SS速報VIP:女騎士「くっ殺せ!」オークキング「ザラキ!」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:15:24.44 ID:kpYE5Dtr0

女騎士「……っ!」

ピキ……パリン!!

オークキング「!?」

命の石は砕け散った!

女騎士「……」

オークキング「……」

オークキング「……もう一回、ザラキ!」ガガッ!

女騎士「っ!」

命の石は砕け散った!

オークキング「おい」

女騎士「……殺せ」

オークキング「ザラキ!」

命の石は(ry

オークキング「ザラキザラキザラキザラキ!!」ガガガガッ!!

命の石は(ry 
命の石(ry 
命の(ry 
命(ry

女騎士「殺せ」ニヤニヤ

オークキング「こいつ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435112114




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:21:30.29 ID:kpYE5Dtr0

オークキング「命の石いくつ持ってるんだ」

女騎士「さあな?」フフフ

オークキング「その袋だな……ちっ、こんなに入れやがって」ジャラジャラ

女騎士「君のMPが持つかどうか」フフフ

オークキング「ザラキ! ザラキ!」ガガッ!ガガッ!!

(ry

女騎士「ふふーん」

オークキング「くそ、だったら……お、お前魔法の聖水持ってるじゃねえか。いただくぜ」ゴクゴク

女騎士「ほうほう」

オークキング「その余裕こいた喋り方やめろ……槍で突き殺すこともできるんだぞ」

女騎士「ザラキで殺せず、槍に逃げるか。それも良かろう」ウムウム

オークキング「このっ! ザラキザラキザラキーーーーーーーーーーッ!!!」

パリンパリンパリン

女騎士「はっはっは」





3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:25:16.94 ID:kpYE5Dtr0

~~

オークキング「くそ、またMPが尽きた!」

女騎士「ふふ」

オークキング「意地でもザラキで殺してやる」

女騎士「ほうほう」

オークキング「バトエン時代の意地を見せてやる……」

女騎士「?」

オークキング「ま、マホトラおどり!」スッテンテン♪

女騎士「ぶっ、はははは! 何だその間抜けな踊りは!」

オークキング「うるせえ! こ、こう踊るんだよな確か」スッテンテテテン♪

女騎士「プライドないのか、ふふっ、くっくっく」

オークキング「黙れ黙れ! 踊り続けてお前のMPを頂いて……よーし、MPがかなり溜まった」ピタッ

女騎士「ザラキ連発入りまーす♪」

オークキング「るせえっ!」





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:30:22.92 ID:kpYE5Dtr0

~~

オークキング「ザラキ……ふうふう、ザラキ……ちっくしょう!!」

女騎士「はっはっは! まだまだあるぞ!」

オークキング「最初から俺を馬鹿にするためにわざと負けたのかお前は」

女騎士「さてな」ピーピピー♪

オークキング「くそっ、どうすれば……」

女騎士「もうあきらめるのだな、私から吸うMPももうないぞ」

オークキング「ぐぐぐぐ……くそっ、偉そうに、チャラチャラした指輪までつけやがって!」グイッ

女騎士「う! いたた、優しく引っ張れ!」

オークキング「ん? この指輪はもしかして……祈りの指輪!?」

女騎士「何?」

オークキング「これでMPをまた回復だ!」

女騎士「む……」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:33:57.37 ID:kpYE5Dtr0

~~

オークキング「ザラキ!ザラキ! ……へへへ、ついに命の石はあと1個!! ザラキ!」

パキイインッ!

女騎士「う、ぐ、むう」

オークキング「残念だったな、調子に乗りやがって……自分の死のカウントダウンをしただけになるとはな」

女騎士「く……っ!! 殺せ!」

オークキング「お望み通りにしてやるよ! ザラキ……!」

パキイイイッ!


命の石は砕け散った!!

オークキング「え?」

女騎士「ふふ」パラパラ

オークキング「い、今砕けたのは……鎧?」

女騎士「その通り。私の鎧は大量の命の石を特殊加工し繋ぎ合わせて作っているのだ! 端っこが少し砕けてしまったな、あーあ、特注品だというのに惜しい惜しい!」ハハハハハハ!!

オークキング「てめええええええええええええっ!!」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:36:39.41 ID:kpYE5Dtr0

オーク「どうしたんです?」

オークキング「お、おう」

女騎士「新手か」

オーク「お、女騎士だ。さすがキング、やっつけたんですね」

オークキング「どうしてもザラキで殺したい……MPを回復する方法は無いか」

女騎士「ふっ、部下にまで助けを求めるとは」

オークキング「黙れ!」

オーク「寝ればいいじゃないですか」

オークキング「」

女騎士「」


オークキング「zzzzzzzzzz」ゴロン

女騎士「あ……あああああああああ」ガクブル



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:39:00.51 ID:kpYE5Dtr0

翌日~~

オークキング「眠れなかったようだな」ニヤニヤニヤ

女騎士「う、だ、黙れ」

オークキング「一体いくつの命の石でできてるんだか……ザラキ!」

パキイッ!!

女騎士「っ!」

オークキング「ふふ、肩のアーマーが壊れたか。ザラキザラキ!」

ピキッ!ピシッ!

女騎士「や、やめろおおっ!」

オークキング「ザラキザラキザラキザラキイイイっ!!!」グガガガガガ!

女騎士「う、うわあああああああああああ!!」


ピピキピキピキパキイイイイイッ!!!



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:41:51.85 ID:kpYE5Dtr0

オークキング「MPが無くなっちまった、ねよ」ゴロン

オーク「トップレスになっちまったな女騎士様」クックック

女騎士「う、うう~」タップンタップン

オーク「アンダースーツまで命の石でできてるのかあ、人間の技術はすごいな」

女騎士「あ、アンダースーツをまじまじ見るな!」///

オーク「この状況で口答えかよ」ツンツン

女騎士「ひぅっ!!」

オーク「くくく、はたして死ぬことができるかどうか」

女騎士「何? そ、それはどういう……」

オーク「オークキング様、期待してますぜ……」

女騎士「な、なんだ……なんだその笑いは……おいっ! なんとか言えぇええええっ!!!」

~~



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:45:00.82 ID:kpYE5Dtr0

また翌日~~

オークキング「ザラキぃいいいいいいっ!!」

女騎士「う、うわああああああああああああああ!!!」パッキイイイイイイイッ!!!

オーク「とうとう全裸だ!」イヤッフーイ!

オークキング「ふ」

女騎士「う、うわあああっ、み、見るなあああ!」

オーク「おい、ちゃんと毛の処理くらいしておけ」シャワシャワ

女騎士「やめろ、やめろおっ!」ワナワナ

オークキング「ついに、ついにこの時が来た」

女騎士「う……ぐっ!」

オークキング「死ね……」

オーク「え、殺すんですか!?」

オークキング「ザラキ!!!!」

女騎士「うあああ……っ!! こんな姿でこんな死に方……嫌だっ!!」


MPが足りない!


オークキング「明日にしよう」ゴロン

女騎士「助かった」

オーク「助かってねえだろ」ウヒヒヒ

女騎士「う……ぐっ」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:48:38.04 ID:kpYE5Dtr0

オーク「ふふふ、ひひひ、くくくくく……最後の一個が股間の上で砕け散った時は最高だったぜ」

女騎士「ううっ」

オーク「どんな気分だった? 最後の希望が剥がされた瞬間はよ!」

女騎士「う、うるさいうるさい! ううっ」

オーク「なんか若干腹が出てないか? 一生懸命尿意と便意を抑えていたんじゃないのか? おい?」

女騎士「!!!」

オーク「へっへっへ……おらっ!」ドガッ!

女騎士「ぐあぁ……あぃ……いぃぐ……ぐっ」アワアワ

オーク「一気に表情が……ひゃーはははは!」ドガッ!

女騎士「うおはあっ! う、お、ば、ぎゃ、あああああ……あああああ!」


ブッシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

オーク「あはははははははははははは!!!!」

女騎士「そ、そんな、私としたことが……あああああああっ」クラクラクラクラ



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:52:24.58 ID:kpYE5Dtr0

オーク「ひゃはははは! 汚物塗れの女騎士様よ、しょんべんを潤滑油に俺とセックスしないか~?」

女騎士「う、い、いやだあ!」

オーク「拒否権なんてあるわけねえだろっ!!」ドブシュッ!!

女騎士「  ア  」パクパク

オーク「ひひひ、ははっ、そらそらそらあああっ!」ギュッシ!ズッコバッコ!パンパンパン!!

女騎士「う、うう、ひいっ、ああっ、がああっ! や、やめろよせっ! 変態怪物! だめだだめだだめだあああああああああっ!!」

オーク「それそれ! ほらおら! ほらほらほら~~~~~~~~~~~!」ジュブリブッシャアアアアアアアアアッ!!

女騎士「ぐあひいいっ! あ、熱い……っ!!」アアアアアッ、アアアアアッ

オーク「何発でもイってやるぜ……MPよりはHPのほうが簡単に回復できるからな」ゴッソリ

女騎士「と、特やくそう……そんなに!?」

オーク「へっへっへっへ!」ガシュガシュムシャムシャ!

女騎士「く、くるな、やめ、やめ……!」

オーク「いやっはああああああああああああああああああああああああああああ!」グブッシュウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:52:57.37 ID:kpYE5Dtr0



























女騎士「んほぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」























19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 11:58:56.00 ID:kpYE5Dtr0

翌朝~~

女騎士「」

オークキング「なんで死んでるんだ」

オーク「この俺が連続100回射精に完全敗北して腹上死してやったんです!」

オークキング「……ザオラル」ポワアアアア

女騎士「!?」ガバッ!

オーク「おおっ!?」

オークキング「……帰れ」

オーク「ええっ!?」

女騎士「な、なに……なんだと?」

オークキング「俺はお前をザラキで殺すことができなかった。俺の負けだ」

オーク「えええっ!?」





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 12:00:31.22 ID:kpYE5Dtr0

女騎士「オークキング、お前」

オークキング「二度とオークにかかわるな。俺達を舐めるな」ギロッ

女騎士「……っ」

オーク「そ、そんなあ、そんなこと言ってる場合ですか?」

オークキング「お前にも言っておこう。オークを舐めるな」ギロロッ

オーク「ひいっ!」

オークキング「さらばだ」ザッザッザ

オーク「ま、待ってくださいよぉ~~~!」



女騎士「……オークとはなんなのか? 私がなぜ助けられ、解放されたのか? それは少しわかる気がする。だが……」

女騎士「この格好でどう帰れと言うんだ」スッポンポンビチャビチャトロトロトロ♪



完!



元スレ
SS速報VIP:女騎士「くっ殺せ!」オークキング「ザラキ!」