4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 08:12:35.22 ID:STIuBm3q0

【亜美とオナニー】

亜美「兄ちゃん兄ちゃん」

P「お、なんだ亜美」

亜美「ちょっと聞きたいんだけどさー」

P「おう、なんでも聞いてくれ」

亜美「オナニーって何?」

P「……」

亜美「ねーねー、オナニーってなんのことなのさ!」

P「あ、あのね、亜美……」

亜美「もしかして兄ちゃんもオナニーってなにか知らないんでしょー」

P「そうじゃなくてだな……」

亜美「オナニー!オナニー!なんなのオナニー!」

P「とりあえず、その言葉を大声で言うのをやめなさい」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 08:22:49.14 ID:STIuBm3q0

亜美「えーっ」

P「亜美はどこでそんなこと聞いたんだ?」

亜美「学校で男子たちが言ってたんだYO!」

亜美「マジ気持ちいーとか話してるから気になってさー」

P「そ、そうか……なぁ中1だしな……オスガキどもめ……」

亜美「でさでさ、亜美にオナニー教えてほしいな!」

亜美「気持ちいいんでしょ?やってみたーい!」

P「困ったな……」

P「いきなり答えづらい質問だな……」

亜美「ねーねー、おーしーえーてーよー」ツンツン

P「仕方ない……」

P「いいか亜美、まずオナニーってのはな、エッチなことなんだ」

P「だから女の子が簡単に口にしていい言葉じゃないんだよ?」

亜美「えっ?オナニーってエッチなことなの?」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 08:35:37.80 ID:STIuBm3q0

P「そうだ、ホントは男の俺がこんなこと教えていいのか分からんが」

P「変なことになる前に教えておいてやらんと逆に怖いからな」

亜美「ど、どうしよう……亜美エッチなことなんて全然分からないよ……」

P「亜美、おしっこした後ちゃんと拭いてるか?」

亜美「に、兄ちゃん変態だYO!女の子にそんなこと聞くなんて!」

P「いや、オナニーについて聞きたいんだろう?」

亜美「それが何か関係あるの?」

P「んー、まぁあるというか無いというか」

P「で、おしっこを拭いた時にさ、ピクッってなることないか?」

亜美「あー、あるある!たまーにだけどなるよ!」

亜美「あれってなんなんだろうね……」

P「そう、女の子はね、おまたを刺激されるとピクッってなるんだよ」

亜美「そうなんだ……兄ちゃん詳しいね!」

P「亜美はピクッってなったときどうだった?」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 08:41:15.40 ID:STIuBm3q0

亜美「んー、別に何ともなかったかなー」

亜美「変なのーって思ったけど、そのままおトイレ出ちゃうよー」

P「そっか、で、ここからが本題なんだが……」

P「そのおまたを刺激してピクッってなるのがオナニーなんだよ」

亜美「へぇ……じゃあ亜美も今までオナニーしてたってこと?」

亜美「でも男の子たちはがオナニーが気持ちいいって言ってたけど、全然気持ちよくなかったYO!」

P「それはちゃんと時間をかけてやらないからだよ」

亜美「ふーん」

P「さすがに俺がやってあげると逮捕されちゃうからな」

P「とりあえず簡単なところから教えてやるか」

亜美「教えて教えて!」

P「エッチなことだけどいいのか?」

亜美「うん……だって兄ちゃんじゃないとこんなこと聞けないし……///」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 08:48:46.26 ID:STIuBm3q0

P「よし、それじゃ今日の夜、寝る前に試してみろ」

P「仰向けになって深呼吸をするんだ、それで落ち着いたら……」

P「ゆっくり、優しくおまたを指で擦ってみるんだ」

亜美「ふんふん」

P「パンツの上からでいいから、すこし膨らんでるところを念入りに」

P「指先で擦ったり、指で挟んで擦ったり、いろいろ試してみたらいい」

亜美「なるほど……おまたいじるってやっぱりエッチだね……///」

P「そうしているうちに、なんか不思議な感じがしてくるから」

P「だんだんドキドキしてきて、それで、少しずつ気持ちよくなってくるはずさ」

亜美「へ、へぇ……///」

P「あせって強く擦っちゃうと痛いから気を付けるんだぞ」

P「少しずついろんなところを撫でてみろ、トイレでピクッってなったところがあるはずだ」

P「気持ちいいかなーって感じてきたらそこを中心にいじってみるんだ」

亜美「なるほど……///」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 08:52:42.50 ID:STIuBm3q0

P「まぁオナニーのやり方なんて人それぞれだし俺が教えられるのはここまでかな」

P「夜にでも試してみたらいいさ」

亜美「うん!ありがと兄ちゃん!」

P「あと、これは本当にエッチなことなんだから外でしちゃダメだぞ?」

P「それと事務所や学校、仕事場でオナニーなんて絶対にいわないこと」

亜美「分かったYO!亜美は口が辛いから大丈夫っしょ→!」

P「口が堅い、な」

P「もし俺が教えたなんてばれたら律子に殺されてしまう」

亜美「ひぇぇ、りっちゃん怖いねー」

P「それじゃ、もうすぐ夕方になっちゃうからそろそろ送ってくよ」

亜美「うん、ありがと兄ちゃん!」

亜美「亜美、オナニーやってみるね!」

P「だー!だからオナニーなんて言うんじゃありません!」

----------

--------------------



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 08:58:53.60 ID:STIuBm3q0

亜美「ふー、お風呂入ったしあったかいうちにお布団入ろー」

亜美「オナニー……してみよっかな……」ドキドキ

亜美「とりあえず深呼吸深呼吸……」スーハースーハー

亜美「こ、こんな感じでいいのかな……」

亜美「それじゃ……ちょっとだけ……」コシュコシュ

亜美「たしか兄ちゃんがゆっくり優しくって……」コシュコシュ

亜美「……」コシュコシュ

亜美「……」コシュコシュ

亜美「んふ……な、なんか変な感じ……///」コシュコシュ

亜美「ん……勝手に声が出ちゃうよ……なんなんだろう……///」コシュコシュ

亜美「あっ……少し……気持ちいい……かも……///」コシュコシュ

亜美「うん……ん……お腹とお尻がふわってする……///」コシュコシュ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 09:07:57.85 ID:STIuBm3q0

亜美「そ、そうだ……兄ちゃんが言ってたピクッってするところ……」コシュコシュ

亜美「ここかな……あああっ……///」ピク

亜美「す、すごい……今体がピクッってした……///」

亜美「も、もう1回……んあっ……///」ピクッ

亜美「な、なんなのこれ……ここいじると頭が白くなって……///」コシュコシュ

亜美「それにとっても気持ちいいよぉ……///」コシュコシュ

亜美「もっと気持ち……よく……///」コシュコシュ

亜美「んっ……あっ……」コシュコシュ

--------------------

----------

亜美「兄ちゃん兄ちゃん!」

P「おう、亜美、おはよう」

亜美「兄ちゃんに教えてもらったオナニーってすごく気持ちいいいNE!」

律子「!!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 09:11:03.77 ID:STIuBm3q0

亜美「兄ちゃんに教えてもらったとおりやってみたんだけどさー」

亜美「途中から頭の中真っ白になっちゃったよー」

P「へ、へぇ……(ヤバイ!律子のやつ……)」

律子「……」ギロッ

亜美「でねでね、もう1つ聞きたいんだけどさー」

亜美「オナニーしたらおまたがベトベトしちゃったんだけど、これって何かなぁ」

P「あ、亜美、その話はまたあとで……」

律子「プロデューサー?」ギロリ

P「り、律子!?」

律子「ちょっといいですか?」

P「う、うん……なんだい?」

律子「会議室へ」

P「こ、ココじゃダメかな?」

律子「会議室へ」

P「……はい……」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 09:14:34.73 ID:STIuBm3q0

----------

律子「!!!!!!」ガミガミ

律子「!!!!!!」ガミガミ

P「すみません……いや、俺は何もしてなくて、ホント、ちょっと教えただけっていうか」

律子「!!!!!!」ガミガミ

P「はい……ごめんなさい……どうか通報だけは……」

律子「!!!!!!」ガミガミ

P「もうしません……」

----------

亜美「兄ちゃん大変だったねー」

P「亜美、人前でオナニーって言っちゃダメって言ったでしょ」

亜美「ご、ごめん兄ちゃん」

亜美「亜美あんな風に気持ちよくなったの初めてだったからさー」

亜美「つい!うっかり!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 09:18:47.76 ID:STIuBm3q0

P「はぁ……とりあえずもう言っちゃダメだからな」

亜美「うん!」

P「ホントに分かってるのかな……」

亜美「でさでさ、もう1つ聞きたいんだけどさー」

P「なんだ?」

亜美「男の人はどうやってオナニーするの?」

P「何もわかってねええええええ!」

亜美「男の人でもできるんでしょ?教えて教えて!」

P「ダメダメダメ!絶対にダメ!」

亜美「いーじゃんいーじゃん、こうなったらヤケだよ!」

P「今度こそ律子に殺されるからダメー!」

亜美「兄ちゃんのケチー!」





終わり


元スレ
P「アイドルの質問に答えよう」