1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:11:41.39 ID:aZwC3wse0.net

兄「俺の姉になってくれ、頼む」

妹「いやいや無理でしょ。お兄ちゃんの方が先に産まれたんだし」

兄「いやいやそういうことではなくてだな…」

妹「お姉ちゃんっぽく振る舞えってこと?」

兄「そういうことだ!さすが俺の妹だ。俺より頭がいいのになぜ姉じゃないのか理解に苦しむ」

妹「お兄ちゃんの発想の方が理解できないから…」

兄「そうじゃないだろ!『そこは仕方ないなぁ』って言って付き合ってくれるのがお姉ちゃんってものだ」

妹「だってお姉ちゃんになる気なんて無いし。私が面倒くさいだけじゃん」

兄「そんなこと無いぞ!お姉ちゃんになってくれたらジュースもプリンも買ってきてあげる!」

妹「そんなのっ…うん、いい、かも…」



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:12:30.87 ID:aZwC3wse0.net

兄「よし!そうと決まれば今日から特訓しようお姉ちゃん!」

妹「え?呼び方も変えるの?」

兄「当然だ。今日からは兄と妹ではなく弟と姉でしょ?」

妹「なんか若干口調が甘えん坊っぽくなってる…」

兄「ってことで…今日から弟くんって呼んで」

妹「え…ちょっとタンマ…」

兄「ん?どうした?気に入らなかったか?弟ちゃんでもいいよ?」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:12:58.19 ID:aZwC3wse0.net

妹「そういうことじゃなくて!お姉ちゃんってもっとこう偉そうにしていいってやつじゃないの?」

兄「違あああう!断じて否!そんなのは『姉』じゃない!」

妹「じゃあどういうお姉ちゃんを目指せばいいの?」

兄「『甘々』だ!」

妹「甘々?」

兄「疲れて帰ってきた俺に膝枕してくれたり、頭を撫でてくれたりするそんな姉が欲しいんだ!」

妹「あー耳かきとか?」

兄「そう!分かってるじゃないか!その第一歩としてまずは弟くんって呼んでくれ」

妹「うぅっ…まさか兄を弟と呼ぶ日が来るなんて…」

兄「ねーお姉ちゃんはやく!」

妹「あーもう!分かった分かった!弟くん!」

兄「きたあああああああ!これで夢に一歩近づいたああああ」

妹(断ればよかった…)



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:13:25.25 ID:aZwC3wse0.net

兄「あれ?もうこんな時間かぁ、そろそろご飯食べようか」

妹「賛成ー。私も無駄な労力使ってお腹空いちゃったし」

兄「今日の食事当番は俺か」

妹「よろしく~」

兄「はいー」

妹「えっ!?いつもは嫌々台所に向かうあのお兄ちゃんが素直に…!」

兄「あ、やっぱ面倒くさい」

妹「え?あっ!いつもは嫌々台所に向かうあの『弟くん』が素直に…!」

兄「そう!愛しのお姉ちゃんの為ならなんだってできるよ!」

妹(面倒くさい…)



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:15:29.36 ID:aZwC3wse0.net

兄「出来たよー」

妹「お腹すいたーいただきます!」

兄「美味しい?」

妹「うん、まぁ」

兄「そっかー良かった。じゃあ俺も食べたい」

妹「食べれば?」

兄「あーん」

妹「え?まさかとは思うけど…」

兄「食べさせて」

妹「そんな事するお姉ちゃんなんて実際にはいないでしょ!」

兄「いるでしょっていうかそういうお姉ちゃんになってもらわないと」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:15:56.07 ID:aZwC3wse0.net

妹「うぅ…」

兄「ジュースとプリン」

妹「はいはい!わかったよ!してあげる!はい!あーん!」

兄「あーん、うっまああああ最っ高だあああ」

妹(まぁすぐに飽きるよね?…)



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:17:12.18 ID:aZwC3wse0.net

兄「今日はそろそろ寝ようか」

妹「そうだね、早く寝よう」

妹(寝て起きれば忘れてるでしょ)

兄「あ、そうそう」

妹「まだ何かあるの?」

兄「明日の朝起こしてくれ」

妹「まぁそのくらいならいいけど」

兄「お姉ちゃんっぽくな!」

妹「え!普通に起こすんじゃダメなの?」

兄「それじゃあ妹に起こされるだけじゃないか」

妹「もう!わかったよ起こせばいいんでしょ!お姉ちゃんっぽく!」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:18:40.89 ID:aZwC3wse0.net

妹(直に忘れる…よね?…)

兄「あ、ちなみにこれ一週間は続けるからね」

妹(釘刺されたあああああああ)

兄「じゃあおやすみ!楽しみにしてるから!」

妹「おやすみ…」



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:20:05.42 ID:aZwC3wse0.net

妹「朝が来てしまった…」

妹「どうしよう、いつもどおり起こそうかな…」

妹「でも昨日の晩御飯の事を考えると起きてくれなそうだし…」

妹「いや!寝起きにそんなに頭が回るはずない!あのお兄ちゃんだし!」

妹「普通に起こそう…」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:20:35.85 ID:aZwC3wse0.net

兄「ぐぅ」

妹「お兄ちゃん起きて朝だよー」

兄「んー?」

妹「朝ですよー」

兄「んー?」

妹「お兄ちゃん遅刻しちゃうよ!」

兄「んー?」

妹(これ…もしかして…)



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:21:04.77 ID:aZwC3wse0.net

妹「お、弟くん…朝…だよ?」

兄「もう一声ー」

妹「もー!弟くん起きて!お姉ちゃんと一緒に朝ごはん食べよ?」

兄「うん!!」

妹「はぁ…」

兄「起こしてくれてありがとうお姉ちゃん!」

妹「えっ?う、うん…。ち、遅刻しちゃうから先行くね!!」

兄「いってらっしゃい」



妹(ちょっと可愛かった…)



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:25:21.78 ID:aZwC3wse0.net

妹「うーん…」

妹友「どうしたのなんかあった?」

妹「いや大丈夫だよ…」

妹「そういえば妹友ちゃんって弟いたよね」

妹友「いるよー!もうすっごいかわいいの!!あっ!写真見る!?今朝もかわいい寝顔とれちゃったの!」

妹「写真は…いいや…。それより聞きたいことがあるんだけど」

妹友「なにー?弟の年齢?身長?はっ!タイプの女性とか!?ダメだよ!うちの弟はまだピュアなの!まだ私のものなのおおおおお」

妹「そうじゃなくて…お姉ちゃんってどんな事するの?」

妹友「んー膝枕とかーあーんとかー添い寝とか?」

妹「そ、添い寝…?」

妹友「うん!弟と一緒に寝る時間は超幸せなんだよ!弟を包みながら弟の匂いに包まれて眠るあの幸せ!ちょっとHな気分になっちゃったり!」

妹「そこは抑えてね!?過ちは犯しちゃダメだよ!」

妹友「わかってるってー。っていうか妹って弟いたっけ?なんで急に?」

妹「え!?い、いやなんとなくだよなんとなく…はは…」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:25:50.85 ID:aZwC3wse0.net

妹友「なるほどなるほど。まぁ添い寝はダメだけど膝枕くらいならうちの弟にしてあげてもいいよ?」

妹「な、なんでそうなるの?」

妹友「妹は弟が欲しくなっちゃったんじゃないの?」

妹「違うよ!ホントにただ気になっただけだから…」

妹友「そっかー、もったいないなぁ」

妹「もったいない?」

妹友「膝枕してる時の弟の顔はかわいいんだよー!もうたまらないの!」

妹「そんなに?」

妹友「一回やってみれば分かるって!妹ってお兄さんはいたよね?やって見たら?」

妹「え!?ま、まぁ考えとく…」

妹友「あまりの可愛さに兄妹入れ替わっちゃったりなんていうのもあるかもよ!」

妹「あ、あるわけ無いでしょ!そんなこと!」


妹(膝枕…寝顔…かわいい…)



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:27:18.55 ID:aZwC3wse0.net

兄「ただいまー」

妹「おかえりなさい」

兄「はぁ今日も疲れたぁ…」

兄「あ!そうだ!今日は何してもらおっかなぁ」

妹「あの…さ」

兄「ん?」

妹「疲れたなら膝枕…してあげる」

兄「ホントに!?じゃあお願いしようかな!」

妹「はいっじゃあここに横になって!頭乗せて」

兄「よいっしょ」

妹「あっ…」

妹(妹友ちゃんの言ってたことがなんとなく分かる気がする…)



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:27:59.89 ID:aZwC3wse0.net

兄「幸せだぁ」

妹「そっか、良かった。疲れてたら寝ちゃってもいいからね?」

兄「おお!今のお姉ちゃんっぽい!」

妹「そ、そうかな…ふふ」(髪サラサラだ…気持ちいい…)

兄「あ、そうだ!膝枕してるついでに、耳掻きもしてほしいな」

妹「え?でも人の耳掻きなんてやったことないし…」

兄「じゃあまずは綿棒でやってみるのは?」

妹「綿棒なら…大丈夫かな?取ってくるからちょっと待っててね」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:31:03.28 ID:aZwC3wse0.net

妹「はい、じゃあ右からやるね?」

兄「うん、優しくお願い」

妹「まずは耳の入り口からそーっと」

妹「あれ?結構綺麗じゃん。掃除する必要あるの?これ」

兄「綺麗にして欲しいってわけじゃなくて耳掻きをしてもらいたいんだよ。マッサージ的な感じで」

妹「なるほど。あっ奥にちょっと溜まってる」

妹「そっとやるけど痛かったら言ってね?」

兄「うん…あっ…そこっ…もっと奥ぅ…」

妹「ふふ、弟くんすごい気持ちよさそうだね。よかったぁ」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:32:15.25 ID:aZwC3wse0.net

妹「あっ取れた!他に痒いところとかある?」

兄「痒いところと言うか全体的にこそばゆい感じ…」

妹「全体的に?じゃあ、ふぅ~~」

妹「ふふ、気持ちよかった?」

兄「超気持ちよかった!今日はなんかノリノリだねぇ」

妹「え?ま、まぁ付き合うのも悪くないかなぁって…」

妹(耳掻きされてるお兄ちゃんの顔が可愛かったから調子に乗っちゃった…)

兄「そっかそっかー段々お姉ちゃんが板についてきたねぇ」

妹「そういうのいいから!次は左耳やるから反対向いて!」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:35:08.51 ID:aZwC3wse0.net

妹「明日も起こすの?」

兄「あーうんお願い。っていうか」

妹「ん?」

兄「一緒に寝よう」

妹「え!?い、いやさすがにそれは!…」(妹友ちゃんがHな気分になるって言ってたのは冗談だろうけど…)

兄「さすがにダメかぁ。じゃあ二度寝の時だけっ!」

妹「それもダメ!今日だって遅刻しそうになっちゃたんだから!」

兄「よし決めた。目標は添い寝だ!」

妹「はいはい、おやすみなさい」



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:40:17.20 ID:aZwC3wse0.net

一週間後

兄「お姉ちゃぁん眠いー」

妹「弟くんもう起きないと…私足痺れちゃったし…」

兄「うーん…起きるかぁ」

妹「じゃあ私学校行くからね。今日もがんばってね弟くん」

兄「うん。いってらっしゃいー」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:42:21.10 ID:aZwC3wse0.net

妹(弟くんかわいいんだけど幼くなってるような…)

妹友「どうしたの妹ー?難しい顔してー」

妹「大したことじゃないんだけど…弟くんがね?」

妹友「弟?ついに妹に弟ができたの!?」

妹「あっ!え、えっと親戚の弟くん!親戚の子!」

妹友「そうなんだー。で、かわいい?かわいいの!?」

妹「え、っとまぁかわいい…かな?」

妹友「なんか曖昧だね?」

妹「なんていうか甘えん坊すぎると言うか…」

妹友「いいじゃん!甘えん坊!最高の弟じゃん!!」

妹(本当に弟だったらそうかもしれないけど、実際はお兄ちゃんだしなぁ)



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:44:25.83 ID:aZwC3wse0.net

妹友「甘えん坊な弟だったらー風邪引いたりして弱ってる所に自分からグイグイ行くのがいいよねー!」

妹「そうなの?」

妹友「そうだよ!本当は甘えたけど体が動かない…そんな時にお姉ちゃんが側にいて看病してくれる。これで落ちない弟はいないね!」

妹「弟落としてどうするの…」

妹友「そりゃもちろん。体拭いてあげるふりをして徐々に手を下に伸ばして行き…」

妹「もういいから!それ以上は!」

妹友「とにかく!甘えん坊な弟は正義なんだよ!だからお姉ちゃんが愛してあげないと!」

妹「そういうものなのかなぁ」

妹(今日は添い寝…いや、寝る前に手つないであげるくらい?うん、それくらいならしてあげようかな…)

妹友「そういえばお兄さんに添い寝はしてあげた?」

妹「ふぇ!?ま、まだしてないよ!」

妹友「ふーん…」

妹「な、なに?」

妹友「べっつにー」

妹友(私も弟にお兄ちゃんになってもらおうかなー。頑張って背伸びする弟…ありかなしか…アリ!大いにアリ!!)



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:51:53.19 ID:aZwC3wse0.net

妹「ただいまー」

兄「おかえりぃ」

妹「あれ?帰ってたの?」

兄「あぁ、風邪引いて早退してきちゃった」

妹「え!大丈夫なの?」

兄「まぁ寝てれば治るだろ…ゴホッゴホッ」

妹「ダメだよ!ちょっと頭貸して!」

兄「え?」

妹「ほら。熱測ってみるから!」

兄「いや、風邪移っちゃうって」

妹「いいから!熱っ!やっぱり熱あるじゃん!」

妹「冷えピタと氷枕用意するからちょっと待っててね」

兄「いや冷えピタだけでいいよ」

妹「え?あぁはいはい、分かったからじっとしてて」

兄「一週間ですごい優しくなったなぁこれが前の妹だったら病院行けとしか言ってくれなかったからなぁ」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:52:31.10 ID:aZwC3wse0.net

妹「はい、先に冷えピタ貼るから、動かないでね」

兄「冷た…気持ちいい…」

妹「で、これ氷枕。」

兄「え?分かってくれなんじゃないの?膝枕は?」

妹「いいから、はいこれに頭乗せて?」

兄「…はい」

妹「ねぇ、もうちょっとそっちよって?」

兄「え?」

妹「添い寝…してあげる」

兄「いや俺風邪…」

妹「移ってもいいから!さっきまで一人で寝てて寂しかったでしょ?お、お姉ちゃんが一緒に寝てあげる!」

兄「お姉ちゃん!俺は幸せものだーー!!ゴホッゴホッ」

妹「おっきい声出さないの!ほら、ちゃんと布団かけて」

兄「うん…ありがと」

妹(いい匂い…弟くんの匂いに包まれてる感じ。妹友ちゃんの言ったとおり…)



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:54:05.45 ID:aZwC3wse0.net

妹友『弟を包みながら弟の匂いに包まれて眠るあの幸せ!ちょっとHな気分になっちゃったり!」』

妹(なってないHな気分なんて!なって…)

兄「お姉ちゃん顔赤いよ?大丈夫?」

妹「大丈夫!大丈夫!まだなってないから!」

兄「まだ?」

妹「あーもう!お姉ちゃんがぎゅってしてあげるから早く寝なさい!」

兄「う、うん」

兄(この体勢は体温感じるし、あたってるしで…最高…ありがとう神様ありがとうお姉ちゃん!)



32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/30(金) 16:55:14.69 ID:aZwC3wse0.net

妹「ゴホッゴホッ」

兄「お姉ちゃん大丈夫?」

妹「うん…ごめんね結局弟くんに迷惑かけちゃったね…」

兄「そんなことないよ。お姉ちゃんのお陰で俺の風邪は治ったから!」

兄「っと、もうお昼か、何か食べれる?」

妹「ジュース、あとプリンも」

兄「了解!すぐ買ってくるからちょっとだけ待ってて!」

妹「うん、ありがと弟くん」

兄「お姉ちゃんの為だから!あと帰ってきたら添い寝させて!」

妹「ふふ、弟くんに風邪移っちゃっても知らないよ?」


おわり


元スレ
兄「妹よ!俺の姉になってくれ!」妹「はい?」