SS速報VIP:凛『…理想のプロデューサー』



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:29:10.26 ID:yFlS9Ead0

アイドル達がまったり駄弁るSSです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369538950




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:30:59.66 ID:yFlS9Ead0




-ガチャ


凛「プロデューサー、いる?」


-しーん…


凛「…あれ」


幸子「Pさんならいませんよ、さっきお使いに行ったので」


凛「お使い?」


幸子「そう、このボクのためにです!」


-デコピンッ


幸子「あぅっ」


凛「またプロデューサーをこき使って…」


幸子「ふ、ふふーん、仕方ない事ですよ!カワイイボクに頼まれては断るに断れませんから!」


-ビシッ


幸子「ぁいたっ」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:32:31.68 ID:yFlS9Ead0



-ガチャッ



きらり「おつぁーしゃー☆Pちゃんお疲れさまのはぐー!……あるぇー?」


凛「お疲れきらり。レッスンだったっけ?プロデューサーなら出掛けてるけど」


きらり「凛ちゃんおっつおっつ!まゆちゃんとだんしんぐ☆れっすんだったにぃ!」


まゆ「…杏ちゃんの気持ちが少し分かったわぁ…」フラフラ…


幸子「わわ、どうしたんです?」


まゆ「普段の他の子と同じような間合いで踊ると…手や足がビシバシ当たるの…。鳩尾にちょっと…重たいの入って…」


きらり「まゆちゃんごめんだにぃ…」ナデナデ





4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:33:49.46 ID:yFlS9Ead0



凛(…そういや杏は足の小指の骨折れたとかで休養してたっけ。……いやいやまさか)


きらり「そんでね、Pちゃんに、痛いのとんでけー☆ってまゆちゃんにしてもらおうと思ったんだけどー…」


まゆ「まゆのPさんはどこぉ…?」


凛「使いっ走りさせられてるよ。…幸子に」


まゆ「……幸子ちゃん?」


幸子「ひ、ひぃっ!」ササッ

幸子「ぼ、ボクは悪くないですー…Pさんがボクを甘やかすからー…」(きらりの背に隠れながら)




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:35:42.16 ID:yFlS9Ead0


凛「…まぁ、プロデューサーってけっこう甘いトコあるね。幸子に限ったことじゃなく」


きらり「Pチャンあまあま?すうぃーとPちゃんっ!」


幸子「ま!可愛いボクにそうしたくなる気持ちは解らないでも」


まゆ「幸子ちゃん」


幸子「ま、まゆさんももうちょっとボクに優しくしてくれてもイイと思いますよー…(小声)」ササッ


きらり「Pちゃんカワイイからにぃー。みんなもよしよしってしたくなっちゃうんだと思うゆ?」


凛「うーん?…あー、頼りないとこは確かにあるね…」


まゆ「そうですよぉ…だからまゆが傍にいなくちゃいけないんです♪」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:38:31.54 ID:yFlS9Ead0


幸子「それにちょっと地味でパッとしませんね!…いえ落ち着いてるんです大人の男性です悪口じゃないですからまゆさん睨まないでくださぃ…」(きらりを盾に)


凛「私たちもアイドルとしてそれなりになってきたと思うけど…欲を言えばプロデューサーにももうちょっと……逞しくなってほしいかな…」


きらり「にょわーっ、Pちゃん強化けいかーっく☆だにぃ!ではではー…」


-がっし

-ぽすん



蘭子「……ふぇ」


きらり「蘭子ちゃんしょーかんっ☆」


幸子(…そういえば最初から黙々とテーブルで絵を描いてましたね…皆がいる事も気付いてなかったみたいです)








7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:39:47.25 ID:yFlS9Ead0



きらり「蘭子ちゃんはお絵かきさんだからー、強くなったPちゃんのいめーじを描いて貰うんだにぃ!」


凛「…なんか面白そうだね。蘭子、Pさん描ける?」


蘭子「無論っ!(もちろんです!)」


まゆ(スケッチブックをペラペラと捲ると、そこには堕天使を象ったPさん……うふ、Pさんの格好よさが滲み出てます♪)


凛(なんでそんなカッコのプロデューサー描いてたのかは……訊かなくていいや)


蘭子「(カキカキ)」


幸子「Pさんの顔…ですね。これにみんなで理想のPさん像を足していくわけですね!」


蘭子「いざ、至高の標を!(かっこよく描きますよー!)」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:41:35.06 ID:yFlS9Ead0


きらり「はいはーいっ!きらりはねー、おっきーーいPちゃんがいいなー☆」


凛「あ、それちょっと賛成…。私165だけど、衣装とかでヒール履くとほとんど変わらないし」


蘭子『身長:おっきい』(カキカキ)


きらり「きらりはー、Pちゃんにお姫さまだっこしてもらうのが夢なんだにぃ…♪だから、きらりよりもおっきいPちゃんをご所望だにぃ☆」


蘭子『身長:おっきい(2mくらい)』(カキカキ


凛「ちょ」


まゆ「でも、きらりさんを抱き上げるって……相当力が無いとできないと思うわぁ」


幸子「ついでに逞しく、ですね。凛さんもさっき言ってましたし」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:43:59.31 ID:yFlS9Ead0


蘭子「力がみなぎる…(たくましく…)」


きらり「イチバンはラオウみたいなPちゃんかにぃ…」


蘭子『凡庸なPの頭部に筋骨隆々の上半身(裸)』(カキカキ


凛(……無駄なくらい筋肉しっかり書き込んでる…)


きらり「にゃはーっ♪Pちゃんかっくぃー!」


幸子「ブフッ…こ、これなら暴漢からも護ってくれますね!」


まゆ(分厚い胸板……こういうのに力いっぱい抱き締められるのもいいかも…♡)



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:47:09.83 ID:yFlS9Ead0



凛「ぇー……じゃあ次は?」


幸子「ではボクが!」

幸子「逞しさもですが、やっぱりPさんは知的になってほしいですね!」


蘭子『知識:生き字引』(カキカキ)


凛「インテリっぽくか…絵的には眼鏡でも掛けてみたり?」


まゆ「眼鏡……幸子ちゃんは似合いそうねぇ」


幸子「ふふーん、ボクは知的ですからね!Pさんも同じくらいになってもらわないと!」


まゆ「うふ、眼鏡を掛けるとにくたらしさが倍増しそう…♪」


幸子「ぼ、暴力はダメですよっ!」(きらりを盾に)



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:48:28.93 ID:yFlS9Ead0



蘭子『眼鏡装着』(カキカキ)


凛「今は大丈夫だけど、初めの頃は全然イメージに合わない仕事取ってきたり、スケジュール管理出来てなかったり……プロデューサーも駆け出しだったよね」


幸子「ボクにスカイダイビングさせようとした時は正気を疑いましたよ!」


まゆ「うふ、ぴったりでしたよぉ?」


蘭子「舞い散る片翼の小鬼…(素敵でしたよー)」


きらり「涙目のさっちゃん可愛かったにぃ…♪」


凛「…うん、似合ってた似合ってた」


幸子「なんですか皆して!というかきらりさん、“さっちゃん”て何か子供っぽいので止めてくださいっ」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:49:30.78 ID:yFlS9Ead0



きらり「んふふー。さっちゃんはねー、幸子ってゆーんだほんとはにぃ♪」

きらり「だーけーどカワイイかーら、みーんなにいっつもイジられちゃうんだにぃ♪」

きらり「カワイイにぃ、さっちゃん♪」


幸子「ぐぬぬ……ま、まぁボクが可愛いのは事実ですから!いぢめたくなるのも仕方ないですねっ!」


まゆ「そう、可愛いから仕方ないのよぉ…うふ♪」


幸子「ま、まゆさんのそれも可愛がりなんですね!…ですよね…?」


まゆ「…うふふ」


凛(プロデューサーのこと根に持ってるなぁ…)



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:51:15.86 ID:yFlS9Ead0



きらり「次はー、まゆちゃんかにぃ」


まゆ「……んー…まゆはあんまりないかしらぁ…」


凛「…まゆさんは今のままでもプロデューサー大好きだもんね」


まゆ「“好き”…じゃなくて…“愛してる”の…♡」


凛「…そうですか」


まゆ「あえて言うなら…まゆの愛を受け止めきれるくらい、懐の大きなひとになってほしいかしらぁ」


蘭子「…えっと…」


きらり「つまりー、心もおっきく!だにぃ」


蘭子「心得た!(分かりました!)」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:52:34.50 ID:yFlS9Ead0


蘭子『全体的に大きく』(カキカキ)


凛(…ビルドアップしただけなんだけど…)


きらり「まゆちゃんてばホントに乙女だにぃ…きらりまできゅんきゅんってきちゃうー…うきゃー、はずかしー☆」


まゆ「うふふ、Pさんはまゆにとって初恋だもの…♪」


幸子「ふ、ふーん…Pさんの何がそんなに良いんでしょうね!」


凛(…幸子もプロデューサーにべたべたなくせに)




蘭子「…ゎ、我が同胞共は…如何様な恋慕の記憶を…(みなさんは…恋愛経験あったりしますか…///)」




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:54:14.15 ID:yFlS9Ead0


凛「えっ……蘭子からそういう話振るなんて…」


きらり「うきゃーっ、コイバナコイバナー!」


まゆ「まゆの全てはPさんのためn」


凛「あ、うん。まゆさんはもう分かってるから……幸子」


幸子「ふぇっ!?ぼ、ボクはっ……ぁ、あー、告白された事はあるんですけどね!ボクの可愛さはみんなの共有財産ですから、1人とお付き合いしたことはないですねぇ!ああ、罪なボク!」


まゆ「……ふっ」


凛(…まゆさんが見下ろすような冷笑を…)



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:55:45.22 ID:yFlS9Ead0



幸子「そういう凛さんはどうなんですっ?」


凛「えっ?…私は……私も経験ないけど…」


まゆ「凛ちゃんは綺麗系だから…ハードルも高そうよねぇ」


蘭子「冷然なる貴姫には近寄れぬ羔の群れ…(クールだし…男の子達を寄せ付けなさそうです…)」


凛「ちょっ、そんなんじゃ…」




きらり「凛ちゃんはかわゆくないからにぃー…」



凛「」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 12:59:42.87 ID:yFlS9Ead0


幸子「きらりさんが毒を吐いたっ!?」


凛「かゎ…かわいくない……」ぷるぷる


きらり「あっあー、違うんだにぃ!凛ちゃんちょっぴしおっきいし、たかいたかーいもさせてくれないし…美人さんだからー…」


凛「…………、…なら…ちょっとやってみて」


幸子「え」


まゆ(凛ちゃんってたまに子供っぽいトコあるわね…)


きらり「おっけーい!(抱き抱えて)にょーにょーにょー…にょわーっ」タカイタカーイ




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:01:40.37 ID:yFlS9Ead0


凛「…っ」


きらり「にょーわっ」タカイタカーイ


-ふわっ…


凛「わっ…!」


きらり「んふふ、楽しくなってきたにぃ!せーのっ☆」タカイタカーイ


-ブンッ!


凛「~~っ!」


幸子「うわ、天井スレスレですよ!」




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:02:53.64 ID:yFlS9Ead0


きらり「そーれ、」


凛「きらりっ、も、もういいから…!」


きらり「にょ?凛ちゃんまんぞくぅ?」


凛「ああうん…だから降ろして…」



きらり「…………」じぃっ


凛「な、なに?」


きらり「うぇへへ、近くで見るとやっぱり凛ちゃんカワイイにぃ…♪」


凛「…!////……ぉ、おろして…」




22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:04:33.50 ID:yFlS9Ead0



-すた


まゆ「あらぁ…顔が赤いわよ、うふふ」


凛「ぅ、うるさいょ…」




幸子「水色でしたね!!」


-ベチンッ


幸子「フギャー!」


蘭子『下着は水色』(カキカキ)


凛「蘭子…?」


蘭子「ひゃ、ひゃいっ!すぐ消しますっ(忘却の彼方へっ!)」




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:05:46.94 ID:yFlS9Ead0




凛「もう……なに話してたんだっけ…」


まゆ「みんなの恋愛経験の有無……だけど、蘭子ちゃんときらりちゃんは…」


きらり「きらりはあるよー☆」


凛まゆ幸子「「「えっ!?」」」


蘭子「煌めく綺羅星よ!(きらりさん大人ですー!)」


幸子「え、え、きらりさんが?…ど、どんな人なんです?」


きらり「んっふふー♪やさしくってカッコよくてー、とっても頼りになるのー☆それにとーっても力もちでー、きらりをお姫さま抱っこしてくれるんだにぃ!」



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:06:47.56 ID:yFlS9Ead0


凛「ぃ、いつから……というか二人の関係は…?」


きらり「ばっちしよー☆はじめて会ったその日からずーっと、きらり達はソウシソウアイなのです☆」


凛(…け、経験無かった私って…もしかして子供っぽいの…?)




まゆ「……お父さま?」


幸子「えっ」


きらり「にゃはー、まゆちゃんせーかいっ☆きらりの初恋はー、きらりのパパなのです!」


まゆ「うふ、やっぱり」


蘭子「血族の麗しき情愛か…(親子でなかよし、素敵ですー)」


凛(……正直ほっとした)



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:08:44.41 ID:yFlS9Ead0



まゆ「でも、小さな頃は父親が好きっていうのはよくある話よねぇ……うふ、父性溢れるPさんなら…」


幸子「ダンディーなPさん…いいですね!」


蘭子『とりあえずヒゲを生やす』(カキカキ)



凛「…そういえば蘭子のまだ聞いてないんだけど」


幸子「うーん、ですけど蘭子さんてそういう事は……」




蘭子「…………///」



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:10:22.38 ID:yFlS9Ead0


幸子「…あるんです?」


蘭子「…な、ない……ないです…///」


まゆ「Pさんね?」


蘭子「っ!?」びくっ


凛(図星みたいだけど、まゆさんに言い当てられたのが怖かったのかきらりの後ろに…)


蘭子「Pはひとえに我が友であり殉愛の徒に訝られるような仲にあらず…悪しき妄執に囚われてはならぬ…」カタカタ…



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:12:35.81 ID:yFlS9Ead0


まゆ「うふ…そんな否定しなくてもいいのに」


幸子「ぁ、あれ?まゆさんもっと威圧するかと…」


まゆ「それは生意気な子にするだけよぉ、幸子ちゃん…」


幸子「」サッ


まゆ「まゆはPさんと添い遂げたいけれど…Pさんを好きになる気持ちは、まゆが一番解るつもり…」

まゆ「だから他の子がそうなったなら、まゆには邪魔なんて出来ないわぁ。…譲るつもりは少しもないけれど♪」




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:14:24.18 ID:yFlS9Ead0



凛(…ちょっと誤解してたかも。ホントに一途で真剣なんだ…)


蘭子「…まゆさんがそう言ってくれるなら…もうすこし素直になってみますっ」


まゆ「うふ♪」


きらり「まゆちゃんしゅごぉーいっ☆恋愛タツジンだにぃ!」


凛(…素直に……か。それなら…………いやいや。私はそんなんじゃないし…ね…)



幸子「それじゃ、そんな蘭子さんはPさんに何を望むんです?」


蘭子「よくぞ訊き申した!刮目せよ、我が渇望の標を!(待ってましたっ、これが私の理想です!)」ペラッ




30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:16:44.83 ID:yFlS9Ead0



-バァーンッ


“我が名は天堕つ宵闇の王也──”(セリフ)



凛「……それ、さっきの羽生えたプロデューサーだね」


蘭子「漆黒の翼こそ堕天の証!夜の帷より去来する宵闇の王、これぞ彼なる者の真なる姿っ!陽の中に存りながら仄暗き黒き心を持つ…闇と光が備わり最強に見える!」



幸子「ちょっと何言ってるか解んないです」


まゆ「…蘭子ちゃんが好きなのは同じ名前の別人かしら?」


きらり「ζ*'ω')ζ?」



凛「……ごめん」


蘭子「……クスン」





32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:18:31.15 ID:yFlS9Ead0


蘭子『とりあえず羽追加』(カキカキ



凛「…けっこう出揃ったね」


幸子「はい……あ、まだ凛さんの意見聞いてませんよ?」


凛「そうだっけ?」


きらり「凛ちゃんはー、Pちゃんにどう強くなってほすぃのかにぃー?」


凛「…私は……」



凛「……………えぇと…」




凛(…いざ考えると……自分じゃ何も浮かばないな…)



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:21:22.36 ID:yFlS9Ead0



まゆ「凛ちゃん?やっぱりまゆと一緒で今のPさんがいいかしらぁ?」


凛「ま、待って待って…。えぇと……」


凛(…最近は仕事キッチリ決めてもあんまり褒めてくれなく…)

-ベチンッ


幸子「凛さんっ?なんで自分でビンタを…」


凛「…ほら、あの……もっと引っ張ってほしいというか…“俺についてこい”みたいな感じに…」


まゆ「わかるわぁ、まゆも束縛されたいタイプ…♪」


蘭子「…縛鎖の乙女…(…縛られたいんですか…///)」


凛「そ、そうじゃなくて…!蘭子なに赤くなってんのっ!」


幸子「Pさんと揃って変態ですか?お似合いなんじゃないですか!」


-ベチーンッ


幸子「フギャー!」




34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:23:57.49 ID:yFlS9Ead0


まゆ「うふふ…まゆ、凛ちゃんもそういう素質あると思うなぁ」


凛「え?」


まゆ「ちょっと乱暴な男の人に振り回されたり…為すがままにされたりするの…♡」


きらり「うきゃー。まゆちゃんも変態さんかにぃ?」


まゆ「…きらりちゃんに言われるとちょっと答え辛いけれど…」


きらり「じゃあじゃあ、きらりもPちゃん振り回したいから変態さんだにぃ☆」


幸子(…振り回す(物理)…)


蘭子「…異教の会合か…(みんなヘンタイなんですか…)」


凛「も、もうっ!私のは終わり!」



まゆ「…うふ」


凛「…含み笑いやめて…」



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:27:35.74 ID:yFlS9Ead0



蘭子「顕現し難き…(どう描けばいいですかー?)」


幸子「キリッとさせとけばいいですよ多分」


蘭子『ピンと来ずとりあえずビルドアップ』(カキカキ)



きらり「つぎはー…」


凛「…はー……もういいんじゃないかな…」


幸子「とりあえず強化はされてますもんね…肉体的に」


まゆ「後はPさんをコレに近付けるべく、サポートしなきゃ」


幸子「えっ」




凛(…結局、私は今のプロデューサーのままで良かったんだ…。…素直じゃないな、私も…)



37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:29:41.71 ID:yFlS9Ead0




-ガチャッ



P「ただいまー。お、みんな揃ってどうした?」


まゆ「Pさぁん、おかえりなさぁい♪」ぎゅっ


P「お、おう」


きらり「うきゃー、Pちゃんおかえりのはぐー☆」がしっ


P「お、おう…」ミシミシ…



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:30:34.49 ID:yFlS9Ead0


幸子「まったく遅かったですね!ま、可愛いボクは大人しくお留守番してましたけどね!」


P「あ、スマン幸子。頼まれてたお菓子、途中で杏の見舞いに寄ってあげちゃった」


幸子「えっ」




蘭子「ぷ、プロデューサー…!」


P「お?」


蘭子「ぉ…おかえり、なさい…」


P「?…ああ、ただいま」


蘭子(…素直に言えた…)




39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:34:07.40 ID:yFlS9Ead0






凛「………………」


凛「……プロデューサー」


P「ん?どうした凛」



凛「…………おかえr」




まゆ「うふ」ニヤァ…


きらり「にょ」ニヨニヨ


幸子「ふふん」ニヤニヤ


蘭子(凛さんガンバッテ!)ガッツポ


凛「~~っ…////…ああもうっ!」



-ベチーンッ




─フギャァアアア……─





お わ り





40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/26(日) 13:35:55.22 ID:yFlS9Ead0

以上です

幸子がアイドル達にこんな調子なのは打ち解けたからです。皆の反応もスキンシップです


お疲れさまでした


元スレ
SS速報VIP:凛『…理想のプロデューサー』