SS速報R:【ミリマス】静かに浸って
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1560524870/



1: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:07:50.04 ID:wkJN5RX1O

最上静香のR-18SSです

初書き込みですのでどうか温かい目で見守ってください……




2: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:08:57.77 ID:wkJN5RX1O

「んー……はぁ。終わった……」

「お疲れ様です、プロデューサー。」

仕事終わりに背伸びをしている後ろから、高く透き通った声が現れる。

そちらに目をやると、正しく十七歳らしい身体に育った一人の少女が、髪を梳きながらこちらに微笑んだ。



3: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:09:38.00 ID:wkJN5RX1O

現在時刻、七時二八分。

彼女のレッスンは一時間前には終わっていたはず、他の子がいたわけでもない。すると、たまたまこの現場に居合わせたわけではなく……

「静香?……待っててくれたのか?」

推測を口にすると、彼女の瞳はどきりとした風に見開かれ、青色の虹彩を覗かせる。

そのくせ直下の頬は真っ赤に染まり、よくもまあ変わりもせず忙しい奴だ……と妙な安心感。



4: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:10:37.57 ID:wkJN5RX1O

変わったのは、例えばスカートが少しずつ短くなっているとことか。

あるいはスタイル、大きくなるというより引き締まる形で成長しているとことか。

……要するに大体俺のせいということだ。

「彼氏を待つのは、彼女の仕事ですから。」

目を逸らしながら、さながらドラマのヒロインのような台詞を吐く彼女。

尻すぼみになった言葉端を捉えるように、俺は静香に抱き着いた。



5: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:11:28.87 ID:wkJN5RX1O

「ひゃっ!」

「……ありがとう。静香が優しくしてくれるから、俺は頑張れるんだ……」

静香の肩に顎を乗せ、うわ言のように語りかけた。

「……ふふっ。全くもう、だらしないんだから……」

冷静さを取り戻した静香は、俺の背中に左腕を回し、右手を俺の後頭部に当てた。

より近づく二人の距離。

柑橘の香りが鼻腔をくすぐり、チョーカーが秘密の傷を隠しているのが見える。

「……仕方ないですね、私が癒してあげます。」

優しげな声が、耳を覆う吐息と共に放たれた。彼女は左腕の拘束を強め、右手をゆっくり縦に往復させる。




6: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:12:07.44 ID:wkJN5RX1O

よく聞く話だが、愛撫、取り分け頭へのものは、親に与えられる愛と何ら変わりはないらしい。

互いの重なりから、彼女の体温が、心音が、浸透するように伝わってくる。まるで羊水に包み込まれた赤ん坊の気分だった。

擦れる音だけが部屋の中に響く。

その単調さがますます耳に心地よい。



7: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:12:55.06 ID:wkJN5RX1O

この上ない安らぎに俺の腕は瓦解しかけ、慌てて腕の力を強めてしまった。

膨らみかけの胸が、胸の中で潰れる。

「んっ……ふふっ、乱暴ですよ?」

「す、すまん。つい……」

俺は背中から腕を離した。それが、行為終了の合図。

「あれ……もう?」

「あぁ。俺も十分元気を貰ったし、これ以上は抑えられる気がしない。」



8: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:13:47.30 ID:wkJN5RX1O

強く押し付けられていた彼女の体。

一度意識して仕舞えば、行為中頭から離れるどころか、そのことに頭が一杯になり、より進んだ行為へと足を踏み入れさせるだろう。

事実彼女の初めては、まさにこの行為の延長線上にあった。

いくらその関係を持っていたとしても、職場でするのは気が引ける……そう言って、既に五回はここで済ませてしまった覚えもあるのだが。



9: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:14:34.07 ID:wkJN5RX1O

「そ、そうですか……」

静香は何か言いたげな風に、斜め下に目線を向ける。

……やはり、今日残ったのはそのためか。

用件は何となく察せられるが、彼女に言わせない理由がない。

「……何かあるのか?」

「え、えっとですね……」

何度も言っているセリフの割に、生娘のような照れを見せる静香……

まぁ、わずか17歳にその慣れを強いるのは厳しいか。

静香は背中に手を回して、肩をもじもじさせている。

まるで生まれたての子鹿のようで、優しく包み込んであげたくなる。




10: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:15:28.97 ID:wkJN5RX1O

「……そ、その……」

……とはいえ、あくまで待った。

彼女の口が開くまで、待ち続けた。

それはある意味で、愛情への信頼であり。

またある意味で、愛情への欲求であり。

そしてそれこそが、彼女の――

「……今日、家に誰もいないんです。」

「……そうか。」

成長のための、第一歩なのだから。




11: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:16:22.43 ID:wkJN5RX1O

「プロデューサー、シャワー良いですよ。」

「ん、分かった。」

俺は読んでいた雑誌を置き、入れ替わりでバスルームへ向かう。

事務所にある分の着替えを持ってきてはいたが、どうせ脱いで皺が付くのだから、元々着ていた服の方がいいだろう。

ベルトさえ外してしまえばいい。

それに、意外と静香は匂いフェチだったりする。

着ていた服そのままの方がより感じやすくなることを、俺は経験から学んでいた。




12: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:16:58.31 ID:wkJN5RX1O

シャワーは身体を洗い流す程度に留める。

変に待たせるのも良くない。

部屋に戻ると、静香は俺が読んでいた雑誌を黙々と読み込んでいた。

「……あ、プロデューサー。相変わらず早いですね。」

静香はこちらの存在に気付き、雑誌をパタリと閉じる。

青いパジャマは彼女の幼さを際立たせ、間から見える白い素肌と相まってなかなかに背徳的だ。



13: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:17:43.95 ID:wkJN5RX1O

「遅いよりはマシだろ?それより、その本……」

「もう、せっかくデート用の服選んでたのに……プロデューサーが読んじゃ、意味無いじゃないですか。」

静香はベッドに座り、不満げに顰めた眉と瞳をこちらに向けた。

その表情こそ相変わらずというべきだが……あまり子供扱いすると、やはり未だに怒ってくる。

「あー、なら大丈夫だ。付箋のところは読んでない。」

嘘を吐きながら、俺は静香の隣に座った。

残念ながら、実際には付箋のところしか読んでいない。

「ほんとですか?」

「ほんとほんと……ほら。」

俺は隠すように、目を閉じ、彼女の唇を俺の唇で覆った。



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/15(土) 00:18:30.73 ID:wkJN5RX1O

長い長い、唇だけのキス。

雲がかかったように、頭は次第にぼんやりとし始めた。

髪につけられた洗剤の匂いに酸味のある汗の匂いが交じる。

口にこそばゆくかかる互いの鼻息の音は、唾を飲み込む音に劣りもしない。

あぁ、今静香と直に触れ合っているのだ――その事実こそが、何よりも興奮と快感を掻き立てていた。

俺は唇を少し開け、舌で彼女の入り口をノックする。あっさり扉は開かれ、中から出迎えたのは彼女の少し小さな舌。

湿った肉襞を触れ合わせる。

すると直ぐに、静香の唾液が俺の口を侵し始めた。

舌の底を舐めてやると、溜まりに溜まった蜂蜜の味がする。



15: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:19:29.60 ID:wkJN5RX1O

舌と舌が絡み合う度に、ぐちゅり、ぐちゅりと音を立てながら、互いの唾液が泡立てられる。

そのぐちゃぐちゃになった粘液を、歯に、頬裏に、唇に、満遍なく塗り広げていく。

時々漏れる喉奥からの声。

彼女の脇腹と頭に腕を回し、こちら側に引きつける。

すっぽり覆われた二人分の口の中で、ヌチュリ、ヌチュリと淫靡な音が響き渡っている。

口腔を貪りながら、相手の息すら支配している……あまりに深く、あまりに強い。

クラクラしてしまいそうなのは、彼女の魅力か、あるいは味か。

ほんの少し体重をかけると、静香はその意図を察して腰の力を緩め、後ろに回っている俺の腕へ全体重をかけた。



16: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:20:31.62 ID:wkJN5RX1O

ゆっくりと腕の高度を下げていき、同時に静香に覆いかぶさっていく。

間もなく腕はシーツに触れ、彼女を押し倒したような格好になった。

双丘が体の中で柔らかく形を変え、丘の頂上が硬くなり始めているのを感じる。

目を閉じているせいか、ドクン、ドクンと、彼女の心音がよく聞こえた。

彼女の口に唾液を注ぎ込み、目を開けてゆっくりと唇を離していく。

つーっ……と一本の糸が、ぐちゃぐちゃになった彼女の唇に届いているのが見える。

そしてその内、糸はぷつりと落ちて、静香の顎と首にたらりと掛かった。

三十センチほどの空間に互いの吐息が混じり合う。



17: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:21:17.78 ID:wkJN5RX1O

「はぁ、はぁ……ふふっ。そんなに焦らなくても、私は逃げませんよ?」

優しげに……あぁいや、違う。

揶揄いだ。

瞳の奥で誘うように、青炎がゆらゆら揺れていた。

「……そういうところ、大好きだ。」

そう言って彼女のシャツを腹までめくり上げ、奥の柔丘を鷲掴みにした。

「んっ……」

平均よりも少々小さな二房は、簡単に手中に収まってしまう。

脇の方まで手をずらし、横から下から彼女の小房を揉み上げる。

乳腺に沿わせて、じっくりと、ゆっくりと。



18: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:21:59.17 ID:wkJN5RX1O

手のひらが彼女の乳を包み込み、柔らかな肌に指が吸い込まれる。

「はぁ……ぁんっ……」

指が肌を這うのに合わせて彼女の喉から漏れ出る声。

必死に我慢している様子が、こちらの欲をどこまでも煽ってくる。

――ほんと、可愛いやつ。

触揉する手の動きを速め、快感のハードルを上げる。

パジャマのせいで房の姿は見えない。

しかしその首は、服を露わに押し上げながらも、服に彼方此方と擦り付けられている。

まるで、捕まえてみろとでも言うように。



19: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:22:45.81 ID:wkJN5RX1O

口から漏れる声は、だんだんと湿り気を帯びていく。

俺はパジャマに顔を近づけ、右の突起を唇で強めに挟んだ。

「ひぅっ!」

途端、静香の口から嬌声。

そのまま手を休めることなく、彼女の乳房に快感を分泌させながら、服の上から丸ごと乳頭を喰わえ、コリコリとしたその感触を味わう。

「あっ、んやっ……んはぅっ!……」

一度外れた枷は戻ることなく、声はどんどんと大きくなっていく。

歌とは違う、柔らかくて、溶けそうな麗声。

静香は、責めを受け入れ、なお求める。




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/15(土) 00:23:41.18 ID:wkJN5RX1O

俺はさらに指口の動きを早めた。

服の繊維が、出ないはずの蜜に晒されたように、ほんのり甘くなってくる。
腺の高潮が、湿った吐息と共に伝わってくる。

「ひゃっ……はぁっ、はぁ……ふあぅ……」

彼女の声は一々可愛らしく、それを聞いているだけでも興奮がより激しくなる。

散々に犯してやりたいと、どす黒い感情さえ出てきてしまうほどに。

事実、こちらの性器もなかなか酷いことになっているのだ。




21: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:24:45.28 ID:wkJN5RX1O

静香の内部の高まりを感じて、胸への責め手を強める。

開発されてしまった彼女の双丘は、その刺激を体全体に広げていき、溜まり溜まった熱がもう限界と言わんばかりに膨張していって――

「んんっ……わっ、たしっ……もうっ……~~ッ!」

瞬間静香は声にならない息を発し、体が俺の中で小さく跳ねた。


暫くすると、上から荒い吐息が聞こえ始める。

布を通して、彼女の汗の匂いが染み渡ってくる。

俺は手と口を離し、彼女の服を肩まで上げた。

弄られていた房は、しかしその綺麗な形を変えずに、呼吸膜によって上下させられていた。

真ん中の赤芽は可愛らしく突立している。



22: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:25:58.52 ID:wkJN5RX1O

息を整えている彼女を見て少しの嗜虐心が湧き、俺は左の乳頭を指で軽く弾いた。

「にゃぅんっ!……はぁ、はぁ、ぷ、プロデューサー……」

魅力十分の声を上げた彼女は、熱さと怒りと恥ずかしさで顔を真っ赤にして、こちらをキッと睨み付けた。

額に汗が煌めき、眼は扇情的な波をゆらゆら浮かべている。

「いや、静香が可愛くてさ。つい。」

静香は一瞬、ドキッとした表情を浮かべたが、すぐに元のムッとした顔に戻った。

それを見ながら、俺は静香の服を脱がせる。

真っ白なシーツに彼女の白い肌が露わになり、引き締まった腕の筋肉、大きく上下する細い腹、そこにある全てが汚されるのを待っているようだ。




23: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:26:41.55 ID:wkJN5RX1O

「――あの、プロデューサー?」

肌とは対照的に真っ赤な顔が、不安げに覗き込む。

……どうも彼女の魅力に取り憑かれてしまったようだ。

何度見ても慣れないのは、俺も大して変わらない。

「いや、何でもな……くないな……」

気付けばシャツのボタンが全て開けられ、俺の体に静香の体が密着していた。

俺が見惚れている間に、服を脱がせて抱き着くとは……彼女もなかなか責めるようになったものだ。

「大胆な猫め……。」

「誰が猫ですか、もう……座ってください。」

静香は回していた腕を解き、ジトリとした眼でこちらを見ながら指示をする。



24: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:27:34.66 ID:wkJN5RX1O

言われた通りベッドに座ると、今度は彼女が俺の前に立ち、俺の太ももへ上体を下ろした。

「脱がせた女の子を放っておくようなプロデューサーには、こっちがお似合いです。」

そう言いながら、慣れた手つきでズボンと下着を脱がせる静香。

抵抗しても仕方がないので、彼女のしたいようにやらせる他ない……期待、というべき感情はあるが。

そうして中から現れた陰茎は、力強く上を向きながら、すでにその口から汁を零し始めていた。

「ほら、もうこんなにしちゃって……」

静香は何度も見たであろうそれを、愛おしげに眺めている。

目の前でじっと見られるのは流石に恥ずかしいな……

そんなことを考えていると、亀頭に冷たい指の感触を受けた。



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/06/15(土) 00:28:34.47 ID:wkJN5RX1O

「うぉっ……」

静香は鈴口に人差指を当て、溢れる汁を亀頭に塗り広げていく。

あくまで先端だけのゆっくりとした攻め。

彼女の細い指が触れるたび、怒張はその感覚に反応してさらに硬さを増す。

「ぐっ……しずっ、か……」

口を蠢かしたかと思うと、上体を俺の腰の上まで持ってきて、舌から怒張へと唾液を分泌した。

トロリと垂れてくる唾液は、怒張全部を包むように暖かく滴って行く。静香の柔らかさがそこに詰まっているようだ。

「……ビクビク震わせて……私にどうしてほしいんですか?」

「……舐めて、ほしい。」

俺がそう言うと、静香は顔を嗜虐的に緩ませて、髪を左横へ靡き下ろす。

汗に煌めくウナジから、彼女の喉がゴクリと音を鳴らしたのが見えた。



27: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:32:37.99 ID:wkJN5RX1O

ゆっくりと静香の顔が下ろされて行く。

大きく開いた口に怒張はするりと飲み込まれる。

口肉には触れず、熱い息が鈴口にかかった。

上の硬い蓋に亀頭が当たり、ザラザラとした感触がねっとりと染み付いていく。

「あっ、くぅっ……っあっ、はぁっ……」

小さな舌がカリ首を舐め、ゾワゾワとした電気信号を脳に擦り付けた。

焦らすように弱く、でも心を刺すように鋭い刺激。

「……ひゅうっ」

「ひっ!」

「ふふっ、かわいい……」

サディステックな冷息が過剰な神経を責め立てる。

部分じゃなくて、もっと広く、溶けるように……



28: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:33:49.96 ID:wkJN5RX1O

枷が外れ、心の声が剥き出しになっていく。

「しっ、ずかぁ……じらさない、でっ……」

「……仕方ないですね……ぁむっ。」

漏れ出た弱々しい声に呆れと嬉しさを感じて、静香は唇を閉じた。

毛布のように暖かく柔らかな肉と吐息が、怒張全てを飲み込む。

「うっ……ふぅ、はぁっ……」

「んむっ……くちゅぅっ、れろぉっ……」

接合を上下させて竿全体に唾液を塗り広げる。

唇のゆっくりとした愛撫に加え、時たま絡められる舌が裏筋を丁寧に舐めていき、快感から逃げることを許さない。

「ぁっ……んっ、はぁ……」

「ん……ぢゅるっ、んむ……」

頬の粘膜に亀頭を擦り付けたり、喉奥まで飲み込んだり、口のありとあらゆる部分で快感が与えられる。




29: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:35:33.77 ID:wkJN5RX1O

肉棒を溶かしてしまうかのような、甘ったるい肉。

触れ合いから奏でられる隠微な音が、部屋の中に広がった。

「ぁぁ……いいぞ、そのちょうしっ……」

「……プロデューサー、生意気です。」

口が放されたかと思うと、細い指が竿を締め付け、ゴシゴシとしごいていった。

蕩けるような快楽から一転、激しく強い責めが怒張を取り囲む。

「っ!ぃきな、りっ……」

「ふふっ……」

妖しげにほくそ笑む静香。

彼女の手は小さいながら、表皮を激しく動き回って、上下の感覚を強く意識させる。

早く管を登らせろという風に、下から上へと怒張が絞り込まれる。



30: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:36:49.88 ID:wkJN5RX1O

精を吐かせるための手淫。

彼女が早くから身につけたそれは、男を喜ばせるのに十二分とも言えるものほどに成長してしまった。

「ここもですね……ちゅぅっ」

「うぁっ、それやばぃっ……」

空いた手により玉袋への責めが始まり、同時に鈴口への吸い付きも追加された。

陰嚢を軽めに揉まれながら、滑る粘液が音を立てて塗りつけられてるいき、快感の沼に埋まっていく。

性器全体が彼女によって支配され、抗う術さえ持たぬまま絶頂へと高められていく。



31: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:37:55.98 ID:wkJN5RX1O

「じゅるっ、ちゅっ……プロデューサー、すっごく可愛い顔してますよ。」

「はぁっ……しずかっ、もうっ……」

「いいですよ、いっぱいだして……はむっ。」

彼女の手によって熱された怒張が再び柔肉によって飲み込まれた。
瞬間――

「んむっ!」

高温の白濁が管を登って彼女の口へ喉へ、その汚れで塗れさせた。

静香は口の深くで受け止めながら、喉を鳴らして飲み込んでいく。

「んんっ……っく、ずちゅぅっ……」

「ぅぁ……っ、はぁ、はぁ……」

管の中に残った精液まで吸い取り、彼女はゆっくりと顔を上げた。

和らいだ目元に上気した頬が艶やかに映える。

「……ふぅ。いっぱい出ましたね、ふふっ……」

綻んだ唇の端に、白い粘液が僅かにはみ出していた。

何と男を滾らせる表情だろう……きっと彼女にその自覚はないのだろうが。



32: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:38:42.85 ID:wkJN5RX1O

「……静香、ベッドに。」

最低限の指示を与えて、縁から退いた。

出したばかりの性器が再び硬さを取り戻そうとしている。

静香は少し驚いたような表情をしながら、ゆっくり首肯してベッドで仰向けに寝転がる。

俺は、ボタンの外れたワイシャツに手をかけた。



33: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:39:22.99 ID:wkJN5RX1O

「ふぁ……はぁっ、んぅっ!」

覆い被さった身体の下で、静香は声を高めながら小さく跳ねた。

「まだ下着の上から弄ってるだけだぞ?」

「ぷ、ぷろでゅーさーの触り方が、エッチだからぁ……」

反抗的な言葉を投げかけるが、ちいさな口から涎を垂らし、水色の下着が愛液を染み込まれて、全身を汗に塗れさせる彼女の態度はすっかり従順なものだった。

「はいはい……じゃ、脱がすぞ。」

唯一残っていた下着に手をかけ、ゆっくりと引き下ろしていく。

……すごい熱だ。炎に手を当てているような熱さ。

そんな熱さの中には、ジュクジュクに煮込まれた可愛らしい貝肉が。

うっすら生えた毛は液に浸され、立つことを諦めたように萎れている。



34: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:40:01.60 ID:wkJN5RX1O

「久しぶりだったので、ちょっと感じすぎて……」

静香は顔を逸らして言い訳をこぼす。

それを追うように顔を近づけて、彼女の唇に自身の唇を重ねる。

「んっ……はぁ。」

軽く舐め回して口を離すと、彼女と目があった。

蕩けきった女の目。

しかしその中心で青い光が、決して失われることなく照り輝いている。

「……綺麗になったな、静香。」

ふと心に浮かんだことが、ポッと口から飛び出す。

静香は少し目を見開いたあと、柔和な笑みで言葉を返した。

「……貴方のおかげです、プロデューサー。」



35: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:40:27.24 ID:wkJN5RX1O

あぁ、この笑顔なのだ。

この笑顔に、甘えて、蕩けて、愛されて……

そして今日もまた、包み込まれるのだ。




36: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:41:21.36 ID:wkJN5RX1O

「……ふふっ。プロデューサーのそこも、すっかり準備万端って感じですね。」

静香に言われて、下半身へと意識が寄る。

いきり立った怒張は肉を求めて涎をたっぷり零している。

それを自覚してしまえばもう我慢の仕様もない。

「……挿入れるぞ。」

亀頭を下の唇に当てながら、静香に言い放つ。

「来てください、プロデューサぁっ……」

彼女の言葉端を掴んで、ゆっくりと肉棒を差し入れた。



37: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:42:41.34 ID:wkJN5RX1O

「んっ……はぁ、ふぅっ……」

相変わらず締まりのいい膣内だ。

押し出すでもなく、引き入れるでもなく、ただ決して離さないと言うように強く包み込まれる。

竿を半分ほど挿入れたのち、再び引き戻していく。

「あっ、あぁっ……」

雁首が詰まった愛液を掠め取りながら、手前のヒダと擦れ合わされる。

もう一度押し込み、引き出して、押し込み……

潤滑油を頼りに膣口を素早く責めていく。

「あぁ……はぁっ……」

断続的に息を吐きながら、時々音を奏でる彼女の喉。



38: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:45:07.05 ID:wkJN5RX1O

下の口からも粘液の捏ねられる音が聞こえ始める。

その和音を更に響かせようと、大きく腰を打ち付けた。

「ひゃぁんっ!」

高い声が湿り気を帯びて彼女の奥から飛び出す。

そのまま激しく奥を突いていき、鈴口と子宮口を何度も何度もキスさせる。

一度外れた枷は戻ることなく、声はどんどん高く上がっていく。

「あっ、はあぁぁっ!おくっ、きてぇっ、ぁめぇっ!」

二人分の吐息が白く混ぜ合わされ、ますます身体を熱くさせる。

開かれた彼女の膣は、それでも肉棒をキツく咥えながら、ウネリの不連続な刺激を与え続ける。

まるで膣内が別の意思を持って、戯れの中で搾精しているようだ。



39: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:45:51.58 ID:wkJN5RX1O

「はっ、ひぅっ!あっ、もんじゃっ、やぁっ!ひゃうっ!」

開発された双丘に手をやると、膣はより一層締まりを強めた。

腺を揉むのも忘れて柔らかなその椀型を崩していく。

乳首に触れるたび彼女の声は高くなって、快感を喉から放出しているようだ。

「やっ、あっ、あぁっ、もっとっ、もっとぉ!」

本能で快楽を求め、涎に濡れた声を上げる彼女。

乱暴な責めの中で快感に浸かる静香に、何もかもをぶつけてみたくなる。

欲望も、感情も、自分という全てを、期待してみたくなる。




40: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:46:35.58 ID:wkJN5RX1O

「んぁっ、わっ、わたしっ、もうっ!」

静香は限界を伝えるが、俺も限界が近い。

「ぐぅっ……おれもっ……」

一際大きく腰を振り、奥へ思いっきり怒張を叩きつけた。

「ぷろっ、でゅーさーっ……はぁぁぁぁぁんっっっ!!!」

そして彼女の奥へ勢いよく吐精する。

同時に彼女の背中も反れて、引き締まった腹が光に晒された。

刺激に溜められた精は、その熱さで彼女を更に感じさせていく。

「ふあぁっ……はっ、はぁっ……」

落ち着いた彼女から肉棒を取り出すと、グポンッという音と共に、粘液に絡み付かれた半勃ちのソレが顔を出した。

静香の陰唇では、両者の白い液体がぐちゃぐちゃに混ぜられて、何とも艶やかな様子である。




41: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:47:37.16 ID:wkJN5RX1O

「……もう。何ぼーっとしてるんです……か!」

「うぉわっ!」

後ろに押し倒され、今度はこちらが仰向けになる。

静香は俺の上に馬乗りになって、その魅力的な貝を肉棒に擦り付けた。

「ほーら、まだまだ出来ますよね?」

ネチョ、ネチョ……と粘液の音が耳に響き、その刺激が再び肉棒へと血液を集めていく。

一分とせずに再び怒張は立ち上がって、準備万端という風に体液を一つ零した。

「ふふっ、やっぱり。じゃあ早速……」

静香は一旦腰を上げて、鈴口と唇をキスさせる。

そして腰を下ろして、怒張をヌチャリと咥えていく。




42: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:48:37.27 ID:wkJN5RX1O

「あっ……はいっ、てっ……きたっ!」

温かい肉にどんどん埋まっていく感触。

肉棒がすっぽりと彼女によって覆われると、静香は顔を下ろして唇を重ねてきた。

「んっ、んむっ……ふふっ、顔がトロトロになってますよ?」

そう言うと、反論を許さないように再び口を付ける。

ジュルッ、レロォッと唾液がどんどん吸われ、彼女なりの陵辱に身を任せていく。



43: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:49:21.44 ID:wkJN5RX1O

「んちゅっ、ぢゅぅっ……ふぅっ。それじゃあ、動かします、ねっ!」

愛を散々に吸い込まされた後、すぐに下の方へ意識を向けさせられた。

膣壁に亀頭が擦り付き、スローな挿入にも焦らしのような責めを感じる。

彼女の口でしっかり締められた竿に上下する感覚が走る。

「んっ、んぅぅっ!ふぁっ、あっ、ぁあんっ!」

必死に腰を動かしてこちらの快感を高めようとする静香。

しかし彼女自身が快感に耐え切れず、汗を散らしながら肉棒の味を飲み込んでいる様子だ。



44: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:50:07.76 ID:wkJN5RX1O

とうとう我慢できなくなり、彼女の太腿を抑えて奥へと突き込んだ。

「はぁぁぁんっ!あっ、あっ、はぁっ……」

静香は身を震わせて軽い絶頂に至る。

その隙に上体を起こし、静香の背中に腕を回した。

「……プロデューサー……」

蕩けた様子の彼女に、そっと囁きかける。

「……静香を見ながらしたい。駄目か?」

「あ……はい……」

静香も首へ腕を回す。

俺はゆっくりと彼女の体を下ろしていった。

奥に亀頭が当たると、そのまま彼女に軽く唇を重ねる。



45: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:51:09.74 ID:wkJN5RX1O

すっかり密着してしまう二人。

心臓も、肺も、脳も、性器も……全てが曝け出されて、全てを見てしまって。

まるで、静香の中に溶かされて、静香を溶かしているように。


気付けば腰は動き始めていて、緩やかに彼女の膣を擦り上げていた。

静香の腰も、呼応するように前後へ動いている。



46: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:52:14.98 ID:wkJN5RX1O

静香は唇を離して問い掛けた。

「……ふふっ、もう動いていいですか?」

「……ああ。」

にこやかな静香の笑み。

それを貪るように今度は激しく口内を責め立てる。

「んむぅっ!……ちゅぅっ、ひゃぅっ、ぁむぅっ……」

腕を柔らかな尻まで下ろして、少しだけ身体を持ち上げる。

嬌声を上げながらも彼女は腰を動かして、奥の壁へ亀頭を擦り付けていく。

滑りを出しながら強くなる膣圧に、こちらの快感も高められる。

「ひゃむっ……あっ、はぅっ……」

唇を離して、首元に吸い付く。



47: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:53:39.66 ID:wkJN5RX1O

汗の味がするそこをペロリと舐めると、瞬間的に膣の締まりが良くなる。

「静香、ここ好きだろ……ちゅうっ……」

「ふぁぁっ……あぁぁっ!そこもぉっ……」

首を責めながら、挟まれた胸へ手を伸ばす。

すっかり立ち切った彼女の果実は、触れるだけで大きな快感を与えた。

コリコリと弄りながら、全体を大きく揉みしごく。

怒張はますます締め付けられ、静香の動きも大きくなり始める。

今にも管を登ってきそうなのを我慢して、静香の体を責め立てた。



48: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:54:27.52 ID:wkJN5RX1O

「ひゃぁっ!あっ、ぁうぅっ、んっ、プロデューサーっ!」

静香は声を上げて、強く足を背中に回した。

手を再び背中の下に巻きつけ、上下に動く彼女を支える。

固い締まりの中で動き続ける怒張は、その奥の方から必死に精を吐き出そうとする。

「はぁぁっ……しずかっ、そろそろっ……」

「きっ、きてっ!おくにっ、あなたのぉっ、あっ、はぁぁぁっ!」

上がっていく彼女を捉えるように、露出された舌に舌を混ぜ合わせる。

静香はそのまま口を重ねてきて、二人が繋がった瞬間――



49: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:55:08.04 ID:wkJN5RX1O

「んぅぅぅぅぅぅぅッッッッ!!!」

逃げ場のない精が、彼女の子宮口へ送り込まれていく。

静香の体を掴む力も強くなり、密着感が更に高まる。

静香の温度、静香の音、静香の色、静香の匂い……

何もかもが彼女に包まれたまま、射精は少しだけ長く続いた。



50: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:56:02.25 ID:wkJN5RX1O

「……んぁっ、はぁ、はぁ……ずいぶん出ましたね。」

どこか愛おしそうに、ヘソのあたりを撫で上げる彼女。

「……ま、動かすだけじゃないってことだろ……」

疲れて特に頭も働かず、適当なことを言って寄越す。

すると彼女は、良いことを聞いたという風に目を光らせた。

「じゃあ、まだ動き足りないってことですよね!」

「え?それは、そうかもしれないが……」

「だったら……」

未だ接続されている膣が、キュッと肉棒を締め上げた。

「……まだ、デキますよね?」

「………」

明日の朝、何も無かったよな……

そんなことを思い浮かべながら、静香の首へ腕を回した。




51: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:56:45.01 ID:wkJN5RX1O

翌朝、肌の違和感に目を覚ます。

見れば隣に眠る静香がこちらに抱きついていた。

これほどの少女に全てをぶつけていたのかと、自身の行為に呆れる。
……しかし、まぁ。

それが愛なら許してくれよと、何かに縋り付く自分を許してしまって。

結局また、成長する彼女に抱き付いて目を閉じるのだった。



52: ◆52Uhr.m9Eo 2019/06/15(土) 00:58:37.50 ID:wkJN5RX1O

お話は以上です
どうでしたかね……自分なりに静香とはこうありたい、みたいなものを言葉に落としたのですが
もし気に入っていただけたら幸いです


元スレ
SS速報R:【ミリマス】静かに浸って