1: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:46:59.42 ID:KfAAXW9D.net

鞠莉「まだそんなこと言ってるの?」

果南「ラブライブの決勝も終わったって言うのに」

ダイヤ「だっておかしいと思いません?」

鞠莉「別に」

ダイヤ「え?」

果南「ぶっちゃけ"ダイヤちゃん"の方が違和感ありまくる」

ダイヤ「はぁ?」



2: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:47:50.53 ID:KfAAXW9D.net

鞠莉「だって今まで同級生ですら"ダイヤちゃん"って呼んでなかったわよね?」

果南「そうそう」

ダイヤ「そう言われると確かに"ダイヤさん"すらも少数派で、苗字で呼ばれるのが大半でしたわね……」

果南「私と鞠莉くらいじゃない? ダイヤちゃんって呼んだ事あるの」

ダイヤ「とは言えそれも呼び捨てになるまでの短い間でしたけどね」

果南「鞠莉は知らないと思うけど、幼稚園の時は先生ですら"黒澤さん"って呼んでたよね」

鞠莉「Really? 幼稚園だったら割と名前の方で呼ばれない?」

ダイヤ「ですわよね……」

鞠莉「あー、黒澤家の娘だから気を遣って、とか?」

果南「や、ルビィは普通に名前で呼ばれてたよ」

ダイヤ「解せませんわ」



3: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:48:42.96 ID:KfAAXW9D.net

鞠莉「で、でも親戚の叔父さんとか従姉妹とかその辺りの人たちからはさすがに呼ばれてるでしょ?」

ダイヤ「それは勿論。というか同じ黒澤なのに"黒澤さん"って呼ぶワケありませんからね」

果南「……フッwww」

鞠莉「えっ、急にどうしたの?」

果南「や、黒澤同士で黒澤さんって呼び合ってるのを想像したら……www」

ダイヤ「はぁぁ? 一体何を……」

鞠莉「確かに面白いわねwww」

ダイヤ「鞠莉さんまで!?」

鞠莉「でもダイヤ、想像してみてよ」

ダイヤ「想像と言われましても……」



4: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:49:30.01 ID:KfAAXW9D.net

叔父『や~、黒澤さんお久しぶりです』

父『おぉ黒澤か。しばらくぶりだな、元気だったか?』

叔父『えぇ相変わらずで。娘も黒澤ちゃん達に会いたがってますよ』

父『そうかそうか、おーい黒澤-! 黒澤ー! ちょっと来ーい』

ダイヤ『なんですのお父様』

ルビィ『あ、黒澤ちゃんだ!』

従姉妹『久しぶり、黒澤ちゃんと黒澤ちゃん!』

ルビィ『黒澤ちゃん、黒澤の部屋で一緒に遊ぼう!』

従姉妹『うん!』



5: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:50:12.86 ID:KfAAXW9D.net

ダイヤ「……フッwww」

果南「いや、せめて家族間は普通に呼ぼうよw」

鞠莉「何で娘の事を苗字呼びなのよw」

ダイヤ「あれ、そういう話じゃないんですか?」

果南「親戚からの呼ばれ方、って話だったでしょ」

ダイヤ「……あっ」

かなまり「wwwww」

果南「っていうかルビィも一人称が黒澤になってるしw」

ダイかな「wwwww」



6: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:50:59.55 ID:KfAAXW9D.net

鞠莉「黒澤のゲシュタルト崩壊を起こすところだったわ」

果南「あー、お腹痛い……w」

鞠莉「話を戻すけど、親戚からはダイヤちゃんって呼ばれてるならそれでいいじゃない」

ダイヤ「ぶっっっっ……」

果南「溜めるね」

ダイヤ「っっぶーーーーーーーーーー! ですわっ!」

ダイヤ「それとこれとを同一に語らないでもらえますか!?」

鞠莉「どれがそれでどれがこれ?」

ダイヤ「身内から呼ばれるのと友達から呼ばれるのとでは意味も重みも違いますわっ!」

ダイヤ「身内なんて名前で呼ばれるのがほぼ当たり前、ですからそこに感動や喜びなんてありませんわ!」

果南「友達から呼ばれても喜びはすれど感動はしないけどね」



7: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:51:43.99 ID:KfAAXW9D.net

ダイヤ「ま、まぁ流石に感動はしませんが、ありがたみが全然違うというものです」

果南「確かに今まで花丸ちゃん達からは"果南さん"だったけどそれが"果南ちゃん"になった時は嬉しかったかな、距離が縮まった気がして」

鞠莉「そうね、千歌っちや曜から"鞠莉ちゃん"って呼ばれるようになった時は嬉しかったわね~♪」

ダイヤ「もしかして喧嘩売られてますかこれは?」イラッ

鞠莉「それはNoよダイヤ、落ち着いて」

果南「そうそう無意識だった、だからその振り上げた拳を戻して」



8: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:52:26.28 ID:KfAAXW9D.net

ダイヤ「というかお二人は呼ばれ方もそうですが、敬語もいつの間にか遣われ無くなってますわよね?」

鞠莉「そう言えばそうねぇ、もちろん最初は敬語だったけどいつの間にか……」

果南「別に敬語をやめさせた覚えも無いし、気が付いたらそうなってたよね?」

鞠莉「多分"ちゃん"って呼ばれるようになったのとほぼ同時期だったような気がするわね」

ダイヤ「……しい」ボソッ

鞠莉「What?」

果南「何か言った?」

ダイヤ「うーらーやーまーしーいー! ですわっ!」



9: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:53:33.91 ID:KfAAXW9D.net

ダイヤ「ずるいですわっ、お二人ばかり順調に距離を縮めて!」

ダイヤ「私だって皆ともっと距離を縮めて、もっとフレンドリーな関係を築きたかったですわ!」

ダイヤ「もっと仲良くなって、そして向こうが敬語じゃなくなるならこちらも敬語を辞める覚悟でしたわ!」

果南「は?www」

鞠莉「ま、まさかダイヤがタメ口で喋るって事?」

ダイヤ「まぁ場合によってはそうしようかと思ってた、という事ですが何か?」

果南「全然想像つかないからちょっとやってみてよ」

ダイヤ「え~、急にやれって言われても難しくない? アタシそんな器用じゃ無いんだよね」

かなまり「wwwwwwwwww」

ダイヤ「何笑ってんの? 自分でやれって言ったんじゃん」プンプン

果南「ちょっとwww っていうか絶対前から練習してたでしょwww」

ダイヤ「ちょっと何言ってるかわかんない」ハァ?

鞠莉「やめてwww 笑い過ぎて腹筋がSix Packになるわwww」

ダイヤ「こんな時でも無駄にネイティブな発音なんだね、よっ! 帰国子女!」

鞠莉「なんか性格まで変わってるwww」

果南「アハハハハハハハハwwwww」



10: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:54:18.41 ID:KfAAXW9D.net

鞠莉「ハァ、ハァ……」

果南「ダイヤのせいで笑い死ぬところだった……」グッタリ

ダイヤ「ちょっと口調を変えただけですのに」

鞠莉「いや、口調だけじゃ無かったわよ」

ダイヤ「?」キョトン

果南「ちょっと名残があるwww」

鞠莉「フッw……でもさ、私たち相手ならともかく、後輩たちにタメ口でいくのはやっぱり無理なんじゃない?」

ダイヤ「な、何故ですか!? つい今やってたじゃないですか!」

鞠莉「だってあなた妹にすらできてないじゃない」

ダイヤ「……確かに」



12: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:55:12.34 ID:KfAAXW9D.net

ダイヤ「いえ、できますわ! ルビィが相手でもやってやりますわ!」

果南「できるの~? 今までずっとやってこなかったのに~」

ダイヤ「黒澤家に敗北の二文字はありません、それに"タメ口の黒澤"と評判の私にはそれくらい余裕ですわ」

鞠莉「何それ、初めて聞いたけどwww」

ダイヤ「今適当に考えました」

果南「評判とは一体」

鞠莉「アーハッハッハッハッハwww タメ口の黒澤www」

ダイヤ「はい、私に何か用ですか?」

鞠莉「いや呼んでないwww っていうか早速タメ口じゃないしwww」

果南「鞠莉が死んじゃうからもう笑わせるのやめたげて」



13: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:55:48.75 ID:KfAAXW9D.net

鞠莉「ダメ……笑いの沸点がすっごく低くなっちゃってるわ今……」ハァハァ

果南「よし、一旦落ち着こう。ダイヤもふざけるのやめて」

ダイヤ「ふざけたつもりは無いのですが……」

果南「いや、だって"タメ口の黒澤"とか言ってたじゃん」

鞠莉「……w」

ダイヤ「べ、別にふざけてなど……w」

果南「ちょっと」

鞠莉「Stop! これ以上笑わせるのは危険よ、主に私の命が」



15: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:56:29.43 ID:KfAAXW9D.net

果南「まぁそれは勝手に家でやっといてよ」

ダイヤ「雑ですわね」

果南「だって家族間の話じゃんそれ」

ダイヤ「まぁそうですけど」

鞠莉「とりあえず一旦タメ口ダイヤの件は置いときましょう、今の問題は呼び方だったハズよ」

ダイヤ「ハッ、そうですわね」

果南「忘れてたのかよ」



16: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:57:08.74 ID:KfAAXW9D.net

ダイヤ「いえいえ、もちろん覚えていましたわ」

ダイヤ「ただ、タメ口の件も関係無い事は無いと言いますか……」

鞠莉「……ハハーン、そういう事ね」ピーン!

果南「え、どういう事?」

鞠莉「多分だけど、私たちみたいに相手側からもダイヤに対してタメ口できてほしいって事じゃないかしら?」

ダイヤ「えぇ、その通りですわ」

果南「あー」



18: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:58:09.20 ID:KfAAXW9D.net

果南「確かに"ダイヤちゃん"って呼ばれたとしても敬語のままじゃね」

ダイヤ「お互いに対等な関係……と言ったらもちろん今でもそうだとは思いますが、話し方も対等でありたいですわ」

鞠莉「試しにタ…w タメ口で…w」

ダイヤ「ちょっと、何を笑ってるんですか」

鞠莉「タメ口で話しかけてみればいいんじゃない?w」

果南「鞠莉はともかく、みんなは別に笑ったりはしないと思うよ? 試しにやってみたら?」

鞠莉「ちょっと、さっきは自分だって笑ってたじゃない」

ダイヤ「笑われるならまだ良いのですが、以前"ちゃん"で呼んだ時は気味悪がられたり怒ってると勘違いされたりと散々でしたわ……」

果南「アニメの二期四話を参照ってやつだね」

鞠莉「メタいメタい」



19: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:58:52.70 ID:KfAAXW9D.net

ダイヤ「メタいついでに言ってしまいますが、四話の最後に皆さんで"ダイヤちゃん"って呼んでくださいましたわよね?」

ダイヤ「半ば強制的だったけどぶっちゃけすっごく嬉しかったし、ジーンと来るものもあったよ」

ダイヤ「何なら五話以降はきっとそう呼んでくれるんだろうなって思ってたからね?」

ダイヤ「ところが蓋を開けてみれば"ダイヤさん"のままだったし、みんなも敬語のままだし!」

ダイヤ「『そのままでいい』って言ってたけどそのままだったのは寧ろみんなの方だからね!?」

果南「ダイヤ落ち着いて」

鞠莉「wwwwwwwwww」

果南「鞠莉も落ち着いて」



20: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 20:59:40.90 ID:KfAAXW9D.net

鞠莉「タメ口のダイヤ、どうやらマリーのツボみたい……」ハァハァ

鞠莉「どんなにAngryな状態でも一瞬でSmileになっちゃうわ」

ダイヤ「その笑顔は嘲笑のような気がしないでもないですわね」

鞠莉「でも確かにあの時は、あれをきっかけにダイヤの呼び方が変わるのかな~なんて思ったわね」

果南「全っ然だったね」

ダイヤ「辛い、期待してただけにショックが大きい」

果南「だんだんタメ口スムーズになってきてない?」



21: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:00:27.86 ID:KfAAXW9D.net

果南「まぁでも一度ついたイメージから抜け出すのってなかなか難しいよね」

鞠莉「そうね、例えば急に善子が堕天使やめたりしたら心配しちゃうわよね」

ダイヤ「確かに……そうあって欲しいはずですが、何故か気にしてしまいますわ」

鞠莉「だからダイヤもタメ口を使う必要は無いんじゃない? 肝心なのは呼ばれ方なんだし」

果南「それにさっきも話に出たけど、ダイヤはそのままでいいって言われたんだしね」

ダイヤ「試しにやってみろと言ったのはお二人なんですけど」



22: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:01:20.69 ID:KfAAXW9D.net

鞠莉「一つ良い方法があるわ」

ダイヤ「何です?」

鞠莉「大学デビューよ」

ダイヤ「……つまり?」

鞠莉「さっき果南も言ったように一度ついたイメージというのはなかなか取れないもの」

鞠莉「しかし、これからの大学生活は知らない人ばかり! それを利用して『え、最初からこういう人間ですけど?』って感じに振舞えばいいのよ」

果南「なるほど、それなら名前通りの堅苦しいイメージは持たれないかもね」

ダイヤ「さり気なく悪口言うのやめてもらえます?」

鞠莉「そう、ただの今時のキラキラネームの子って思ってもらえるハズよ」

ダイヤ「だからさり気なくディスらないでもらえません?」



24: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:02:10.58 ID:KfAAXW9D.net

果南「悪口言うワケじゃないんだけどさ、でも名前のせいで硬いイメージ持たれるってのはあるんじゃない?」

ダイヤ「そう言われましても……」

果南「だから名前を変えよう」

ダイヤ「……は?」

果南「だから、ダイヤって名前がそういうイメージを持t」

ダイヤ「仰りたい事はわかります、ですが名前を変えるのはさすがに」

鞠莉「ん~、ならどんな名前がいいかしら?」

ダイヤ「ちょっと鞠莉さん」

鞠莉「逆に柔らかそうな感じだと……スライムはさすがに無いわよね」

ダイヤ「小原さん」

鞠莉「あ、こんにゃくなんてどう?」

ダイヤ「小原ぁ!」



26: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:03:06.48 ID:KfAAXW9D.net

果南「黒澤こんにゃくwww」

ダイヤ「確かに柔らかそうではありますが、それじゃ人物名では無くてお店の名前みたいですわね」

果南「黒澤蒟蒻店www 探せばありそうwww」

ダイヤ「……ハチロクに乗って伊豆スカイライン辺りを走り抜けそうですわね」

鞠莉「頭文字Dかな?」

ダイヤ「いえ、頭文字Kですわね」

鞠莉「Oh、改名しなければDのままだったのに」

ダイヤ「ではやはりこんにゃくは無しですわね」

鞠莉「無しの理由がそれなの?」

ダイヤ「ところで果南さんが会話に混ざっていませんが……」

果南「」グッタリ

鞠莉「笑い疲れてツッコミをする元気も無いようね」



27: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:04:07.23 ID:KfAAXW9D.net

鞠莉「改名はさすがに無しとして、大学デビューはまだいけるんじゃない?」

ダイヤ「確かに一理ありますわ」

鞠莉「おっ、なら大学に行ったらやってみようよ」

ダイヤ「ですが、大学生活はそれで良いとしても内浦に帰ってきたら何も変わりませんよね?」

ダイヤ「もっと言えば、大学の友達といる時に地元の友達に会った時にどう振舞えば良いのやら……」

鞠莉「あー、それもそうね」

ダイヤ「イメチェンした私を地元の知人に見られるのも恥ずかしいですし、かと言って従来の私を大学の友達に知られるのも……」

鞠莉「処理が追い付かなくてフリーズしちゃうわね」



28: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:04:41.70 ID:KfAAXW9D.net

果南「っていうかさ」

鞠莉「あら果南」

ダイヤ「もう大丈夫ですの?」

果南「うん、休ませてもらったからね」

果南「じゃなくて、やっぱり大学デビューは無しだよ」

鞠莉「Why?」

果南「そもそもの話として、千歌たちから"ダイヤちゃん"って呼ばれたいって話だったよね?」

ダイまり「あ」



29: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:05:20.80 ID:KfAAXW9D.net

果南「同じ敬語キャラでもμ'sの海未さんは後輩たちから親しまれてたのにね」

ダイヤ「その言い方だと私は親しまれてないみたいに聞こえますわよ」

果南「まぁそれは置いといて」

ダイヤ「ちょっと」

鞠莉「大丈夫よ、ちゃんとダイヤも後輩たちから親しまれてるわよ」

ダイヤ「で、ですわよね」ホッ

鞠莉「私たちほどじゃないかもしれないけど」

ダイヤ「ちょっと」



30: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:06:08.76 ID:KfAAXW9D.net

鞠莉「It's joke☆」シャイニー

ダイヤ「今本気で泣きそうになりましたわよ」

鞠莉「大丈夫よ、Aqoursのメンバーどころか学校中から慕われてるわよ」

鞠莉「それに慕われてなかったら生徒会長選も負けてただろうし」

ダイヤ「確かに学生時代の選挙なんて人気投票みたいなところがありますからね」

ダイヤ「本音を言えば公約にも目を向けてほしいところではありますが」

鞠莉「ねぇ、選挙の頃はこっちにいなかったから知らないんだけど、ちなみにダイヤの公約って何だったの?」

ダイヤ「私の公約ですか? それは……」

果南「確か"第二のエリーチカになりたいですわ!" だったよね」

鞠莉「え、そんな理由で立候補したの? ひくわー」ウワァ…

ダイヤ「そんなワケないでしょう」



31: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:07:10.88 ID:KfAAXW9D.net

ダイヤ「確かに生徒会長とスクールアイドルの二足の草鞋をしっかりとやっていたエリーチカを尊敬していますが、そんな理由じゃ立候補の時点で先生方に止められますわよ」

鞠莉「さすがにそうよね、ダイヤの事だからありえない事も無いかと一瞬思ったけど」

ダイヤ「というかその頃はスクールアイドル活動はしていませんでしたし」チラッ

果南「何でだろう、冷や汗が止まらない」ダラダラ

鞠莉「あら、何でスクールアイドルやってなかったの?」

ダイヤ「それが当時のメンバー三名のうち二名は継続を希望していたのですが、残る一名により強制的に活動できなくなってしまいまして」

果南「うぐっ」

鞠莉「まぁ、多数決どころか一人の独断で休止に追い込んだっていうの!? なんて酷い……!」

果南「ぐはぁっ」



32: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:08:11.76 ID:KfAAXW9D.net

鞠莉「It's joke☆」シャイニー

果南「今本気で泣きそうになったよ」

ダイヤ「さっきもその流れやったばかりですわよ?」

鞠莉「まぁ確かに当時は色々思うところはあったけど、でもビンタ一発でチャラにしたわよ」

ダイヤ「渋々とは言え私も同意した事ですし、今更責めるつもりもありませんわ」

果南「鞠莉……ダイヤ……!」

ダイヤ「ただ……」

果南「ただ?」

ダイヤ「私たちのいざこざのせいでルビィに辛くあたってしまったのは本当に申し訳ない事をしたと思ってますわ……」

鞠莉「ちなみにアニメで描写は無かったけどこの件については三人でちゃんと謝ってるからね?」

果南「鞠莉は誰に言ってるの?」



33: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:08:48.09 ID:KfAAXW9D.net

鞠莉「話は結構戻るんだけど」

果南「どの辺まで?」

鞠莉「μ'sの海未さんは、って辺りまで」

果南「だいぶ戻るね」

鞠莉「μ'sは先輩禁止令を出したワケじゃない? 何でAqoursではそれやらなかったの?」

ダイヤ「正直に言えば、九人揃った段階でやろうと思った事はありました」

鞠莉「そうなの? ちなみにやらなかった理由は?」

ダイヤ「憧れているとは言え何でもかんでも真似をするのは良くないと思ったのと、時期が来れば自然にそうなるのではないかとの思いからですわ」

果南「でもその結果が……」

ダイヤ「今のこの悩みのタネになってしまっている、という有様ですわ……」



34: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:09:26.74 ID:KfAAXW9D.net

ダイヤ「何であんな判断をしてしまったのか……あの時に戻れるなら当時の自分をぶん殴ってやりたいですわ」

鞠莉「……とーきーをー、まーきもーどしーてー♪」

果南「みーるかーい?♪」

ダイヤ「No No No、いーまーがさいっこう♪」

鞠莉「よし、やっぱり呼ばれ方はこのままでいきましょう」

果南「そだね」

ダイヤ「まんまとハメられましたわ」



35: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:10:12.81 ID:KfAAXW9D.net

ダイヤ「こんな気持ちで卒業の日を迎える事になるとは思いもしませんでしたわ……」

鞠莉「でも自分で蒔いた種だよね、さっさと先輩禁止にすれば良かったのに」

果南「まぁまぁ、ダイヤにもダイヤなりの想いがあったんだから」

ダイヤ「今更ぐだぐだ言っても仕方ありません……とりあえず答辞の原稿でも見直すとして、鞠莉さんも理事長として最後くらいはしっかりしてくださいね?」

鞠莉「もちろんそのつもりデース! 一番真面目に、一番私たちらしく」

ダイヤ「本当ですの?」



36: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:10:58.35 ID:KfAAXW9D.net

ダイヤ「……というか外、学校の壁にペンキで何をしてるんですの?」

鞠莉「あー、あれは……」

千歌「ダイヤちゃん!」

ダイヤ「千歌さん?」

千歌「寄せ書きなんだって」

ダイヤ「寄せ書き?」

鞠莉「Yes、中庭を開放して学校にみんなで寄せ書きデース!」

ダイヤ「ハァ……これから式だと言うのに……」ソワソワ

果南「とかなんとか言ってダイヤもやりたそうじゃん?」

鞠莉「式は式で真面目にやるとして、これはこれで楽しも?」

ダイヤ「……そうですわね、最後くらいハメを外すのも面白いかもしれませんわね」クスッ

ルビィ「はいお姉ちゃん、一緒にやろう!」



37: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:11:31.49 ID:KfAAXW9D.net

\ワイワイ ガヤガヤ/


鞠莉「……せっかく千歌っちが"ダイヤちゃん"って呼んでくれたのにね」

果南「ぜーんぜん気が付いてなかったね」

鞠莉「呼ばれたらどんな反応するのか楽しみにしてたのに」

果南「それはまたの機会に持ち越しかな」

鞠莉「じゃあ……また必ず皆で会わないとだね」

果南「そうだね……また必ず、皆で」

鞠莉「さぁ果南、私たちも寄せ書きに混ざりましょう!」ダッ

果南「制服汚さないように気をつけなよ?」ダッ


―また必ず、みんなで



38: 名無しで叶える物語 2019/05/31(金) 21:14:16.19 ID:KfAAXW9D.net

おわりです。

これ書くにあたって二期を見直したけど最終話で急にダイヤちゃんって呼んでてビックリした。
個人的には「ダイヤさん」派です。

よかったら過去作もお願いします。
果南「AZALEA」ダイヤ「短編集」花丸「その2!ずらっ」

花丸「ところで式はいつにする? 善子ちゃん」


元スレ
ダイヤ「結局未だに『ダイヤさん』のまま」