7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 23:57:51.78 ID:tECQ0mLLO

兄「へ?」

妹「あ、兄さん。着替えは隣においているので持ってこなくていいですよ」

兄「まてまてまて、お前は俺と一緒に入るというのか?」

妹「ええ、そうですけどそれがなにか?」

兄「…裸見られてもいいのか?」

妹「兄妹ですから別に構いません」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:03:12.78 ID:0LrWrUxKO

妹「兄さんと一緒に入るなんて何年ぶりでしょうか?」ヌギッ

兄「お、おまっ!いきなり脱ぐなよ」

妹「別に兄妹だからいいじゃないですか。それとも私の裸を見て欲情でもするんですか?」

兄「誰が妹の裸を見て欲情するか、したら変態じゃないか」

妹「そうですよね。なら、早く兄さんも脱いで下さい。」カチャカチャ

兄「ズボンを脱がせるな!自分でやるから!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:09:50.77 ID:0LrWrUxKO

兄(口ではそう言ったが…)

妹「どうしたんですか?裸のままだと風邪をひきますよ?」

兄(真正面にたつなよ。丸見えだろが)

兄「あ、ああ。今行く」サッ

妹「なぜ目を反らすんですか、私はここにいますよ」クイッ

兄「首をひねるな…というより少しは隠せ」

妹「小さい頃はこんな感じでしたよ?」

兄(そりゃまだ幼稚園生の頃だろうが!)



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:15:08.85 ID:0LrWrUxKO

妹「兄さん。私の背中洗ってくれませんか?普段じゃ洗いにくいんです」

兄「あ、ああ…」ゴシゴシ

妹「んっ…くすぐったいです。もう少し強く洗って下さい」

兄「……」ゴシゴシゴシゴシ

妹「ああん。…これが丁度いいですね」

兄「……」

妹「では今度は前の方を」クルリ

兄「…!」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:21:32.28 ID:0LrWrUxKO

兄「ばっ…ま、前ぐらい自分で洗え!」

妹「今日は兄さんに洗って欲しい気分なのです。さあ、早くしてください」

兄「…」コシコシ

妹「さっきの力で洗って下さい…こんな風に」ムニュ

兄「俺、胸触っているんだが」

妹「兄妹だしタオル越しだから触ったことになりません」

兄(…そうななのか?)



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:26:15.84 ID:0LrWrUxKO

妹「今度は私が兄さんの背中を洗いますね」ゴシゴシ

兄「あ、ああ…」

妹「よいしょ」ゴシゴシ

兄「…中々いいなこれ」

妹「そうですか、今度は前の部分を洗いますね」ゴシゴシ

兄「…馬鹿、股間辺りは止めろ!自分で出きるから!」

妹「駄目です。兄さんは私が洗うのです」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:32:18.29 ID:0LrWrUxKO

妹「今度はシャンプーして下さい」カポッ

兄「ああ…。というかお前シャンプーハットつけるのね」

妹「だって目に入ったら痛いじゃないですか…」

兄「目を閉じろよ」ゴシゴシ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:38:39.66 ID:0LrWrUxKO

妹「兄さん狭いです」

兄「お前が二人一緒に入ろとか言ったからだろ…」

妹「流石に向かい合わせじゃきついですね…兄さんと同じ向きに入りましょ」

兄(…!なにかすべすべしたものか股間に)

妹「…?なんだか固いものが当たっているんですけど」

兄「き、きにするな」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:42:36.04 ID:0LrWrUxKO

妹「…ふう、いい湯加減でした。あれ、兄さん上がらないんですか?」

兄「あ、ああ。まだ少し入っているよ」

兄(萎えさせんとマズい)

妹「そうですか。のぼせないで下さいね」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:46:55.92 ID:0LrWrUxKO

兄「ふう。ようやく上がれた…」

妹「あ、兄さん、アイス食べませんか?」

兄「え?ああ、食べるよ」

妹「んー。湯上がり後のアイスは美味しいですね」

兄「ああ、そうだな」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:51:29.00 ID:0LrWrUxKO

<兄部屋>

兄「よし、いい加減寝ないといけないな」

妹「兄さん、いますか?」ガチャ

兄「いるけど…その枕は何だ?」

妹「今夜一緒に寝ませんか?」

兄「」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 00:56:19.29 ID:0LrWrUxKO

兄「どうしてこうなった」

妹「……」ギュッ

兄「おい、俺は抱き枕じゃ無いぞ」

妹「そんなこと言いながらこんなに大きくしないで下さい」

兄「……!」

妹「お風呂の時もでしたよね。実の妹に欲情するなんて変態ですね」

兄「うう…」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:02:21.77 ID:0LrWrUxKO

妹「まあいいです。今日は私がヌいてあげます」シュッシュッ

兄「おい、ダメだって!」

妹「これは欲情した兄さんに襲われないようにするためですから」シュッシュッ

兄「だからって…!ちょっと待って…」

妹「出そうですか?なら私の手に出してもいいですよ」シコシコシコ

兄「あっ!…出るっ!」ビュルルー

妹「沢山出ましたね。手がドロドロです」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:06:59.86 ID:0LrWrUxKO

妹「結構出すのが早かったでしたね。早漏かもしれませんね」

兄「うっ…」

妹「まあ、いいです。じゃあ私寝るので襲わないで下さいね」

兄「お、おう…」

妹「……」スヤスヤ

兄「…俺も寝よう」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:10:51.61 ID:0LrWrUxKO

兄「……」

兄(深夜に目覚めてしまった。やはり妹のあれがまずかったな)

兄(もう一度寝る努力を…あれ?妹がおかしいぞ)

妹「はあ、はあっ…兄さん!兄さん!」クチュクチュ

兄「」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:16:47.76 ID:0LrWrUxKO

妹「兄さん!兄さんもっと…!」クチュクチュ

妹「兄さん、私もうイキそう…ああっ!」プシャッ

妹「はあ、はあ…兄さん」

兄「……」ダキッ

妹「ふわああっ!…えっ、何?」

兄「妹がこんなに変態だったとはな」

妹「…!」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:21:04.30 ID:0LrWrUxKO

兄「まさか実の兄に欲情する変態だとは思わなかったなー」

妹「う…。ひ、卑怯です!こんな時間に起きてるなんて!…ひゃん!」クチュクチュ

兄「俺が襲われてはたまらないから一回ヌいておこうかな」

妹「まだイったばがりなのに…ああっ!」クチュクチュ



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:27:49.55 ID:0LrWrUxKO

妹「あっ、ダメです兄さんこれ以上は!」クチュクチュ

兄「いやいや、まだ俺がイった半分の時間も立っていないぜ!」

妹「あっ、ひっ。で、出ちゃう…ああっ!」プシャッ

兄「うおっ、こりゃ俺よりも沢山出たんじゃないのか?」

妹「うう…。酷いです」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:33:39.97 ID:0LrWrUxKO

妹「……」

兄「おーい。まだ怒っているのか?」

妹「もう兄さんなんて知りません!」プイッ

兄「そんなこと言わずにさー。仲直りしようよ」ダキッ

妹「ふ、ふわああっ!」

兄「えっ、何?どしたの?」

妹「兄さんの、兄さんのせいで体触れられる度ドキドキが止まらないんです!どうしてくれるんですか!」

兄「え、ええ?」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:38:52.24 ID:0LrWrUxKO

妹「おかげで家事もままなりません、どうしてくれるんですか?」

兄「そう言われても…あ」ピトッ

妹「ふえっ!?ほ、頬は反則です…///」

兄「ふーん。ならこれはどうなるんだろな」ナデナデ

妹「な、なでなでは幸せすぎます…えへへ」

兄「そんなものなのか?」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:45:13.38 ID:0LrWrUxKO

妹「ともかく、しばらく体を触れないでくださいね!」

兄「ええー。まあいいけど」

妹「…けど、お風呂は毎日一緒に入って下さいね」ボソ

兄「へ?なにか言った?」ダキッ

妹「だから触らないで下さい!」




終わり



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:51:45.22 ID:0LrWrUxKO

妹「兄さんお風呂一緒に入りましょう」

兄「いいけど…大丈夫?触れられるとドキドキするっていってたけど」

妹「ま、前は出来てたので多分大丈夫です!」

兄(大丈夫かなあ…)



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 01:55:48.61 ID:0LrWrUxKO

妹「……」ジー

兄「なんだよ、早く服を脱げよ」

妹「み、見ないで下さい!恥ずかしいから!」

兄「前は見せびらかしていたのによく言う」カチャカチャ

妹「自分でやりますからスカート外さないで下さい…///」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 02:00:16.64 ID:0LrWrUxKO

兄「どうだ?背中洗っているけど」ゴシゴシ

妹「…ふえっ?」

兄「ダメだこりゃ。…ほら、前向け」ゴシゴシ

妹「き、今日はそういう気分じゃありません…///」

兄「前の日と大違いだな」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 02:05:18.78 ID:0LrWrUxKO

兄「お前が俺に触れる時は大丈夫なのか?」

妹「え、ええ。何とか…」ゴシゴシ

兄「ああ、しかしお前の洗い方は上手いな」

妹「…えへへ、そうかしら?」ゴシゴシ

兄「ああ、かなり気持ちいいしな」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 02:10:16.27 ID:0LrWrUxKO

妹「……」

兄「大丈夫か?いま一緒に入っているけど」

妹「うん…大丈夫」

兄「大丈夫なのはわかったけど…なんで俺のアソコ握っているんだ?」

妹「なぜか落ち着くんです」

兄「そうか…。で、なんで手を上下させているんだ?」

妹「…したくないの?」

兄「……したいけど」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 02:15:24.82 ID:0LrWrUxKO

妹「兄さんのいつみても大きい…」シュッシュッ

兄「うっ…前より上手くなった?」

妹「ちょっと勉強したのです。だからこういうことも…ね」チューチュー

兄「…!ヤバい、これ凄く気持ちいい!」

妹「はむ…そうですか…あふ」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 02:19:59.13 ID:0LrWrUxKO

兄「妹…!もう、出る!」ビュルルー

妹「ひゃうん!…いっぱい出しましたね。次は私を満足させて…」

兄「まずは風呂掃除しなきゃダメだろ。飛ばしすぎた」

妹「…そうですね」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 02:23:17.55 ID:0LrWrUxKO

妹「ふう…掃除に手間取りましたね」

兄「だな。じゃ…続きは俺の部屋でな」

妹「ですね。…私、先に上に行ってきます」

兄「ああ、俺もすぐにいく」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 02:29:49.28 ID:0LrWrUxKO

兄「色々して時間かかった…妹は」

妹「…えへへー。兄さん、兄さんっ」スヤスヤ

兄「爆睡しとる…まあ明日ゆっくりできるしいいだろっと」ベットイン

妹「兄さんー。大好きですっ!」ガシッ

兄「…寝てるよな?」

兄「……」

兄「俺も好きだぜ。妹よ」

妹「えへへー」スヤスヤ






今度こそ終わる


元スレ
兄「さて風呂入って寝るか」妹「では私も」