SS速報VIP:P「Warp」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:38:23.59 ID:BJNTEmrI0


P「……」カタカタ
小鳥「……」カタカタ

 閑散とした事務所に、打鍵音だけが響く。
日が傾き、赤くなる少し前。

P「……」カタカタ
小鳥「…………あ」カタ

P「? どうかしました」カタカタ

小鳥「……パソコン、止まっちゃいました。あー、私の一時間を返して~」

P「いい加減、新しいPC買ってもらいましょうよ」

小鳥「まだこの子は戦えるんですぅ!
   事務所移転したら新しくなっちゃうんだから、それまで使い倒してやらないと」

P「で、今日も残業っと」

小鳥「そこは、ほら、優しいプロデューサーさんが
   『仕方ないな小鳥、付き合ってやるよ。夜までな』
   的な!」

P「妄想するのは勝手ですけど、自分を巻き込まないでください。今日は定時で上がります」

小鳥「あ、最近美味しい海鮮料理のあるお店見つけたんですよ~。日本酒も種類があって~」

P「……仕方ないな」

小鳥「小鳥って呼んで! 小鳥って!」

P「やめろ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370864303




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:39:23.71 ID:BJNTEmrI0


小鳥「……経費精算はすぐ出してくださいねって言ってるのに、月末に出す人のせいですよ、ね」

P「…………悪い人間が居たもんですね!」

小鳥「開き直った!」

 必要な物をほぼ全て移転先に移した事務所は、二人の声だけが響く。

小鳥「……明日でこの事務所ともお別れですね」

P「……さみしい、ですか?」

小鳥「はい。すこし。
   みんなで過ごした場所ですから」

P「そうですね。……色々ありましたからね」

 空を見る。ガラスにはもう「765」のテープはない。

P「まあ、人も増えたし、ここじゃもう手狭でしたからね。
  所属アイドルだけでも3倍近く増えたのに、設備は何も変わってなかったですから」

小鳥「みんなにはいい環境でレッスンして欲しいですからね。
   いい事務所、いいレッスン場、いいトレーナさん。そしていいプロデューサーさん。ね」

P「……3人が限界です」

小鳥「なっ! 9人同時プロデュースを成し遂げたアイドルマスターがそんな弱音を!」

P「若かったんですよ自分も。全員の面倒はみれてもプロデュースは出来ないですよ」

小鳥「若か、若かった? 若かった?! 過去形!?」

P(あ、地雷踏んだ)

小鳥「…………………………お茶、入れます?」

P「お願いします」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:40:49.52 ID:BJNTEmrI0


 温められた急須からお茶が注がれ、湯呑が湿った音を立てる。
狭い事務所で、その音はよく響いた。

小鳥「はい、どうぞ」

P「ありがとうございます」

小鳥「ふふ。雪歩ちゃんみたいに上手には入れられませんけど」

P「いえいえ。……雪歩も今年で二十歳か」

小鳥「はたちかー。お酒が飲める子が増えてきましたねー」

P「雪歩は弱そうですけどね。響と貴音は強そうかな」

小鳥「響ちゃんと貴音ちゃんには同意しますけど……。
   わかってない、わかってないですねぇ」

P「何がですか?」

小鳥「雪歩ちゃんはお酒強いと思いますよ」

P「妄想は一人で」

小鳥「はい。
   元気でしたか? 雪歩ちゃん」

P「変わらず元気でしたよ。もう穴も掘りませんしね」

小鳥「いいな~、会いたいな~……なんでプロデューサーが増えても事務員が増えないんですかね?」

P「……社長に言っておきます」




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:41:38.55 ID:BJNTEmrI0


小鳥「忙しくてみんなとゆっくりお茶も出来ないですよ~。あ、プロデューサーさん」

P「なんです?」

小鳥「春香ちゃんとは連絡とってますか?」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:42:12.58 ID:BJNTEmrI0




「プロデューサーさんっ。これからも、ずっと私といてください! お別れなんてイヤです!」






6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:43:28.46 ID:BJNTEmrI0


 チクンと、胸に何かが刺さった気がした。

P「……ええ。たまにメールしてますよ」

小鳥「そう、ですか。最近は……」ピリリ

小鳥「あら、電話。はい音無です」

 空を見る。ガラスにはもう「765」のテープはない。
765プロのメンバーも、あの時のメンバーではない。




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:44:12.56 ID:BJNTEmrI0




 春香は、あの日から、俺の手を離れた。
その選択が良かったのか、今の俺には分からない。






8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:45:56.36 ID:BJNTEmrI0


小鳥「え? 春香ちゃん?!」

P「!」

小鳥「うん、久しぶり! うん……うん、そうなの事務所移転するって、あ、もう聞いてたのね。
   誰から? 真ちゃんからか~。うん……ええ居るわよ。私とプロデューサーさんだけ」

小鳥「うん明日から……ええ、ちょっと待ってね。
   プロデューサーさん、すいませんちょっと外出てきますね」

P「え? ああ、はい」

 控えめな音が鳴り、アルミサッシの扉が閉まると、事務所は静寂に包まれる。

P「…………」

P「……」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:47:27.46 ID:BJNTEmrI0


 外に出ると、高かった日がもう落ちかけているのがわかる。
空はその色を変える一歩手前。

小鳥「ええ、直ぐには帰らないと思うわよ。私もプロデューサーさんも
   ……悲しいことに」

小鳥「なあに改まっちゃって。え? ……うんいいわよ」

小鳥「……そう。頑張ってね春香ちゃん。
   うん、またね。」

 横を駆ける車に、髪をさらわれる。
耳には、決意に満ちた声が、その響きが残っている。

 話したいことはたくさんあった。聞きたいこともたくさんあった。
でも、聞くのは野暮だと思った。

小鳥「……頑張ってね、春香ちゃん」

 笑顔のような太陽に祈る。
進む少女に、幸あれ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:48:18.81 ID:BJNTEmrI0


 一人にされた事務所。
秒針の足音だけが響く。

 スリープ状態になったパソコンのランプが赤く光る。
なんとなく、その赤いランプを眺める。

 聞こえるのは時計の音、シークの音。




 ガチャリ。
錆び付いたドアノブを開ける、鍵を開けるような音。

 キィッ。
油の注していない蝶番が悲鳴をあげる、扉を開く音。




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:49:00.43 ID:BJNTEmrI0




春香「天海春香、ただいま戻りました~」






12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:49:27.11 ID:BJNTEmrI0


 昔と変わらない笑顔が、そこにあった。
何かのスイッチが入る音がした。

P「お帰り、春香」

春香「……え~、プロデューサーさん何か普通過ぎません?」

P「それ、春香が言う?」

春香「特徴の話じゃありません! 元765プロトップアイドルが凱旋ですよ。凱旋!
   もっと感動的な迎え方とか~
   『綺麗になったな、春香(キラッ)』
   的な!」

P「……音無さんと言ってること変わらないぞ春香」

春香「乙女の妄想くらい叶えてくださいよ~」

P「乙女の夢を叶える仕事なもんで」

春香「……………………」

P「……………………」



P「……………………プッ」

春香「……ふふっ、変わらないですねプロデューサーさん」

P「失礼な、変わったさ。もうペーペーのPくんは居ないんだぞ。
  今春香の前に居るのは海千山千の敏腕プロデューサーさ!」

春香「だったら、変わってないですね。
   だって私は最初っから、そう思ってましたもん」




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:50:35.38 ID:BJNTEmrI0


P「……照れるな」

春香「じゃあプロデューサーさん! 私はどうですか? 変わりました?
   綺麗になったね。とか綺麗になったなとか。前より綺麗になったとか!」

P「変わらないな」

春香「即答! ぎぶみー考慮する時間!」

P「え? リボンが前と同じだろ?」

春香「本体はそこじゃありません! 叩きますよ!?」

P「お約束だが、殴ってから言うのは辞めよう。策の考じようがないじゃないか。
  あと鎖骨は地味に痛い」

春香「乙女の純情を弄ぶからですよ、もう」

 簡素な作りの事務椅子に腰掛ける。
小さな息遣いが聞こえた。

春香「事務所、変わっちゃうんですね」

P「ああ、所属アイドルも増えたし、これも、な」

春香「大仏様に祈ったんですか?」

P「あれはな、親指と人差し指で輪を作ってるんだ。有難いお話をなさる時の印なんだぞ
  ……遠まわしに俺が俗物だって言ってる?」

春香「そんなことないですよー」

P「もうセリフに括弧棒って書いちまえ。この演技派め」




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:51:30.73 ID:BJNTEmrI0


春香「それはもう、トップアイドルですから。
   今は何人プロデューサーしてるんですか?」

P「今は3人だよ。そろそろ軌道に乗ってきたかな」

春香「どんな子ですか?」

P「そりゃ皆いい子だよ。
  未来は元気だし、静香は仲間思いだし、星梨花は可愛いし」

春香「……なんか一人だけ形容の仕方が違う気がするんですけど~」

P「……愛玩?」

春香「それはそれでダウト!」

P「大丈夫だよ、春香もかわいいから」

春香「片手間に言われてる気がするんですけど!」

P「真剣に言って欲しいのか?」

春香「え?! あ、……あの、そういうのは……その、えっと」

P「冗談だ」

春香「………………プロデューサーさん」

P「……ごめんなさい」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:52:45.92 ID:BJNTEmrI0




「必要ですよぉ! ここまで来れたのも、全部プロデューサーさんのおかげですし、それに……」






16: あ、今更ですが。ドームEDネタバレあるんでまだプロデュースなさってない方は注意 2013/06/10(月) 20:54:16.92 ID:BJNTEmrI0


春香「……改めて見ると、事務所って広かったんですね」

P「ほとんど物がないからな。そりゃ広く見えるさ」

春香「そう、ですね。……うん。きっとそのせいです」

 逆光でよく見えないが、その横顔は少し、さみしげに見えた。

P「……そいえば春香は何しに来たんだ?」

春香「あ、そうでした! 忘れ物を取りに来たんです」

P「忘れ物?」

春香「はい、デビュー前のCDなんですけど、事務所に置きっぱなしだったみたいで」

P「……あるかな? 物はほとんど向こうにやっちゃったからな」

春香「一緒に探してくださいよぉ」

P「しょうがないな」

 体から椅子を離す。
肩の下から懐かしい微笑みが浮かぶ。

P「ほんとに、変わってないな」

春香「? どうかしました?」

P「なんでもないよ。じゃあ事務所を案内するか」

春香「……案内するほど広くないですよ?」

P「言ってくれるな」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:55:51.72 ID:BJNTEmrI0


P「ここが給湯室。ここにCDあるんじゃないか?」

春香「あったら私泣きますよ?!」

P「ほら、カラス避けとかさ」

春香「(´;ω;`)」

P「うわっ! 冗談だよ! 冗談!!」

春香「言っていい冗談と悪い冗談があります! 私の始まりのCDなんですよぉ!」

P「ごめんごめん!」

春香「……」

P「そ、そうだ! 最近旨い海鮮料理のある店見つけてな。日本酒も種類があってな!」

春香「………………ふふっ」

P「……この演技派め」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:58:27.86 ID:BJNTEmrI0


P「ここが社長室。とは名ばかりの会議室」

春香「半ばフリースペースとかしてましたもんね」

P「椅子がいいからだな」

春香「椅子がいいからですね」

P「ホントなら、ここにありそうなもんだけど、資料とかは全部移動しちゃったからな」

 棚に視線を移す。積み上げられていた資料はそこにはない。

春香「プロデューサーさん、こっちこっち!」

P「お、あったのか?」

春香「ぶー、違います。ここ、座ってください」

 社長用の椅子を示される。
そこに腰掛けると、少し偉くなった気分になる。

P「…………なんだ?」

春香「えへへ、そのままそのまま」

 座っている自分と、中腰の春香。目線がほぼ同じ位置。
翡翠のような視線に、魅入られたように動けない。

春香「………………」

P「………………」



春香「…………」

P「…………」



春香「……よし、ありがとうございました」

P「……どういたしました」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 20:59:26.96 ID:BJNTEmrI0


P「ここが、休憩所」

春香「……ソファー、前のままなんですね。ボロボロ」

P「……捨てるに捨てられなくてな。ボロボロでも」

 勢いよく腰掛けるとソファーがくぐもった声を上げる。
長いスカートがやわらかそうにゆれる。記憶より長い髪がなびく。

P「髪、伸ばしたんだな」

春香「ぶー、気づくの遅すぎます。直ぐに褒めてあげないとダメですよ?」

P「……でも外ハネは変わらないんだな」

春香「褒めてないです!」

P「……私服のセンスはちょっと良くなったな。シャツの色は変わってないけど」

春香「……プロデューサーさんの辞書に褒めるって言葉はないんですね。
   作ってきたお菓子、あげません」

P「はるかわいい!」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:01:16.07 ID:BJNTEmrI0


P「ここが俺の城」

春香「ちっちゃいお城ですね」

P「即答ですね春香さん。早くクッキーをください」

春香「……」

P「いいにおいだなー。春香が俺のために作ってきてくれたクッキーだからおいしいんだろうなー」

春香「……」

P「……」

春香「……お手」

P「……わん」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:01:47.79 ID:BJNTEmrI0




「も、もし、よかったら……私のこと、今より、もっと近いところに、置いてほしいなって」







22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:02:19.42 ID:BJNTEmrI0


 鼻の奥を、少し粉っぽい匂いでくすぐられる。
市販ではなく、手作りのやさしい匂いに思わず溜息がもれる

P「はぁ、懐かしい匂いだな」

春香「甘いもの好きでしたよね?」

P「きらいなわけないだろ」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:04:21.72 ID:BJNTEmrI0




「全然、ヤバくないです! だって、これって自然に湧いてきた気持ちだしっ!」






24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:04:52.43 ID:BJNTEmrI0


 夕色に染まった日が、昔の記憶を運んでくる。
遮るものの少なくなった事務所が、時間を、距離を縮める。

春香「……昔に戻ったみたいですね」

P「…………そうだな」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:05:42.23 ID:BJNTEmrI0




「それぐらい……プロデューサーさんのそばにいたいんです……」






26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:06:13.79 ID:BJNTEmrI0


 軽風が通り過ぎる。
ごちゃ混ぜの気持ちが対流して、離れ離れになった。

春香「プロデューサーさん……」




27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:07:07.12 ID:BJNTEmrI0




「え、どうしてです? わ、私じゃ……ダメってことですか?」






28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:08:06.12 ID:BJNTEmrI0


 桜の舞うような凱風。
もしかしたら

春香「プロデューサーさん」




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:09:11.73 ID:BJNTEmrI0




「いつか、アイドルを辞めたら、戻ってきても、いいですか?」






30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:09:47.42 ID:BJNTEmrI0


 斜日が時間を止める。
忘れ物ってそれじゃないの?

春香「プロデューサーさんっ」




31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:10:18.79 ID:BJNTEmrI0




「はいっ! 今日まで……、今まで、本当にありがとうございましたっ!!」






32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:36:36.81 ID:BJNTEmrI0


P「春香」

春香「えっ! あ、ぷ、プロデューサーさんっ!」

P「春香。……お疲れ様」

春香「………………はい」

P「疲れたか」

春香「…………はい」

P「大変だったか」

春香「……はい」

P「……楽し、かったか?」

春香「はいっ!」

P「そっか」

春香「……プロデューサーさん、い、痛いです」

P「え? あ、ご、ごめん」

春香「……プロデューサーさん、泣いてるんですか」

P「泣いて、ないよ」

春香「泣いてますよ」

P「……春香だって」

春香「わ、私は笑ってるんです!」

P「そうだな。笑ってるよ」

春香「く、くすぐったいです」




33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:37:18.26 ID:BJNTEmrI0


P「春香のその顔、久々に見た気がするよ」

春香「プロデューサーさんのせいですよ」

P「泣き虫春香」

春香「いじわるプロデューサー」

P「頑張ったな」

春香「……プロデューサーさんのせいですよ」



春香「プロデューサーさん。あの、あの時の」

P「忘れ物、か」

春香「………………はい」

P「忘れてたつもりはないぞ」

春香「…………はい」

P「……」




34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:37:46.35 ID:BJNTEmrI0




「ああ。その時は、この話の続きをしよう。もし、気持ちが変わっていなければ」

「変わるわけないですっ。プロデューサーさんは、今も、そして、これからも……」






35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:38:13.49 ID:BJNTEmrI0




「私にとって、生涯ただひとりの、代わりのきかない人ですから」






36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:39:37.67 ID:BJNTEmrI0


 君さえよけりゃ あの時の答えを今言うよ

P「いっしょにいてほしい」




37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:40:12.20 ID:BJNTEmrI0




「ずっと いっしょにいてほしい」






38: ステルスッ! マーケティング!! 2013/06/10(月) 21:43:21.43 ID:BJNTEmrI0


 B'z 25th Anniversary BEST ALBUMは6月12日発売ですよ、発売!
……まあWarpは収録されてませんが。



元スレ
SS速報VIP:P「Warp」