SS速報VIP:【デレマス】半熟娘。うっとりと快楽に溺れる幼い肉体――性奴隷に堕ちるまで
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559439906/



1: ◆K7qLUv4H.Lbp 2019/06/02(日) 10:45:06.18 ID:pxALRxFDO

―二人の出会いは高校入学時



―そして……最初の別れはその三年後になりますね

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1559439906




2: Pの苗字は作者のを使ってます 2019/06/02(日) 10:48:47.50 ID:pxALRxFDO

―その出会いは本当に、思いがけないものでした



(高校生活が始まって最初の……HR)

(次は自己紹介で、です……)

(えっと、何を話そうかと、き、緊張してきました……)



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 11:11:57.98 ID:pxALRxFDO

(今まで色んな人から流されやすいって言われてたけど……)

『三船さん、日直変わって』

『あ、あの……』

『それじゃあ!』パタパタ

『……』

(高校では……)

「次ー、大島」

「はいっ」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 11:13:36.46 ID:pxALRxFDO

モバP(以下P)「大島Pといいます。趣味はみんなでわいわいすることです」

(それが……あの人との出会いだった)



8: ◆K7qLUv4H.Lbp 2019/06/02(日) 11:14:55.06 ID:pxALRxFDO

というわけで三船美優さん過去捏造SSになります



……18禁シーンはありませんので、タイトルに語弊があり申し訳ありません



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 11:20:10.95 ID:pxALRxFDO

(そんな高校生活が始まったが……やっぱり私は)

「三船さーん、ごめん。日直変わって貰ってもいいかな?」

美優「え?でも、今日は委員会が……」

「えー!誰よ、三船さんに委員会を押し付けたのは!」

P「なら俺が日直をやるよ。どうせゴミ捨てと日誌出すだけだろ」

「さっすがー!女の子にモテるよ」

P「そんなんじゃないよ……で日誌は?」



(そんなさりげない態度に……)

(いつしか目を向けているうちに)

(私は好き……惚れてしまっていた)



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 11:21:14.74 ID:pxALRxFDO

(でも、私は私……)

(引込思案で流されやすい性格は変わらず……)

(あっという間に卒業を迎えようとしていた)



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 11:24:14.26 ID:pxALRxFDO

美優「えっと……黒板掃除は終わったから……」

P「ん、ありがとう。ならゴミ捨てに行ってくるよ」

(ここで……声をかけなきゃダメだと思った)

美優「あ、あの……」

P「ん?どうしたの?」

(でも……)

美優「わ、私もい、行きます……」

(これが精一杯だった……)



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 11:25:31.73 ID:pxALRxFDO

(二人並んで……といいたいけど、私は並ぶ勇気も出せなくて、彼の数歩後をついていく……)

(でも……それだけで)



(幸せだった)



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 11:29:32.22 ID:pxALRxFDO

P「そういえば三船さんは、卒業したらどうするの?」

(三船『さん』か……)

美優「えっと……地元の大学に推薦で……」

P「そっかー、俺なんで引っ越すからまだ決められないんだ」

(え……じゃあ……)



(ショックだった……今まで一緒に……何度も日直とかやっていたのに……)

(こんな……大事なことすら教えてくれてなかった……)





(彼にとって……私は、そんな程度の存在だったなんて……)



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 11:35:50.81 ID:pxALRxFDO

♪楽し都、恋の都、夢の楽園よ~

(東京か……)

ガイドブックをめくる音が静かに響く

ペラリ

(遠いな……)



(彼にとって、私なんてクラスメートの一人でしか……)エグッ

本に雫が降り注ぐ

(私なんて……でも……私は、ずっと…ずっと好きだったんだよ……)
グスッ


初めての失恋とわかる失恋は、涙の味しか覚えていない



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 11:39:59.97 ID:pxALRxFDO

(その失恋は結構ダメージが大きかったみたいで……)

(大学の四年間、そして就職してからも男性とお付き合いなんてできなかった……)

(それが災いしたのだろう)

(社会人になっても、軽い作業ばかりで、仕事らしい仕事をさせてもらえなかったのは……)



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 11:49:31.52 ID:pxALRxFDO

美優(今日もお仕事らしいお仕事は……)

美優(……このままリストラになるのかな)

美優(そうなったら……)

ワイワイガヤガヤ

(大声のする方を見るといかにもな人たちが、たむろして歩いている)

美優(ど、どうしよう……声なんてかけられたら……)

(そこで目に飛び込んだのは一軒のバーだった)

美優(えーい!)



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 12:17:32.49 ID:pxALRxFDO

(入ったのは少し暗め……でも男の人の隠れ家的なバーだった)

「いらっしゃい」

美優「え、えと……」

美優(どうしよう……そんなにお酒の知識ないから、変なの頼みそう……)

(そう思っていると、奥の方から声がかかる)

「マスター。どうやらここがバーとは知らずに入ったみたいですよ」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 12:22:10.45 ID:pxALRxFDO

美優(どっかで聞いた声……?)

(記憶を探りつつも、その男性に従いとりあえず座る)

?「お酒は飲める方?」

美優「あ……そんなに強くなければ」

?「じゃあ、軽目の何か甘いのお願いしようか」

「畏まりました」

チャカチャカ

(シェーカーを振る音だけが響く)

?「急に入ったってことは店を間違えたのかな?」

美優「え、ええと……」

?「服装を見てると雨に濡れたわけでもないし、顔を見ても化粧が……え?」

ジーッ

美優「えっと……私の顔に「三船さん?」

(それは……)



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 14:38:19.01 ID:pxALRxFDO

?「やっぱり……俺……じゃわからないかな」

(もしかしてと期待に胸が鳴る)

P「高校三年間一緒のクラスだった、大島だよ」



(この胸のドキドキは……止まっていた恋時計が再び動く音?)

(それともあの失恋が招かざる人を弾く警告の音?)

(どちらにしろ……)

美優「はい……お久しぶりです……」

美優「あと……」





美優「美優って……呼んでください」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 14:59:53.37 ID:pxALRxFDO

(それから数カ月……)

(私とPさんはこちらで会う機会がある度に、飲んで会う仲にはなった)

(でも……)

P「へぇ……アイツが結婚か……」

P「あの子、もう三人目が生まれたんだ?」

美優「……」プクー

(人の話題ばかり……)



(悔しいから今度会う時に、酔っ払わせてお返しをしようと思った)



23: ◆K7qLUv4H.Lbp 2019/06/02(日) 15:10:31.33 ID:pxALRxFDO

―その日

美優「だかぁらぁ!ぴーさんはぁ、おんなのこのぉ、きもちぃがぁ!」デロンデロン

P「……大丈夫?そんなに酔っ払って、何かイヤなことでもあったの?」

美優「そりゃあ、ぴーくんがてをだしてぇ、くれないからいけないんですよぉ!」デロンデロン

P「ダメだこりゃ……マスター、タクシー呼んで」

マ「……構わないけど、いいのかい?」

P「いいんですよ……彼女に嫌われるぐらいなら」

マ「そうじゃないみたいだから、言ってるんだけどね」

P「ん?何か言いました?」

美優「ちょっとぉ!こんなにいいおんながいるってのにぃ、おとこどうしだなんてほもですかぁ?」ベシベシ

P「違いますって。……はぁ、こんな時にこんな事を言うようでなんですが、俺だって美優さんのこと……」

P「あの時からずっと……」



美優「はい、言質取りました」●REC

P「え?」

美優「じゃあ、行きましょうか。ラブがつくホテルへ」

P「み、美優さん……キャラが……」

美優「まぁ……まだ酔っ払ってますからね。でも……」





美優「私だって好きなんですから」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 15:12:43.36 ID:pxALRxFDO

P「マスター……」

マ「申し訳ないが、物凄くにやけた顔をしてるよ」

キキッ

マ「お、タクシーも来たみたいだ。……優しくしてやれよ」





P「無理ですよ。ずっと今まで溜め込んで来たんですから」



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 15:17:59.59 ID:pxALRxFDO

美優「そんなこんなで、責任取ってもらうため、アイドルやってます!」ブイ

楓「なるほど、ホテルでほてってると」

飛鳥「楓さんは相変わらずだな……」

涼「今の話でいい曲が浮かんで来たな……うん」

茄子「なるほど、酔っ払ったふりですね」

亜季「P殿を戦略的に攻略したわけですな」



アハハハ

P「……美優も強く逞しくなったな」トホホ



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 15:23:00.61 ID:pxALRxFDO

P「じゃあ、美優。今度の仕事はブライダルだ!」

美優「えっと……ちゃんと責任取ってくださるということで?」

P「……今回のはあくまで仕事だからな」

美優「はーい」





美優(こっそり内緒で学生時代のみんなに送っちゃお)



つ『P君と結婚しました』ピローン
http://imas.gamedbs.jp/cgss/images/1559282732040_qndol3u0.png



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 15:26:23.69 ID:pxALRxFDO

ピロロ

P「ん?何だメールか?」

ピピピロロロロロロ

P「おわっ、何なんだ?!」

つ『美優ちゃんと幸せになりなさいよ』

つ『貴様!学生時代からいちゃいちゃしやがって今更見せ付ける気か!』

つ『美優も高校の時からP君一筋だったものね』

美優「え?嘘……」

P「そんなはずは……」

ピローン

つ『いちゃいちゃしてた!』×多数



P、美優「あちゃー」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 15:29:51.12 ID:pxALRxFDO

P「なら……ケジメをつけないとな」

美優「ふふっ、お待ちしていましたよ」

スッ

P「俺と…………結婚してください」

美優「喜んで!」ニコッ

パシャ



P、美優「え?」

カメラマン「仕事の最中にいちゃいちゃするからよ」

ディレクター「まぁPちゃんも美優ちゃんもラブラブオーラが出っ放しだったしね」

メイク「子供が生まれたら知らせなよ!」



美優「はい!私、今よりもっと……」



「幸せになります!」



(o・▽・o)&(●・▽・●)おわりだよー



31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/02(日) 15:31:01.44 ID:pxALRxFDO

とりま、Rと間違えてすみません

少し消化不良ですが、仲の人のミスですのでして……



では、ありがとうございました


元スレ
SS速報VIP:【デレマス】半熟娘。うっとりと快楽に溺れる幼い肉体――性奴隷に堕ちるまで