1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 00:57:27.00 ID:7qi7+W6/O

――Pの部屋

貴音「あなた様、あなた様」クイクイ、クイクイ

P「ん?どうした?」

貴音「この、どーなっつ…」モグモグ、モグモグ

P「また、『メガネ』って言うんだろ?」

貴音「むぅ…」

P「ははっ。残念だったな」ナデナデ、ナデナデ

貴音「…ふふっ」

P「?」

貴音「てんし」

P「えっ?」

貴音「てんし」

P「…」

貴音「うぅ、髪がべとべとです…」グスッ...

P「後でお風呂入り直そうな?」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:00:39.56 ID:7qi7+W6/O

――お風呂

貴音「…」チャプン

P「…」

貴音「…」チャプン

P「なぁ…」

貴音「はい?」

P「なんでいっしょに入ってるの?」

貴音「…だるまさん」

P「だるまさん?」

貴音「…」ブクブク...

P「あぁ、なるほど…」

貴音「うしろに誰かいたら…こわいです」

P「だから、一人で入りたくなかったと」

貴音「…」コクン

P「貴音は怖がりだからなぁ…」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:02:59.40 ID:7qi7+W6/O

貴音「あたま、洗ってください」

P「えっ?」

貴音「あたま」

P「なんで?」

貴音「わたくしのしゃんぷーはっと…捨てたのはどこの誰でしたか」

P「洗わせていただきます」

貴音「ふふんっ。それで良いのです」クスクス

P「…」ムカッ

貴音「あなた様?」

P「後で、呪いのビデオ観ような?」

貴音「!?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:05:43.34 ID:7qi7+W6/O

P「貞子の出てくるやつと、としおの出てくるやつと、どっちがいい?」

貴音「…」

P「どっち?」

貴音「ひ、ひとしが出てくるやつがいいです」

P「ひとし?」

貴音「スーパーひとしくん…」

P「だめ」ニヤニヤ

貴音「むぅ…」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:08:10.92 ID:7qi7+W6/O

貴音「…」チャプン

P「悪かったって」

貴音「…知りません」プイッ

P「ちょっと意地悪してみたかったんだよ」

貴音「…」チャプン

P「ほら、良く言うだろ?可愛い娘ほどいじめたくなるって」

貴音「…ならば」チラッ

P「なら?」

貴音「お風呂上がりに、ですね?」

P「うん?」

貴音「カルピス、飲んでもいいですか?」

P「かわいい」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:11:01.78 ID:7qi7+W6/O

――自室

P「美味しいか?」

貴音「お風呂上がりのカルピスというのは、何故こうもわたくしを夢中にさせるのでしょう…」

P「俺も飲んでいい?」

貴音「ふふっ。どうぞ?」

P「ん、ありがと」コクン

貴音「あっ」

P「どうした?」

貴音「ふふっ」クスクス

P「?」

貴音「あなた様?」クスクス

P「な、なんだ?」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:13:12.85 ID:7qi7+W6/O

貴音「それ」クスクス

P「うん?」

貴音「間接きす…」

P「あ、あぁ…そうだな」

貴音「あなた様?」ジッ

P「な、なんだよ?」

貴音「んー」チラッ

P「…」

貴音「んー、んー」チラッ、チラッ

P「はぁ…」

――チュッ

貴音「♪」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:15:50.39 ID:7qi7+W6/O

――自室

貴音「あなた様、あなた様」クイクイ、クイクイ

P「どうした?」

貴音「見てください!」

P「テレビ?」

貴音「はい!らいおんです!」

P「あぁ、凄い迫力だよな。さすが百獣の王」

貴音「知っていますか?あなた様」

P「何を?」

貴音「らいおんは、ねこなのです!」

P「えっ?」

貴音「らいおんは、ねこなのです!」

貴音「ふふんっ♪」ドヤッ



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:17:57.49 ID:7qi7+W6/O

貴音「がおー、がおー」モゾモゾ、モゾモゾ

P「…」

貴音「がおー、がおー」モゾモゾ、モゾモゾ

P「…」

貴音「…」

貴音「…!」ガブッ

P「いてぇ!」

貴音「ふふんっ♪」

P「かわいい」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:19:59.06 ID:7qi7+W6/O

――寝室

P「なぁ、貴音」

貴音「はい?」

P「俺のこと、好き?」

貴音「…はて?」

P「俺のこと、好き?」

貴音「…」

P「…」

貴音「…」チラッ

貴音「…///」チラッ

貴音「…///」モゾモゾ、モゾモゾ

P「…」

貴音「…」

―ピロリン

P「うん?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:21:48.37 ID:7qi7+W6/O

From:貴音
Sub:なし
本文:だいすき



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:24:25.61 ID:7qi7+W6/O

P「///」

貴音「///」ペシッ、ペシッ

P「あ、あのな?貴音?」

貴音「な、なんでしょう!あなひゃま!」

貴音「…うぅ、かんでしまいました」クスン

P「かわいい」ナデナデ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:27:29.51 ID:7qi7+W6/O

――自室

貴音「あなた様、あなた様」クイクイ、クイクイ

P「うん?どうした?」

貴音「これはなんです?」

P「あぁ、それ懐かしいなぁ…」

貴音「なにかのぬいぐるみですか?」

P「…」ニヤッ

P「なぁ、貴音?」

貴音「なんです?」

P「それ、振ってみ?」

貴音「振る?」

P「そう」ニヤニヤ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:30:02.98 ID:7qi7+W6/O

P「いいからいいから」ニヤニヤ

貴音「?」

貴音「では」

貴音「それっ」ガシャガシャガシャッ

ファービー「ひぃびゃああああ、ファーブルスコファーーー!」ケタケタケタ、ガッシャンガッシャン

貴音「ひぃぃぃぃぃ!」ブンブン

ファービー「モルスァ!」

貴音「」

P「あはははは!」

貴音「」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:32:34.05 ID:7qi7+W6/O

貴音「…」グスッ...

P「…ごめんなさい」

貴音「…」グスッ...

P「まさか、泣くとは思わなかった」

P「…」

P「貴音?」

貴音「…知りません」プイッ

貴音「今度ばかりは、知りません…」プイッ



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:35:42.86 ID:7qi7+W6/O

P「貴音?ほら、こっち見てみ?」クイクイ

貴音「…」チラッ

貴音「あっ」ピクン

P「ほら、貴音、これ好きだろ?」

貴音「アルパカです!」

P「用意しといたんだ」ナデナデ

貴音「あなた様…」

貴音「…今回だけ、ですからね?ふふっ。アルパカです」ギュー

P「かわいい」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:38:31.99 ID:7qi7+W6/O

――寝室

貴音「…」ウトウト...

P「眠くなってきた?」ナデナデ

貴音「…ですが、もう少しあなた様と…」ウトウト...ウトウト...

P「明日もあるだろ?今夜は、もう寝ようか」ナデナデ

貴音「んぅ…はい」

貴音「あなた様?」

P「うん?」

貴音「て」

貴音「つないでください」

P「はいはい」ギュッ

貴音「ふふっ」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:41:51.60 ID:7qi7+W6/O

貴音「あなた様のては」

貴音「いつもあたたかいですね」ギュッ

P「心が冷たいからな」ナデナデ

貴音「ふふっ。あなた様のおっしゃることはあてになりません」クスクス

P「そう?」

貴音「えぇ、そうですとも」クスッ

P「なら、心が冷たいこの俺は、もう寝ることにするかな」

P「おやすみ」ギュッ



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:43:36.76 ID:7qi7+W6/O

貴音「ほら、わたくしのてを離そうとしない」クスクス

P「…」

貴音「おやすみなさい、あなた様」

貴音「あなた様、あなた様」

P「…」

貴音「お慕いして、おりますよ?」クスッ

P(かわいい)



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/08(月) 01:44:51.38 ID:7qi7+W6/O

はい。ここまでありがとうございました


元スレ
貴音「あなた様、あなた様。またまた」