騎士「あまり意識したことはなかったが、部分によってそんなに味が違うのか?」

オーク「大違いさ」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 01:36:28 ID:6aSx5RIw

オーク「一般的に、大根の葉に近い部分は辛みが少なく、硬さがある」

オーク「逆に先っちょの方は辛みが強く、味噌汁の具や漬物にすることが多い」

オーク「んで、真ん中は甘みが強く、一番おいしい部位ともいわれる」

オーク「今回は、葉に近い部分を使おう」

女騎士「うむ」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 01:39:34 ID:6aSx5RIw

オーク「んじゃ、大根を切って、と」ザクッ

オーク「さてと、さっそくおろすか」

女騎士「……」

オーク「やってみるか? 女騎士」

女騎士「やらせてくれ!」ワクワク…

オーク「じゃ、ほら」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 01:43:10 ID:6aSx5RIw

女騎士「くっ……!」ゴリゴリ…

女騎士「ぐぐっ……!?」ゴリゴリ…

オーク「お、おいおい、あぶねえよ!」

オーク「そんな手つきじゃ、自分の指までおろしちまうよ!」

女騎士「くっ、おろせ!」サッ

オーク「ったく、しょうがねぇな。剣は一流なのになぁ」

女騎士「面目ない……」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 01:46:13 ID:6aSx5RIw

オーク「さてと、このおろし方も重要なポイントなんだ」

オーク「上下におろすと、繊維が保たれて、ピリリと仕上がる」

オーク「逆に円を描くようにすれば、水気が増えて辛みが弱くなる」

オーク「どっちにする?」

女騎士「辛みがある方が、好みだな」

オーク「オーケイ!」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 01:49:20 ID:6aSx5RIw

オーク「……」ジョリジョリ…

女騎士「おお、すごい!」

オーク「……」ジョリジョリ…

女騎士「次々に大根がおろされていく!」

オーク「……」ジョリジョリ…

女騎士「さすがオーク! 料理の達人だな!」

オーク(そんなベタ褒めされるほどのもんじゃないんだけどな……)ジョリジョリ…



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 01:52:12 ID:6aSx5RIw

オーク「さて、完成だ!」

女騎士「おおお……キレイだ!」

女騎士「まるで、小さな雪山が出来上がったかのようだ!」

オーク「ハハハ、なかなか詩人じゃねえか」

女騎士「昔はよく、剣の稽古をしながらポエムを詠んだものだ」

オーク「すげえ光景だな、それ……」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 01:55:18 ID:6aSx5RIw

女騎士「いただきます」パクッ

女騎士「……」モグッ…

女騎士「くぅ~、舌の上でピリリとくる! 大根の風味がよく出ている!」

女騎士「たまらんな!」パクッ パクッ

女騎士「しかし……こうなると、オカズも欲しくなるな」

オーク「安心しな」ニヤッ

オーク「ちゃんと大根おろしにあう食いもんを持ってきてあるぜ!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 01:59:09 ID:6aSx5RIw

オーク「ほれ、出し巻き卵だ」

女騎士「おおっ、かたじけない!」

女騎士「では出し巻き卵と、大根おろしを……口に放り込む」パクッ

女騎士「!!!」ビビビッ

女騎士「くぅ~、たまらん!」

女騎士「大根おろしの辛さが、卵の甘さを引き立てる!」

女騎士「ニワトリに感謝!」ヒョイパクッ

オーク(あ、俺の分まで……)



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 02:02:17 ID:6aSx5RIw

オーク「お次は和風ハンバーグだ」

女騎士「おほっ!」

オーク(おほっ、て……)

女騎士「いただきます……」モグッ…

女騎士「んまいっ!」パァァ…

女騎士「ハンバーグの豪快な味を、大根おろしの鋭利さが引き締める!」

女騎士「まるで、筋肉質な魔物と女性の戦士が手を組んだかのようだ!」

オーク「なんか、どこかで聞いたことあるような組み合わせだな、それ」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 02:04:37 ID:6aSx5RIw

オーク「メインはやっぱり……サンマの塩焼き! 切り身だがイケるはずだぜ!」

女騎士「おおっ、すばらしい!」

女騎士「サンマと大根おろし! もはや説明不要のコラボレーション!」

女騎士「たとえるなら……えぇと、たとえるなら……」

オーク「無理すんなって」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 02:07:13 ID:6aSx5RIw

女騎士「いただきます」パクッ

オーク「いただきます」モグッ

女騎士「う、ま、いっ!!!」

オーク「!?」ビクッ

女騎士「サンマが大根おろしを、大根おろしがサンマを、高みへといざなう!」

女騎士「おおお、私には見える……」

女騎士「大根おろしに乗ったサンマが……空の彼方に飛翔する姿が!」

オーク「……そいつぁすげえや」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 02:10:22 ID:6aSx5RIw

女騎士「いやぁ~、実においしかった!」

女騎士「ありがとう、オーク!」

オーク「どういたしまして」

オーク「俺も、わざわざ大根を持ってきたかいがあるってもんよ」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 02:14:01 ID:6aSx5RIw

女騎士「ところで……」

オーク「ん?」

女騎士「できたら、もう一品ぐらい大根でなにか作ってくれないか?」

オーク「え、もう十分食ったろ? 出し巻き卵、ハンバーグ、サンマ……」

女騎士「あ、いや……近頃忙しくて、自分で料理するヒマもないから」

女騎士「もう一品ぐらい作っておいて欲しいな、と思ってな」

オーク「おお、そういうことか。かまわねえよ。じゃあ──」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/22(月) 02:16:29 ID:6aSx5RIw

女騎士「!」グゥ~…

オーク「……」

女騎士「……」

オーク「こぉ~の大根役者が。まだ食べたいのなら食べたい、って素直にいえっての」

女騎士「ごめんなさい」





~ おしまい ~


元スレ
SS深夜VIP:オーク「大根を持ってきたぜ」女騎士「くっ、おろせ!」