1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 21:54:07 ID:.PYxXPXg

女騎士「それが常識だろ」

オーク「…」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 21:58:13 ID:.PYxXPXg

女騎士「この『喫茶女騎士』で食い逃げしようとは、いい度胸だな」

オーク「いい読経?」

女騎士「ほう、冗談をいう余裕があるか…反省が足りんようだな」

ポキッ パキッ

オーク「あぁごめんなさい!殴るのはもうやめてくださいお願いします」

ガクブル

女騎士「で、まったく金がないのか?」

オーク「へぇ…最近は魔物が生きづらい時代ですし…職も失い…やむにやまれず」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 22:00:54 ID:.PYxXPXg

女騎士「…」

ジロリ

オーク「ほ、本当ですよ?」

女騎士「おい、ジャンプしてみろ」

オーク「へ…」

女騎士「いいから早くジャンプしろ」

オーク「…」

ガタリ

ピョンピョン

チャリンチャリン

オーク「…」

女騎士「何か音がするな…そう、まるで小銭のようなものの音が…」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 22:39:08 ID:.PYxXPXg

オーク「へ、へへ…」

女騎士「…」

オーク「あーなぁーんだ、ポケットに小銭が入っていたかーいやぁーラッキーだなぁー気づかなかったなぁー」

女騎士「ほぅ」

オーク「…すいません、はなっから食い逃げする気満々でした」

女騎士「まったく…」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 22:42:02 ID:.PYxXPXg

ズモォ

オーク(ひっ、殴られる!)

グイッ

オーク「って…え…」

クイッ

チュッ

女騎士「まったく…オークというのはどうして…いや、私も同じか…」

オーク「え…え…?」

女騎士「この喫茶店はな…元々旦那がやっていたんだ。オークの旦那がな」

オーク「え…」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 22:44:58 ID:.PYxXPXg

女騎士「私がまだ学生の頃、ここに通い詰めていたんだ…もちろん店主に会うのが目当てでな」

オーク「…」

女騎士「随分歳の差があったからな。相手にされるまで大変だったよ。それで、根気よく通い詰めて、好意を伝えて…」

女騎士「ようやく結婚、というときにだ…旦那は、死んでしまった」

オーク「!!!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 22:50:44 ID:.PYxXPXg

女騎士「…はは」

優しい顔の、その女性(ひと)は
自分が泣いている事に気付いていないかのようだった。
いや、それを理解し認めたら
恐らく、彼女は
がらがらと壊れてしまう。
そんな儚さ、脆さを見てられては
黙っていられないだろう。
同種族として、オークとして
いや、そんなのはどうでもいい
ただ一人の男として、俺は…

オーク「…」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 05:35:14 ID:ZZgw5jZ6

ボロンッ

オーク「いきなりペニみせ!」

女騎士「きゃあ、ごくぶと!」

オーク「セェイ!」

ヌガセ ズブリ パンパン ドピュッ

じつにこの間、0.8秒!

女騎士「な、中で出したな…中で出したナァァー!」

オーク「ふぅ」

パンパン

オーク「旦那のよりすごいだろ!」

女騎士「旦那のよりすごい!」

すごいらしい。



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/19(日) 05:38:19 ID:ZZgw5jZ6

こうして肉欲に溺れた女騎士は

なんやかんやあって

この早漏オークと共に

喫茶女騎士を営むのであった。

なかだし、なかだし。

【完】


元スレ
SS深夜VIP:女騎士「食ったら払え」