SS速報VIP:妹「風が吹けば桶屋が儲かるってどういう意味なんだ?」兄「教えてやろう」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/10(土) 14:33:24.07 ID:5Bcc/apT0

兄部屋

男(今日も兄や妹と友の4人で遊んでいると妹が突然兄に聞きだした)

妹「なーバカ兄貴」

兄「なんだ?今お兄ちゃんはリトルマックをボコボコにするので忙しい」

友「お前のマルスなんなんだよチクショーッ!!」カチャカチャ

妹「風が吹けば桶屋が儲かるってどういう意味なんだ?」

兄「ほう、ことわざか…というかバカ呼ばわりしてる俺に聞くのか」

男(兄はゲームを中断すると向き直った)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420867994




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/10(土) 14:41:52.85 ID:5Bcc/apT0

兄「教えてやろう。風が吹けば桶屋が儲かるってのはまったく関係がなさそうな事でもまた違う所ではそれが起因となって影響を及ぼし別の事柄が発生するという訳だ」

妹「ふーん」

男(本当に理解してるのかな)

兄「ふっ、また一つ賢くなったな」

妹「でもよく分からん所がある」

兄「なんだね?」

妹「言葉の意味は分かったが、実際どうやったら桶屋が儲かるんだ?」

男「確かに…風が吹くだけでどう繋がるか興味があるね」

兄「そこはそのことわざを作った本人に聞いてくれと言いたい所だが、せっかくだし予想をしてみよう」

男(そうして僕らは色々な説を飛ばしてみた)



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/10(土) 14:54:31.97 ID:5Bcc/apT0

兄「例えばこういうのはどうだ?」



……………

……



桶屋「ふぅ…これで今日の桶ノルマは達成したなっ!さて、一風呂浴びようか…」

ヒュウウウ

桶屋「おっと強い風だ。……ん?あれは帽子か?…ほっ!」

パシッ

桶屋「危ない危ない、このままだと先にある川に落ちる所だった…してこの持ち主は……」

タッタッタ

お嬢様「ごめん下さーい!この先に帽子が飛んで行きませんでしたかー!?」

桶屋「その帽子というのはこれだろう?」

お嬢様「まあ、ありがとうございます!」

桶屋「例には及ばん」

お嬢様「まあ……!い、意外と聡明なお顔の殿方ですわ…」

桶屋「ん?」

お嬢様「いっ、いえおきになさらず!所で貴方のお名前は…?」

桶屋「俺の名前か?俺の名は桶屋だ」

お嬢様「桶屋様…」





……
………

兄「で、2人は結ばれ桶屋は逆玉の輿に」

妹「それは桶屋が儲かってるって言えるのか?」

男「しかも展開が急過ぎるよ!」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/10(土) 15:05:46.19 ID:5Bcc/apT0

兄「これ以上に自然な流れは無いと思うがな…」

友「よっしゃ!俺も一つ考えたぜっ」

兄「言ってみろ」


……………

……


桶屋「ふぅ…これで今日の桶ノルマは達成したなっ!さて、一風呂浴びようか…」

ドシュゥゥウ

桶屋「ぐ、ぐぁぁあーっっ!!なんだこの風はっ!い、いや台風か!?……ああ!桶が飛ばされて行ってしまうっ!追わなければ!」







桶屋「はぁ…はぁ…こんな所まで流されたか……お?こんな所に黄金に光る石が…」


男「ス、ストーップ!」

友「んだよ男、まだ話の途中だぜ?」

男「絶対今川に黄金が眠っててめでたしめでたし…って締めようとしたでしょ!?」

友「うおっ!?よく分かったなお前…」

兄「俺より酷いじゃねーか!」

妹「ダメだった自覚はあるんだな」

ボーンボーン

友「おっと、もうこんな時間だな。帰ろうぜ男」

男「はあ…今日は一段と疲れた気がするよ……」

兄「送っていこう」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/10(土) 15:18:31.51 ID:5Bcc/apT0

道中

男「それにしてもことわざの意味を考えるっていうのも案外面白いね」

兄「なんだかんだでいい暇つぶしになるな」

通行人「……」

ヒュウウウ

男(女の人とすれ違う瞬間風が吹いた)

ペラッ

通行人「きゃっ!」

男「…あっ」

男(誓って言えるけど覗こうとして見てしまったんじゃない。偶然スカートがめくれてしまったのを目撃してしまったんだ)

通行人「貴方……見たわねぇ…」

男「あ、いやこれは!」

通行人「最低ね……。最低!」

バチンッ

男(ビンタが僕の頬に炸裂した。その衝撃で僕は道の端に倒れてしまった)

ベチャッ

男「ベチャ?」

兄「さっきから男は何を…って!?」

友「あーあ…」

男(あろう事か僕が落ちた先はドブの溜まり場だったのである)

通行人「あっ、ごめ……じゃなくて…こ、こうなるのは当然よ!ほら、これぐらいは恵んであげるから感謝しなさい。じゃあねっ」

男(ぷりぷり怒りながら女の人は帰っていった。残されたのはドブまみれの僕と友と兄と500円だった)

兄「どうする?それほど進んでねえし俺の家で洗うか」

男「ごめん…じゃあ厄介になれる?」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/10(土) 15:26:30.45 ID:5Bcc/apT0


ゴウンゴウン

男「ごめんね、服まで貸してもらって…」

兄「いいってことよ!なんなら今日はウチに泊まるかい?」

男「いやぁそこまでは…」

ピピーッ

男(洗濯機の聞いたことがない音が僕の台詞を遮った)

兄「どうした?」

ガチャ

妹「なんか壊れてる…泥が詰まったみたいだな」

男「ええーっ!!」

兄「しまったな…これじゃ修理してくれる人を呼ぶまで男の服が洗えねえ、悪いが桶屋まで行って桶と洗濯板を買ってきてくる間待っていてくれないか?」

男「僕の方こそ悪いよ…せめて一緒に行くよ」






桶屋「はい、いらっしゃい!」

兄「すいません、桶を一つ」

桶屋「かしこまり!500円だっ」

男「ちょうど貰った額だったね……あれ?」

兄「ん?どうした」

男「今、風が吹いて桶屋が儲かった…」







終わり


元スレ
SS速報VIP:妹「風が吹けば桶屋が儲かるってどういう意味なんだ?」兄「教えてやろう」