1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:05:29.343 ID:+yww+WeP0.net

真美「ゆきぴょんったらヒドいんだよ!」

千早「そう・・・」

真美「きっとゆきぴょんは真美のことなんてどーでもいいんだね!あームカムカする!」

千早「そうかもしれないわね・・・」

真美「ねーえー!本ばっか読んでないでちゃんときいてよー!」ユサユサ

千早「・・・ちょ、ちょっと真美、わかったからそんなに揺らさないで」

真美「あのね、さっきゆきぴょんと喋ってたらね」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:12:02.210 ID:+yww+WeP0.net

―――――

真美「でね、今日学校で・・・」

雪歩「うんうん」

真美「こーんなおっきい・・・あっ!」ガッ

雪歩「ああっ・・・!」


ガシャーン!


真美「いつっ・・・」

雪歩「わ、私の急須がぁ!」

真美「・・・ご、ごめ・・・」

雪歩「ううぅ・・・大事にしてたのに・・・」

真美「・・・」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:23:48.614 ID:+yww+WeP0.net

真美「・・・急須なんかまた買えばいーじゃん」

雪歩「・・・え?」

真美「そーんなに急須が大事なら急須とケッコンすればいいのに!」

雪歩「・・・どうしてそんなこと言うの」

真美「・・・」

雪歩「謝ってよ、真美ちゃんが周りを見てないせいで割っちゃたんでしょ」

真美「やだ!」

雪歩「・・・もういいよ、もう真美ちゃんのことなんて知らない」

真美「真美だってゆきぴょんのことなんて知らないもんねー!ベーだ!」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:27:52.348 ID:+yww+WeP0.net

―――――

千早「・・・どう考えても真美が悪いわね」

真美「うあうあー!千早お姉ちゃんまでゆきぴょんの腰を持つの!?」

千早「肩ね」

真美「だって真美、破片でケガしてるんだよ!ちょーっとくらい真美のこと心配してくれたっていいっしょ!」

千早「そこは萩原さんも少し大人げないというか、配慮が足りないかもしれないけれど・・・」

真美「でしょでしょ!」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:31:56.974 ID:+yww+WeP0.net

千早「でも、大事な物を壊されてしまったら、そういう反応になるのも無理はないわよ」

真美「えー、急須なんか簡単に手に入るジャン!それなら真美の持ってる限定版のゲームのほうが・・・」

千早「たとえば、大事な人との思い出の品かもしれないでしょう」

真美「・・・ぐう」

千早「真美にもそういうもの、あるんじゃないかしら」

真美「・・・そりゃ、あるけどさぁ」

千早「それを壊されたり、失くされてしまったらどう思う?」

真美「・・・」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:39:33.315 ID:+yww+WeP0.net

千早「きっと萩原さんもそういう気持ちなのよ」

真美「・・・」

千早「真美?」

真美「ううぅ・・・うわああああん!!」

千早「ま、真美、ちょっと・・・」

真美「うああん・・・真美、悪い子だ・・・ゆきぴょんの気持ちなんか、ちっとも考えてなかった・・・」

千早「・・・大丈夫、今からでもちゃんと謝れば、萩原さんなら許してくれるわよ」

真美「ううぅ、うわああん!!」

千早「・・・よしよし」



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:49:39.228 ID:+yww+WeP0.net

千早「真美は悪い子なんかじゃないわ」

真美「・・・え?」

千早「急須を割ったとき、一度は謝ろうとしたんでしょう?悪いことをしてしまったと、自分で気づいていたんじゃない」

真美「・・・」

千早「そのとき、萩原さんが急須のことばかり心配しているから、ついカッとなってしまったのよね」

真美「・・・うん」

千早「そうして思ってもいないことが口をついて出てしまって、後に引けなくなる・・・私にも似たような経験があるわ」

真美「・・・千早お姉ちゃんも?」

千早「ええ」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 11:02:14.071 ID:+yww+WeP0.net

千早「それでも、今ではなんとか上手くいっているから・・・真美もきっと、大丈夫よ」

真美「うん・・・ゆきぴょんにちゃんと謝らなきゃ・・・!」

千早「応援してるわ」

真美「・・・ねえ千早お姉ちゃん」

千早「なにかしら」

真美「その・・・面と向かって謝るのってなんかハズいから、お手紙で謝っても大丈夫かな・・・」

千早「・・・」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 11:08:27.518 ID:+yww+WeP0.net

―――――

雪歩「聞いてよ千早ちゃーん!」

千早「はあ・・・」

雪歩「あのね・・・私、真美ちゃんとお話してたんだけど、そのとき急須を・・・」

千早「割られたのね」

雪歩「え!う、うん、そうなの・・・もしかして、このこと誰かに聞いた?」

千早「・・・ただの推測よ」

雪歩「ほえぇ、千早ちゃんすごい・・・」

千早「・・・」



21: くっ 2015/07/22(水) 11:18:47.976 ID:+yww+WeP0.net

雪歩「その急須、誕生日にお父さんにプレゼントしてもらったやつなんだけど・・・」

千早(・・・真美、大丈夫かしら)

雪歩「私、すごく大事にしてて・・・そのときすごくショックだったの」

千早「なるほどね」

雪歩「それで、真美ちゃんが破片でケガしてるのに気づかなくって・・・」

雪歩「それどころか、真美ちゃんを責めるようなこと言っちゃったし・・・」

千早「・・・」

雪歩「私ってなんて無神経な女なんだろう・・・こんな私は穴掘って埋まってますぅー!!」

千早「ちょ、ちょっとやめて萩原さん、あとで私まで怒られるでしょう!」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 11:28:56.150 ID:+yww+WeP0.net

雪歩「それでね千早ちゃん!」

千早「ど、どうしたの」

雪歩「私のロッカーに、真美ちゃんからの手紙が挟まってたんだけど・・・」

千早「ああ、ちゃんと書いたのね」

雪歩「え?」

千早「・・・いえ、なんでもないわ」

雪歩「それで、読んでみたら社長室に来るようにって・・・」

千早「・・・」

雪歩「私、真美ちゃんを怒らせちゃったみたいだったし・・・これって果たし合いの申し込みなのかなぁ・・・って」

千早(萩原さんってわりとポンコツなのかしら)

雪歩「ち、千早ちゃん?」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 11:34:27.031 ID:+yww+WeP0.net

雪歩「そういうわけで、なんか不安だから千早ちゃんについてきて欲しいんだけど・・・」

千早「・・・別に、萩原さん一人で行けばいいじゃない」

雪歩「うぅ・・・」

千早「わ、わかったわよ・・・ドアの前まで行ってあげるから」

雪歩「えへへ・・・千早ちゃんって優しいね」

千早「・・・ほら、行くわよ」

雪歩「う、うん!」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 11:50:40.325 ID:+yww+WeP0.net

―――――

雪歩「ち、千早ちゃん、やっぱり中まで・・・ダメ?そうだよね・・・」

雪歩「ううぅ、真美ちゃーん・・・来たよー・・・」

真美「ゆきぴょん」

雪歩(真美ちゃん、どうしてゲームソフトを持って・・・まさか撲殺!?)

雪歩「ひ・・・や、やめて真美ちゃん・・・」

真美「・・・」

雪歩(あ、そうだ私、真美ちゃんに謝ってない・・・まず謝らなきゃ!)

真美「・・・ごめんなさーい!!!」
雪歩「ごめんなさいぃぃ!!!」



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 11:59:51.189 ID:+yww+WeP0.net

真美「あれ?」
雪歩「あれ?」

真美「え、な、なんでゆきぴょんが謝るの?」

雪歩「え・・・あの手紙、果たし状だよね・・・?殺されると思って・・・」

真美「そ、そんなわけないっしょ!ただ、ゆきぴょんに謝りたくって・・・」

雪歩「・・・」

真美「お手紙で謝ろうって思ったんだけど、やっぱりお手紙だけじゃ足りないと思ったから、こうやって・・・」

雪歩「そっか、ごめんね真美ちゃん・・・私なんか勘違いしてた・・・」

真美「・・・ゆきぴょんの中では真美ってどういうキャラなの?」



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 12:09:33.317 ID:+yww+WeP0.net

雪歩「じゃあ、そのゲームは・・・?」

真美「・・・これ、真美と亜美の思い出のつまったゲームなんだ」

雪歩「・・・」

真美「しかも限定版で、手に入れるの大変だったんだよね・・・結局パパにオークションで取ってもらったけど」

雪歩「そうなんだ・・・」

真美「でさ・・・ゆきぴょん、スコップ持ってるよね」

雪歩「う、うん、持ってるけど・・・」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 12:23:23.475 ID:+yww+WeP0.net

真美「こいつで・・・とりゃあーっ!」バキッ

雪歩「ええっ!?」

真美「ふう・・・ありがと、ゆきぴょん」

雪歩「ま、真美ちゃん・・・いいの?大事なゲームなのに、壊しちゃって」

真美「いいんだよ、真美だってゆきぴょんの大事な急須、割っちゃったんだし・・・これでおあいこだよ」

雪歩「・・・」

真美「ね、ゆきぴょん・・・これで真美のこと、許してくれる?」

雪歩「そんなの当たり前だよ・・・私のほうこそごめんね、真美ちゃんがケガしてるのに気づかなくって・・・」

真美「いやいや、ゆきぴょんは悪くないよ!真美が周り見てなかったせいなんだから、インガオホーだよ!」



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 12:26:33.743 ID:+yww+WeP0.net

高木「仲良きことは美しきかな、だねぇ」

千早「ええ・・・あるいは、雨降って地固まる、とも言えますね」

高木「うむうむ」

千早「・・・」

高木「・・・」

千早「・・・居場所がないんですね」

高木「・・・わかってくれるかね」

千早「・・・」

高木「聞いてくれたまえよ如月君・・・最近の社内における私の扱いというものがだねぇ・・・」

千早「はあ・・・」



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 12:32:26.023 ID:+yww+WeP0.net

―――――

亜美「千早お姉ちゃーん!ちっはやおねえちゃん、ちっはやおねえちゃーん!」

千早「・・・なにかしら」

亜美「きいてよー!真美ったらヒドいんだよ!」

千早「・・・」

千早(私って相談相手にしやすいイメージがあるのかしら・・・)





36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/22(水) 12:36:19.178 ID:+yww+WeP0.net

それではオタッシャデー!


元スレ
真美「きいてよ千早お姉ちゃーん!」千早「はあ・・・」