SS速報VIP:男「もう嫌だ、こんな家…」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/19(金) 17:35:47.13 ID:wiH51TykO

ドンドン! ドンドンドン!

父「おい、男! 出て来い!」

男『...うるせぇなあ! 何だよ親父!』

父「お前! また学校に行かなかったらしいな!」

男『...それが何だっていうんだよ!』

父「何だじゃないだろ! 2年になってから殆ど引き篭もりっぱなしで! パパは泣いちゃったぞ!」

男『るせえ! 俺が引き篭もってるそもそもの原因は親父達だろうが!』

父「俺達だと!? 俺の、パパの何が不満なんだ!? 言ってみろ!」

男『それだよ! 今自分で答えを言っただろうが!』

父「何だ!? どういう事だ!?」

男『どういう事も何も...!』




タン,タン,タン...

??「お父さん、男は...」

父「ああ、大丈夫だよ、何とか呼び掛けには答えてくれている...」

父「このまま正面からぶつかっていけば、きっと応えてくれるさ。...パパ」

パパ「...うん。そうだね、お父さん...」キュッ






男『何で俺の両親はホモなんだよおぉぉぉぉぉ!!!』


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418978147




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:13:13.42 ID:AfUmCotj0

父「何だ? 両親である俺達が男なのが、そんなに嫌なのか?」

パパ「そんな、そんな事言う子になっちゃったなんて…」ヨヨヨ...

男『嫌だよ! 俺が、学校で何て呼ばれてるか知ってるか? 〝ホモ・サラブレッド〟だぞ!? ホモに育てられたってだけで、俺までホモ扱いだよ! おかげで、中学に上がってから2年間、ろくに友達も出来ない上に、いじめられる毎日だ!』

パパ「今のこのご時勢に、未だにそんな事言う子がいるなんて…!」

父「誰だ! そんな事言う奴は! 俺が直接出向いて…!」

男『やーめーろーよー! 絶対根本的な解決にはならないからそんな事しても!』

父「じゃあお前はこのままずっとこうして引き篭もっているのか? それでいいのかお前は!?」

パパ「男…」

シ--ン...

ガチャ

男「...分かってる。このままじゃダメだって」

父「…男」ホッ

パパ「…男、お腹空いたよね? 夕飯を食べて、ちゃんと話し合いましょ」

男「…ああ、分かった」



ーリビング・食後ー

父「…さて。それで、男。いじめられていると言っていたな。具体的には、どんな事をされたんだ?」

男「…学校の中で、ホモ野郎とか、キモいから近寄るなとか、言われた…」

パパ「……」

男「それから、単純に友達が出来ないんだ。だから、相談する相手もいない」

父「先生方は?」

男「自分の生徒の両親がホモで、それが理由で虐められているとか特殊事例過ぎるだろ。流石に先生まで俺を虐めたりはしないし、むしろ周りの奴らを注意してくれてるけど、これ以上は難しいだろ」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:14:14.26 ID:AfUmCotj0

パパ「…男。やっぱり、お父さんとパパ、両親が男なのは嫌?」

男「正直かなり嫌だ」

パパ「…っ!」ガ-ン

父「男!」

男「いや、だって嫌かどうか訊かれたからつい…」

父「それにしても、言い方ってものが…!」

パパ「いい、いいのお父さん…」

父「パパ…」

男「その、悪い…。でも、やっばり嫌なものは嫌なんだ」

父「…これが、反抗期ってやつか」

男「いや、反抗期とは違うだろ」

父「…男。そんなに俺達が男同士で愛し合っているのが気に入らないのか?」

男「気に入る気に入らないの問題じゃ…。いや、そういうものなのかな。うん、俺は気に入らない」

パパ「そんな…」

男「…俺、2人には感謝してるんだ」

父「感謝…?」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:15:11.14 ID:AfUmCotj0

男「元々孤児院で育てられていた俺を、2人は快く受け入れてくれて、ここまで育ててくれた」

パパ「男…」

男「今まで、本当の息子のように育ててくれて、俺も、2人を本当の親だと思ってる」

父「…」

男「だけど、だけどさっ…!」

ギュウ...!


男「…やっぱり、世間の目は厳しいよ。俺、〝ホモ・サラブレッド〟は嫌だよ…」

父「おと、こ…」

パパ「男、ごめんね、ごめんね…」シクシク



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:16:01.78 ID:AfUmCotj0

男「俺、小さい頃に訊いたよな。『何でウチはママがいなくて、パパが2人いるの?』、って」

父「…ああ。お前を引き取った直後。3歳位の時だったな」

男「そしたら、親父はなんて言ったか覚えてるか…?」

父「ああ、勿論だ…」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:17:05.47 ID:AfUmCotj0



















父「…ママがいて、パパが2人いないお家の方がおかしいんだ」
























11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:18:23.27 ID:AfUmCotj0

男「最低だよ!」バンッ!

パパ「うっ、うぅ…」シクシク

男「小さい子供に何をおかしな事吹き込んでるんだよ! おかげで、幼稚園の先生に、『みんなのお家はパパが一人しかいないんだってー。おかしいねー』って言って、形容し難い表情されたんだぞ!」

父「だが、俺達の常識では、あくまで俺達が普通。他の家庭がおかしいんだ」

男「そんな持論聞きたくねえよ!」

パパ「男、落ち着いて…」グスッ

男「父さんも父さんだよ!」

パパ「えっ!?」ビクッ

男「昔っから、授業参観の時とか、保護者会の時とか、いつも来てくれた。来てくれたのはいいんだけどさ!」

パパ「う、うん…」

男「他のお母さん方と、普通に『ママさんトーク』するの止めてくれよ!」

パパ「ど、どうして?」

男「他の家はみんなお母さんが来ている中、ウチだけ男親ってだけでも目立つのに、〝ウチも旦那が〟、とか…」ワナワナ...

父「お、おい、男?」

男「男なのに〝旦那が〟とか言うなよおぉぉぉ!」バンッ!

パパ「ひっ!」ビクッ!



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:19:31.48 ID:AfUmCotj0

男「お陰で、中学に上がる頃には、既に〝あの子とは友達になっちゃいけません指令〟が保護者からクラスメート中に発令されてたんだぞ…!」

男「おかげで、今までろくに友達すら出来てないんだ…」ガクッ...

パパ「ごめんね、ごめんね男…」オロオロ

父「…男。お前が辛い想いをしていたのはよく分かった。今まで、すまなかったな。今後は、表立った行動は控えよう」

男「…いや、分かってくれたならいいんだ。学校での問題は、自分で何とかする。どうしても駄目になったら、親父達にちゃんと相談するよ」

父「…ああ。頑張れよ」

パパ「男、パパ、応援するからね!」

男「ああ、ありがとう。だけど、まだ言っておきたい事がある」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:20:05.76 ID:AfUmCotj0

父「何だ? この際だ、思う存分腹を割って話して来い」

パパ「そうだよ、何でも言って。パパ達は、家族なんだから」

男「それじゃあ言うけどさ…。人の部屋を勝手に掃除するな、とかは言わないよ。俺じゃあ中々やらないだろうし、掃除してくれて助かってる。でも、でもさ…」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:20:51.70 ID:AfUmCotj0














男「人のエロ本とかAVを、勝手にゲイ物に替えないでくれ…!」


















15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:21:29.95 ID:AfUmCotj0

父「何っ!? ゲイ物は嫌なのか!?」

男「当たり前だあぁぁぁぁ!!」

パパ「そ、そうなの男?」

男「逆に何で俺がゲイ物のエロ本やAVが好きだと思ったの!?」

父「そりゃ、俺達の息子だし…」

パパ「そうだよねぇ…」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:22:37.24 ID:AfUmCotj0

男「やかましい! 分かるか!? 俺の大好きだったAV、『ドキッ! 女だらけの水上騎馬戦!-ポロリもあるよっ-』が、パッケージはそのままで、『ムキッ! 漢だらけの汗だく騎馬戦!-ボロリもあるぜっ-』に替えられてて、気付かずに観てしまったあの時の恐怖!」

パパ「そんな、ゲイ物が嫌いだなんて…」

父「俺達は、どこで教育を間違えたんだ…」

男「今だよね。今現在進行形で間違えまくってるよね」

男「…あのな。2人が男同士なのはもう仕方無いからいいよ。でも、俺は普通に女の子が好きなの! 男の裸なんか見たってなんとも…」




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:23:39.53 ID:AfUmCotj0

父「こンの馬っ鹿野郎!」カッ!

男「な、何だよ!」

父「女が好きだあ…? 俺はお前をそんなノンケに育てた覚えはねえぞ!!」ドンッ!

男「頼むからそこは普通にノンケに育てて欲しかった!」

パパ「小さい頃から、『あの男の子かっこいいねえ、カワイイねえ。男の子が一番だねえ』、って育ててたのに…」

男「その幼い頃からの洗脳に、どこか違和感を覚えてノンケに育った自分が今、誇らしくてたまらないんだ! ありがとう自分!」

父「この馬鹿息子が…! よりによって女が好きだと!? 中学に上がったってのに、好きな男の話の一つも聞かねえと思ったら…!」

パパ「お父さん、落ち着いて…!」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:24:18.85 ID:AfUmCotj0

父「…男、ちょっと来い。パパはリビングにいてくれ」ガタッ スタスタ

男「な、何だよ…」

父「いいから来い! 俺達の部屋だ」タン,タン,タン...

男「何なんだよ一体…」ガタン スタスタ...



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:25:12.53 ID:AfUmCotj0














パパ「…お父さん。やるのね、あの禁断の教育を…」フルフル...


















パパ「〝Last of Ass〟を……」グスッ





















21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:26:26.73 ID:AfUmCotj0
















アッ-------------------!!!!!!!!
















22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/20(土) 00:28:19.75 ID:AfUmCotj0

父「ハァ、ハァ…。男、いいな…」ギシッ...

男「………」ピクピク

父「俺達ホモこそが、正しいんだ。女なんかいらない。目を覚ませよ…」スタスタ...






















男「……」

男「………」

男「もう嫌だ、こんな家…」




















23: 1 2014/12/20(土) 00:33:16.81 ID:AfUmCotj0

これで、おしまいで御座ります。パッと思い付いたのをパッと書いただけなので、雑文となってしまったで御座ります。

読んでくださった方、レスくださった方、有難う御座いました。

次はもっと普通なSSを考察中ですので、そちらで会えたら喜ばしいで御座ります。

では、これにて御免


元スレ
SS速報VIP:男「もう嫌だ、こんな家…」