1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:20:24.636 ID:vzSMX2Sv0.net

真美「と言うわけで頼むよやよいっち」

やよい「ドッキリってを何すればいいの?」

真美「う~んそれは......」

小鳥「真美ちゃんっ」

真美「どうしたのぴよちゃん」

小鳥「せっかくのドッキリだし笑える物が良いけど仲に溝が出来たら大変よね?」

真美「当たり前だyo!」

小鳥「だからいきなり事務所の子が迫ってきたら
とかドッキリってバラした後も笑い話に出来るものがいいと思うわ」

真美「それは一理ありますな。照れた顔も見れるかもしれないしNE!」

やよい「千早さんの照れた顔見てみたいかもー!頑張りますよ~」

小鳥「ぴよぴよ」



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:25:01.962 ID:vzSMX2Sv0.net

ガチャ

千早「ただいま戻りました」

真美「やよいっち出番だよ」ボソッ

やよい「うん!」ボソッ

やよい「ちはやさーんお帰りなさーい!」

千早「あら、高槻さん早いのね」

やよい「千早さんに会いたくて早く帰ってきちゃいました!」

千早「私も早く会いたかったわ高槻さん可愛いもの」

やよい「そんなことないですよ~えへへ///」



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:30:28.396 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「そう言えば春香にもらったクッキーがあるから一緒に食べましょう?」

やよい「うっうー!春香さんに貰ったのに私も貰っちゃって大丈夫なんでしょうか??」

千早「大丈夫よ、春香はそんなこと気にしないわ」

やよい「じゃあお言葉に甘えていただきまーす!千早さんソファーに座りましょう!」

千早「そんなに急がなくてもクッキーは逃げないわよ?」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:34:12.136 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「沢山あるから焦らないで食べるのよ?」

やよい「千早さんあーん」

千早「えったっ高槻さん!?」

やよい「えへへ///あーん」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:40:12.760 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「あ、あーん///」モグモグ

やよい「どうですか?(千早さん可愛いです~)」

千早「(高槻さんが自分からこんなことするなんて珍しいわねどうしたのかしら)はいどうぞ高槻さんあーんっ」

やよい「えっわ、私もですか??」



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:43:06.302 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「だ、ダメだったかしら」シュン

やよい「だ、ダメじゃ無いですよ!ちょっとビックリしただけです!」

千早「フフッ高槻さんからあーんしてきたのに?」

やよい「それもそうですね!あーん」ムシャムシャ

千早「(モグモグしてる高槻さん可愛い)」

やよい「」モグモグ



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:45:52.555 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「クッキーもなくなってしまったことだし私はそろそろ帰るわね」

やよい「あ、お疲れ様でしたー!!また明日も頑張りましょー!」

千早「ええ高槻さんもお疲れさま」

ガチャ

やよい「(千早さんの照れた顔可愛かったです~明日も頑張りますよ~!!)」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:49:51.114 ID:vzSMX2Sv0.net

千早家

千早「(今日の高槻さんも可愛かったわ、また明日も仲良くしてくれるかしら///)」

千早「ってもう寝ないといけないわね高槻さんおやすみなさい...フフッ」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:55:13.033 ID:vzSMX2Sv0.net

高槻家

やよい「(今日の千早さん可愛かったな~歌が上手くてカッコいいって思ってたけど照れ屋さんで可愛いところもあるなんて......明日が楽しみになってきましたよ~早く千早さんと話したいな///)」

かすみ「お姉ちゃん顔赤いけど熱あるの?大丈夫?」

やよい「ねっ熱なんて無いよ!!早く寝よ寝よ!!電気消すからね!!///」

かすみ「わっお姉ちゃんまってよ~っ」



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:03:09.621 ID:vzSMX2Sv0.net

事務所

千早「(高槻さんまだかしら...早く来すぎたのかしら...も、もしかして誘拐されてしまったのかしら!高槻さんの可愛さならあり得るわ!!どうしましょう......)」オロオロ

やよい「おっはよーございまーす!」

千早「!?」

やよい「あっ千早さん!おはよーございま

千早「高槻さん!誘拐犯は!?」

やよい「え、ゆっ誘拐なんてされてませんよ!?途中で春香さんには会いましたけど私だけ走って来ちゃいました!(千早さんに早く会いたくて///)」

千早「!春香が誘拐犯なのね!」

やよい「えっちが

ガチャ
春香「おはようございまーす!!!やっぱり朝は元気がたい

千早「はぁぁるかぁぁ!!!!!」

春香「ち!千早ちゃん!?どうしたの!?」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:05:44.965 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「あなたこそ誘拐なんて何でしたのよ!!」

春香「わ、私誘拐なんてしてないよぉ~」

千早「だって高槻さんが!!」

やよい「お ち つ い て く だ さ ー い!!!」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:12:45.697 ID:vzSMX2Sv0.net

ー事情説明ー

千早「なんだそういう事だったのね......」

春香「そんな風に思うのは千早ちゃんだけだよ...」トホホ

やよい「でも失敗は誰にでもありますし!!気にしないで下さいね?(千早さんそんなに私のこと心配してくれたなんて......えへへ///)」

千早「高月さん!」ギュッ

春香「!?」

やよい「ち、千早さん!?」

千早「本当に心配したんだから......」

やよい「/// 」

春香「千早ちゃん!?そんなに抱きついちゃダメだよ!あっ誰かに抱きつきたいなら春香さんがあいてるから!早く離れて~」ヒキハガシヒキハガシ



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:19:14.455 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「あっ高槻さんごめんなさい/// 」パッ

やよい「あっ......」シュン

春香「も~千早ちゃんいきなり抱きついたらダメだよ!ほらほら春香さんがいつでもしてあげるからっ」ギュッギュッ

千早「は、春香!こんなところで恥ずか......春香っ胸が当たってるわよ!///」

春香「当ててるんだよーだ!」ムニュムニュ

やよい「......」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:25:00.704 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「はーるーかーもういい加減離れないと怒るわよ///」

春香「もうゴメンゴメン」パッ

やよい「(なんだか千早さんが春香さんと仲良くしてるのを見ると胸がモヤモヤする...こんなこと今までなかったのに......どうしちゃったんだろ)」

千早「高槻さんどうかしたの?さっきから喋ってないみたいだけれど」

やよい「な、何でもありませんよ~お昼御飯でも食べましょう!!」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:28:43.003 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「ええ、じゃあソファーで食べましょうか」

春香「は、春香さんも春香さんも!」トテトテ



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:33:16.051 ID:vzSMX2Sv0.net

やよい「えへへ、じゃあいっただっきまーす!!」

春香千早「いただきまーす!」

やよい「千早さんあーんっ」

千早「あーんっ」モグモグ

春香「(ナチュラルにあーんをしてるだと!?いつの間にそんな仲良くなったの!?こうしちゃいられない対策を考えないと......)」

千早「高槻さんあーん」

やよい「あーん」モグモグ



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:40:48.731 ID:vzSMX2Sv0.net

春香「(ぁあ、こう考えているうちにも千早ちゃんがやよいとあーんを......どうすれば......思い付いた!やよいには真似できないであろう逆転の一手を!!ちょっと恥ずかしいけど千早ちゃんなら!!)」

春香「千早ちゃんあーん」

千早「は、春香!?あ、あーん」

春香「あっ千早ちゃんの太ももに落としちゃったー」ポトッ

千早「もう春香ったら...ティッシュティッシって春香何やってるのよ!?///」

春香「千早ちゃんの太ももなら綺麗だし大丈夫だよ~」ペロパク

千早「だからと言って高槻さんの前で///」

やよい「(モヤモヤの意味はわからないけど春香さんには負けちゃダメな気がする!私だって頑張るんだから!)千早さーんまだありますよ!私がとりますね!」



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:44:59.482 ID:vzSMX2Sv0.net

春香「!?(まさかやよいがそんなことするはずが......)」

やよい「あれ?スカートの仲に入っちゃったみたい何で探しますね~(もう後には引けません!恥ずかしいけど千早さんのスカートの中にか、顔を...///)」

千早「(ど、どういうことなの!?何が起こってるのか全然わからないけど高槻さんのご飯美味しいわ!!)」テンパリテンパリ



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:55:05.087 ID:vzSMX2Sv0.net

やよい「あんまり見つかりませんね~///(千早さん恥ずかしがって私のこと意識してくれてるかな///)」モゾモゾ

千早「たっ高槻さん!?んあっん///」

春香「!?や、やよい!顔を抜いて!(ち、千早ちゃんが女の顔に!これは流石にまずい!)」

やよい「だってまだまだ見つかりませんよ~どこでしょうか~??(春香さんが焦ってるってことは千早さんが私のことを意識してる証拠です!まだまだ抜きませんよ~///)」

千早「高槻さん......もうあっだっめっあっあっ//////」

春香「(こうなればもう力ずくでいくしかない!!)とりゃ!」グッ

やよい「(あっ離されちゃいました......でも千早さんの顔真っ赤です///春香さんの時より赤いってことは......えへへ///)」



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:01:24.008 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「あっ、なんでもうちょっとだったのに......///」ムズムズ

春香「千早ちゃーんちょっとあっちでお話があるんだけど?」

千早「えっでも...」ムズムズ

春香「続きしてあげるから」ボソッ

千早「えっ///あ...た、高槻さんここで待ってて貰えるかしら......」ムズムズ

やよい「??私はいっちゃダメなんですか??」



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:06:25.821 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「えっあっその///」ムズムズ

春香「こういうのは二人じゃないとダメだよ!!ねぇ千早ちゃん!///」

千早「えぇそ、そうなのよ///(早く続きをして欲しいのにまだなのかしら......)」

やよい「(あっ千早さんが赤くなってる!負けませんよ~)千早さん!」

千早「!な、何かしら!?」



36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:09:53.184 ID:vzSMX2Sv0.net

やよい「千早さんが春香さんにすること私がかわりにやるんじゃダメですか?(何やるかはわからないけど千早さんは渡しませんよ!)」

千早「(えったっ高槻さんにスリスリしていいの!?あっでもあんな幼い子にそんなこと......あぁでも可愛いしそんなこと考えてたらますます......んっ///)だ、ダメではないのだけれど」ムズムズ



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:16:21.151 ID:vzSMX2Sv0.net

春香「(ま、まずいことになってきた...仕方ない...ここは)や、やよい!千早ちゃんはトイレに行きたいらしいんだよ!」

やよい「う?それだったら春香さんはいらないんじゃ...」

春香「そうなんだよ!いや~ついつい勘違いしちゃったよ~もう私ってどじっ子!」テヘッ

やよい「も~春香さんおっちょこちょいなんですから~(な~んだトイレに行こうてしてたとは!だからもじもじしてたんだ~)」



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:19:52.629 ID:vzSMX2Sv0.net

トイレ

千早「んっんっあ高槻さん春香っあぁんあっんっあ///」

千早「高槻さん春香高槻さん春香高槻さん春あああああああ///////////」プシャップシャッ

千早「今日は色々ありすぎたわ会うのも気まずいし帰ることにしましょう...」ソロリソロリ



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:26:02.934 ID:vzSMX2Sv0.net

やよい「小鳥さーん」

小鳥「どうしたのやよいちゃん」

やよい「あの、春香さんと千早さんが仲良くしてるのを見るとモヤモヤして負けられないって思うんですぅ...どうしちゃったんでしょうか......」

小鳥「(こっちが先に好きになるとは...それもまた美味しいわね......)やよいちゃん、それは多分千早ちゃんのことが好きになったんだと思うわ」

やよい「あっ///(そう言えば千早さんのことを考えるとドキドキするかも......///)」

小鳥「モヤモヤするのは嫉妬してるのよ千早ちゃんをとられたくないんでしょ?」



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:29:47.793 ID:vzSMX2Sv0.net

やよい「は、はい!絶対に負けたくないです!」

小鳥「じゃあもうドッキリとか無しに千早ちゃんにアップローチするのよ?」

やよい「(あっドッキリ忘れてた...ゴメン真美...)はい!明日から負けませんよ~」

小鳥「そのいきよ!がんばってね!(ピヨピヨピヨ)」

やよい「はい!」



43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:35:20.080 ID:vzSMX2Sv0.net

春香「(良いこと聞いた!やよいには悪いけどこの手しかない!)じゃあ私帰りますね~さよなら~」ガチャ

やよい「あっ私も帰りますよ~まってくださーい!」ガチャ




天海家

春香「千早ちゃんにメールメール...えーと内容は...『千早ちゃん!遅くにメールゴメンね!それにしてもまさか千早ちゃんがドッキリに引っ掛かるとはねー流石真美だよ~』っと送信!」



44: メールとかその辺はご都合主義でお願いします...... 2015/07/26(日) 21:42:38.064 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「あっ春香からメールだわ、えーっとドッキリ?なんのことかしら...真美に聞かないと...電話でいいわよね」プルルルル

「こんな夜中に眠れないのかい?千早おねーちゃん!」

千早「いえ、ドッキリのことなのだけど......」

「えー!!もうばれちゃったの!!千早おねーちゃん早すぎるYO!もーやっぱりやよいっちじゃダメか~」

千早「高槻さんがどうかしたの?」

「またまた~知らんぷりしちゃって~気づいてる癖に~やよいっちが千早おねーちゃんにベタベタするってドッキリ!」

千早「え?」

「だーかーらーやよいっちが千早おねーちゃんに好意があるように見せるドッキリなんだって~ドキドキした?ドキドキした?」



46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:48:29.525 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「(この頃高槻さんがあーんしてきたりしたのはドッキリだったのね......それなのに私は一人で浮かれて一人ではしゃいで......バカみたいだわ......高槻さんにはさぞ滑稽に映ってたでしょうね...)ありがとう真美おやすみ」プツッ

千早「グスッ悲しくなんてグスッ悲しくなんて......」



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:56:03.177 ID:vzSMX2Sv0.net

翌日事務所

千早「春香に会いたい春香とお喋りがしたい......」

ガチャ

春香「あっ千早ちゃん!おはよ!」

千早「春香!」パアッ

春香「どうしたの千早ちゃん」

千早「昨日......」

春香「そんなことがあったんだ......大丈夫!私はずっと側にいるからね?ずっと一緒だよ!」

千早「ありがとう春香。やっぱりあなたが一番の親友だわ」ポロポロ

春香「泣かない泣かないヨシヨシ(作 戦 完 了 ! ! !)」

ガチャ

やよい「おっはよーございまーす!!!」



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:00:31.384 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「(あっ高槻さん昨日までは会うのがあんなに楽しみだったのに...今では高槻さんの顔をみるだけで胸が痛くなる......)おはよう」

春香「千早ちゃん元気だしてね」ナデナデ

やよい「あっ春香さんだけずるいですよ~私もナデナデしまーす」

千早「高槻さん、もうそんなことしなくていいのよ」



51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:06:08.379 ID:vzSMX2Sv0.net

やよい「えっ」

千早「真美から聞いたわドッキリだったって。ものの見事に騙されたわ、あなたはいい女優になれるわ高槻さん」

やよい「違うんです!」

春香「違わないよ!やよいたちにとってはただのドッキリだったのかも知れないけどね、千早ちゃんの心は傷ついちゃったんだよ」



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:10:48.129 ID:vzSMX2Sv0.net

やよい「で、でもそうなんですけどそうじゃなくて!」

千早「いいのよ高槻さん私が勝手に舞い上がってただけでドッキリをした高槻さんは全然悪くないわ。楽しまそうとしてくれてありがとう。嬉しかったわ」

やよい「そうじゃないんです」

春香「そうじゃないんじゃなくて千

やよい「そうじゃないんです!!!」



55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:19:33.049 ID:vzSMX2Sv0.net

やよい「最初は!真美に千早さんにドッキリを仕掛けようって言われて!
千早さんと仲良くなれるかなって思って!でもでも優しくて照れ屋な千早さんと一緒にいたらドッキリのことなんか忘れちゃって!家でも千早さんのことばっかり考えちゃって!次の日に千早さんに会うのが楽しみで楽しみでしょうがなかったんです!!」

千早「高槻さん......」

春香「そんなこと言ったって千早ちゃんを傷つけた過去は戻らないよ!」

やよい「確かに傷付けてしまったかもしれません!でも!私はそれでも千早さんのことが好きだから!!ずっと一緒にいたいから!!......だから千早さん嫌らわないで仲良くしてください......」ポロポロ



58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:29:38.700 ID:vzSMX2Sv0.net

千早「......」

春香「千早ちゃん!他のところに行こう!もう話しても意味無いよ!」

千早「......高槻さん」

やよい「...はい」

千早「嫌いな相手に仲良くするドッキリなんて普通に考えたらしないなんて
簡単なことも考えられなくてごめんなさいね、高槻さんの行動が全部嘘だったって思っちゃったら頭の中が真っ白になってしまったの」

やよい「千早さん!」

千早「ええ。高槻さん、前置きが長くなってしまったけど、これからも宜しくお願いするわ。これからも一緒にご飯を食べましょうね」



59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:36:55.448 ID:vzSMX2Sv0.net

やよい「はい!千早さん!これからもずっと一緒に

春香「なんで!納得出来ないよ千早ちゃん!!事務所に千早ちゃんが入ってきたときから一番のお友だちで!辛いときも嬉しいときもいつも一緒で!
初めてCDデビューしたときに一緒に泣いて喜んで!千早ちゃんが苦しいときにはずっとずっと寄り添って!!
私がずっと一番の友達だと思ってたのに!!私は千早ちゃんが一番好きなのに!!千早ちゃんは私のことなんて全然どうでもよかったの!?
私のことなんて他の人と仲良くなるまでの繋ぎだったの!?もう何にもわかんないよ!!!ねぇ答えてよ千早ちゃん!!私のことなんて

千早「春香!」ギュッ



62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:45:09.216 ID:vzSMX2Sv0.net

春香「ち、はやちゃん?」

千早「春香のことがどうでもいいわけなんてないでしょ!ずっと友達よ!ずっと親友よ!?でもね!!初めて春香以外の友達ができそうになって!これで春香を安心させられると思って!!
今まで二人でしかできないゲームもたくさんの人数でやったらもっと楽しいと思って春香と高槻さんと私で三人で遊べれば春香も私も高槻さんももっと仲良くなれると思ったの!!
ずっと大好きよ!!辛いときにいつも寄り添ってくれたあなたを嫌いになるわけなんてないじゃない!!」



63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:53:57.640 ID:vzSMX2Sv0.net

春香「ご、ゴメンねやよい、私ね私ね
千早ちゃんがやよいにとられちゃうんじゃないかって思っちゃってね一番のね、
友達がいなくなっちゃうんじゃないかって思っちゃってね、やよいにねたくさん意地悪しちゃってゴメンね謝って許されないかもしれないし許してくれないと思うけどね、
本当にゴメンね、ゴメンねやよい意地悪しちゃって本当にゴメンね」ポロポロ

やよい「春香さん!」

やよい「気にしないで下さいね!私だって千早さんのことしか見えてなくて春香さんのこと考えないで千早さんにちょっかい出しちゃってすみませんでした!良かったらこれからは三人でずーっと一緒にいましょうね!!」



64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 23:00:55.751 ID:vzSMX2Sv0.net

春香「じゃあやよい許してくれるの?わ、私あんなに意地悪しちゃったんだよ?」

やよい「いいんですよ!これからずっと一緒にいたら喧嘩だってあるかもしれません!けど!その時その時で仲直りすればいいんです!」

千早「高槻さんの言う通り。これからずっと一緒なんだからこんなことで意固地になっちゃダメだわ、だって
ずーっと一緒なんだから!おばあちゃんになっても。ね?春香、高槻さん!」

春香「うん!」やよい「はい!」

千早 春香 やよい「おばあちゃんになっても一緒にいようね!(いましょうね!)」

おわり


元スレ
真美「千早お姉ちゃんにドッキリ」