3: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 16:34:43 ID:DvfS1Sqp

ハルヒ「キョン!MGOするわよ!!!」

キョン「はァ・・・お前何言ってんだ。」

ハルヒ「別にあんたには言ってないうわよ!!古泉君はやるわよね!?」

古泉「ええ、もちろん。参加させていただきます」

キョン「おい古泉。お前はもっと反対ってもをな。そもそもMGOってなんだ?」

ハルヒ「これよ!!通称【METAL GEAR ONLINE】の略でMGO!!面白そうでしょ!!!」

キョン「メタルギアシリーズの派生系みたいなもんか?メタルギアなら少しかじったことがある」

長門「私も知ってる」

ハルヒ・キョン「有希・長門!?」



4: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 16:35:26 ID:DvfS1Sqp

長門「MGOとMGSは全く別のゲームと考えた方がいい。本編のエクストリームをノーキル・ノーアラート・ノーアイテムでクリアするより困難」

キョン「そっそうなのか。ありがとな」

長門「そう」

ハルヒ「じゃ!有希も参加ね!」

キョン「まー待て。ハルヒ」

ハルヒ「何よ!!団長の決断になにか文句があるの!」

キョン「いいかハルヒ。これはな、PS3といってな高校生の小遣いでは手が届きそうにない。高価な高ー価な代物なんだ。谷口なんてバイトしまくって買ったんだぞ。これを団員全員分となったらな・・・」

ハルヒ「心配無用よ!!!!」

キョン「お前また、コピ研の連中や電気屋のおっちゃんからry」

ハルヒ「だからもうそんなことしないって言ってるでしょ!!」

コンコン

みくる「すみません~遅れちゃいました~。今日はまた賑やかですねー^^」ガサガサ

キョン「待ってました朝比奈さん。ハルヒに一言いってやってください」

ハルヒ「目つきがェロイ。エロキョン!!!」

キョン「朝比奈さん手に持ったその大きな荷物はなんですか?」

みくる「ふぇ~これですかァ?鶴屋さんが涼宮さんにプレゼントだそうですよ^^」

キョン(今日もお美しい)

ハルヒ「やァ~と、届いたわねェぇー!!キョン!それ持ってきなさい」

古泉「ほう、この入れ物は・・・」

キョン「へーへー」

ハルヒ「返事はハイでしょ!」


この時、俺の嫌な予感は的中した



5: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 16:37:40 ID:DvfS1Sqp

キョン「!?こっ・・これは・・・!」

ハルヒ「新型のPS3。しかも薄型よ!!!。どぅ?恐れいった?鶴屋さんがソニーの株主なのよ!そしたら発売前のPS3のサンプルを頂いたの!鶴屋さんの家に20機もあるらしいのよ。」

キョン(鶴屋さんあなたって人は・・・。ハルヒにそんなものを与えてはいけません!)

ハルヒ「これでハードの問題は解決ね!さっそくやってみましょうよ!!!」

キョン「ガサゴソ・・・ん。なんだこれ?ハルヒこのヘッドホンにマイクが付いたみたいのは?」

ハルヒ「なによ?・・・!!!なによこれ!!貸しなさいキョン!!かっこいいじゃない!!」

古泉「ヴォイスチャット用のマイクではないでしょうか?。PS3には音声認識機能も搭載されていますので」

キョン「すっ・・・凄いな」

ハルヒ「流石、古泉君ね!!」

古泉「恐れ多いですよ^^」

ハルヒ「で、具体的にどんな感じで使えばいいの?」

長門「PS3の接続部分に接続するだけ。オンライン中に素早い情報交換が可能になる。テキストチャットより応用がきく」

キョン「長門は持っているのか?PS3」

長門「朝倉涼子が持っている。よく一緒にバイオハザードやAC4FAをやる」

古泉「長門さんもやるんですか少々意外ですね。」

長門「意外ではない。」

ハルヒ「じゃ!今日はこの辺で解散!!!。いい!各自家で猛特訓してくるのよ!!」

キョン「へーへー」

古泉「これはこれは」

ハルヒ「みくるちゃん!一緒にかえるわよ!!」

みくる「は~い」

ハルヒ「あと!キョンいい!!宿題とか全部やっとくのよ!!」

キョン「ヘいヘい」




6: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 16:39:28 ID:DvfS1Sqp

帰宅後

キョン(ふぅ・・・またえらいもん預かっちまった。まァ次世代最先端ハードPS3が無料で手に入ったんだ。ハルヒさまさまだな)

ガチャ

キョン妹「キョン君おかえり~。あー!キョン君なにもってるのー!!?おっきいお荷物ー!」

ガサガサ

キョン「こら、帰ってきてすぐ人の荷物をあさるんじゃありません」

キョン妹「テヘッ♪」

キョン「確信犯か・・・(ハサミの時といい少し賢くなってきてるな我が妹よ)」

キョン「さて、ハルヒがやろうって言ったゲームでも流石にPS3だ。つまらないことはないだろう。飯の前に起動くらいはさせとくか」

キョン「説明書・・・説明書っと。これか!ふむ・・・」

・・・・
・・・・・
・・・・・・・

※PS3を起動させる際には暴電を回避するために「アース」を使用してください。

キョン「アース?だ・・・と・・・!?」




7: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 16:40:49 ID:DvfS1Sqp

キョン「くそ、PS3を前にしてプレイ出来ないっていう落ちは勘弁だぞ。」

キョン(古泉に電話してみるか・・・)


プルルルル


古泉「はぁ~い」

キョン「気持ち悪い声で出るな」

古泉「ちょっとしたジョークですよ」

キョン「冗談に聞こえん。聞きたいことがあるのだが」

古泉「なんでしょう?」

キョン「アースってなんだ?」

古泉「アース?ですか?。ああ!それなら心配ありませんよ。つけなくても大丈夫です。冷蔵庫や洗濯機などの大型電化製品には付きもので余った余計な電気を放電する配線のことですので最悪付けなくても問題ありません」

キョン「そうか。悪いな遅い時間に」

古泉「いえいえ」

プツ

キョン「さて、始めるか。ソフトを入れてと!」




8: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 16:42:49 ID:DvfS1Sqp

トウー

キョン「よし。規約に同意してっと。ん?プレイヤーキャラクターの名前を決めるのか。んーkyonでいいな」

キョン「次は性別と服装か、性別は男でいいな服装は・・・。まぁこんなもんだろ。顔と声の設定もよしと」

キョン「しかし、自由性が高いな。グラフィックも流石PS3だ。素晴らしい」


カチャン♪

PCの作成が完了しました。


キョン「おお!これでいいな。さてさっそくロビーに入って戦うか。ん?このLv15~11ってなんだ?」

キョン「まぁとりあえず大きいほうがいいかLv22~15にry」

トゥルル♪トゥルル♪

キョン「ん?メール・・・誰だ?」




9: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 16:44:00 ID:DvfS1Sqp

---------------
-Yuki

Re:

見えてる?
---------------

キョン「長門・・・・?長門からメールか。なんか不思議な気分だ。」


---------------
-kyon

Re:Re:

見えてるぞ
---------------

---------------
-Yuki

Re:Re:Re:

今いるLv22~11の場所は危険。初心者ロビーにいくことを勧める
---------------

---------------
-kyon

Re:Re:Re:Re:

そうなのか、ありがとな。
---------------

---------------
-yuki

Re:Re:Re:Re:Re:

いい。構わない。初心者ロビーいるから来て
---------------

キョン「初心者ロビー。。。この緑色の点がついたロビーか!しかし、来てと言われてもな・・・」

キョン「ホストが沢山立っててわからん・・・」

トゥルル♪トゥルル♪




10: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 16:44:59 ID:DvfS1Sqp

キョン「ん?」

キョン「長門からか」

---------------
-yuki

Re:

ホスト制限機能を使って
---------------

キョン「フレンドが参加しているものに限るっと・・・これか!」

キョン「長門がホストで一個立ってるな。ん?先客もいるようだ俺を抜いて4人か。」

???「おそーい!!!遅すぎるわ!!!」

???「まぁまぁ長門さんがメールを送ったみたいですし」

joy in game -kyon

キョン「おし、やっと入れた!」

長門「これてよかった」

???「遅いわよ罰金!!」



11: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 16:45:40 ID:DvfS1Sqp

キョン「(ハルヒと長門の声が画面から・・・)例のヴォイスチャットってやつか」

キョン「ああ、聞こえてるぞ」

ハルヒ(キョッ、キョンの声が聞こえるっ!!///)

古泉「やっと来られましたか。お待ちしておりました。」

キョン「こっちは慣れない作業で大変だったんだ(古泉のPCは上半身全裸にハゲか・・・)」

みくる「ふえ~え~。」

キョン「(これは愛しのマイエンジェル朝比奈さんの声。家で聞くことが出来るとは・・・素晴らしきかなPS3)」

ハルヒ「さて!!みんな集まったし始めましょう!」

キョン「おい、待てハルヒ。俺はまだ操作方法しか・・・」

ハルヒ「簡単よ!!見つけたら撃てばいいの!!しいて言えば【どれだけ相手を先に見つけて攻撃出来るか】が重要よ!!心しときなさい!!」

キョン「全然わからんぞ」

ハルヒ「あーもう!馬鹿キョン!やって覚えなさい!!後で一緒に教えてあげゴニョゴニョ・・・」

キョン「ん?最後のほうなんて言った?ちょっと回線がわるくてな」

ハルヒ「知らないッ!!!////」



12: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 16:46:41 ID:DvfS1Sqp

長門「最初のルールはTDM・ラウンド時間は7分・ドレビンポイントは有効。公式サバイバルと同様のルール。」

キョン「なっ!?、待て待て全然わからんぞ・・・」

長門「大丈夫、安心して3:2だけどあなたの味方は私」

キョン「そうか。頼むぞ長門(長門が仲間なら安心だな)」

長門「わかった。私はあなたの援護をする。好きなように動いていい。ステージはB.B初心者でも十分勝機はある」

キョン「わかった頼ry」

長門「始まる」


ドゥドゥドゥーン♪




13: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 16:47:25 ID:DvfS1Sqp

キョン「(始まった!しかし凄いグラフィックだな。PS2のPVとかをそのままグラフィックにしたような・・・いやそれ以上。流石です小島監督)」

長門「武器はアサルトライフルを推薦する。中~遠距離共に安定した性能を発揮する。スキルは大丈夫?」

キョン「ああ、抜かりはない。AR2にEE3・FM1だ」

長門「よかった」

キョン「長門?お前が使っている銃は?」

長門「P-90。近~中距離戦に優れ単発の威力は低いものの装弾数はSMGの中でもトップクラス。反動は慣れと技術でなんとかなる。要は頭にあたればいい。DPも2000と定価でかなり使いやすい。私の主兵装」


作者スキル部分とDPはめんどくさいので最初からマックスというこでお願いしますm(_ _)m

キョン「そうなのか。しかし敵がいないry」

長門「敵を視認!。涼宮ハルヒと思われる」

キョン「なっ!?」

ハルヒ「キョン見ィーけ!!!AKの嵐をくらいなさい!!!」

ダダンダダン!! ズダーン!!

キョン「くっ!撃ってきやがった!。」



14: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 16:48:45 ID:DvfS1Sqp

キョン「ダメージは大したことないよな・・・。って!!かすったけどARの攻撃ってこんなにくらうのか長門!?」

長門「ARの弾は3発被弾しただけ通常ARのAKではそこまでダメージはない」

キョン「おいおい!じゃあ何故!?」

長門「SVD。狙撃銃での攻撃が最後の一撃に含まれている」

キョン「まさか、姿さえ確認出来なかったぞ。ステルス迷彩をつけてるならまだしも」


古泉「フフ、流石は長門さんですね。うまく涼宮さんの攻撃中で居場所を特定されないように狙撃したのですが」

キョン「(マジかよ・・・・。全くわからなかった・・・古泉ダークホースだな)」

長門「止まらないで。第二波が来る」

ハルヒ「キョーン!!頂きよ!!!」

キョン「(ライフもあと少し・・・ダメだ待ってても殺される行くしかないな)行くぞ!うなれコピー品で有名な俺のAK」

キョン「くそっ。やっぱりだめかライフの差がありすぎる」

ダッダダダダ。ババババンダダンダンダダン




17: GYAZA-E,LAY 2010/04/22(木) 17:56:21 ID:DvfS1Sqp

ハルヒ「よーし!もう少しよッ!コラー!ちょこまか動くなー!」

キョン「(無茶言うなよ・・・・)」

ハルヒ「フフフ、観念しなさい」

キョン「ッ!!?。あ、ハルヒ後ろ」

ハルヒ「へ?なによ。ごまかしはry」


ピキーーーーーン

Yuki⇒Haruhi P-90 HS

キョン「なっ!?(はっ・・・はええ・・・・ってか見えませんでしたよ?長門さん?)」

長門「これがヘッドショット。敵の頭部に当てることで一撃で相手を戦闘不能に出来る。強力な攻撃。MGOに置いて重要」

キョン「そうか、やってみる」

長門「油断しないでここは戦場」

ハルヒ「ふっかーーーーつ!!!流石、有希ね!でもこっからよ!!古泉君ARにもちかえて!」

古泉「了解しました^^」

キョン「よし道が開けた。突っ込むぞ!!!!」




22: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 19:37:13 ID:mX99zCq5

キョン「よし道が開けた。突っ込むぞ!」

長門「現在涼宮ハルヒ達は私を警戒して固まって行動するはず。私が右回り、派手に動いて2人を陽動する。後は上手くやって」

キョン「了解だ長門」

ハルヒ「有希だわっ!!古泉君気を付けて!!!」

古泉「了解です。2:1ですので慎重に行けば勝機は十分あります」

ダダーンダダッダダダ!!ズダーンズダーン!!

古泉「避けるのが上手いですねェ」

長門「(そろそろ不味い)」

ダダダッ!!ズダーンババババババ

キョン「あそこか!!銃声が大きくなってる。長門!ハルヒ達を発見した。攻撃するぞ」




23: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 19:37:55 ID:mX99zCq5

長門「よかった。チャンス」

キョン「そこだっ」



ダダダダダッ!!ピキーーーーーン。

Kyon⇒Haruhi AK HS



古泉「まさか!?」



長門「作戦通り」

古泉「図られましたか」


キョン「後ろががら空きだぜ。古泉」


ダダーン!!ピキーーーーーン

Kyon⇒Itsuki AK HS


長門「残り一分。最終ラウンドは五分あとは逃げ切ry」

ダガガガガガガガガガアガガガ


???⇒Yuki M60




24: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 19:38:38 ID:mX99zCq5

キョン「長門!!?」

みくる「ふええ~長門さんごめんなさいー;;」

キョン「まさか朝比奈さん!!?」


???=Mikuru


長門「迂闊」

ハルヒ「よくやったわみくるちゃん!!。」

みくる「オートエイムって強いんですねぇ。あっという間にライフがなくなっててびっくりしましたぁ」

古泉「助かりましたよ^^」

ハルヒ「あーとォーはーキョンを倒せばおわりよ!!!」

キョン「なっ!?わああああああああああああああ」


バババン!!!ピキーーーーーーーーーーン

Haruhi⇒Kyon M4 HS


キョン「上にいるとはやられた」

ハルヒ「まだまだね!!」


トゥトゥルル~♪トゥトゥトゥ♪

ラウンド終了 「結果Drow」



25: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 19:39:26 ID:mX99zCq5

キョン「ふう。(流石ハルヒだ。なにやっても上手い)」

ハルヒ「やっぱり有希は上手いわねー!凄いわ!!」

長門「そんなことはない。彼のタイミングが遅かったら私も危なかった」

ハルヒ「でも、後ろをとられたのは迂闊だったわ。キョンのくせにやるじゃない!」

キョン「くせにとはなんだ。くせにとは」

古泉「まぁまぁいいじゃないですか^^。こんなにゲームで白熱したのは久々です。」

キョン「確かにそうだな。敵に見つからないように動くこの緊張感はたまらん。それに地の利や裏を取ることで戦況が激変するのも面白い。」

長門「MGOは奥が深い。あっという間に時間もすぎる」

みくる「え・・・あァ!もう23:00ですよォ!お風呂は入らないと・・・」

キョン「なっ!(飯も食わずこんなに時間が過ぎていたのか・・・)」

古泉「実は僕もそろそろ。宿題が山積みですので」

ハルヒ「そう!わかったわ!。じゃー今日のMGO練習はここで終わり!!皆お疲れ様!!」





26: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 19:43:20 ID:mX99zCq5

============================================================


キョン「ふゥ・・・さてロビーを出て電源を切るか。」

キョン「(しかし23:00とは・・・MGOの中毒性恐るべし)」

トゥルル♪トゥルル♪

キョン「ん?誰だ?もうみんなログアウトしたはずだが」


-------------------------
-Haruhi

キョン!!!


メール届いてるなら返事しなさい!!

-------------------------


キョン「なんだ。ハルヒか」


-------------------------
-Kyon

Re:

どうした?

-------------------------




27: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 19:49:27 ID:mX99zCq5

-------------------------
-Haruhi

Re:Re:

へっ、返事が遅い!!
あんた今暇?。

よ、良かったら「団・長」としてちょっとほんのちょっとだけなら、おっお、お、教えてあげてもいいわよ!!

-------------------------


キョン「んーしかしな俺にも宿題って問題事項がある。団長さんの気持ちは嬉しいが今日は仕方ないな」


----------------
-Kyon

Re:Re:Re:

悪いなハルヒ。俺にも古泉同様、宿題っと言う富士山が残ってるんだ。
誘ってくれるのは嬉しいが、また今度にしてくれ


---------------

キョン「これでよしと。」


トゥルル♪トゥルル♪


キョン「やけに返信早いな」


---------------
-Haruhi

そう・・・

まっ、まァいいわ!!団長としてジュースで勘弁してあげるわ!!

明日部室に早くきなさいよ!!

---------------

ハルヒ「(バカキョン!!「宿題なんてやっときなさいよ」って部室出る時言ったじゃない・・・私だけ帰ってきてすぐ終わらせたのに・・・バカみたい)」




29: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 19:52:54 ID:mX99zCq5

翌日


キョン「ようハルヒ」

ハルヒ「何?バカキョン」

キョン「(機嫌悪そうだな・・・褒めとくか)昨日は楽しかったぞお前と一緒にゲーム出来て。たまにはいいもんだな」

ハルヒ「はァ?バっカじゃないの?当然じゃない!!今日も部活あるんだからサボるんじゃないわよ!!///」プイッ

キョン「おいなんで窓から顔動かさないんだ?」

ハルヒ「う、うう、うっさい!!(かっ、かか顔がち、ち、ちちちッ近い////)」



放課後


キョン「うーす」

古泉「^^」

キョン「なんだお前だけか・・・」

古泉「なんだとは酷いですね。今日は新しいものをもって来たんです。やりませんか?」

キョン「何系だ?」

古泉「今回は少しひねりまして。指のツイスターです。」

キョン「お前やけに古いの持ってきたな・・・。あのサイコロの色で足とかのせてバランス崩したほうが負けのやつだろ?」

古泉「ええ^^まァ指でやるやつですけどね」

キョン「まァいい。やってみよう。」


バタン


キョン「ん?長門か」

古泉「おや、長門さん」

長門「何をしてるの?」

古泉「指でやるツイスターゲームです。長門さんもどうです?」




30: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 19:57:02 ID:mX99zCq5

長門「いい。見ている」

キョン「しかし古泉。なかなかやるじゃないか・・・」ポチ!

古泉「フフ、私も負けてばかりじゃないですよ?」フン!

キョン「男には負けられない戦いもある」ヌン!

古泉「まっ・・・負けませんよ!」テイ!


バン!!!


ハルヒ「おっはァーーー!!!」

みくる「こっ、こんにちわァ~」

ハルヒ「みくるちゃん!こんにちわじゃなくておっはーでしょ!!」

みくる「ふ、ふぇ~」


バッ!!クノ!コナクソ!!


ハルヒ「・・・?。アンタたちなにしてんの?」ジーーーー

キョン「男の戦いだハルヒ」

古泉「これはこれは涼宮さん。こんにちry」

キョン「油断したな古泉。隙ありだ!!」




31: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 19:59:41 ID:mX99zCq5

古泉「なっ。やられましたね。流石です。」

ハルヒ「しかし暇ね。キョンなんかないの?」

キョン「なんで俺なんだ。ハルヒもやるか?これ?」

ハルヒ「いっ、いいわよ!!」


???「SOS団にたのもーーう!!!!」

キョン「ん?なんだ・・・(凄く嫌な予感が・・・)」

ハルヒ「何!?挑戦状?我がSOS団に対しての攻撃!?誰かしら!!?」


バン!!


ハルヒ「誰よ!!!決闘の申し込みならちゃんとry」

コピ研部長「かっ・・・顔が。ドアが・・・」

部員メガネ「部長おおおおおおおおおおおお!!」

ハルヒ「なーんだ。コピ研がなんのよう?」

部長「ふふふ。。。SOS団の諸君。MGOをやっているそうだね?」

ハルヒ「ええ!やってるわよ!」

部長「ずばり宣言する!!」

部長「我々はこの学園に長い間頼みに頼み。僕の優秀な部員たちの力もありry」ウンタラコウタラ

ハルヒ「・・・」ムカムカ

キョン「(ハルヒが興味のない話を長々とは無謀な・・・)」


ハルヒ「早く言いなさいよ!!」ブチッ!


バン!


部長「足がァぁァぁああああああ」

部員「部長おおおおおおおおおおおおおお!!!」

キョン「(凄まじいローキックだ。哀れコピ研部長)」





32: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 20:02:53 ID:mX99zCq5

-----部室内-----


古泉「で、要は私達とMGOで勝負したいと?」

部長「あっ、ああ。そうなんだ。」

ハルヒ「いいわよ!!で、何を賭けるの!!?」

キョン「おいおい、待てハルヒ賭けるってなァ・・・」

ハルヒ「何を言ってるのキョン!我がSOS団に喧嘩売ってんのよ!?ただで済むと思わないくらいコテンパンにするのが筋ってもんでしょ!!」

キョン「お前の筋は、なんだ?喧嘩用の鉄パイプで出来てるのか?」

ハルヒ「いいじゃない!気にしたらまけよ!!」

コピ研「まァ・・・今回は賭けとかはなしでお互い楽しんでやろうと思ってきたんだけど・・・」

キョン「そう言うことだハルヒ。いいな?わかったか」

ハルヒ「そっ。。。そんな真顔で言うことないじゃない!//まっ、まァいいわ!」

ハルヒ「じゃあせめてジュースでも賭けましょう!負けた方が部員全員分のジュースね!これで決まり!!」


ヒソヒソ

古泉「ナイス判断です。SOS団の部員なんて賭けて負けた後にはどうなるかry」ヒソヒソ

キョン「ああ、俺もそう思ったからな。面倒はごめんだ」ヒソヒソ


ハルヒ「ちょっと、何ヒソヒソしてるの?今日から特訓よ!!」




33: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 20:07:36 ID:mX99zCq5

部長「じゃっ、じゃあ、とりあえずルールと日時を確認しておこう!」

部長「ステージはW.W.とM.M.ルールはTDM。通称チームデスマッチ。そして今回はツーゲーム仕様としようかなと思ってる。第二ゲームはRES。通称レスキューry」

長門「通称・レスキューミッション。お互いのチームでガーコをターゲットして攻防戦を行う。このゲームの特徴として一回敵に殺されると復活が出来ない特殊なルール。個人技よりチーム全体の連携が重視される」

部長「さっ流石長門さん。(僕が言いたかったなぁ・・・)」

部長「対戦は明後日の土曜の夜19:00から!ロビーはSunny・ホスト名は【SOS VS PC.FOX】でやるから是非きてくれよ!」

ハルヒ「ふっふ~ん♪楽しくなってきたじゃない!」

キョン「はぁ・・・」

ハルヒ「キョン!!溜息なんてしてる場合じゃないわよ!!勝負なんだから勝たなきゃダメよ!古泉君やみくるちゃんも気合入れなさいよ!!」

古泉「もちろんです」

みくる「はっ、はい~」

長門「私も頑張る」

ハルヒ「じゃー今日は解散!家にMGO帰ってやるわ!!特訓よ!!」


その後、俺達はハルヒ隊長様主催(団長様主催)の猛特訓教官部屋で一日・1時間半の練習をした

万能宇宙人の長門やもともと素質のあるハルヒのおかげもあり俺や古泉もなんとかレベルも上がってきた

しかし朝比奈さんは例外ですが・・・かわいいので大丈夫です。あんなかわいいお方がRPGでも持ってみろ。大変なことになる。核戦争だ。すぐメタルギアだ。

結局、装備として一番安定するのがアサルトライフルだと気づき途中から変更。俺とハルヒはアサルト

古泉と長門はP-90を使っている。古泉に関しては狙撃結構上達が早く。最近ではフカワと言う気持ち悪い動きをして弾を避けている

朝比奈さんは相変わらずM60という凶悪な武器を使っていてry

そうこうしてるうちに例の対戦の日になった。





34: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 20:10:40 ID:mX99zCq5

そうこうしてるうちに例の対戦の日になった。

========================


SOSサイド


ハルヒ「待ちに待った!対戦の日よ!みんな準備はいい!!?」

みくる「頑張りますー!」

キョン「あんまり前に出るなよ。トレーニングとは違うんだ。簡単に死ぬからな。」

ハルヒ「大丈夫よキョン!MMはアサルトのステージじゃない!しかもバックアップで古泉君も援護してくれるって!」

古泉「後ろはお任せください^^」

長門「MMはゲーム本編でもあった中東をイメージしたステージ。細長い路地が多く裏が取りにくい。中央の建物を早めに奪取することでゲームを有利に進めることが出来る」

======================================

PC.FOXサイド


部長(BUCHOU ACE)「おお、では全員集まったかな?諸君では始めようか」

部員メガネ(BUIN MEGANE)「流石です部長!」

部長「敵はSOS団と言えど初心者だ。不意の狙撃と長門さんには気を付けろ。僕がリードをとる皆付いて来い!」

部員ロン毛(BUIN RONGE)「了解です!」

部員細い(BUIN HOSOI)「しかし部長。中央がガラ空きですが大丈夫でしょうか・・・」

部長「中央大路地はブービーだ。狙撃の危険性がある極力さけよう。敵にはフカワを使う狙撃手がいる」

部長「最後に、捕虜はいらんぞ同志」

部員全員「アイサー」





35: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 20:15:53 ID:mX99zCq5

キョン「おっと。そうこうしてるうちに始まるぞ。」

ハルヒ「気を引き締めていくわよ!!みくるちゃん一緒に来なさい!」

みくる「りょっりょりょ、了解です!」

長門「私が潜行して敵の様子を見る。30秒たって様子がなかったら突っ込んで」

古泉「では行きましょう」


ドゥドゥドゥーン♪

試合開始 

RED TEAM SOS-DAN!

BLUE TEAM PC.FOX


ハルヒ「いくわよ!!ゴーゴーゴー!!付いてきなさい!!」

キョン「わっ!?バカ!。突っ込んだら長門が潜行した意味がry」


ピキーーーーーーン!!!

Yuki⇒BUIN MEGANE P-90 HS


キョン「(言っていたより大分早いですよ?長門さん?)」

長門「敵は中央路地を避けている。狙撃を警戒中。予想通り。古泉一樹。中央路地は捨てて建物の上に」

古泉「了解しました」

ハルヒ「流石有希ね!!私もいくわよ!!」


部員ロン毛「部長!!メガネがやられました!!」

部長「なっ!?だっ大丈夫だうろたえるな!RESじゃないんだ!復活するまで待機!」




36: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 20:19:42 ID:mX99zCq5

古泉「おっと。部長さん見つけましたよ。裏路地に逃げるとはバレバレですね^^」


ダーンダーーン


部長「狙撃!!?くそお!!なんで裏路地にいるんだぁァぁァぁ」

部員細い「部長ううううううううううう」

古泉「フフ、逃しませんよ」


Itsuki⇒BUCHOU ACE SVD


キョン「ほう、古泉も動き出したか。行くぞハルヒ!」

ハルヒ「決まってるじゃない!!」

キョン「裏路地は古泉がいる俺らは中央横の通路からry」

ハルヒ「行くわよキョン!!」

キョン「おいおい・・・話をry」

ハルヒ「いいから!!って、ああ!!敵いたわキョン!!」


バババババババッババ


部員ロン毛「どこから!?」


ピキーーーーーーン!!!

Haruhi⇒BUIN RONGE HS M4


ハルヒ「どう?今のみた?」

キョン「へーへー。凄いな(しかし最初と比べて格段に上手くなってるなハルヒのやつ)」

キョン「おっと。後ろにも敵発見」


ダダンダダンダダン

Kyon⇒BUIN HOSOI AK


キョン「(それにしても何か気がかりだ。あっさり上手くいきすぎじゃないか?コピ研ってくらいだからゲームやりまくってそうなんだが・・・気にしすぎか・・・)」




37: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 20:21:51 ID:mX99zCq5

ハルヒ「さーてあと1ポイントとれば終わりよォー!圧勝ね!」

キョン「まてまて後1ポイントでもな、冷静にいかないと・・・」

ハルヒ「あ、中央道路無防備にダンボール被ってあるいてるの部長じゃない?」


バン!

ピキーーーーーーン!!!

Haruhi⇒BUCHOU ACE HS M4


部員全員「ぶちょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

ハルヒ「あっけないわね!」


トゥトゥルル~♪トゥトゥトゥ♪


結果 RED TEAM WON!


ハルヒ「よく頑張ったわ!皆!!勝ったわよ!!」

古泉「おめでとうございます^^」

みくる「よっよかったァ。勝ったんですか~」

キョン「しかし拍子抜けだな。思ったより早く終わった」

長門「待って、まだ次のゲームがあるレスキューミッション」

ハルヒ「大丈夫よ!有希またコテンパンにしてあげるわ!」

長門「用心することにこしたことはない。涼宮ハルヒとアナタには、このスキルをつけることを勧める」

ハルヒ「えっ、でも有希コレって・・・なんの必要もない気もするわよ!補正も何もないじゃない」

長門「必要」

ハルヒ「でも有希がそう言うならそうなのよね!わかったわ!」

長門「感謝する」



38: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 20:25:45 ID:mX99zCq5

部員全員「部長ォ・・・」

部長「気を落としちゃだめだ!次があるじゃないか。

部長「それに次は僕達が最も得意とするルール。これに勝てば同点で引き分けになる」

部長「フフ、まだ【負けたわけじゃない】ぞ同志。戦争は勝った者が歴史を記すものだ」

部員メガネ「そうだ!落ち込んでられません!みんな!」

部員細い「そうですねディフェンス重視でいきましょう」

部員ロン毛「鉄壁に守りですな」

部長「よーし頑張るぞ!我らに勝利を!!」

部員全員「オォォオオ大オオー!!!!!」


【 SOS Attack 】 VS 【 PC.FOX Defend 】


ステージ W.W.


ドゥドゥドゥーン♪


古泉「では僕は手筈通り最上階の大広間へ」

ハルヒ「了解よ古泉君。気を付けて!」

古泉「お気持ち感謝します」

長門「敵はニ階のガーコ付近に潜伏中。防御は非常に堅い。時間との勝負」

キョン「了解した。しかし攻めずらい。そのわりにグレネードで応戦か一撃もらってしまうと結構デカイな。(ええーい!チマチマとォー!)」

みくる「ふぇ~爆弾に当たっちゃいました~」

キョン「まだ大丈夫ですよ^^。ライフも3分の2残ってます(何!?朝比奈さんに傷を!!?よーし戦争だもう戦争だ俺がいく俺が行こう)」

長門「待って。突っ込んだら敵の思うつぼ」



39: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 20:28:19 ID:mX99zCq5

古泉(しかし、敵の姿も見えませんね・・・場所を移しましょうか・・・)

???「古泉を視認しました。どうしますか?」

部長「静かに殺ってしまえ」

???「了解です」

古泉「さて移動しますか!異常なしです長門さry」ムグッ

長門「状況報告を!古泉一樹応答して」

古泉「しまった!!敵です!!敵がいます!!三階大広間に敵がry」

キョン「おい!古泉のPCが気絶してるぞ!くそっ!どうなってんだ!?」

長門「(どうして・・・敵はニ階に固まっていたはず・・・まさかソップステルス?いや、そんなはずは・・・
しかし古泉一樹とソップリンクをしていたおかげで正確な位置は判明した。まだ疑問は残る何故殺さない?まさか囮?そんなはずはないリスクが大きすぎる。では何故?)」


ピキーーーーン

BUIN MEGANE⇒Itsuki HS GSR


キョン「古泉!!」



40: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 20:32:19 ID:mX99zCq5

長門「一人やられた・・・」

ハルヒ「キョン!!みくるちゃん!!三階にいくわよ!!古泉君の仇を取るの!!」




ダダダダダ!!!!!!ババババンダダダアダアダドーーーーン

ガガガガガアガガガアガガッガア!!!


キョン「クソっ!!なんだこんな時に蜂の巣を突いたようにコピ研の連中動き出したぞ!!」

長門「(やはり・・・思考した中で最悪の状況)」

長門「スキャニング。」

キョン&ハルヒ「まさか!?」

みくる「ななな、なんですかそれ!?」

長門「古泉一樹がスキャニングされた。」

キョン「なんてこった!!!!不味いぞ!!」




41: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 20:36:26 ID:mX99zCq5

長門「スキャニングとは敵のSOPリンクに直接スキャニングプラグを指すことで妨害ナノマシンを強制的に介入させ敵情報を味方に流す特殊戦略。私が思い描いた中で一番最悪な状態」

長門「情報が命のMGOでスキャニングを受けたら壊滅的。さらに一番厄介なことにルールはRES。一度死んでは復活は不可能。勝率はほとんどない」

長門「応急処置として私と朝比奈みくるが中央ニ階から突っ込む。あなた達は三階へ。敵は少ないはず」

キョン「わかった。やられるなよ長門」

長門「あなたと涼宮ハルヒ次第」

キョン「?」

長門「また、MGOでry」

ハルヒ「キョン!!なにぼさっとしてんのやられるわよ!!早く!」

キョン「・・・・あっ、ああ悪いな。すぐ行く」




42: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 20:38:47 ID:mX99zCq5

部長「フフフ、良くやった!メガネ君!君は二階級特進だ!」

メガネ「ありがとうございます部長おおおおおおおお!」

ロン毛「部長!地下・三階・ニ階の全階段にクレイモア設置完了しました!鉄壁です!」

部長「これでクレイモアが回収されたとしても、それが敵がいたあかし!スグに位置が特定できる。フフ。まァスキャニングをした今、特定する必要性もないがなHAHAHA」

細い「部長!。敵が動きました!!長門さんがこっちに!涼宮と他一名が三階へ!」

部長「なっ・・・長門さん!!??おっ落ち着いて弾幕を張るんだ。ゆ、油断するな!三階に行った連中はロン毛とメガネで対処してくれ!(陽動?まァ心配する必要もないかな)」



長門「・・・・(予想以上に弾幕が厚い。突破は難しい)」

みくる「なっなななな長門さーーーん!!!」

長門「大丈夫。そこは物陰。貫通しても滅多に当たらない」


ピュッン!!


長門「ッっ」

みくる「ふえええ~~~;;」

長門「(早く・・・涼宮ハルヒ・・・)」




43: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 22:27:40 ID:mX99zCq5

部長「はっはー!HAHAHA。圧倒的!残り何分?メガネ君!」

メガネ「残り1分です!」

部長「スキャニングの期限が切れるのは?」

メガネ「残り2分です」

部長「やっと勝てる日がきた・・・PCを強奪され・・・自分達のゲームで負けて・・・ゥゥ。みんなありがとう!!」

部員全員「部長おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

ダアダダッダダダダアダダダdガダガダダダダダダッダ
ダンダンダンダンダン

長門「きた」

みくる「へ?何がきたんですか?」

長門「朝比奈みくる。例の赤いスモークは?」

みくる「え・・・これですか?ありますけど・・・なんですかこれ?」

長門「反撃の狼煙。」

みくる「のろしですかぁ~」

長門「いいから、正面ニ階の階段裏に投げて」

長門「はやく!」

みくる「はっ、はい!・・・えい!!」

部長「ん?なんだこの赤いのは・・・目隠しのつもりか?スキャニングの効果は消せませんよ?HAHAHA」



???「・・・・今だ」

???「言われなくてもわかってるわよ!!」



44: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 22:30:39 ID:mX99zCq5

ズダーーーーーン!!!!


メガネ「なっなんだ!!?」

ロン毛「部長クレイモアが全部破壊されています!!」

部長「何い!!!?なんでえええええ!」


ハルヒ「キョンどきなさい!!」


ダンダン!!!


メガネ「なっ!?ライフが凄い早さでry」


Haruhi⇒BUIN MEGANE M870

Haruhi⇒BUIN HOSOI M870


キョン「危なっ!(もう少しで俺にも当たってたぞハルヒ)」

部長「どっどうなってるんだ!!?うわああああああああああ」

長門「ソップステルス」

部長「まっまさか予想してry」

キョン「おっと、ここにもひとり」


ダダン!

Kyon⇒BUIN RONGE M870


部長「くそおおおおおおおおお;;。」

長門「敵リーダーを確認。攻撃の許可を」

キョン「やっちまえ」


ピキーーーーーーン!!!

Yuki⇒BUCHOU ACE HS P-90



トゥトゥルル~♪トゥトゥトゥ♪


結果 SOS TEAM WON!





45: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 22:34:13 ID:mX99zCq5

ハルヒ「楽しかったわ!!」

キョン「危険の間違えじゃないか?」

古泉「いやいや皆さんお疲れ様です」

キョン「このやろーよくもヒョウヒョウと」

古泉「いやー僕も少し油断してました」

みくる「怖かったですぅ~」

長門「でも結果として勝てた。」

ハルヒ「そうよ!有希の言う通りだわ!」

キョン「しかし、長門。このソップステルスってのは・・・」

長門「敵の情報攻撃に対する対抗スキル。あなたちはソップステルスレベル3を装備している。敵のスキャニングレベルは1。だからすぐに効果が消滅した」


すみません劇的な感じにしたかったのでソップステルスとスキャニングの時間が違いますが勘弁して下さい


ハルヒ「流石ね!!ま、まァ・・・そっ、その・・・キョ、キョンの、え、援護もあったからだけど?///」カァー

キョン「なんでお前声が高くなってるんだ。」

ハルヒ「うっうるさい!!バカ!!////」ガン

ハルヒ「ッ~~~~~~~!!(痛ッ!!)」

キョン「まぁ、俺も助かったしお互い様だな(ヴォイスチャットの向こうでなんか凄い音したな。頭でもぶつけたのか?)」

ハルヒ「じゃーまたみんな解散!!!ただしキョンだけ居残り!!いい!!?」

キョン「いや俺は帰ry。おっと今日は宿題ないんだった。たまにはいいだろう。」

ハルヒ「そっそうなの!!!!じゃあ今日は徹夜ね!♪♪」

キョン「勘弁してくれ(ま、たまには悪くないか)」




46: GYAZA-E,LAY 2010/04/23(金) 22:35:40 ID:mX99zCq5

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


???「聞こえるかい?スネーク?」

???「ああ、良好だ。」

???「君が今いるのはPMC(民間軍事会社)のVR訓練ルームに直結して繋げてる仮想空間だ」

???「VRも随分変わったもんだ。なかなかリアルだ」

???「じゃあ、今回の任務を伝えるよ」


長門「涼宮ハルヒが本編に影響され。MGOで本物のスネークが確認されている」

キョン「なんだって!!?」


おわりw

やっぱMGOだから需要ないのかなァ・・・orz
目だけでも通して貰えただけでも嬉しいですm(_ _)m
ありがとうございましたm(_ _)m


元スレ
「ハルヒ「キョン!MGOするわよ!!!」