1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/27(木) 23:49:19 ID:9fJBb6iw




飛鳥『あれ?もしもし?聞こえてる?』

乃々「……はい…聞こえてますけど…」

飛鳥『よかった、間違い電話をかけてしまったかと思ったよ』

乃々「あの……間違い電話よりタチ悪いです……」

飛鳥『え?』

乃々「……今、何時か知ってますか…」

飛鳥『何時?』

乃々「……夜中の2時です…」

飛鳥『へー』

乃々「…………」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/27(木) 23:54:09 ID:9fJBb6iw

乃々「…あの……」

飛鳥『うん?どうしたんだい?』

乃々「…用件は何ですか……?」

飛鳥『用件?』

乃々「こんな時間に電話かけてくるなんて……急用があるんじゃないんですか…?」

飛鳥『えーと、』




飛鳥『別にないけど?』

乃々「…………」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 00:05:19 ID:Cl7n03S6

乃々「すみません、切っていいですか…」

飛鳥『え、どうして?』

乃々「逆に、この状況で切らない方がおかしいと思います……」

飛鳥『そんな……乃々はボクを見捨てるんだね…』

乃々「見捨てるも何も無いと思うんですけど……」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 00:15:57 ID:Cl7n03S6



乃々「…さっき、用件は無いって言ってましたけど……」

飛鳥『うん、確かに言ったね』

乃々「じゃあ、なんで電話してきたんですか…」

飛鳥『乃々は、用事がないとボクとは話したくないって言うのかい!?』

乃々「そうじゃありませんけど…」

飛鳥『そんな……ボクがそこまで嫌われていたなんて……』

乃々「…あの…聞いてください…」

飛鳥『わかった…お詫びとして、金輪際 乃々には近づかないと約束するよ……』

乃々「あうぅ……話が凄い方向に進んでるんですけど……」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 00:22:27 ID:Cl7n03S6

飛鳥『ボクのメールアドレスも全て削除しておいてくれ…』

乃々「いや、しませんけど……」

飛鳥『許してくれるのかい!?』

乃々「始めからそう言ってますけど…」

飛鳥『ありがとう!ありがとう乃々!!』

飛鳥『お礼に、今度手羽先もっていくよ!』

乃々「…………」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 00:33:22 ID:Cl7n03S6

飛鳥『あれ?ドングリの方が良かったかな?』

乃々「いりません……」

飛鳥『まあ、そう遠慮しないで』

乃々「遠慮なんてしてないんですけど…」

飛鳥『…と言いつつ?』

乃々「……何ですか……深夜テンションですか…」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 00:46:03 ID:Cl7n03S6

飛鳥『ブラックコーヒーを飲みすぎてね……』

乃々「………」


飛鳥『眠れないんだ』

乃々「……知りませんよ…」


飛鳥『ボクがどうなってもいいっていうのかい!?』

乃々「飛鳥さんこそ、もりくぼはどうなってもいいと思ってますよね……」

飛鳥『ボクの大切な友達に、そんなこと思うはずないじゃないか』

乃々「……大切な友達を深夜2時に起こすんですね」


飛鳥『……君の声が…聞きたかったんだ…』

乃々「どんなセリフでも深夜2時に起こされて聞けば、ゴミみたいです」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 00:50:34 ID:Cl7n03S6



飛鳥『そういえばね、ボクはさっき一つ嘘をついたんだ』

乃々「…いきなりなんですか……」


飛鳥『…ボクが飲んでいたのは、実はブラックコーヒーじゃないんだ!』

乃々「……そうなんですか…」


飛鳥『実はコーヒー牛乳だったのさ!』

乃々「……はい…」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 09:07:33 ID:NBHg.wC.

飛鳥『あれ?驚かないね?』

乃々「…正直どうでもいいです……」

飛鳥『そっか…ボクのことなんかどうでもいいのか…』

乃々「もう何なんですか……」

飛鳥『そうだよね…ボクみたいな中二には近づきたくないよね…』

乃々「さっきもこんなやり取りした気がします……」

飛鳥『でも、ボクだって誰かと話したくなるときがあるんだ……!』

乃々「時間帯考えてください」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 15:35:06 ID:NBHg.wC.



飛鳥『もう外は真っ暗だね』

乃々「…2時ですからね……」

飛鳥『そう…これこそ漆黒の闇……ってやつなのかな』

乃々「……そうなんじゃないんですか…わかりませんけど……」

飛鳥『この漆黒をテーマに、ポエムをつくってみてもいいんだよ?』

乃々「…全力でお断りしますけど……」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 21:07:30 ID:NBHg.wC.

飛鳥『諦めるな!』

乃々「えぇ……」

飛鳥『やればできる!!』

乃々「まず、やりたくないんですけど……」

飛鳥『やる前から諦めるな!絶対できる!』

乃々「もう…何なんですか……ほんと何なんですか…………」

飛鳥『頑張れ頑張れ諦めるな頑張れ!!』

乃々「…………」

飛鳥『頑張れ頑張れ絶対できる頑張れ!!』

乃々「……………………」


飛鳥『応援を聞いてやる気はでたかな?』

乃々「申し訳ないですけど、後半はトイレに行ってて聞いてませんでした」

飛鳥『それは残念だね』

乃々「そうですね」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 21:13:12 ID:NBHg.wC.




乃々「あの」

飛鳥『うん?やっぱりポエム作る気になったのかい?』

乃々「違いますけど」

飛鳥『そうか…残念だよ』

乃々「今日、寝たの12時過ぎなんです」

飛鳥『となると……14時間も寝てたってことかい!?』

乃々「夜中の12時です」

飛鳥『ああ…そっちか。驚いたよ』

乃々「普通わかると思います」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 21:19:46 ID:NBHg.wC.

飛鳥『それじゃあ、2時間しか寝てないのかい!?』

乃々「はい。そうなりますね」

飛鳥『アイドルなのに…夜更かしはいけないよ?』

乃々「………………………………」

飛鳥『あれ?乃々ー、どうしたんだい?』

乃々「…………いえ、何でもないです…」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 21:32:22 ID:NBHg.wC.



乃々「…それで、明日は4時起きなんです」

飛鳥『おや、それはやけに早いね?』

乃々「地方ロケです」

飛鳥『ああ、納得したよ。移動時間がかかるからね』


乃々「ただでさえ4時間だったんです」

飛鳥『うん、短いね……ボクなら耐えられないよ』

乃々「まさか2時間で起こされるとは、思ってもいませんでした」

飛鳥『人生はアドリブだらけだからね』

乃々「頭がガンガンしてます」

飛鳥『それは仕事に支障が出てしまうよ。大丈夫かい?』

乃々「今から寝れば大丈夫だと思います」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 21:43:17 ID:NBHg.wC.

飛鳥『……やっぱり、ボクを見捨てるんだね…』

乃々「はい、おやすみなさい」

飛鳥『え、ま、まって!待ってよ乃々!待ってください!!』

乃々「なんですか……もう待ちたくないんですけど…」

飛鳥『最後に!最後にひとつ伝えたいことがあるんだ!』

乃々「…………」


飛鳥『乃々ともっと仲良くなりたいって、前から思ってたんだ』

飛鳥『…空回りしちゃったけどね』

乃々「……」

飛鳥『そして、ボクは思い付いた』

飛鳥『…あだ名で呼び会えば、さらに仲を深められる!』

乃々「あだ名……」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 21:49:50 ID:NBHg.wC.

飛鳥『乃々のあだ名……聞いてもらえるかな…?』

乃々「……聞くだけなら…」

飛鳥『ありがとう。それじゃあ、もっと仲良くなりたいっていう気持ちもこめて、呼ばせてもらうね』

乃々「…………」



飛鳥『これからも宜しく』







飛鳥『引きこもり久保』

乃々「」ブツッ



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/28(金) 22:08:09 ID:NBHg.wC.




飛鳥「……」ツー…ツー…


飛鳥「…………」






飛鳥「『手羽先』の方が良かったのかな?」








元スレ
SS深夜VIP:二宮飛鳥『今暇かい?』森久保乃々「……」