1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 00:58:39.96 ID:WKJbVwjGO

律子「もう勘弁して…」

伊織「今度は何よ?」

千早「ええ。私ね、そろそろ新しいテーマソングを作るべきだと思うの。各自のね」

春香「そ、それで?」

千早「そのタイトルを考えたいの」

響「それもプロデューサーの仕事じゃ…」

千早「もっともっとみんなと仲良く…」

真「わ、分かった分かった!」

雪歩「それを言われちゃうと断れないよね…」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 01:04:02.60 ID:WKJbVwjGO

真美「まぁ、タイトルだけならね」ヒソヒソ

亜美「うん。ホントに発売されるわけじゃないもんね」ヒソヒソ

千早「そうそう。私の知り合いで神前さんという方がいるのだけれど、話は通してあるから」

小鳥「ウ、ウソでしょ?」

伊織「なんでアンタにそんな権限があるのよ…」





7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 01:10:34.72 ID:WKJbVwjGO

千早「では、いつもの順番でいきましょうか」

春香「わ、私からだね」

あずさ「本当に発売されてしまうとなると…」

真「いままでの感じだとキツいものがありますね…」

千早「すってんリボンは…少し自信なさげなところがあるわ」

春香「そ、そうかな?」

千早「ええ。だから、自分の気持ちを宣言するようなタイトルにしたいわね」

響「つまり…?」

千早「『ワザと転んだワケじゃない』」

春香「えっ!?」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 01:15:25.50 ID:WKJbVwjGO

響「え?え?」

律子「きょ、曲のタイトルよね?」

千早「ただの曲ではないわ。大切なテーマソングよ」

貴音「テーマソングが『ワザと転んだワケじゃない』…」

伊織「いちいち宣言する辺りがあざといわね…」

千早「どうかしら、すってんリボン?」

春香「え、えっと…」

千早「…」ジーッ

春香「すごく…私らしいと思う…」

千早「そう。良かったわ」

雪歩「前途多難だよぅ…」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 01:21:11.21 ID:WKJbVwjGO

千早「お次はもやしちゃんね」

やよい「よ、よろしくお願いします!」

千早「もやしちゃんには…みんなを元気にする歌を歌ってほしいの」

小鳥「確かに、やよいちゃんのキャラクターには合っているけど…」

千早「最近は求人も少なくて、アルバイトで生計を立てている方も多いと聞くわ」

律子「だから?」

千早「そういう方たちを励まし、元気付ける曲…タイトルは」

真「タ、タイトルは?」

千早「『私アルバイトォォォ!!!』」

やよい「えっ!?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 01:26:27.36 ID:WKJbVwjGO

春香「そんなこと宣言されても…」

やよい「う、うぅ?」

千早「アルバイトという立場にもっと自信と誇りを持ってほしい…そんな願いが込められているわ」

美希「込められても困ると思うな、ミキ」

亜美「やよいっち」ヒソヒソ

真「もう分かってるよね?」ヒソヒソ

やよい「う、うっうー!頑張って歌いますぅ!」

千早「ふふ。楽しみにしているわ」





21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 01:33:38.00 ID:WKJbVwjGO

伊織「はぁ…」

千早「ピンク嬢は…可愛らしい曲が良いわね。好きなのに素直になれない…そんな気持ちを表現するような」

貴音「ここまでは正しいのですが…」

千早「素直になれない…」

律子「恐怖の思考タイムに…」

千早「『下駄箱のお弁当』」

伊織「えっ!?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 01:39:04.60 ID:WKJbVwjGO

やよい「なんか切ないですぅ…」

響「渡せなかったんだね…」

千早「そうよ。せっかくお弁当を作ったのに渡すことができない…だからそっと下駄箱に…」

あずさ「内容は可愛らしいと思うけど…」

小鳥「タイトルが…」

千早「どうかしら?」

真「出たよ、"どうかしら?"…」

雪歩「すごい殺し文句だよね…」

伊織「ま、まぁまぁ…じゃない?」

千早「ふふ…ピンク嬢にお似合いの曲になると思うわ」

春香「誉められてる気がしない…」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 01:44:09.64 ID:WKJbVwjGO

千早「お次は凛太郎ね」

真「う、うん!」

千早「凛太郎には"元気"と"クール"という、一見すると相反する要素を両立させてもらいたいの」

律子「コンセプトは悪くないのよね…」

千早「クールな部分は…"ダンシング"という言葉で表現したいわ」

響「たしかに真はダンス上手いけど…」

千早「元気な部分は…あ、そうよ!」

亜美「何やらひらめいたみたいだね」

千早「『シャカリキ☆ダンシング』よ!」

真「えっ!?」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 01:49:37.68 ID:WKJbVwjGO

春香(うわぁ…)

真美(ダ、ダサい…)

千早「うん。元気でいながら、なおかつクールなタイトルだわ」

真「えっと…えっと…」

亜美「諦めが肝心だよ、まこちん」ヒソヒソ

伊織「シャカリキにダンシングしなさい」ヒソヒソ

真「ボ、ボクにピッタリな曲になりそうだね!」

千早「ええ、私もそう思うわ」

小鳥「私の曲もあるんでしょうか?」ヒソヒソ

律子「諦めが肝心ですよ、小鳥さん」ヒソヒソ



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 01:58:28.33 ID:WKJbVwjGO

千早「今回も好調ね。お待たせ白子ちゃん」

雪歩「う、うん…」

千早「白子ちゃんには詩を書くという趣味があるのよね?」

雪歩「そ、そうだけど…」

亜美「恥ずかしいことになりそうな予感が…」

千早「詩…ポエム…ぽえむ…」

響き「なんでひらがなに…」

千早「『ぽえ夢』」

雪歩「えっ!?」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 02:04:45.56 ID:WKJbVwjGO

真「夢にしちゃったよ…」

響「恥ずかしいぞ…」

雪歩「は、はわわ…」

千早「ぽえ夢…柔らかくて儚い、とても白子ちゃんらしいタイトルだわ」

小鳥「次の曲は『ぽえ夢』ですぅ、って雪歩ちゃんが言うんですよね?」ヒソヒソ

律子「そうなりますね…」ヒソヒソ

雪歩「が、頑張り…ますぅ…」

千早「あなたなら大丈夫よ、白子ちゃん」

美希「ちっとも励まされた気がしないの…」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 02:09:15.24 ID:WKJbVwjGO

千早「さて、お次は月麺着陸ね」

貴音「はい。よろしくお願いいたします」

千早「月麺着陸は…古風な口調が特徴的だわ」

真「それはそうだけど…」

千早「タイトルも古風な感じにしたいわね。古き良き日本、という感じに」

律子「また難しそうなことを…」

千早「『これは恋にてござ候』」

貴音「なんと!?」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 02:14:45.05 ID:WKJbVwjGO

あずさ「た、たしかに古風ね…」

伊織「どんな侍よ…」

貴音「そ、それは殿方が使う…」

千早「素敵な言い回しよね」

真美「ものすごく満足そうな顔だね…」

亜美「輝いてるよ、千早お姉ちゃん…」

貴音「あ、あなたの意志を尊重いたしましょう」

千早「ありがとう、月麺」

真「略した…」

春香「いまさら感が…」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 02:20:59.05 ID:WKJbVwjGO

千早「お次は琉球アニ丸ね」

響「そ、そうだね」

千早「アニ丸は…海をテーマにしたいわね。沖縄の真っ青な海を」

律子「それも分かるけど…」

春香「普通に"沖縄の海"とかでいいんじゃないかな…」

千早「海…2人で手を繋ぎ、白い砂浜を…」

小鳥「この"間"が怖いのよね…」

千早「『海だよね?』」

響「えっ!?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 02:26:33.65 ID:WKJbVwjGO

伊織「何がよ」

真「誰に対して質問してるんだろ…」

響「う、海なんじゃないの?」

千早「ええ、海よ。だけどあえて訊ねるの。乙女心ね」


春香「ち、千早ちゃんが乙女心…」

響「じ、自分…」

千早「…」ジーッ

響「頑張って歌う…ぞ…」

千早「期待しているわ」

真美「あの"ジーッ"も困るよね…」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 02:33:21.27 ID:WKJbVwjGO

千早「さて。お待たせしましたプルプル姉さん。いえ、プルねぇ」

春香「だ、だからその略し方は…」プルプル

あずさ「うふふ。よろしくね」

千早「プルねぇは…大らかさを表現したいですね。多少のことなら受け入れてくれるような」

真「プルプル姉さんを受け入れてるくらいだからね…」

千早「けれど、甘さだけでなく厳しさも持ち合わせています。本当の意味での優しさを…」

亜美「ここまてはすごくマトモなのに…」

千早「『謝罪文』」

あずさ「えっ!?」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 02:37:36.29 ID:WKJbVwjGO

雪歩「受け入れてないよね、それ…」

千早「いえ。あえて厳しい態度を取っているのよ。甘やかすだけではダメだから」

律子「ちょっと屈折しているような…」

あずさ「え、ええっとぉ…」

真美「困ってる困ってる…」

千早「お気に召しませんでしたか?」

あずさ「い、いえ~。とっても素敵だと思うわ~」

響「大らかだね、あずささん…」





51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 02:45:07.54 ID:WKJbVwjGO

千早「メカネちゃんは…」

律子「な、何?」

千早「キャッチコピーをそのままタイトルに」

律子「それは絶対イヤ!」

やよい「"いっぱいかけて☆"ってどういう意味」

伊織「やよいにはまだ早いの!」

やよい「う、うぅ…」

千早「仕方ないわね…それじゃあ…」

小鳥「それじゃあ?」

千早「『魔法もかけて』」

律子「えっ!?」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 02:50:09.28 ID:WKJbVwjGO

春香「魔法"も"?」

美希「すごく意味深なタイトルなの」

真「ついでに魔法もかけて、みたいな…」

律子「あ、あの…えっと…」

千早「『いっぱいかけて、だけど魔法もかけて』という、ある種の照れ隠しよ」

律子「…」

亜美「り、りっちゃん?」

真美「また遠い所へ旅立ってしまった…」

千早「ふふ…感動してくれたみたいで嬉しいわ」

雪歩「違う…違うんだよ千早ちゃん…」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 02:54:05.19 ID:WKJbVwjGO

千早「お次は雛テンパさんですね」

小鳥「や、やっぱり私も歌うのかしら?」

千早「当然です」

貴音「何故当然なのでしょう…?」

千早「雛テンパさんは…妄想するのがお好きみたいですね」

小鳥「ま、まぁ…」

千早「妄想…頭の中…」

あずさ「嫌な予感が…」

千早「『頭の中の貴方』」

小鳥「えっ!?」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 02:59:47.78 ID:WKJbVwjGO

真「せ、切ない…」

亜美「ぴよちゃんに合いすぎてる…」

小鳥「あ、あの…」ウルッ

響「涙目になってるぞ…」

千早「そんなに感動していただけたのですか?」

伊織「なんでそんな風に思えるのよ…」

小鳥「が、頑張って歌い…ます」グスッ

千早「はい。期待させていただきます」

貴音「ご期待に応えられる気がしないのですが…」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 03:09:01.45 ID:WKJbVwjGO

千早「マミーポコ、お待たせ」

真美「う、うん」

千早「マミーポコも、キャッチコピーをそのままタイトルに…」

春香(止めて…)プルプル

雪歩(紙オムツなのに"1人で出来るもん!"…)プルプル

真美「あ、新しいタイトルがいいな!」

千早「そう。それなら…マミーポコは最近思春期を感じさせるわ。つまり、大人への階段を昇り始めた…」

亜美「言われてみるとたしかに…」

千早「『恋昇り』」

真美「えっ!?」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 03:13:22.03 ID:WKJbVwjGO

春香「き、季節ものだね」

千早「思春期といえば恋の目覚め…そんな甘酸っぱさを表してみたの」

真「タイトルからは甘酸っぱさかが感じられない…」

真美「えっと…」

千早「あら?やっぱり『1人で出来るもん!』の方が」

真美「こ、『恋昇り』がちょ→気に入ったよ!」

千早「ふふ。良かった」

貴音「やはり不憫な…」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 03:21:16.30 ID:WKJbVwjGO

千早「海アーミーは…」

亜美「な、何かな?」

千早「やっぱり、まだまだ子供だわ」

亜美「う、うん…」

千早「まだまだ遊び盛り…」

伊織「否定は出来ないわね」

千早「遊ぶ…プレー…」

小鳥「ち、千早ちゃん?」

千早「『放課後の子供プレ→』」

亜美「えっ?」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 03:25:59.33 ID:WKJbVwjGO

小鳥(いかがわしいわ…)

響(いかがわしいぞ…)

千早「放課後、元気に遊んでいる姿が目に浮かぶわ」

伊織「それはアンタだけよ…」

亜美「こ、子供プレ→?」

千早「ええ。楽しそうでしょ?」

亜美「う、うん…そうだね…」

真「あんなにテンションの低い亜美は初めてだよ…」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 03:33:41.20 ID:WKJbVwjGO

千早「さぁ、最後ね」

美希「あふぅ…よろしく…なの…」

千早「ふふ。まさに"ねるねる寝るね"ね」

美希「起きました、なの!」

雪歩「これから美希ちゃんを起こすときはニックネームで呼べばよさそうだね…」

千早「ねるねる寝るねは…小悪魔的な曲にしたいわね」

春香「千早ちゃんの考える小悪魔ってどんなだろ?」

千早「『待ち合わせ場所はルイヴィトン』」

美希「えっ!?」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 03:39:59.22 ID:WKJbVwjGO

あずさ「小悪魔というか…」

やよい「買わせる気満々ですぅ」

美希「ミ、ミキ、そこまでヒドくないと思うな」

亜美「さすがのみきみきもご立腹のようですな…」

千早「そう?それなら『恋の質屋』という選択肢も」

美希「さ、さっきのがいい!」

千早「そう。気に入ってくれて良かったわ」

伊織「もう、なんでも、いいわ…」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 03:45:30.77 ID:WKJbVwjGO

すってんリボン「私のタイトル、すごくあざといよね…」

凛太郎「ボクのは昭和臭がするんだけど…」

ピンク嬢「可愛いって何なのかしら…」

海アーミー「そしてりっちゃんは…」

メカネちゃん「…」

マミーポコ「そ、そっとしておいてあげようよ」

雛テンパさん「事務員なのに…」

白子ちゃん「私のはけっこうマトモだったんだね…」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 03:53:56.62 ID:WKJbVwjGO

プルプル姉さん「私、こういうイメージなのかしら…」

もやしちゃん「私もですぅ…」

ねるねる寝るね「ミキ、そんなヒドいことしないの」

月麺着陸「貴方様、これは恋にてござ候。…などと」

琉球アニ丸「なんでちょっと乗り気なのさ…」

千早「そうそう。私のテーマソングのタイトルは『月歌』と」

一同「おいっ!!!」


お し ま い



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 03:55:25.53 ID:WKJbVwjGO

終わり

誰か"恋にてござ候"の作詞作曲を…

読み返してきます


元スレ
千早「私、テーマソングのタイトルも付けたいのだけれど」